FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:2014旅行の記録 > 2014_16回目_奄美

 さぁ、帰るよー。
DSC07024
 空港着いたら、天候調査中。
 羽田便伊丹便成田便は毎日各1便だけど、それ以外の便数がかなり多い。1日20便も飛んでる。
 鹿児島・福岡・喜界島・徳之島・沖永良部・与論・那覇などにも飛んでいて、離島の生活を支えている。

 Delayなので、展望デッキに出てみる。
DSC07028
 ちょうど、これから乗る機材が着陸。
DSC07035
 バニラエア用の車両たち。あきらかにANAのお古だね。わざわざ持ち込んでるんだねぇ。
DSC07038
 そうこうしていると、SAAB機が着陸。こいつが、奄美の島々を飛びまくってます。
 この展望デッキは天気がいいと、喜界島から飛び立って、奄美空港に着陸する飛行機の動きをずっと見ることができる。
DSC07048
 さぁ、帰りは国際線乗り継ぎ運賃で、帰ります。
DSC07052
 バイバイ、奄美。

 奄美大島の郷土料理といえば「鶏飯」。
 鶏飯がうまいんですよー。これが。

 奄美大島の二大鶏飯が有名な店と言えば「みなとや」と「ひさ倉」。

 ひさ倉は以前行ったことがあるので、今回は空港から比較的近い位置にある、みなとやへ。
DSC07012
DSC07020
 鶏のオブジェが目印。
 鶏飯の元祖(発祥)の店と言われていて、現在の天皇皇后両陛下も召し上がったらしい。
DSC07014
 メニュー。
DSC07015
 鶏飯登場!
 おひつには大量のご飯と、鉄鍋には鶏スープが入っております。
DSC07018
 お茶碗にご飯をよそって、具を乗っけて、スープをかけていただきます。
 鶏のうまみがぎゅっと濃縮されている感じ。これはうまい!
 「ひさ倉」が「あっさり系」だとすると、「みなとや」は「こってり系」。
DSC07019
 スープには結構脂が浮いてます。でも、このスープだけ飲むとうまい!
DSC07016
 ついでに豚の味噌漬けも食べました。これはまたお酒が飲みたくなる味。

 奄美に来たら、必ず鶏飯を食べるべし!

 奄美大島でレンタカーを借りると、ラジオが奄美FMにセットされてることが多いです。
 77.7MHzでだいたい名瀬を中心に島の中央部で聞けます。空港だと若干厳しい。南部はFMせとうち、FMうけんがあるので、奄美FMは聞こえません。ただ、この二局も奄美FMの番組をある程度同時ネットしています。
 結構、奄美の人々にも浸透していて、存在感のない本土のコミュニティーFMとは違う感じ。たぶん、島という閉鎖された空間に特化したメディアが新聞(奄美新聞と南海日日新聞)とこのラジオしかないからだと思う。
 「シマッチュのシマッチュによるシマッチュのための島ラジオ」というコンセプトであり、おばぁがひたすら奄美方言炸裂でしゃべっていて、何をしゃべっているのかさっぱりわからなかったり、番組ゲストがその辺にいる小学生だったり(「二学期始まったけど、学校どう?」「別に」)、地域密着なのです。
 「うがみんしょーら(こんにちは)」「ありがっさまりょーた(ありがとうございます)」「はげぇー(へぇー※)」なんて奄美方言を覚えたのもこのラジオでした。

 ※「はげぇー」はイントネーションによって意味が違う。「ふーん」「へぇー」「マジで!」「ホントに!」「あらまぁ」など。とりあえず、奄美の人としゃべってるときは「はげぇー」って相づち打っとけば問題ない(適当)。

 さて、末広市場スタジオから生放送やってるよ!とのことだったので見に行ってみる。
DSC07010
 スタジオは駄菓子屋だった。
DSC07011
 スタジオってフツー外の音が入らないようにするもんだと思ってました。
 今まで、3局のコミュニティーFMに出演したことがあるのですが、どこも外の音が入らないように防音してありました。でも、ここは違う。窓全開。たぶん叫んだら声が電波に乗る。
 DJの人もCMとか音楽の時間は外の見に来てる人としゃべってたりする。

 なんだか、いい雰囲気。
 愛すべきラジオ局です。

 奄美大島の中心部、名瀬の繁華街は都市規模からすると、飲み屋の軒数が多い気がする。そこそこ活気があるように思えるが、昔に比べれば……という感じらしい。

 初めて奄美に来たときにも行ったお店。
 結構、このお店、好きなんです。
DSC06975
 今日は「喜多八」にやってきました。

 ここの料理システムは明快で、4,000円均一です。料理が一通りコースで出て、飲み放題。たぶん混雑時でなければ時間無制限。一人でも二人でもグループでもそんな感じです。オススメとしては、少人数で行って、1階のカウンターがいいかな。お店の人とのトークも楽しめる。
DSC06977
 飲み放題メニュー。黒糖焼酎が飲み放題。
DSC06976
 まずは島らっきょうからスタート。
DSC06979
 厚揚げを炊いたもの。
DSC06980
 刺身は酢味噌で食べる。
DSC06981
 てびち。もう、これが、とろっとろのとろっとろでございます。
DSC06982
 奄美料理の名物。塩豚。保存食で豚肉に塩をすり込んで保存していたもの。
 それを炊いている。これがうまいんです!ちょっとしょっぱいけど、お酒に合う。すごいシンプルな料理だけど、味が深い。
DSC06983
 〆におにぎり。奄美のおにぎりは玉子巻が多い気がする。中身はおかか入り。

 今回、行った時間が遅かったのでなくなってた料理もあり、「あるもので~」ということで、3,000円だった。
 奄美の料理は、沖縄のような、沖縄じゃないような、本土のような、本土じゃないような、そんな独特な感じがする料理。いやぁ、うまいよ!特に塩豚。

 他のお客さんの話を聞くと、バニラエアで来る人が多数。補助金もらってバニラエアが奄美に就航したおかげで、奄美に特需が降ってきた模様。JAL便の客が減ってるわけでもなく、バニラエア分が純増という話なので、奄美の経済にはかなりの貢献してるみたい。たぶんバニラエアに払っている補助金に対する経済効果が大したことになってるんじゃないかな。

 空港は奄美大島の東の端にあり、西古見集落は奄美の西の端にあって、距離にして90km。車で2時間半程度。無茶してやってきました。
DSC06965
 途中の道路は絶景!夕陽が素晴らしい。
 なぜ、ここまで来たかというと、旧陸軍の観測所跡があるため。大島海峡の安全を守るために設置された模様。
DSC06974
 到着したときには、雨は降るわ、日没するわ、散々の状態。
DSC06970
 中に入ると、まぁ、時間が時間だけに雰囲気があります。
DSC06971
 フラッシュをたいてみた。ここで、兵士が海峡を見張っていたわけです。
 あまり遅い時間に来ると、灯りが一切無いので明るい時間に来るのがオススメです。マジで。雰囲気ヤバイし。
DSC06967
 外から見るとこんな感じ。

 あまりにも遠いところにあるので、興味がある人だけが行くというのがいいと思う。まわりに何も無いし。

 帰り道、雨が本降りになって、道路に大量のカニが。山から海に向かって大行進。
 避けたいけど、避けようがない。うーん。ごめんなさいです。

 奄美に行くよー!
 流行のバニラじゃなくて、もちろんJALで行きます。

 行きは国内線特典航空券。「伊丹→羽田/羽田→奄美」で発券しておいた分で。
DSC06946
 羽田発のJALグループ国内線で一日一本の路線というと、今は奄美と宮古(と季節運航の久米島)ぐらい。なかなかレア路線。羽田線は一本だけど、どっちの空港も飛んだ先ではいっぱい飛行機が飛んでるんだけどね。大館能代空港とかとは違う。
DSC06947
 この年の9月1日から離着陸時に電子機器を電源オフしなくても良くなったので、記念に一枚。
 D滑走路からの離陸。羽田から出るとき西南方向の行き先だとだいたいD滑走路から離陸になったよね。出発してからD滑走路までは遠い。
DSC06950
 雲の間から富士山がちらり。しかもてっぺんに傘雲がいる。
DSC06953
 残念な天気で奄美に着陸~。

↑このページのトップヘ