FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:マレーシア > マレーシア_食べ物記録

 クアラルンプールで私がよく食べているホッケンミー(福建麺)。
 ペナンのホッケンミーはどんなもんじゃろな?


ペナンはホッケンミー(福建麺)も違う

 ラクサと同様、ペナンのホッケンミー(福建麺)は違う。
 シンガポール式、クアラルンプール式、ペナン式があって、それぞれが全然違う。シンガポール式は汁焼きそばで具はエビとか野菜。クアラルンプール式は中国醤油を使った黒い焼きそばで具は豚肉など。んで、ペナン式はエビの汁そば。もう、これだけ全然違う。
 ペナンのホッケンミーは初体験。食べに行ってみよう!


おそらく一番有名で一番難易度が高い三條路888

 というわけで、やってきたのはペナンホッケンミーでナンバー1とされている屋台。ホテルジェンから徒歩数分。
DSC03348
 こういったごちゃごちゃした屋台群の中にある。
DSC03345
 来たのは「三條路888」という屋台。道路側最前線に屋台があるわけじゃないので、うっかりすると通り過ぎるかも。屋台で注文し、席に持ってきてくれる。どうやって識別しているのかは謎。
 ちなみに屋台共通の食事スペースはだいたいドリンク屋がその場所を仕切ってるので、ドリンクを注文しないとダメよ。なんでドリンク屋が仕切ってるのかは知らん。だけど、どこもそうなってる。


着丼

 それほど待たずに着丼。
DSC03346
 オプションは色々と選べるけど、焼肉を付ける。基本MYR5+焼肉MYR2。あれ?卵も付けたんだっけな?
 見た目がスゲー辛そうな赤。でも、この赤はどっちかというとエビの赤でそれほど辛くない。辛いけど。

 食べると濃厚なエビ風味。もうこれでもかってエビエビしてる。
 これはうまいね!最近流行のエビそばとかこれを参考にしているんじゃないか?って味でうまい!


デザートはドリアン

 えび「KJさん、ドリアン食べたい」
 彼は、ちょっとした間に、自分の欲望をぶつけてくるのがうまい。
 ドリアンかぁ。実はドリアン童貞。でもアジアを旅行してたら避けられないよね。よし、大人の階段登るか。
DSC03352
 ぷらぷらしてると屋台のドリアン屋があって、1個まるごとではなく、パックになっている物があったので個々で食べることにした。奥のイートインスペースで食べていいかどうかを確認。ビニール手袋とビニール袋をもらう。
 奥のイートインスペースに座ると、ドリンク屋がすっ飛んできた。ドリンクを注文。そして、ドリンク屋から「絶対に絶対に放置していくな。絶対にテーブルに直接置くな。絶対にビニール袋に入れて、買ったドリアン屋に渡せ!」との厳重な注意をもらう。
 すげー。どんだけなんだ。どんなもんなんだドリアンは。
DSC03351
 それではドリアンを食べる。ビニール手袋着用。
 すごいねっとり。
 一口食べると、うわー。ドリアンだー。ただ、今まで嗅いできた匂いと味は結構違う。
 ただ、あんまり甘くない?これは食べたドリアンの特性?

 まぁ、うまいかって言うとそこまででもないような……。
 ただこういうのは3回食べないと判断できない。ほら、ドクターペッパーだって3回飲むとクセになるって書いてあるしねぇ。また、機会があれば食べてみようと思う。ただ、一人では食べないな、きっと。

 2018年ホテルの朝食を除いて初めての食事はペナンラクサ。
 おおー、やっとペナンらしい物になったぜ!


ペナンのラクサは違うらしい

 今まで食べたラクサというと、シンガポール風のが有名。
 ココナッツミルクベースに魚系の出汁の麺というイメージ。カレー味の場合が多い気がする。

 ところが、ペナンのラクサは違う模様。
 違うなら行ってみよう!
DSC03334
 というわけでやってきたのはジョージタウン内にあるペナンラクサの有名店「My Own Cafe」。


メニュー

 入口に書いてあるメニュー。
DSC03335
 ラクサねーじゃんと思ったら違う店のメニューだった。というより、「My Own Cafe」で注文できる違う店のメニューっぽい。
DSC03336
 というわけでこちらが店のメニュー。
 もちろんPenang Asam Laksaを注文。大にしたか小にしたかは忘れた。大でMYR6、小でMYR5。安いねー。


着丼

 しばし待つと着丼。
DSC03338
 スープが透明……だと?
 麺はコシがない押し出し米の麺。これはどこのラクサも同じだね。

 オイニーがかなり独特。これかなり発酵系の香り。苦手な人は絶対苦手。
 スープを飲むと辛味はそれほどでもないかな。かなり酸味がきいてる。とりあえず、全体的にかなり独特であんまり食べたことがない味だったよ。辛味がそれほどでもないと書いたけど、食べ終わる頃には汗が出てたから、結構辛かったのかもしれない。

 いやー、おいしかったが万人がおいしい味かとは言えない、クセがあるね。

 2017年最後の食事。
 ステキなイタリアンのお店。そして、店員のねーちゃんの笑顔が最高にかわいかった。


えびちゃんのレストランチョイス

 えび「KJさん、イタリアン食べに行こうよ」
 キター!ペナンに来て!あえてイタリアン!
 つーか、今までの食事、インド料理→海鮮中華(書いてない)→ホテル朝食→インド料理と来て、ペナンらしい物食ってねーぞ!でも、よくよく考えたら海外でイタリアンって食べたことないな。南の島のイタリアン、一体どんなもんなんだろ。まぁ、えびちゃんは色々な物への嗅覚がスゴいと思うし、発想の違いを見せつけられるね。よいしょしすぎだね。褒め殺しだね。
DSC03271
 ↑えびちゃん


というわけでイタリアン

 ジョージタウンのリトルインディアの端にそのお店はある。
DSC03310
 うっかりすると通り過ぎてしまいそうなお店。
DSC03308
 クロネコの看板が目印です。
 周りが暗いから目立つけれど、周りが明るいと通り過ぎてしまいそうな佇まい。


店内とメニュー

 ちょっと店内は薄暗い。
DSC03305
 ただ、なかなか良い雰囲気。
 これ、ちゃんとしたお店だわ。
DSC03295
 お値段は現地の食事としたら高い。イタリアンの食事としたらそんなに高くない。


実食

 実食!まずは前菜。
DSC03300
 レバーペースト(MYR19)。ブレッドに塗られて登場。
 非常に臭みがなくうまいの。
DSC03301
 こちらはマスカルポーネチーズのブレッド(MYR19)。
 こちらもちゃんとしたチーズを使っていて、濃厚なお味。うまし。
DSC03302
 本日のスープはシーフードトマトスープ(MYR19)。
DSC03303
 パスタは「Pasta Mushroom & Truffle Oil」(MYR33)を注文。
 おおーキノコどっさり!しかも、トリュフオイルって中毒性高いよね。
 正直、すごい失礼な発言だと思うんだけど、ペナンでちゃんとしたイタリアン食べられるとは思わなかった。

 というわけでとっても大満足なイタリアンなのでした。

 ペナン島での初食事はインド料理。
 ホテルのそばだから行ってみたけどなかなかうまかった。


フォーポイントすぐそば

 えび「KJさん、インド料理食べに行こうよ」
 いきなりキター!ペナンに来て!あえて、インド料理!
 ただ、そういうチョイスキライじゃない。
DSC03236
 というわけでフォーポイントから歩いてすぐのこのお店へ。
 持ち帰りしている人多めなお店。いいねー。オーラが出てる。
DSC03281のコピー
 ちなみにBBAが好物のえびちゃんは左に写ってるIBBAと仲良く話してた。


メニュー

 メニューはこちら。
DSC03242
 写真付きメニューが一押しか。
DSC03243
 こっちは全てのメニューが書いてある模様。
DSC03241
 システムが色々と謎だけど、自助餐的な感じもあって、みんな色々盛ってた。


バナナリーフセットマトンを注文

 色々悩んでみたけどバナナリーフセットのマトンを注文。
DSC03240
 MYR16。ラッシーは別料金。
 これねー。安くて量も満足。あまり辛くないしねー。
 そして付け合わせの料理がうまい!
DSC03280
 ちなみに次の日のランチも同じ店で食べたけど、チキンもフィッシュもなかなかうまかったでよ。

 クアラルンプールには(個人的に)中毒性が高い麺がある。
 前にも紹介しているけど、もう一回食べてみる。


福建麺(ホッケンミー)とは

 福建料理の麺料理をもとにマレー半島に渡って、変化したもの。シンガポール式とクアラルンプール式とペナン式があって、同じ料理名なのに全然違う。クアラルンプール式は一言で言うなら黒い焼きそば。
 詳しくはWikipediaでも見てちょうだい。


で、地元民が行く店に突撃

 何回か行っている聯美福建麵だけれど、今回も食べたい欲に負けて行ってしまった。
DSC08161
 ちょっと躊躇するよねー。もう慣れたけど。
DSC08157
 まぁ、屋根があるけど、ほとんど外。
 だいたいいつも賑わってる。満席って程ではないけれどね。


福建麺登場

 というわけでメニュー。
DSC02140
 ちなみに価格は不明だけど福建麺でMYR8。
DSC08158
 今回はビーフンにしてみた。こちらの方が焼きそばっぽい。
 具は豚肉の色々なところがごろごろ入っていたりする。中国醤油とオイスターソースで味付けていて、ちょっと油っぽいけど中毒性がある。
DSC04083
 ちなみに以前食べたときは福建麺食べたよ。こちらは焼きそばというより焼きうどん感が半端ない。


どしゃぶりの雨

 そんなこんなで食べてたら、激しい雷と雨。
DSC08163
 まじかー。傘持ってないぜ。
DSC08166
 こういうときはUber頼んじゃうに限る。
 それにしても一時期UberXって混雑してるってことで×1.5とか×2とか平気で出てたけど、最近値段が上がることないね。Grabとかと激しい争いでもしてるからなのかな。

 クアラルンプールに1921年オープンのカフェがあるというので行ってみた。
 プリンが最近食べられない感じのプリンで懐かしかった。


きっかけ

 見つけたのはTwitterからの情報。
 たまたまBiwakoさんがKLにいて、情報をアップしていた。 
 ちょうどKLにいるときにこんなツイートを見ちゃったので行くしか無い。
 (Biwakoさん、ここチャイナタウンではないっす。最寄り駅は一緒だけど、逆サイド)


アクセス

 Masjid Jamek駅(KJ14)かBandaraya駅(ST6)下車。
 どちらの駅からも徒歩6分ぐらいかな。詳細な場所はググってGO!
DSC08143
 そばに謎の名古屋って店があってビックリする。イスラム系の服を売ってる謎の店。
 店の近辺は服屋が密集している感じ。


年代物の建物

 これってオープンしたときからこの建物なんだろうか。
DSC08152
DSC08142
 なかなか味がある建物。
 ちょっとドアを開けるのが勇気いるかもしれない。
DSC08150
DSC08144
 雰囲気がいいねー。


ミックスグリルを食べてみた。

 Twitterで見たプリンが美味しそうだったので、それはマストだとして、あとは何を食べよう。
 いろいろとメニューがあったけれど、ミックスグリルにしてみた。MYR58.90。
DSC08145
 他のステーキとかとほぼ同じ値段なら一人分で来ると思うじゃん!違うじゃん!えらい量来るじゃん! なんかスゲー量来た。ビーフステーキやらラムチョップやらチキンやらビーフベーコンやらビーフソーセージやらとにかくもりもり。あー、普通のステーキにすれば良かったかも。スゲー量なので食べ終わる頃にはどうしても冷めてしまう。なので、最後はおいしくない。
 ちなみにメニューは日本で言う洋食屋的な感じ。ステーキもパスタもカツレツもあったりする。
DSC08149
 固めの懐かしいプリンはおいしかった!甘ーいプリンで、最近こういうプリン見ないなー。
DSC08151
 お会計はこんな感じ。
 まぁ、それなりの内容だからそれないの値段。
 ここは、デザートだけでお茶をするのがいいかもしれない。

 店内でつながってるけど隣にはバーもあって、そこで飲んでみたい気もするなぁ。


関連ホームページ

公式ホームページ(メニューあり)

 タイ~マレーシア~シンガポールあたりに行くなら海南鶏飯・カオマンガイ・チキンライス(全部ほぼ同じ料理)が食べたいよねーってことで行ってみた。位置的にタイとシンガポールの中間なんだからおいしいに違いない!


Kuala Lumpurでチキンライスの有名店らしい

 チャイナタウンの超有名店。名物はチキンライスとチャーシューらしい。
DSC06805
 席までちゃんと案内してくれるのでそれなりにちゃんとしたお店っぽい。食べるものによるけど、メニューを見てもそれほど高い店ではないよ。
DSC06806
 メニューに日本語が載っていてビックリする。
 基本的には指さし注文でOK!スチームかローストかというのは口頭で。


迷ったら両方食べよう!

 先ほど、チャーシューを食べたばっかりだけど、やはり名物と聞くとチャーシューが気になる。
DSC06807
 というわけで、スチームチキンとチャーシュー盛り合わせ7.3RMと油飯1.5RMを頼んでみた。
 ローストチキンは売り切れということなので諦める。
 んで、食べてみた。でもね、フツーだった。うん。そんな感想なら書かない方がよかったかな。特筆すべきおいしさってわけでもないし、まずいってわけでもなく。少なくともチャーシューは冠記の方がおいしかったかな。
 どうしてもクアラルンプールでチキンライスが食べたくなったら、リピートするかも。

 閉店時間ぎりぎりに行ったので、従業員が席を囲んでまかないを食べ出した。
 ローストチキンは売り切れって言ったくせに!うそつきー!ローストあるじゃん!まかないって余り物を食べるんじゃないのかよー。

 Kuala Lumpurでおいしい物って、結局中華だと思う。
 まぁ、日本人だから中華の味に慣れてるしね。ごめんなさい。


前回食べられなかったチャーシューが食べたい!

 やっぱりハマッ子で、中華街のそばで育ってきたから、中華が食べたい!
 というほどでもないけれど、以前食べたワンタンミードライは売り切れでチャーシューがのっかっていなかったので、チャーシュー付きで食べたいと思いリベンジ。
DSC06801
 やってきました冠記。普通に通ると屋台に遮られて店が目立たないので建物の看板を見てお店を見つけよう。
DSC06802
 空調もなく、半分の席は外にある。
 たぶんほとんどの人がワンタンミードライを食べているので、お店の人の対応も基本それを注文する前提になっているよ。ただ、ワンタンミードライにも色々あるみたい。一応「ちゃーしうみー・どらい」って言ってみたら通じた。


ワンタンミードライ登場!

 さて、数分もせずに提供。
DSC06803
 果たしてコレが雲呑麺なのかという疑問はある。特に香港の雲呑麺と比べると。
 ワンタンミー(雲呑麺)ドライと言っても、雲呑が麺に載っているわけではない。あくまでワンタンスープ+焼きそばって感じ。
 食べてみると妙に甘くて癖になる味。うーんビジュアル的には中華屋での香港風焼きそばって感じだけどね。醤油が甘いのかな。前回食べたときは、それほど特筆するべきものではないとか書いてるけど、今回は妙においしく感じた。具はチャーシューだけかと思ったら鶏肉のほぐした物としいたけも載ってた。どうやらチャーシューチキンワンタンミードライだった模様。
 ちなみにこのセットでMYR7。すげー安いなぁ。

 クアラルンプールのチャイナタウンにある、雲呑麺の店。
DSC04077
 屋台のお店がぎっちりある隙間に店がある。建物の看板を見ていこう。
DSC04078
 有名なのはワンタンミードライ。でも、チャーシューミーがうまいらしい。
DSC04079
 一応、メニューがあるけど、本当に全部出てくるのか不明。
 チャーシューミーは聞いてみると売り切れ。夕方の早い時間なんだけれどなー。仕方が無いのでワンタンミードライを注文。
DSC04080
 ワンタンミードライMYR6。
 焼きそば&ワンタンスープ。ワンタン麺じゃねぇ。
 醤油系のなんかクセになる味。結構味が濃そうに見えるけれどそうでもない。まぁ、特筆すべき味ではないけれど、クアラルンプールで中華が食べたくなったらいいかもしれない。チャーシュー食べてないから最終評価できないけれど。
 うっかり缶ビール頼んじゃったらMYR10もした。しかもおばちゃんコンビニへダッシュ。コンビニでもMYR7ぐらいするから良心的かな。まーしかたないよねー。イスラムだし。


 関連ホームページ(4travel)
 ※地図はフードコート内の支店を示していて、本店は道路はさんで反対側。

 紹介2回目

 KLってめぼしい観光地は見てしまったので、することないのです。じゃあなんで行くんだって話だけど、街の雰囲気とか食べ物とかは好き。あと、ホテルが比較的安い。

 Traders Hotel からUBERで新峰肉骨茶へ。2kmぐらい乗ってMYR5.69。だいたい200円しないくらいだからUBER乗っちゃうよね。これでも×1.5のピーク レートなので、×1だったらどんなに安いか。でも、あまり通常料金の時間帯を見たことがない。
DSC04071
 というわけで数年ぶりの訪問。
 有名な店なので、外国人客になれてるし、日本人客もそこそこいる感じ。
DSC04067
 肉骨茶関係のメニューはこんな感じ。
 他にも中華メニュー充実してる。おいしいかどうかは知らないけれど。
DSC04068
 注文したのは通常の肉骨茶の野菜無し(A1)のもの。
 頼むときはライスも一緒に頼んでおいたほうが、ご飯にかけて食べたりできるのでいいよ。
 以前来たときは器が全てビニールパックしてたけど、今回は普通の器。
DSC04069
  大好きな肉骨茶。ご飯とコーラをつけて23.1MYR。
  ここのは醤油味濃いめの味付け。料理は至ってシンプルでお肉どーん!という潔さ。スープもおいしいので最後まで飲んじゃう。


○注文と会計の仕方

 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 席で会計。

↑このページのトップヘ