FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:九州 > 九州_食べ物記録

 今回の旅はしまとく通貨を使用。
DSC00632
 5,000円払うと6,000円分使えるということで、これでレンタカー代や食事代をまかなった。

 というわけでお昼ご飯。
 やはり魚を食べたいよねーと思ってチョイスしたのはいけす割烹心誠。
DSC00637
 場所が若干わかりにくいのと、駐車場が遠いので注意。
DSC00638DSC00639
 やはり、お魚中心なので、若干お高めでしょうか。
 お昼限定メニューの中にひときわ目を引いたのが「名物びっくり弁当」(1,600円)。お昼にしちゃー高い。高いけど、とてもビックリするとのことなので注文。
DSC00640
 どーん!
 ご飯が別ってことはさすがに丼ってことはないよね?
DSC00641
 刺身・天ぷら・煮物・焼物入っております。
 これはすごい!
 刺身は当然新鮮なもので、うまくないわけがない。
 一番注目したいのは、鯖の塩焼き。これが最高にうまかった。

 内容を考えれば、1,600円は安いのかもしれない。

 ホントは池島に行こうと思っていた。

 ……が、船が欠航でツアー中止。

 しょうが無いので、ドライブドライブ。
DSC06662
 やってきたのは「ドライブイン鳥伊万里店」。
 ドライブイン鳥ってすごい名前だよね。
 「やき鳥一番、鳥めし二番」ということなので食べることにする。
DSC06668
 お肉登場!
DSC06664
 じゅーじゅー焼いちゃいます!
DSC06665
 から揚げもうまい。鳥肉自体がうまい!
DSC06666
 鳥めしも、鳥肉のうまみがたっぷり入ってる感じで、これ単品が400円しないのはすごい。
DSC06667
 鳥スープもうまい。

 全体的に安いし、鳥肉自体の質がいい。
 いろいろおなかいっぱいに食べて一人2,000円ぐらい。

 春秋航空日本の機内にあった、佐賀県の観光広報誌で井出ちゃんぽん本店が取り上げられていて、おいしそうだったので来てみた。
 ちなみに好きなラーメン屋は「リンガーハットです!」って答えるぐらいちゃんぽん好き……というよりラーメンにそれほどこだわりがないだけだけど。
DSC06638
DSC06639
 オープンキッチンで調理しているのがよく見える。
 そして、えらい量の野菜を切ってたり、炒めてたり。
 中華鍋にものすごい量の油を入れて、ひたすら野菜を炒めてる。
DSC06640
DSC06641
 というわけで、ちゃんぽんと餃子。

 野菜の盛りっぷりがステキ!
 野菜炒めってホントおいしいよねぇ。野菜しゃきしゃきでこのちゃんぽんはうまい!

DSC06194
 さて、朝の黒崎を出発。常磐線からだいぶ昔に消え去ったヤツが九州ではまだまだ現役。
 朝食は何を食べよっかなぁ……と少し悩むが、北九州に来たら、やっぱ「かしわうどん」でしょう!
DSC06195
 というわけで朝うどん。黒崎駅のホームにあった東筑軒でかしわうどんを食べる。
DSC06196
 かしわうどんとかしわおにぎり(350円+100円)。いいねぇ、この澄み切ったうどんだし。九州のうどんなので讃岐とは違い、柔い麺。まずは、出汁を一口。そして、麺に行く。食べていくと、かしわ肉からも味が出てきて、変化していくのがおもしろいし、それがまたうまい!
 北九州のかしわうどんはうまい。特に駅うどん。
DSC06200
 ちょっと昼食時間帯にお店に行くのは厳しそうなので、昼食用に駅弁のかしわめしも購入。670円は駅弁にしては安い。小さめだけど。
DSC06201
 このグラデーションが美しい。
 ごはんにかしわの出汁がしみていて、しみじみうまかった!
 東筑軒はかしわめしだけで勝負しているので、駅弁も選択の余地が無い。サイズぐらい。それでも成り立つというのがすごいなぁっと。


※駅工事の関係で黒崎駅のうどん店は長期休業中です。その他の支店は東筑軒ホームページで。

 さて、博多の滞在時間は数時間。
 まだまだ食べまっせー!福岡はホントに空港が近いので短時間でも色々楽しめる。

 次に行くのは「おきよ食堂
 福岡市中央卸売市場の事務所棟の中にある。
 市場の食堂なので朝は6時から営業。市場の食堂というと、昼過ぎにはしめてしまうイメージだが、ここは違う。午後に休憩が入って、夜も営業して21時半ラストオーダー。
DSC04844
 入口のメニューでグッとくる。
DSC04845
DSC04840
 もうね。近所にこの店があったら、たぶん毎日食べに来てるかもしれない。そんなレベル。
 はも天にしようか、ごまブリにしようか……色々悩んだ結果、やっぱりごまさば!
DSC04841
 どーんと到着。
DSC04843
 ごまさば、どーん!

 福岡は鯖を生で食べます。日本海側は鯖を刺身で食べたり、生で食べることが多い。
 寄生虫(アニサキス)の心配があるので、本来鯖は生で食べてはいけない。冷凍や加熱してからでないとダメ。ちなみにお酢でしめても寄生虫は死なない。
 ところが、日本海側の特に福岡で揚がる鯖に付いてるアニサキスは内臓にしか寄生しないらしい。太平洋側のアニサキスは身にもいるのに対照的。なので、(それほど)心配しないで、鯖の刺身が食べられるのです。そして、鯖の刺身は本当においしい。

 そして、このごまさばがうまい!醤油とみりんとごまのタレがとってもマッチしている。
 なんて幸せな定食なんだろう。

 ちなみにここは、定食は安いですが、単品だとそれなりな値段します。
 なので、あれもこれも食べたい誘惑に駆られるが、メイン一品の定食を断腸の思いのでチョイスするのが幸せになれる秘訣。

 博多天ぷらの有名店の天ぷらひらお
 天ぷらだけど、揚げたてだけど、カウンタだけど、安い。庶民の味。

 定食は全て700円から900円。
 多少トッピングしても1,000円超えることはないでしょう。

 食券を買って、カウンタを囲むようにある待ち席に座る。
 順番が進むと少しずつ横に移動する方式。
 待ってる人は多いけれど、カウンタだけなので進みは早い。
 着席~。
DSC04830
 まずは、ご飯、味噌汁、天つゆ、天ぷらを置くお皿が登場。
 そして、テーブルにある色々な者を取り皿に。塩辛と大根の煮物をよそう。ちなみに小鉢は食べ放題。
DSC04831
DSC04832
DSC04833
DSC04834
DSC04835
DSC04836
 揚げたてで少しずつ出てくる。これはちゃんとした天ぷら屋さんと一緒だよね。
 まぁ、高級店の天ぷらを期待していくと、何か違うけど、てんやよりはるかにうまい。
 ごはんが進む進む。

 ちなみに福岡空港近くにもあって、徒歩15分ぐらい。バスで2つぶんぐらい。
 そちらは本店なので、ものすごい巨大なカウンターがあります。お客も多くて、わっしょいわっしょいしております。

↑このページのトップヘ