FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:2015旅行の記録 > 2015_01回目_奄美1

 さぁ、帰るよー。
DSC00108
 奄美空港のチェックインカウンター。ちょっと狭い?
 とりあえず時間までまだまだあるので、屋上で離着陸見学。
 奄美空港は近隣の島々からのハブ空港になっているので、結構離着陸機が多い。一日18便!地方空港としては有数の便数かと。旅客数ということになると、小型飛行機ばかりなので、結構下の方になっちゃうけどね。
DSC00116
 というわけでバニラが到着~。
DSC00112
 さて、今日は正月臨時便で帰ります。
 これがえらいことになってた。
20150103_154454
 まず保安検査場が大混雑。
 正月連休最終日なので、どの便も満席。保安検査場は1つしかない。出発ラッシュで大変なことに。

 結局出発時刻になっても30人ぐらい保安検査場を通過できておらず、出発がそこそこ遅れた。
DSC00117
 成田に無事到着でございます。

 空港からちょっと名瀬・龍郷寄りにある、原ハブ屋。
 いろんなハブ製品を売っています。
DSC00105
 そんなところでやっているのがハブと愛まショー。
DSC00107
 この年のショーは、正月は特別に無料でした。通常は800円。
DSC00101
DSC00102
DSC00103
DSC00104
 ショー自体はなかなか面白かったよ!
 笑いあり、驚きあり、なかなかよく考えられたショーだった。

 実際のハブ取りの実演や、ハブに出会ったときどういう状態が危険なのか、というのもわかってためにもなった。

 再び来てしまいました、喜多八。
 ここに来ると癒やされるんです。
DSC00039
 初めて来たときにいたおかみさんが、前回いなかったけど、今回はいた。
 今回はちゃんと4,000円のフルコース。写真を見返すと結構いっぱいでてくるね。
DSC00040
 とりあえず、島らっきょとミミガーとなんだったっけな。
DSC00041
 南蛮漬け。しめさばっぽい魚。
DSC00042
 トビンニャ(マガキガイ)。爪が特徴。そこだけは固いので食べないように。  
DSC00043
 酢味噌で食べるお刺身。刺身と味噌、これが意外と合うんです。
DSC00044
 厚揚げを炊いたもの。
DSC00046
 冬瓜の煮物(たぶん)。
DSC00047
 奄美の野菜の煮物。
DSC00049
 奄美のおにぎりは玉子巻。
DSC00050
 油そーめん。
DSC00052
 豚足の煮物。っていうかこれはほろほろ過ぎて崩れてます。
DSC00054
 イカスミ汁。
DSC00051
 おまけで取り放題な島バナナ。

 お正月料理っぽいのもあって、相変わらずの楽しさ。
 どんなに飲んでも4,000円ぽっきりという明朗会計。食べ物もかなり多いので大満足。

 派手な料理はないけれど、奄美っぽい料理なので楽しい。

 入る前からちょっとイヤな予感はしてた。
 入ると予想通り。昭和テイスト炸裂でございます。
DSC00022
DSC00023
 奄美にもハブは居るので、毎年何人かやられております。
 そんなハブのことをお勉強できる資料館。個人経営感が炸裂。
DSC00024
 ハブやその他のヘビに関する標本がいっぱい。
DSC00029
DSC00030
 もちろん生きているハブもおります。
DSC00031
 あとはウサギとかネズミを丸呑みしたハブの標本とか。
DSC00027
DSC00028
 あとはライオンの性器が見られたり、「只今セックス」なんて書いてあるのぞき穴があるのです。しかも、有料。微妙に秘宝館のテイストも入ってるなぁ。

 ちなみに、ハブとマングースのショーは動物愛護団体からの苦情で今はやってないとのこと。現在は昔やってた頃のビデオが見られます。ハブなんてさー、退治すべきものってなってるんだからマングースと戦ってもいいんじゃない?って気がする。ハブを役所に持っていくとお金がもらえる(1匹3,000円)ので、別にねぇ。

 奄美大島の郷土料理として有名なのは鶏飯。
 鶏飯食べずに奄美から帰るなんてありえない!

 そんな、奄美大島島内で鶏飯といえば、ひさ倉かみなとやが有名ということで、今回はひさ倉へ。
DSC00015
 国道に面していて、しかも奄美大島で一番きゅっと狭くなっているところにあるので、島内移動していれば必ずこの店の前を通るはず。
DSC00017
 なかなか気になるメニューがあります。ちなみに裏側には玉子焼きや鳥すき(要予約)なんてメニューも。
 いろいろ悩みましたが、やきとり付きけいはんで。
DSC00019
 このやきとりがうまい!
 肉の旨味がすばらしい!
DSC00020
 これとご飯とスープがでてくる。ご飯を茶碗によそって、具を乗っけてスープをかける。
DSC00021
 ひさ倉はあっさり系鶏飯なので、しみじみうまいのです。
 みなとやに比べて、かなりあっさりしているのと、交通の便的に空港~名瀬間にあるので寄りやすく、店もデカいのであんまり待たされることがないのがプラスポイント。
 大人数できたら、鳥刺しとか頼むのもいいよ~。ここは自家養鶏場の鳥肉なので新鮮なんだよね。

 実はこれが初バニラだったりする。

 というわけで、前日までふらふらしてタイやら香港やらにいて、初日の出を成田空港で見たというのに、また成田空港でございます。
DSC00006
 LCCなので何もかもがチープ。バニラーズパスなので、チェックイン機は使えず、カウンターでチェックイン。
 3列席真ん中をあてがわれる。いくら安いからってきついぜー。
DSC00008
 待合室までの廊下もしょぼい。っていうか外だし。
 まぁ、短期間しか使わないLCC施設なのでそんなもんでいいのかもね。実際今は使ってないし。
DSC00010
 搭乗待合室。イスが固いぜ。
DSC00009
 搭乗券はレシートみたいなもの。日本語が一切書いてない。
 エアアジア時代のシステムをまだ使ってたのかな。
DSC00011
 液晶や電光掲示じゃない表示ってなかなか新鮮だよね。
DSC00013
 というわけで、バスに乗って搭乗。

 初バニラの感想としては、まぁ、安いんだったらいいんじゃないかなぁ~。
 ただし、座席はそれなりに狭いし、3列席真ん中というのも厳しかったね。かなり(体感時間が)長いフライトだった。

 今回の旅行記は第0回からスタート。

 奄美経済に多大な貢献をしているバニラエアが、客の少ない時期の活性化策として、飛行機の定期券なるものを発売。1ヶ月有効で平日用27,000円、全日用40,000円。

 というわけで買ってみた。(→当時の公式ホームページの案内
 1月は計算すると毎週末奄美に行くとして9回乗れそう。1回あたり5,000円切るということであれば、乗ってやろうじゃないの、バニラエアに。バカすぎるけど。
03
 簡易書留が普通の封筒で届いた。マジで!会社名前とか印刷した封筒とか無いんだ!普通に無地の封筒に入ってるよ。
20150131_073313
 というわけでカラープリンタで印刷して自分たちでパウチしました……って感じの定期券が届く。
 1月はこれで飛ぶんだ!と決意。

 それにしても一番乗った人は何回乗ったんだろうね。

↑このページのトップヘ