FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:JL / JAL系 > JL / JAL(I)

 ちょっくら北京に行ってこようと思ったら、ビジネスクラスの席が指定できるようになってた。
 これが噂のビジネスクラスシートのエコノミー解放か。
 インボラじゃないのが残念だけど、ラッキー♪

 ちょっくら北京ダックしてきます。

無題1

無題2

 さぁ、帰りますよ。
 JALの高雄便は、何故か台湾の人たちに使いやすい時間帯。
 なので、朝一出発です。
DSC07424
DSC07426
 高雄空港は、台北桃園に比べれば小さいけれど、天井が高くてそこそこきれい。
DSC07427
 一日一便しか飛んでこないけれど、サクララウンジがありました。
 今は閉鎖されて、チャイナエアラインラウンジ使用になってる模様。

DSC01023
 高雄空港は喫煙所が異様にわかりにくくて、案内は一切なし!23番と29番ゲートの横あたりにある、何も書いていないドアを開けた先にあります。写真に写ってるガラス戸の先!
DSC07428
 さて、出発です。
DSC07429
 機内食は安定のJAL。エコノミーの機内食では一番口に合う。まぁ、日本人好みになってるからかな。

 どうせエコノミーだし、ラウンジで飯をたらふく食べて、搭乗。
DSC07210
 そしたらゲートでピー!
 まじっすか。マジでまたインボラですか。
 あざーっす!
DSC07211
 メニュー。やっぱり洋食だな。
DSC07212DSC07213
 香港線にくらべてメニューがずいぶん簡略化されてる気がする。
 ワインのロゴとか入ってないし。
DSC07214
 個人的にはこのパンを直に置くのがあんまり好きじゃない。
 いや、ちゃんとトレー直じゃないっていうのはわかるんだけどさー。
 メインディッシュは、ロールキャベツグラタン+ピカタ+ナポリタン。なんか、めっちゃボリューム。街の洋食屋さんというコンセプトでこのチョイスって言うのはわかるんだけどね。
DSC07218
 初めて海外旅行に行ったときもこの便だったなぁ。あれから2年か。

 すっかり鮮度を失った記事になります。
 羽田のファーストクラスラウンジがオープンということで、今回は夕方の空いてる時間だったので、ちょっと写真を撮ってみました。
DSC07200
 というわけで、まずは噂のハンバーグを実食。
 まぁ、ものすごいうまいって訳じゃないけど、高めファミレスのハンバーグって感じ。
DSC07209
 ただ、目の前で調理してくれるので、味が加算されます(笑)。
DSC07203
 奥の方へ。
 JALカラーのコンコルド!
DSC07205
DSC07206
 なかなか落ち着けるような場所になっております。
 靴磨きしてくれる人もいるけれど、なんか磨いてもらうほどの靴を履いてないので、未体験。
DSC07207
 シャンパンが好きな人は、普通のドリンクコーナーとは別に、奥の部屋に違う種類のシャンパンが用意されてます。ここにはシャンパンと、高めの日本酒とか置いてあったと思う。

 JALの歴史とセンスを感じさせてくれるような、奥の部屋でした。成田にはこういう部屋ないよねぇ。なんかあってもいいのにね。

 さて、帰ります。

 朝食は朝のWING(CX Firstclass Lounge)でオムレツを食べる。
DSC07176
 しっかり堪能して、ゲートに行ったらファイナルコールだった。
DSC07177
 と、ゲートでバーコードを読み取らせると赤ランプ点灯!
 まさかのインボラでございます。いやー、まさかね。同行者いるのにね。
 同行者はインボラならず。ちょっと気まずい。予約は一緒にして、自分だけ国内線区間を付けたから予約番号は別々に。でも、同行者として登録しといてねって言ったんだけどなぁ。搭乗も別々だったから仕方ないのかな。
 まぁ、もらいもんに文句を言ってはいけませんね。ありがとうございます!
DSC07179
 離陸して見えた工事現場。何作ってるのかな。まさかマカオまでの橋?
DSC07181
 メニュー。和食か洋食1か洋食2。まぁ、やっぱりステーキですかね。
DSC07182DSC07183
 ドリンクリスト。
DSC07191
 例によってJALはどさどさっとワンプレートで出てくる方式。
DSC07196
 最後に日本食が恋しかったので、お味噌汁だけいただく。
 具が大きくてGood!フリーズドライかな?

 というわけで安いチケットなのにビジネスを堪能させていただきました!


 さぁ、出国するよー。
 今回は、香港へGO!

 すでに行きすぎてる感があるけど、同行者と飲んでるときに「香港って、中国でしょ。恐いし!」とか言うので、「香港とマカオは中国とは違うよ。実際に見てみ!」というところからの出発だ!

 というわけで、今回は羽田から。
DSC07063
 JALのファーストクラスラウンジで朝シャン(朝からシャンパン)だ!
DSC07064
 名物のホットケーキを食べる。味はどうかというと普通だけど、努力は感じる。
 成田の鮨に対して、羽田は朝ホットケーキ、夜ハンバーグ。鮨の方がいいなぁ。
 2015年現在、ホットケーキをやめて、ガレットになっております。
DSC07065
 というわけで、搭乗でーす。このハングル表記必要?
 普通にエコでGO!週末ステイ運賃があったので、結構安かった気がする。
DSC07067
DSC07068
 機内食は日本発名物いろいろ入ってます系。
 これ系の機内食好きだったんだよねぇ。日本人以外は喜ばないかもしれないけれど。
 でも、CXに比べたら雲泥の差でおいしい。

 CX543に比べて30分ぐらい早く出発して、30分ぐらい早く着く。しかもCX543は遅延常習犯なので、エコだったら、こっちの方がいいなぁ、って思う。

 泊まっていたTraders HOTELは駅からちょっと距離があるので、早朝路線バスで空港を目指す。幸いちょっと歩いたところに空港行きのバス停があった。リムジンバスではなく、本当に普通の路線バス(36番)。まぁ、とはいっても中心街を抜けると急行運転となる。安くていいのだけど、少しだけ時間がかかる、
DSC06124
 さぁ、帰るよー。
DSC06125
 こいつは……B767だっけ?
DSC06126
 上がると出てくる機内食。中華風なチキンとライス。
DSC06127
 到着前の軽食はウインナー入りのパン。

 チェックインカウンターで聞いたときは「満席だぜ」と言われていたけれど、幸い隣席が空席だったのでゆっくり過ごすことができた。隣が空いてるとすっごいラクだよね。かといって、隣席ブロックを要求するのもどうかと思って小心者としては特にお願いしないけれど。

 なんだかんだダッシュで滑り込み、ほんのちょっとだけラウンジでご飯を食べて、搭乗です♪
DSC06024
 機材は……なんだったか忘れた。
 こういうとき、安全のしおりに機種名が書いてあるから、それを撮っとけばいいんだよね。
DSC06025
 機内食一食目。コンビニで売ってるようなパンのホットケーキとあられミックス。配り終わってちょっとしたら電気消される。まぁ、みんな「寝ろーーー!!」ってことだよね。
DSC06026今回の機内食。
DSC04548前回(140216)の機内食。
 到着一時間半か二時間ぐらい前に、電気がオン!朝食の時間です。
 前に乗ったときに比べてボリュームは増えた気がするが、マズくなった。前はスープストック東京のスープでおいしかったんだけどなー。水のボトルがデフォで付くのは素直にうれしい。

 というわけで無事に朝のシンガポールに到着でっす!

 さて、ゴールデンウィークに使った台北発券の航空券の帰りでちょっくら台湾に行ってきます。
DSC05801
 気づいたらできてた優先手荷物検査。
 これ、なかなか対象者が限られてて厳しい。CXだと最上級のダイヤモンドかファーストクラス搭乗じゃないと通れない。JALだとJGP以上かファーストクラス搭乗のみ。ビジネスクラスですら通れない優先レーン。なので、ホントにガラガラでした。
 さぁ、ラウンジへGO!
DSC05802
 朝からサクララウンジで、シャンパンなんぞ飲んでみる。朝シャンだね。
DSC05803
 さぁ、出発でーす。
DSC05805
 機内食は「賛否両論」という店が監修している模様。
DSC05806
 お品書きはこちら。
DSC05808
 中身はばっちり和風。これに別にゆかりご飯が付いてくる。
 やっぱりJALエコの機内食は結構豪華な感じがする。CXなんかエコノミーは、変な味付けのパスタのみだったりするから、それに比べたらホント豪華だと思う。ただ、個人的には前の9マスに区切られた弁当の方が好きかな。
 豪華だけど別に凝ったりする必要があるんだろうか。なんか「のり弁」でもいいんじゃないか。あ、外国人の人にはのりが不評か。

 んなわけで台北市内ど真ん中、松山空港に到着~。

 さて、帰国しますよ~。

 ゴールデンウィークでチケットが高いので工夫した結果、今回の行きはコロンボ発券のCXチケットで台北STOP、帰りはJALを台北発券して、使うことにする。当然、台北発券と言っても、羽田・成田のチケットは売り切れていたので中部(セントレア)経由で帰ります。
 実は、この中部便はJALで帰る場合、台湾を一番最後に出発します。なので、ワンワールド縛りをしている方は結構使える便です。中部ではこの機材がそのまま羽田行きJL208便になるので、遅れても大丈夫。羽田にその日のうちに帰れます。
 んで、台北発券だとなんと中部を経由しても直行便と同じ値段なのです(羽田発は差額あり)。なので結構、この便が好きだったりします。

 さて、搭乗。
DSC05274
DSC05275
 機材はB737-800なので小さい。
 もうちょっと大きい機材にならないかなぁ。
 って思ったけど、結構空いてるんだった。
DSC05276
 機内食は分かりずらいかもしれないけど、カレーです。
 カレーとそうめんの炭水化物パラダイス。

 無事に着陸~。
 なぜか、セントレアの税関では色々質問を受ける。荷物も開封させられた。
 「なぜ神奈川在住なのに、ここで入国するんですか?」とか税関のあなたには関係ないでしょう!と毎回言いたくなる。

 さ、名古屋市内へGO!

↑このページのトップヘ