FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:JL / JAL系 > JL / JAL(I)

 年末年始だ!6連休だ!
 というものの、当然繁忙期なのでチケットは高止まり。

 ここは直前で突然空席が出たりするAviosに頼るしかない!正直どこでもいい。
 BAゴールドなのでAviosゴールド特典シートでLHRが往復21,000Avios+75,390円。
 まぁ1Avios=1.5円ぐらいで仕入れているので、往復110,000円ということであれば、年末年始だしまぁまぁ許容範囲……なんだけど、滞在費が高いので若干躊躇。
 ずっと満席で、前日夜に軽い気持ちで調べてみたら、出てきたよ!JLの台湾往復20,000Avios+5,000円!
 そしたらねぇ、行きますわな。台湾に。しょっちゅう行ってるけど。
DSC06191
 というわけで、テンションが上がりまくった結果、羽田のJALファーストクラスラウンジに一番乗りしてしまった。
DSC06202
 ガレット食べる。周囲ではあんまり評判良くないけれど、俺は好きだよ。
DSC06203
 ゲートが北側だったのでCXラウンジに移動。こっちの方がやっぱり落ち着くよねぇ。
DSC06204
 朝のお魚定食とフレンチトースト。まぁ、お魚は正直吉野家の朝定食とあんまり変わらないかもしれない……けど、それなりにおいしいのよ。やっぱビュッフェで取ってくるより、こうやって出てきた方がなんかおいしい気がする。
DSC06205
 フレンチトーストはいつものおいしいフレンチトースト。
 一部では卵焼きと呼ばれている卵液がとてもしみこんだフレンチトーストと卵焼きの夢の共演!
 (なんか書いてて恥ずかしくなってきた)
DSC06206
 ばっちりラウンジ乞食をしたので搭乗!やたらと優先搭乗が多かった。
DSC06211
 今じゃこのシートも少なくなってきたよねぇ。
 個人的にはSSシリーズのシートの方が好きなのでちょっと残念。
 まぁ、基本的に毎日毎日羽田と台北松山を往復(たまにソウル)している機体なので、この路線乗ればだいたいこのシートなんだけどね。
DSC06214
DSC06215
 さて、機内食。
 なんと六花亭のチョコレートが付いてきた!
 まさかの予想外でうれしい!
DSC06220
 あっという間にTaipei101眺めつつ台北松山空港に着陸。
 ホント台北の街中にあるよねぇ。最高の立地。でも、廃港検討中だそうな。まぁ、墜落すると被害多そうだし。
DSC06222
 この日の台北は曇り空。
DSC06223
DSC06233
 放置された復興航空(トランスアジア航空)の機体があるねぇ。このほかにも何機かいた。
 こいつらもそのうちドナドナされていくのかしら~。
DSC06228
 お隣には遠東航空(ファーイースタン航空)のMD83。この会社もボロボロの機体でずっと飛ばしてるよねぇ。もう25年近く飛ばしてるはず。こんなんで日本にも飛ばしてきてるんじゃなかったかな。とりあえず乗りたくないが、乗ってみたい気もする。乗るならケツに付いてる階段から乗りたいね。
 松山空港はイミグレも空いててすいすい。
DSC06229
 そして荷物はタグ付きが一杯だぜー。Fタグだけでもかなりの数だったねぇ。


スポンサードリンク

 緊急発券の緊急出国なので、会社を休めないので、とっとと帰ります。
 ほんと香港で何もしてないなー。
 ラストジャンボ→みんなで夕食→雑談収録→寝る→香港公園でポケモンGOやってコイキングを狩る→帰宅というホントに何もしてねぇ。ネタにもならねぇ。

 帰りはJL。もちろんAviosで発券。この日の午後のHND便はCXが満席。よってJLに。
DSC05081
 チェックインカウンターでプレエコへのアップグレードをプッシュされた。でもさー1,000HKDはちょっと考えちゃう値段だよね。ビジネスクラスにアップが1,000HKDだったら考える。そして、そもそもプレエコ乗る気があったら5,000Avios払って乗るし。
DSC05080
 というわけで安定のYの搭乗券をもらった。
DSC05082
 北側から出国。そういえばe道持ってる人のセキュリティーチェックは別になったのね。香港空港の唯一の不満はセキュリティーのプライオリティレーンがなかったことだけど、ちょっと前進。ただ、中で混ぜられるのであんまり意味ないかもって感じもする。
DSC05083
 JL便出発前なので対日本人モードになっているカンタスラウンジで食事。
 ここはアクセスも最高だし、いいよねー。ちなみに食事は完全に対日本人モード。
DSC05084
 今日のヌードルはチャーシュー麺。
 「ちゃーしうみぇん、ぷりーず」ってオーダーしたら「BBQ pork noodle OK!」って返されてしまった。
 香港の麺!って感じではない感じだったな。おいしかったけど。
 なぜかJALのチェックインカウンターでも「チャーシュー麺があります!」ってアピールされてた。
DSC05086
 WingのFラウンジに移ってキャセイディライトを一杯。最近、機内で飲んでないなー。
DSC05091
 本日の機材はB777-200ER。
DSC05092
 それでは帰りまーっす。いつも表示を見ていて思うんだけど「Hong Kong to」ってなってるけど他の都市の名前が入ることはあるんだろうか。

 ゲートでピンポンもなく、おとなしくYに収まる。見たところPYも一杯だったので有償アップグレードで埋まったのかしら。それともJGCのインボラで埋めたのかな。
DSC05094
 離陸!マカオへつながる橋もだいぶ出来上がってきたねー。
DSC05097
 機内食。炭水化物炸裂……ってほどでもないか。中国線に比べたら。
 これって香港搭載なのかな。JALは基本的には現地搭載だよね。搭載の手間とか考えても、安いのかなー。

 機内ではシンゴジラを見た。
 ゴジラがどうのっていう話よりも、役人の話。いや、かなりおもしろかった。まぁ、いろいろと疑問はあったけど。ゴジラ通過翌日に新幹線と京急が不通(しかも品川駅そばの八ツ山橋をゴジラ通過)なのにそれ以外は平常運転とか。でも、庵野さん、早くエヴァの新作作ってもらえませんかねぇ。


スポンサードリンク

 三連休に夏休みを足して、Shangri-la修行の旅に行ってきた!

 今回は旅行の日程が急に決まったこともあり、BAのAvios航空券と有償チケットの組み合わせで。
 AviosはSPGのポイントを買ってそれからAviosに移行することで調達。1Avios=1.64円ぐらいで仕入れられたので、変わったルートだけれど、それなりに安く行くことができた。
DSC04005
 というわけで羽田。仕事終わってから、家で荷造りして到着。
 なんかイモト一色。
 三連休なので、出国ブースは大混雑。自動化ゲートを通過することで回避できた。
DSC04006
DSC04010
 前回の深夜KA香港便の時にはすでに閉まってたけど、今回は間に合ったのでミスジを食べる。肉だけかと思ったら野菜も付いてくるのね。バランスがいい品に仕上がってると思う。
DSC04011
 ゲートは114番でそこそこいいゲート。
DSC04015
 シートは一昔前の国際線シート。前はこれが標準だったけどね。現在のSSシリーズに比べるとちょっと狭く感じる。っていうかまだこのシートあったんだね。機材はB777-200ERでシートコンフィグはプレエコがあるからW51かな?

 さて、ほぼ定刻に出発。

 羽田発深夜便だとパンが配られて、それと到着前に機内食が出るって感じだけど、このパン配りに時間がかかりすぎ。実フライト時間は5時間半ぐらいなんだから、緑茶パックとパンをまず配っちゃって、とっとと電気消しちゃえばいいのに。
DSC04018
 配られたのはアボガドトマトパン。なかなかの変化球だなぁ。
 結局電気が消えてたのは2時間ぐらいか。
DSC04019
 朝食はこんな感じ。
 クロワッサンがちゃんと形を保ったまま出てくるのは日系ならでは。

 BKKは5時着。次の乗継便は午後。
 ひまだなぁ。なにするかなぁ。


スポンサードリンク

 気を取り直して遅漏の古い話。

 ゴールデンウィークに使ったマイル航空券の帰りでございます。
DSC02083
 というわけで、とりあえず成田のJALのFラウンジで寿司を食べる。マグロ1個多めに握ってもらっちゃった。ここで広州に詳しいCXのDIAの方と打ち合わせ。また、旅先で出会うのだ。
DSC02084
 というわけで飛びまーす。今は羽田からの出発に変わっちゃったねー。この時はまだ成田から出てた。
 ラッキーなこともなくおとなしくエコノミー。
DSC02088
 なんか野菜スティックって初めて当たった気がする。
 メインはチキンだったかな。なんか少し前に比べてだんだん機内食の質が落ちて行ってる気がする。
 そういえばJALの偉い人が機内食でエアラインを決める人はいないなんて言ってたのもこの時期だったかな。

 特に面白いこともなく、あっさりと広州に到着。
 前回の反省があるので、きちんと荷物を受け取り、一時荷物預けにきちんと預ける。

 とりあえず街に出てみた。
DSC02092
 すごいねー。この道路の反対側(実は広い道路のど真ん中)にあるのがバス停。すごい長い。どんだけバス停があって、どんだけの路線が走っているんだ?
DSC02098
 トロリーバスも走ってるのね。
 ぷらぷらして夜まで待つ。


スポンサードリンク

 長かった旅も最終ランナー。

 広州空港のJALのチェックインカウンターへ。
 名前を名乗りお詫びをする。現地採用と思われるJAL職員と到着側へ。
 セキュリティーチェックを受けて、バッゲージクレームまで逆流。

 延々と流れていた上に、香港ドラゴン航空から乗り継ぎ予定のJALに連絡が行き、私に電話が来た模様。ご迷惑おかけして申し訳ありません。これからは別切りチケットのときで、トランジットカウンターを経由しないときはきちんと荷物を受け取ります。まぁ、盗まれなかったのは奇跡か。

 チェックインカウンターに戻り、搭乗券をもらう。
 まさかの「本日エコノミークラスが満席ですので~」とビジネスクラスのチケットをいただく。こんな迷惑かけた人がインボラだなんて申し訳ありません。

 効率が悪いとしか思えない、イミグレやセキュリティーチェックを通り抜け、ラウンジへ。JALのラウンジはプライオリティパスで入れるラウンジ。すげー混んでてまったく落ち着けず。調べてみると、広州空港は乗り入れているワンワールドのラウンジはすべて外部企業運営。なので、ほかのラウンジにも行けない。

 というわけで、そろそろ搭乗が始まるころにゲートのほうへ。その前に喫煙所に寄る。中国から出発するときはライターを持ち込めないので、どうやってタバコを吸うかというと、もちろん喫煙所に着火具がある。
DSC01365
 タバコを差し込むと点火が始まるけれど、差し込むだけだとなかなか着火しないので、ライターと同じように吸い込むことになる。で、両方の穴でそれぞれが火をつけようとすると気持ち悪いことになる。
DSC01366
 いよいよ搭乗。
 機材はかなりボロくなってしまった、B767-300。
DSC01369
DSC01370
 メニュー。うーん。JALの国際線の機内食は基本的に現地搭載なので、中国製。なるべく香港で作るCXとは対照的(CXの中距離路線まではナイトステイする便以外香港か台湾搭載)。ここは悩んだけど、無難な洋食にしておく。ただ、長いこと日本を離れていたので、「余ってたらご飯と味噌汁ください~」と頼む。
DSC01371
 JALお得意のビジネスクラスもワンプレート機内食。ご飯と味噌汁を追加してるのでごちゃごちゃしているのはご愛嬌。普通に普通のお味だったけど、それなりに満足できた。
DSC01372
 最後はハーゲンダッツとコーヒー。

 最後にプレゼントありがとう!おJAL様。マイルの特典航空券なのにありがとう!


スポンサードリンク

 ちょっくら北京に行ってこようと思ったら、ビジネスクラスの席が指定できるようになってた。
 これが噂のビジネスクラスシートのエコノミー解放か。
 インボラじゃないのが残念だけど、ラッキー♪

 ちょっくら北京ダックしてきます。

無題1

無題2



スポンサードリンク

 さぁ、帰りますよ。
 JALの高雄便は、何故か台湾の人たちに使いやすい時間帯。
 なので、朝一出発です。
DSC07424
DSC07426
 高雄空港は、台北桃園に比べれば小さいけれど、天井が高くてそこそこきれい。
DSC07427
 一日一便しか飛んでこないけれど、サクララウンジがありました。
 今は閉鎖されて、チャイナエアラインラウンジ使用になってる模様。

DSC01023
 高雄空港は喫煙所が異様にわかりにくくて、案内は一切なし!23番と29番ゲートの横あたりにある、何も書いていないドアを開けた先にあります。写真に写ってるガラス戸の先!
DSC07428
 さて、出発です。
DSC07429
 機内食は安定のJAL。エコノミーの機内食では一番口に合う。まぁ、日本人好みになってるからかな。


スポンサードリンク

 どうせエコノミーだし、ラウンジで飯をたらふく食べて、搭乗。
DSC07210
 そしたらゲートでピー!
 まじっすか。マジでまたインボラですか。
 あざーっす!
DSC07211
 メニュー。やっぱり洋食だな。
DSC07212DSC07213
 香港線にくらべてメニューがずいぶん簡略化されてる気がする。
 ワインのロゴとか入ってないし。
DSC07214
 個人的にはこのパンを直に置くのがあんまり好きじゃない。
 いや、ちゃんとトレー直じゃないっていうのはわかるんだけどさー。
 メインディッシュは、ロールキャベツグラタン+ピカタ+ナポリタン。なんか、めっちゃボリューム。街の洋食屋さんというコンセプトでこのチョイスって言うのはわかるんだけどね。
DSC07218
 初めて海外旅行に行ったときもこの便だったなぁ。あれから2年か。


スポンサードリンク

 すっかり鮮度を失った記事になります。
 羽田のファーストクラスラウンジがオープンということで、今回は夕方の空いてる時間だったので、ちょっと写真を撮ってみました。
DSC07200
 というわけで、まずは噂のハンバーグを実食。
 まぁ、ものすごいうまいって訳じゃないけど、高めファミレスのハンバーグって感じ。
DSC07209
 ただ、目の前で調理してくれるので、味が加算されます(笑)。
DSC07203
 奥の方へ。
 JALカラーのコンコルド!
DSC07205
DSC07206
 なかなか落ち着けるような場所になっております。
 靴磨きしてくれる人もいるけれど、なんか磨いてもらうほどの靴を履いてないので、未体験。
DSC07207
 シャンパンが好きな人は、普通のドリンクコーナーとは別に、奥の部屋に違う種類のシャンパンが用意されてます。ここにはシャンパンと、高めの日本酒とか置いてあったと思う。

 JALの歴史とセンスを感じさせてくれるような、奥の部屋でした。成田にはこういう部屋ないよねぇ。なんかあってもいいのにね。


スポンサードリンク

 さて、帰ります。

 朝食は朝のWING(CX Firstclass Lounge)でオムレツを食べる。
DSC07176
 しっかり堪能して、ゲートに行ったらファイナルコールだった。
DSC07177
 と、ゲートでバーコードを読み取らせると赤ランプ点灯!
 まさかのインボラでございます。いやー、まさかね。同行者いるのにね。
 同行者はインボラならず。ちょっと気まずい。予約は一緒にして、自分だけ国内線区間を付けたから予約番号は別々に。でも、同行者として登録しといてねって言ったんだけどなぁ。搭乗も別々だったから仕方ないのかな。
 まぁ、もらいもんに文句を言ってはいけませんね。ありがとうございます!
DSC07179
 離陸して見えた工事現場。何作ってるのかな。まさかマカオまでの橋?
DSC07181
 メニュー。和食か洋食1か洋食2。まぁ、やっぱりステーキですかね。
DSC07182DSC07183
 ドリンクリスト。
DSC07191
 例によってJALはどさどさっとワンプレートで出てくる方式。
DSC07196
 最後に日本食が恋しかったので、お味噌汁だけいただく。
 具が大きくてGood!フリーズドライかな?

 というわけで安いチケットなのにビジネスを堪能させていただきました!




スポンサードリンク

↑このページのトップヘ