FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:JL / JAL系 > JL / JAL(I)

 さて、旅が始まってから終わりまでを書くのに4ヶ月もかかってしまったこの旅行もこれでおしまい。
 いやー、まずいねー。こんなに時間かかっちゃうのまずいねー。頑張ってスピードアップします。
 というわけでクソ便利な台北松山空港から羽田空港へGO!


松山空港は便利!

 時間帯が悪いのか、台北松山空港発のAM便は意外とマイルで取れる。
 というわけで、今回はそれで取った。
DSC05938
 というわけで、松山空港。市内にあるのでとても便利。
 シャングリラから路線バスに乗ってもすぐ着いちゃう。
 基本的に東京羽田便、韓国金浦便と中国大陸便と国内線しかない空港。
 今、出発案内の写真見てて気づいたんだけど、金浦行きって、韓国側はイースター航空なの!LCCかよ。いくら双方の発着枠が台韓各1便しかないからって、でんでん太鼓とか広島でやらかした会社とかじゃないんだ!もう金浦飛ばさなくていいだろ。それよりも香港に飛ばすか羽田便増便してくれよ!羽田の長距離線の枠なんかいらないんだから。
DSC05940
 というわけでこちらでチェックイン。
 まだ出発まで時間があるので空いてた。
DSC05952のコピー
 今日はCだよ~。


松山空港は共用ラウンジのみ

 それではエアサイドにGO!この先は喫煙所ないので注意。
DSC05948
 松山空港は小さい空港なのでイミグレも混まずにすいすい。
 その一方で各社ラウンジを作る余裕がないので、共用ラウンジ。
DSC05953
 まぁ、なんというか、特に特徴がない。強いて言えば柔らかいソファーでご飯が食べづらい。
DSC05950
 一応、エサは少しばかりあるでよ。
DSC05951
 冷凍食品っぽい点心をいただく。
 うむ。あれだな、没個性ラウンジだな。非常に無難だけど、イスはギチギチに設置してるって感じ。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
 小さい空港故に、搭乗口まで近いのがメリット。
DSC05956
 さー、乗るぞー。
DSC05957
 今日のシップは767。
DSC05959
 まぁ、短距離だからこんなもんよね。
 マイルで結構直前に取れた割にはド満席。


機内食

 さて、機内食。ナイトステイ機材なので台北搭載のハズ。
DSC05965
 お酒のメニュー。
 中国語でシャンパンは香檳って書くのね。発音は「しゃんびん」かね。
DSC05966
 お食事メニュー。
 和食は見取り図メニュー。
 洋食に味噌汁付けてくれない?って頼んだら断られた。以前はやってくれたのに。
DSC05967
 なので、和食にしたよ。味噌汁飲みたかったから。
 結構なみなみと継がれたシャンパン。これ、ちょっと揺れたらこぼれるぜ。
 まぁ、台北搭載だからしかたないけどねーって感じの味。
 それにしてもサービスが遅い!いくらド満席とは言っても遅い。もうちょっとガンガンやってくれ。
DSC05970
 最後は日本茶とハーゲンダッツでしめる。
 やっぱり長期間海外に出ていると、温かい味噌汁or日本茶でホッとする。


着陸

 今回はゲートブリッジを見るルートで着陸。
DSC05971
 お天気悪いねー。
DSC05979
 はー、帰ってきたねぇ。
 なんというか、JALの国際線はなんか疲れるねぇ。
 ブロックタイムが長いし。だけどANAの国際線に乗るとさらに疲れるので、まだマシなんでしょう。

スポンサードリンク

羽田から荷物はクレカ特典で送っちゃう

 神奈川に住んでるときはほとんどメリットを感じなかったけど、地方在住になってありがたいのは空港宅配サービス。今回も利用した。AMEXのスカイトラベラーカードだと羽田は対象外なのが残念。今回は楽天プレミアムカードの特典を利用した。楽天プレミアムカードだと年間2回まで無料で送れる。
DSC05982
 ちなみに送る荷物にキムチが入ってると送れないらしいよ!
 なんで、キムチだけ特筆して書いてあるんだ?以前何かもめたのかな。

 さて、帰るよー。
 マカオからの香港一泊でJALに乗って羽田に着いてからの岩手まで一記事だから長いよー。


マカオから香港に移動

 とりあえずマカオからターボジェットで香港へ。
DSC03709
 あの桟橋でタバコ吸ってるのどうにかなんないのかね。思いっきり禁煙って書いてあるのに。
DSC03711
 トラムでホテルへ。香港トラムの方向幕の行先対照表をチェック。
 日本人の40才ぐらいのおねーさまに英語で話しかけられる。日本人にすら日本人と認識されない俺。
DSC03714
 というわけで、いつもの通りホテルジェンにイン。
 もうね、何も書くことがない。


すげー久しぶりのインタウンチェックイン

 今回は久々にバスを利用せずに、ホテルジェンの送迎車で香港駅まで。
DSC03733
 久々に機場快線を使用するのでインタウンチェックイン。
 いつもバスだからねー。今回は荷物が多かったのでホテルからバス停までも歩きたくなかった。
 グランドスタッフはドラ姐だった。
DSC03736
 真ん中あたりのZCS/JST0って便は何なんだ?
DSC03740
 地下に降りて電車待ち。香港MTRのマスコットキャラクターがハゲたおじさんっていうのは何回見ても素晴らしいと思うの。実在するし。斬新だよね。おっさん。しかもハゲてる。
DSC03744
 というわけで、今回はPY。PYだとWって印刷されるのね。

スポンサードリンク

最後のファーストクラスラウンジ

 さて、出国。
DSC03745
 香港も出国は自動化になったのね。
 いいよねー。それでいいよねー。最近発生してる入国e道の混雑をどうにかして欲しい。
DSC03746
 最後のピアファーストクラスラウンジを楽しむことにしましょう。
 ダイニングで食事。
DSC03747
 まぁ、メニューは色々あるんだけど、ついついハンバーガー食べちゃうのよね。
DSC03749
 まずはシャンパン飲んじゃう。
DSC03750
 本日のスープ。
DSC03751
 キノコもりもりでGood!
DSC03753
 そしてハンバーガー登場。
 こういう時のハンバーガーってどう食べるのが正解なのかがわからない。
 一応ナイフとフォークで切って食べていくんだけどさー。
 まぁ、おいしくいただきました。
DSC03754
 最後はフルーツで〆。
 当初のペニンシュラ運営だった頃から劣化している部分とかもあるんだけど、やっぱり一番好きなファーストクラスラウンジなんだよね。……といってもよく考えたらファーストクラスラウンジなるものに行ったのって、JALのHND、JALのNRT、HKGのWINGとPIERぐらいしか行ってないな。そう、だからワンワールドエメラルド維持やめたのよねぇ。まぁ、岩手にいるとそんな頻繁に乗らないっていうのもあるけど。


JAL指定のQFラウンジに移動

 さて、延々と動く歩道に乗って出入国ゲートまで戻る。
DSC03755
 JAL指定のQFラウンジへ。
DSC03759
 QFラウンジのいいところは酒が充実。生ビールのタップも3つあって、JAL指定のせいかSAPPOROも飲める。指定されたばかりの頃はなかったよねー。残りの2つはLittle Creatures PALE ALEというオーストラリアのビールと青島ビール。
DSC03758
 その他のお酒も充実。そして今回の注文メニューは牛バラ麺。
DSC03760
 まずはね。オーストラリアのビールを飲む。これうまいな。結構すいすい飲めちゃう。
 調べてみたら、今はキリンの関係会社になっているのね。
DSC03761
 牛バラ麺も食べちゃう。まぁ、これはフツーの味。
 ここのラウンジで出てくるヌードルは、JALのカウンターでおすすめされているけど、特に感動的な味というわけではない。
DSC03763
 その他のご飯の写真は撮らなかったけど説明文だけ。
 見事なまでの対日本人シフト。そこまでQFのラウンジにやらせるJALもすげーなとちょっと思う。ちなみにJAL便出発前だけこういった日本人シフトになっていて、その他の時間帯は全取っ替えです。はい。
DSC03756
 みんな大好きJALの機体もよく見えるよー。
 いつのまにか国泰ケータリングになってるのね。前は違った気がする。


ゲロ混み優先搭乗

 さて、搭乗。
DSC03767
 本日は16番から。QFラウンジだと搭乗ゲートまで直線距離は短いのだけど、かなり遠回りしないとたどり着かない。まぁ、ラウンジ内で搭乗始まったのをこの目で確認できるのはいいんだけどね。QFラウンジの裏口が使えたら近いんだけどなー。まぁ、無理か。管理できなくなるし。
DSC03769
 というわけで本日の機材は772。
DSC03772
 優先搭乗がゲロゲロに混んでる。
 一応、ワンワールドエメラルド保持者から搭乗開始。混んでる列をごぼう抜きして搭乗。

スポンサードリンク

違和感しか感じないプレエコシート

DSC03774
 プレエコしか空いてなかったのでプレエコで。
 この座席がねぇ、しっくりこない。どんな姿勢でも腰が痛くなるステキなシート。
 ずり下がりシートでどっちのポジションでもしっくりこなくて、座席のフットレストの角度もおかしくて、足おきもしっくりこない位置で、すべてがおかしい。
 これさー、フツーのエコ乗った方がよかったわ。5,000avios返せ。
DSC03778
 エンタメはボタンの反応が鈍いMAGIC-Ⅲ。今となっては画面荒すぎ。
DSC03775
 一応、プレエコなのでスリッパ完備。まぁ、今日はうっかりANAのスリッパ持ってきてたからそれはいてたけどね。というわけでこのスリッパは持ち帰る。
DSC03783
 ちゃんと出発の時手を振ってたよ。これもJALが手を振るように指導してんのかな。
 さすがにこの地上はJAL直営じゃないよね。一番左の人はJALの人か?

機内食がゲロマズ

 さて、もう国泰ケータリングの時点で何ら期待が持てない機内食。
 あれ不思議なんだけどさー、キャセイドラゴンの機内食ってまぁまぁおいしいのに、なんで本家キャセイの機内食は不味いんだろうね。
DSC03791
 ドリンクメニュー。プレエコなのでシャンパンあるよー。シャンパンいらないから、機内食のメインをもうちょっとだけ良くしてくれないかなー。
DSC03792
 本日のお食事メニュー。白身魚のホワイトクリームソースと見ただけでイヤな予感しかしない。
DSC03785
 というわけで機内食がコレ。
 やったー炭水化物パラダイス★
 ほんとあまりにも不味すぎてメインほぼ残しちゃった。
DSC03786
 食後のデザートはハーゲンダッツだったよ。
DSC03787
 追い風が強かったのか、時速1,000km超え。


消化試合

 さ、東京さ着いたから岩手までけぇっぺよ。
DSC03800
 今宵の宿は新馬場のスーパーホテル。新馬場なんてはじめて降りたぜ。知識が北馬場と南馬場を統合してできたということと、高架化工事中の上りは北馬場と南馬場に止まって、下りは新馬場に止まってたという知識しかない。スーパーホテルは韓国人観光客がいっぱいだった。
 翌日はBKS-BBAと「#主に購読用」という謎のハッシュタグを操る方とランチミーティング。
 BKS-BBAとはなんかすげー久しぶりに会った。失礼を承知でお話しさせていただくと、なんか顔が違う人のような気がしたので、たぶん影武者があと二人くらいいる。Twitterも朝早くから夜遅くまでやってるので、たぶんひとりじゃ無理だと思うの。きっと「B-BBA」と「K-BBA」と「S-BBA」がいて、三人合わせて「BKS-BBA」なんじゃないかな。
DSC03815
 そして、寒い寒い岩手に帰ります。
DSC03818
 東京駅から新幹線と言ったらあなた、シウマイ弁当ですよ。
 圧倒的なコスパ。神奈川県民のソウルフード。日本一売れてる駅弁。
 やっぱこれしかないよねー。ビール飲みたいところだけど、この後運転があるので自重。
 無事に岩手に着きましたとさ。

 夏休みその2。
 例によって東南アジアに旅立つ。


無料駐車場の水沢江刺からスタート

 岩手からは駐車場が無料という理由で水沢江刺から出発。
DSC00847
 鼻先長いよねぇ。
DSC00848
 ビューカードのおかげでグリーン車。
 サンクスポイントのグリーン利用券はほんとありがたい。一番プレゼントのコスパがいいしね。
 おおよそSuica2,000円分と同額のポイントでグリーン車利用券だから、2,000円相当。2,000円でグリーン車乗れるなら乗っちゃうぜ!仙台から各駅停車のはやぶさかやまびこに乗るので、結構いつも空いてる。そういえばはやてってどこに行ったんだ?
DSC00851
 前の客のカバンにANAタグが付いてた。敵だ。


台風接近のため予定変更!成田から羽田へ

 ホントはゴールデンウィークに買ったKUL発券NRT-BKK-KULのTGのチケットを使おうと思ってたのですよ。
 が、台風接近。丁度危うくなってきそうな時間帯のチケットだったので、予定を変更して早めようにも満席。
 色々悩んだ結果、TGのチケットは1年間有効なので、来年のゴールデンウィークに変更。Aviosで香港行きのチケットを押さえちゃう。まぁ、ホテルを押さえてなかったからできた技だな。というより、今回、直前まで何も決めてなかった。決めてたのは帰りのチケットだけ。

 というわけで羽田から出発。
DSC00856
 セキュリティーが激混み。
 プライオリティレーンもまぁまぁ混んでた。
 もう一つのセキュリティーはそこまで混んでなかった。知らなかったんだけど、いつの間にかもう一つのセキュリティーにもプライオリティレーンができてたのね。利用時間は7:30-11:00と21:00-23:30。自動化ゲートもできたし、今後はこっちからの出国がメインになるかな。


JALのファーストクラスラウンジで朝食

 まぁ、なんだかんだ言っても、JALのFラウンジでお食事しちゃうよね。
DSC00859
 あんまりいい評判聞こえてこないけど、自分は好き。
 朝食っぽいし、昔のパンケーキよりボリュームもあるからいいと思うんだけどね。
 でもね、一番はこれじゃないんですよ。


CXのラウンジで朝食その2

 ええ。乞食ですからラウンジをはしごです。
DSC00860
 とりあえず朝からBetsy beerを飲んじゃう。
DSC00862
 朝の和定食。
 まぁ、正直言って大した魚ではないと思う。だけどこうやって器に出されると、安い人間なのでおいしく感じちゃうんだよね。やっぱさー、自分もやっちゃうけどさー、バイキングだとモリモリに載せちゃったりするわけですよ。こうやって出される方がいいよねー。ただ、CXのラウンジは人が付いてサーブするので運営経費とかかなりかかってそう。現状、ワンワールド以外の航空会社からの利用が見込めない中で、この辺の収益はどうなってるんだろう。
DSC00863
 んで、やっぱりこの玉子焼き……じゃなかった、フレンチトーストがうまい!
 JALのガレットより上!
DSC00864
 ホント玉子焼きにしか見えないよねぇ。


というわけで搭乗

 さて、搭乗でございます。
DSC00865
 ゲートどこだったっけな。突き当たりだったかな。
 機材は初めてのSS2。エコだから関係ないけど。
 初めて見たけど、結構詰め込み感があるねー。
 エコの座席は枕セット済み。あれ、香港線って枕標準装備だったっけ?
 前に乗った時は無かったような。
DSC00869
 この日はあいにくの雨。
 「客室乗務員はぁ~、ドアモードを~」で出発。


機内食にキレる

 本日の機内食は北海道グルメ特集だかなんだか。
DSC00874
 「本日はスパカツでございまーす」
 ……。
 …………。
 (大噴火!)
DSC00875
 こんなんスパカツじゃねーよ。
 スパカツって言うのはこういうのを言うんだよ。
 なんだこの冷凍のカツをフジッリの上に載せてミートソースかけました的なヤツは!
 こんなんスパカツって認めねーよ。
 マジでこれ、冒涜だと思うの。


ルートは沖縄本島経由

 エンタメはあんまり見ない(というより見たいものは全てスマホに入れてる)ので、大体飛行マップを表示させていることが多い。
DSC00887
 今回のルートは沖縄本島経由。香港便は鹿児島上空から一直線に台湾へ抜けることが多いから珍しい。きっとこの時台風が鹿児島付近にいたのでよけたのかな。
DSC00886
 色々拡大させて遊んでたら、航空写真にD滑走路ができてなかった。
 おい、いつの写真だよ。結構前過ぎないか?
DSC00889
 というわけで台風の影響もなく、ほぼ定刻に着陸。
 さぁ、とりあえずホテルを取るかぁ。

 さー帰るよー。
 帰りは松山空港から羽田行きに乗っても良かったんだけど、トランスアジア航空解散の影響でラウンジがチャイナエアラインラウンジになっているとのことだったので、あえて桃園空港発にしてみた。
DSC06516
 カウンターで搭乗券もらって、一緒にもらったラウンジインビが……
DSC06515
 ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
 プラザプレミアムラウンジかよ!
 カウンターのおばちゃんに聞いたら「1月1日からラウンジ変わりました~」とのこと。
 JALの公式発表は1月3日からだったけどね!
 ちなみに今はまた変わってトランスアジア航空ラウンジ跡地にできたJALラウンジというサクララウンジでもないラウンジになってるけどね。しかもトランスアジア航空のラウンジは元々サクララウンジだったけどね。サクララウンジとJALラウンジの違いってなんだろうね。カレーが出てくるか出てこないかとか?
DSC06518
 というわけで、ラウンジの方に行くとこっちのプラザプレミアムラウンジがすぐ目に入るけど、こっちは対象外。
DSC06519
 こっちが正解。ずいぶん奥まったところにあった。
DSC06520
 受付をするとお食事券もらった。ちなみに注文しても券が返ってくるので、たぶん何回でも食べられるよ。ただ、そのたびにチェック入れてるみたいなので、こいつ何回喰ったとかバレるよ。
DSC06521
 ドリンクはセルフではなく、カウンターで注文制。
DSC06522
 お食事はこちら。朝食時間帯で、中華か洋食か素食か。
DSC06525
 こちらが中華朝食。
DSC06528
 こちらは洋食朝食。
 正直なんか正直微妙感はあるけれど、できたて。
DSC06527
DSC06526
DSC06523
 とりあえずラウンジもできたてなのできれい。正直変なラウンジよりかはいいラウンジだと思う。
DSC06529
 さて、時間も来たことなので搭乗。
DSC06531
 お、機材調べてなかったけどB787だ!
DSC06532
 となりにはチャイナエアラインのA350が停まってた。乗りたいぞー!
DSC06533
 初期のB787なのでSS化されておらず、旧来のエコノミークラスシート。そろそろこれもレアになりつつあるのかしら。
DSC06537
 機内食はなんと「うなぎ」。

 Teppei101の雑談配信ででてた曰く付きのうなぎ!
 うなぎ!うなぎ!うなぎ!うなぎ!(聞いてた人だけわかってください)

 でもさー、そんなにうまいもんでもないよね。うなぎの量もちょびっとだし。

 年末年始だ!6連休だ!
 というものの、当然繁忙期なのでチケットは高止まり。

 ここは直前で突然空席が出たりするAviosに頼るしかない!正直どこでもいい。
 BAゴールドなのでAviosゴールド特典シートでLHRが往復21,000Avios+75,390円。
 まぁ1Avios=1.5円ぐらいで仕入れているので、往復110,000円ということであれば、年末年始だしまぁまぁ許容範囲……なんだけど、滞在費が高いので若干躊躇。
 ずっと満席で、前日夜に軽い気持ちで調べてみたら、出てきたよ!JLの台湾往復20,000Avios+5,000円!
 そしたらねぇ、行きますわな。台湾に。しょっちゅう行ってるけど。
DSC06191
 というわけで、テンションが上がりまくった結果、羽田のJALファーストクラスラウンジに一番乗りしてしまった。
DSC06202
 ガレット食べる。周囲ではあんまり評判良くないけれど、俺は好きだよ。
DSC06203
 ゲートが北側だったのでCXラウンジに移動。こっちの方がやっぱり落ち着くよねぇ。
DSC06204
 朝のお魚定食とフレンチトースト。まぁ、お魚は正直吉野家の朝定食とあんまり変わらないかもしれない……けど、それなりにおいしいのよ。やっぱビュッフェで取ってくるより、こうやって出てきた方がなんかおいしい気がする。
DSC06205
 フレンチトーストはいつものおいしいフレンチトースト。
 一部では卵焼きと呼ばれている卵液がとてもしみこんだフレンチトーストと卵焼きの夢の共演!
 (なんか書いてて恥ずかしくなってきた)
DSC06206
 ばっちりラウンジ乞食をしたので搭乗!やたらと優先搭乗が多かった。
DSC06211
 今じゃこのシートも少なくなってきたよねぇ。
 個人的にはSSシリーズのシートの方が好きなのでちょっと残念。
 まぁ、基本的に毎日毎日羽田と台北松山を往復(たまにソウル)している機体なので、この路線乗ればだいたいこのシートなんだけどね。
DSC06214
DSC06215
 さて、機内食。
 なんと六花亭のチョコレートが付いてきた!
 まさかの予想外でうれしい!
DSC06220
 あっという間にTaipei101眺めつつ台北松山空港に着陸。
 ホント台北の街中にあるよねぇ。最高の立地。でも、廃港検討中だそうな。まぁ、墜落すると被害多そうだし。
DSC06222
 この日の台北は曇り空。
DSC06223
DSC06233
 放置された復興航空(トランスアジア航空)の機体があるねぇ。このほかにも何機かいた。
 こいつらもそのうちドナドナされていくのかしら~。
DSC06228
 お隣には遠東航空(ファーイースタン航空)のMD83。この会社もボロボロの機体でずっと飛ばしてるよねぇ。もう25年近く飛ばしてるはず。こんなんで日本にも飛ばしてきてるんじゃなかったかな。とりあえず乗りたくないが、乗ってみたい気もする。乗るならケツに付いてる階段から乗りたいね。
 松山空港はイミグレも空いててすいすい。
DSC06229
 そして荷物はタグ付きが一杯だぜー。Fタグだけでもかなりの数だったねぇ。

 緊急発券の緊急出国なので、会社を休めないので、とっとと帰ります。
 ほんと香港で何もしてないなー。
 ラストジャンボ→みんなで夕食→雑談収録→寝る→香港公園でポケモンGOやってコイキングを狩る→帰宅というホントに何もしてねぇ。ネタにもならねぇ。

 帰りはJL。もちろんAviosで発券。この日の午後のHND便はCXが満席。よってJLに。
DSC05081
 チェックインカウンターでプレエコへのアップグレードをプッシュされた。でもさー1,000HKDはちょっと考えちゃう値段だよね。ビジネスクラスにアップが1,000HKDだったら考える。そして、そもそもプレエコ乗る気があったら5,000Avios払って乗るし。
DSC05080
 というわけで安定のYの搭乗券をもらった。
DSC05082
 北側から出国。そういえばe道持ってる人のセキュリティーチェックは別になったのね。香港空港の唯一の不満はセキュリティーのプライオリティレーンがなかったことだけど、ちょっと前進。ただ、中で混ぜられるのであんまり意味ないかもって感じもする。
DSC05083
 JL便出発前なので対日本人モードになっているカンタスラウンジで食事。
 ここはアクセスも最高だし、いいよねー。ちなみに食事は完全に対日本人モード。
DSC05084
 今日のヌードルはチャーシュー麺。
 「ちゃーしうみぇん、ぷりーず」ってオーダーしたら「BBQ pork noodle OK!」って返されてしまった。
 香港の麺!って感じではない感じだったな。おいしかったけど。
 なぜかJALのチェックインカウンターでも「チャーシュー麺があります!」ってアピールされてた。
DSC05086
 WingのFラウンジに移ってキャセイディライトを一杯。最近、機内で飲んでないなー。
DSC05091
 本日の機材はB777-200ER。
DSC05092
 それでは帰りまーっす。いつも表示を見ていて思うんだけど「Hong Kong to」ってなってるけど他の都市の名前が入ることはあるんだろうか。

 ゲートでピンポンもなく、おとなしくYに収まる。見たところPYも一杯だったので有償アップグレードで埋まったのかしら。それともJGCのインボラで埋めたのかな。
DSC05094
 離陸!マカオへつながる橋もだいぶ出来上がってきたねー。
DSC05097
 機内食。炭水化物炸裂……ってほどでもないか。中国線に比べたら。
 これって香港搭載なのかな。JALは基本的には現地搭載だよね。搭載の手間とか考えても、安いのかなー。

 機内ではシンゴジラを見た。
 ゴジラがどうのっていう話よりも、役人の話。いや、かなりおもしろかった。まぁ、いろいろと疑問はあったけど。ゴジラ通過翌日に新幹線と京急が不通(しかも品川駅そばの八ツ山橋をゴジラ通過)なのにそれ以外は平常運転とか。でも、庵野さん、早くエヴァの新作作ってもらえませんかねぇ。

 三連休に夏休みを足して、Shangri-la修行の旅に行ってきた!

 今回は旅行の日程が急に決まったこともあり、BAのAvios航空券と有償チケットの組み合わせで。
 AviosはSPGのポイントを買ってそれからAviosに移行することで調達。1Avios=1.64円ぐらいで仕入れられたので、変わったルートだけれど、それなりに安く行くことができた。
DSC04005
 というわけで羽田。仕事終わってから、家で荷造りして到着。
 なんかイモト一色。
 三連休なので、出国ブースは大混雑。自動化ゲートを通過することで回避できた。
DSC04006
DSC04010
 前回の深夜KA香港便の時にはすでに閉まってたけど、今回は間に合ったのでミスジを食べる。肉だけかと思ったら野菜も付いてくるのね。バランスがいい品に仕上がってると思う。
DSC04011
 ゲートは114番でそこそこいいゲート。
DSC04015
 シートは一昔前の国際線シート。前はこれが標準だったけどね。現在のSSシリーズに比べるとちょっと狭く感じる。っていうかまだこのシートあったんだね。機材はB777-200ERでシートコンフィグはプレエコがあるからW51かな?

 さて、ほぼ定刻に出発。

 羽田発深夜便だとパンが配られて、それと到着前に機内食が出るって感じだけど、このパン配りに時間がかかりすぎ。実フライト時間は5時間半ぐらいなんだから、緑茶パックとパンをまず配っちゃって、とっとと電気消しちゃえばいいのに。
DSC04018
 配られたのはアボガドトマトパン。なかなかの変化球だなぁ。
 結局電気が消えてたのは2時間ぐらいか。
DSC04019
 朝食はこんな感じ。
 クロワッサンがちゃんと形を保ったまま出てくるのは日系ならでは。

 BKKは5時着。次の乗継便は午後。
 ひまだなぁ。なにするかなぁ。

 気を取り直して遅漏の古い話。

 ゴールデンウィークに使ったマイル航空券の帰りでございます。
DSC02083
 というわけで、とりあえず成田のJALのFラウンジで寿司を食べる。マグロ1個多めに握ってもらっちゃった。ここで広州に詳しいCXのDIAの方と打ち合わせ。また、旅先で出会うのだ。
DSC02084
 というわけで飛びまーす。今は羽田からの出発に変わっちゃったねー。この時はまだ成田から出てた。
 ラッキーなこともなくおとなしくエコノミー。
DSC02088
 なんか野菜スティックって初めて当たった気がする。
 メインはチキンだったかな。なんか少し前に比べてだんだん機内食の質が落ちて行ってる気がする。
 そういえばJALの偉い人が機内食でエアラインを決める人はいないなんて言ってたのもこの時期だったかな。

 特に面白いこともなく、あっさりと広州に到着。
 前回の反省があるので、きちんと荷物を受け取り、一時荷物預けにきちんと預ける。

 とりあえず街に出てみた。
DSC02092
 すごいねー。この道路の反対側(実は広い道路のど真ん中)にあるのがバス停。すごい長い。どんだけバス停があって、どんだけの路線が走っているんだ?
DSC02098
 トロリーバスも走ってるのね。
 ぷらぷらして夜まで待つ。

 長かった旅も最終ランナー。

 広州空港のJALのチェックインカウンターへ。
 名前を名乗りお詫びをする。現地採用と思われるJAL職員と到着側へ。
 セキュリティーチェックを受けて、バッゲージクレームまで逆流。

 延々と流れていた上に、香港ドラゴン航空から乗り継ぎ予定のJALに連絡が行き、私に電話が来た模様。ご迷惑おかけして申し訳ありません。これからは別切りチケットのときで、トランジットカウンターを経由しないときはきちんと荷物を受け取ります。まぁ、盗まれなかったのは奇跡か。

 チェックインカウンターに戻り、搭乗券をもらう。
 まさかの「本日エコノミークラスが満席ですので~」とビジネスクラスのチケットをいただく。こんな迷惑かけた人がインボラだなんて申し訳ありません。

 効率が悪いとしか思えない、イミグレやセキュリティーチェックを通り抜け、ラウンジへ。JALのラウンジはプライオリティパスで入れるラウンジ。すげー混んでてまったく落ち着けず。調べてみると、広州空港は乗り入れているワンワールドのラウンジはすべて外部企業運営。なので、ほかのラウンジにも行けない。

 というわけで、そろそろ搭乗が始まるころにゲートのほうへ。その前に喫煙所に寄る。中国から出発するときはライターを持ち込めないので、どうやってタバコを吸うかというと、もちろん喫煙所に着火具がある。
DSC01365
 タバコを差し込むと点火が始まるけれど、差し込むだけだとなかなか着火しないので、ライターと同じように吸い込むことになる。で、両方の穴でそれぞれが火をつけようとすると気持ち悪いことになる。
DSC01366
 いよいよ搭乗。
 機材はかなりボロくなってしまった、B767-300。
DSC01369
DSC01370
 メニュー。うーん。JALの国際線の機内食は基本的に現地搭載なので、中国製。なるべく香港で作るCXとは対照的(CXの中距離路線まではナイトステイする便以外香港か台湾搭載)。ここは悩んだけど、無難な洋食にしておく。ただ、長いこと日本を離れていたので、「余ってたらご飯と味噌汁ください~」と頼む。
DSC01371
 JALお得意のビジネスクラスもワンプレート機内食。ご飯と味噌汁を追加してるのでごちゃごちゃしているのはご愛嬌。普通に普通のお味だったけど、それなりに満足できた。
DSC01372
 最後はハーゲンダッツとコーヒー。

 最後にプレゼントありがとう!おJAL様。マイルの特典航空券なのにありがとう!

 ちょっくら北京に行ってこようと思ったら、ビジネスクラスの席が指定できるようになってた。
 これが噂のビジネスクラスシートのエコノミー解放か。
 インボラじゃないのが残念だけど、ラッキー♪

 ちょっくら北京ダックしてきます。

無題1

無題2

↑このページのトップヘ