FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ: シンガポール

 特にしたいこともないので、ご飯食べたばっかりだけれど、ご飯を食べよう。

シンガポールと言えばチキンライス

 と言っていいのかどうかわからないけれど。
 チキンライスってケチャップチャーハンじゃないよーって言わなくても、かなり浸透してきているね。
 タイだとカオマンガイ。シンガポールだとチキンライス。中国語では海南鶏飯。マレーシアだと……なんて言うんだっけ?
 鶏の旨味を良く引き出していて、この料理が私は好きなんよー。
 なんで食べに行った。


駅から近くてリーズナブルな値段の店へ

 まぁ、前にも紹介してるんだけどね。
DSC08110
 なんか肉骨茶で元気注入したのに、あんまり元気なかったので、駅から近くてリーズナブルなラッキーチキンライスに行くことにする。オーチャード駅から徒歩数分。フィリピン出稼ぎお手伝いさんの巣窟ラッキープラザの#2-110にあるよー。


チキンライスはスチームかローストの2種類

 チキンライスは大きく分けてローストかスチームか。
 まぁ、たぶん英語ができない日本人が行くとロースト?スチーム?って聞かれると思う。
DSC08112
 その他、色々とメニューアルので詳しくは上のメニュー参照。


今日はロースト

 鶏を見ながら悩む。
DSC08113
 まぁ、遅い時間に行くと売り切れのことが多い、ローストにしよう。
DSC08111
 ローストのチキンライスはSGD4.8。安いねー。タイで食べた方がもっと安いけど。
 このお店はチキンにかかったソースが好きなんです。私好みの味。

 ん、ただ色々なところでチキンライスを食べてきたせいか、味が変わったのか、それともちょっとお疲れのせいか、ちょっと味がいまいちだった。基本ロースト好きだったんだけれど、次はスチームにしよう。

 さて、朝から夕方までのパワーシンガポール。
 シンガポールはお久しぶり。特にやりたいことないけれど。
 まずは朝食から。シンガポールの食事で好きな物はチキンライスと肉骨茶。なので肉骨茶を食べに行こう。
 

肉骨茶では超有名店

 まぁ、以前にもレポートしているお店だけどね。
DSC08106
 シンガポールで肉骨茶といえば一番に出てくるようなお店。
 ちょっと夜行便明けでお疲れなので、気合いを注入しましょう。肉骨茶は元々肉体労働者のための食べ物だからね。クラーク・キーの駅から近いんだけど、道の片側にしか地下鉄の出入り口がないので、横断歩道か歩道橋を渡る必要がある。ちなみに本店のすぐそばに支店もあるので(他にももっと支店あるけど)、あまりにも混んでるようなら支店に行こう。まぁ、基本的には回転が早い店ではある。


メニュー

 こちらがメニュー。怪しい日本語付き。
DSC08107
 まぁ、初めてはフツーにスペアリブスープにしておいた方がいいと思うよ。あとライスを付けるのは必須。
 今回はM03のカルビスープにしてみた。
 それにしても写真からしてニンニクが主張しているなぁ。


いざ実食

 というわけで、カルビスープとライスとコーラを頼んだ。
DSC08108
 到着!いやー、この眺めはいいねぇ。
 ただ、肉がカルビなので脂身多め。んー、肉骨茶だと普通のスペアリブの方がおいしい気がした。脂身が多すぎてちょっとクドいかも。
 スープを飲んだり、ご飯をレンゲでよそってスープをしみこませて食べたりするのが作法。スープはどんどん足してくれる(足してくれなければアピールしよう)のでおなかいっぱいになるぜ。味はスパイシーニンニクがつん!系。当然ニンニクがつん!なので、その後のご予定にご注意ください。
 ホント、マレーシアとは味付けが違うよねぇ。


お会計

 お会計はこちら。SGD12.85なので1,000円ちょっとくらいか。
DSC08109
 まぁ、シンガポールは物価が高いけど、これは安い方だね。
 ただ、2年前と比べて値上げしてなかった。香港とは違ってそれほど物価上昇はしてないのかな。


このお店のルール

本店の場合、店の前に列を作る場所があるので、そこに並ぶ。
 ↓
店員の指示で席に着く。
 ↓
店員を呼んで注文。
 ↓
食べ物が届いたらそこでお会計。
 ↓
ウマー!
※メニューに税(7%)サ(1%)入っていないので注意

 さて、色々お散歩いたしまして空港に戻る。
 やっぱりシンガポールは暑い。

 出発前にちょっと小腹が空いたので、ターミナル2の職員食堂へ。
 (※行き方は前回行ったときの記事を参照)

DSC08122
 なんか炒飯が食べたかったので、炒め物屋さんで。
DSC08124
 左がスタッフ価格、右が通常価格なので、右の値段を参考にすること。
DSC08121
 XO醤炒飯で3.8SGD。これは安い!
 味はすごいうまい訳ではないけれど、合格点。

 空港で安くご飯を済ませたいときは重宝する場所だね。

 シンガポールといえば色々なグルメがあるけれど、シンガポールの肉骨茶はクアラルンプールのものとまた違ったお味ということなので、朝ご飯は街に繰り出して、肉骨茶を食べる。

 肉骨茶も色々とお店があるけれど一番メジャーで朝一からやってる松發肉骨茶(SONGFA BAK KUH TEH)へ。市内に5店舗ほどあるけれど、朝からやってるのは本店っぽいクラーク・キーのお店のみ。ちなみに、昼間であれば空港から地下鉄一駅のExpo駅そばUE BizHub East内にもあるので、時間がない場合はそこがいいかもしれない。
DSC08110
 というわけで来てみたら、まだ開店してなかった。7時からのハズなのにおかしいなぁ。
 しばらくぶらぶらして戻ってきたら開店してたので、入る。
DSC08118
 メニュー。一応日本語もついてる。
 というわけで無難に肉骨茶と白飯で10.5SGD。シンガポール物価高いなぁ。
DSC08119
 クアラルンプールで食べた肉骨茶と違って、超スパイシーでニンニクがつん!ってな味。なんか夜元気になりそうなスープ(あくまでイメージです)。これはうまいねぇ。肉ががっつり。スープは少なくなると足してくれるので、ご飯が余っても大丈夫。ご飯にスープをかけちゃってもOK!

 ただ、ニンニクなので、その後のことは覚悟してください。


○関連ホームページ

 松發肉骨茶(シンガポールナビ)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってレジへ。

 久々の飯屋以外の更新。

 まぁ、記事以外にも色々行っているのですが、特に更新する必要もないかなって思って。

 というわけでシンガポールの動物園シリーズ、最後はジュロンバードパーク。
 シンガポールに動物園ぽい施設は4つあって、シンガポール動物園・ナイトサファリ・リバーサファリ・ジュロンバードパークの4つ。そのうちジュロンバードパークだけは離れたところにある。
DSC06078
 というわけで行ってみた。
 MRTイーストウエスト線のブーンレイ駅からバス(194か251番)に乗っていると着く。
DSC06080
 チケットの値段。結構いい値段するよねぇ。先ほどの4施設で様々な組み合わせのチケットがあるみたい。あとJCBカードでチケットを買うと10%引きになるみたい。海外ではJCBは使えないから意味が無いとか言われたりするけど、アジアだとこういうときにJCBカードが役に立ったりする。一応、財布に忍ばせていて損は無いと思う。
DSC06085
 ショーの様子。入園したらショーの時間をチェックすること。せっかく無料でやっているのでショーは見といて損は無い。意外としっかり練られていて面白いよ。
DSC06095
 ホントに鳥だらけ。普通の動物園のように隔てたところから見る鳥もあるけれど、鳥たちのすみかに侵入できるところもあるので、そういうところだと本当に目の前に鳥がいる。
DSC06106
 色鮮やかな鳥も多くて、見ていて楽しい。
 子連れには最適かな。

 さて、ホテルで朝ご飯食べたので、昼ご飯食べに出発!
 Traders Hotelは駅から微妙に遠いし、今日の昼ご飯は地下鉄の駅から遠いカトン地区にある。

 というわけで、バスに乗ることにする。
Screenshot_2015-05-26-23-28-35
 Google Mapで検索すると36番のバスに乗ればいいようだ。あとは乗るときと下りるときにEZ-Linkカード(シンガポールのSuica的なカード)をかざせばOK。シンガポールはバスを使いこなせるようになると、格段に移動しやすくなる。
DSC06072
 というわけで、やってきたのは328 Katong Laksa。
 シンガポールで有名なラクサを食べさせるお店です。
DSC06076
 テラス席と冷房が効いてる普通席があって、シンガポールらしさを味わうならばテラス席を選ぶべきかな。でも、暑いのでオススメできない。
DSC06073
 というわけで、これがラクサ。お米で作った麺で、短く切れているのでレンゲですくって食べる。ココナッツミルクのスープで、甘いのかと思ったらスパイシー。スパイシーだけどクリーミー。うーん、日本じゃ完全に無いタイプの味の組み合わせだな。でも、おいしい!魚介類が若干生っぽい部分があるけれど気にしないでおこう。
DSC06074
 なんかちまきっぽいご飯である、ナシレマッも頼んでみた。
DSC06077
 魚付き。タレをかけて食べる模様。ココナッツミルクでご飯を炊いているので、ちょっと変わったお味。

 全部で6SGDぐらいだったかな。

 カトンまで来るのがちょっとめんどくさいかも。ただ、支店がもっと交通の便といいところにあるみたいなので。そっちの方で行ってみるといいかも。

 全然関係ないけど、成城石井のラクサも結構おいしいよね。



○関連ホームページ

 328カトン・ラクサ(シンガポールナビ)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席(テーブルナンバー暗記)
  ↓
 注文口で注文。テーブルナンバー伝える。
  ↓
 支払う
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー

 同行者が来たことないと言うので来てみた。

 前回、ちょっと酷評しちゃってましたが。
DSC06067
 今回は二人だったので、カウンターではなくテーブル席だった。
DSC06069
 というわけで、オリジナルシンガポールスリングとスリング1887。
DSC06070
 ゆるーくバンド演奏を聴きながら。

 値段は結構いい値段で、それなりの格式高いホテルのバーで、でも結構(いろいろな意味で)緩い。ただ、ビーサンとか短パンで行くと断られるみたい。
 まぁ、感想としては前と変わらず、一杯飲むのもいいかもねー、という感じ。
 ちなみに食べ物頼むと、プラスチックのシェーカーもらえるそうです。まぁ、下のラッフルズホテルのショップで買える物ですが。

 シンガポールはインド移民も多いのでインド料理も有名なのです。

 というわけで、今日はインド料理だ!
 地下鉄でそのまんまな名前の「リトル・インディア駅」へ。
 ここはインド人街なので、インド系スーパーやらインド料理屋が密集している。
DSC06066
 TripAdvisorでもそこそこ評判が良かった、Aromas of Indiaへ。ただ、ここ、ガラガラなのが気になる。
DSC06058
DSC06057
 まずはビール。もちろん銘柄はKingfisher!あと突き出し的なスナック。
DSC06060
DSC06061
DSC06062
DSC06063
DSC06065
 ほうれん草カレーがうまかった!カレー2種類、肉、ライス、ナン、ビール何杯か飲んで74SGD。
 うーん。安くないな。結構いいお値段。シンガポールは物価が高いので仕方が無いかな。でも、もっと安くておいしいお店がありそうな気がする。要開拓だね。

 シンガポールと言えば、そう、チキンライスだ!

 というわけで、今回はあの有名な「天天海南鶏飯」に行ってみる。

 地下鉄をチャイナタウンで降りる。
DSC06050
 こんな感じの商店街を通り抜け、目指すはマックスウェル・フード・センター。
DSC06051
 ここは屋根がある屋台村という感じのところ。
 シンガポールにはこういうところがたくさんある。住宅街でもマンションの一階がこういったフードコートになっているところも多い。
DSC06055
 超有名店の一つ、天天海南鶏飯。結構行列ができている。二人以上で来ている場合は席取りと並ぶので、分かれた方が良いと思われる。
DSC06052
 今回はチキンライスではなく、チキンとライスバラバラで頼む。二人できてたからね。
DSC06053
 チキンはしっとりと、でもタレは、しみていく……って感じではないかな。しみてるけど。
DSC06054
 安定の青菜炒め。

 ご飯もチキンスープで炊いたご飯なので、おいしくないわけが無い。
 全部で9SGDぐらい。安いよねぇ。

 でも、LUCKY CHICKEN RICEの方が好みかな。室内だから落ち着くし。交通も便利だし。


○関連ホームページ

 天天海南鶏飯(シンガポールナビ)


○注文と会計の仕方

 右の店に並ぶ
  ↓
 注文してお金払う
  ↓
 左の店で商品受け取る
  ↓
 着席
  ↓
 ウマー
  ↓
 食べ終わったらテーブルに放置

 さて、シンガポール到着。
 一応、機内食は食べているので、とりあえずホテルにチェックイン。
 今回はTraders HOTEL。朝着いたら、そのまま部屋に入れた。

 というわけで朝食を食べにGO!
 シンガポールの朝食と言えば、「カヤトースト」ということで、超有名な亞坤に来てみた。シンガポール中に支店があるのだけど、ファーイーストスクエアのお店は本店らしく、昔ながらの雰囲気で、炭火でトーストしているらしい。
DSC06027
DSC06029
 メニューは多言語対応。
 セットAのKaya Toast Setにする。4.2SGD。
DSC06030
 まずはコーヒーと温泉卵が出てきた。このコーヒーが甘い。独特の味。
DSC06031
 カヤトースト登場。
DSC06032
 中はこんな感じ。
 かりかりに焼いたトーストにカヤジャム(ココナッツミルクベースのジャム)とバターがどさっと入ってる。これ中毒性が高いなー。甘いの中にバターのしょっぱさが加わって、うまい。店のおっさん曰く、温泉卵に醤油と胡椒をかけて混ぜて、トーストに付けて食べると良いとのこと。

 シンガポールらしい朝食でした。お店自体はここ以外ファストフード店ぽくなっていて、結構どこにでもある。もちろん空港にもあるので、味わうだけならそこでいいかも。ただ、雰囲気もいいので、時間に余裕があれば来てみるのもいいかもしれない。


○関連ホームページ

 ヤ・クン・カヤトースト(シンガポールナビ)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 お金を払う。
  ↓
 ウマー

↑このページのトップヘ