FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:JL / JAL系 > JL / JAL(I)

 さぁて、帰るよ。楽しかったお休みも、もうおしまい。


桃園のJALカウンターが最果て

 さて、桃園空港T2に移動してJALにチェックイン。
IMG_20200105_114158
 なんだこれー。
 いくらなんでも最果て過ぎるだろ!もはや別の建物に近い。


T2拡張部分オープン

 そんな、JALカウンターの上の階に新しく拡張部分の施設がオープンしてた。
 エスカレーターで上がる。
IMG_20200105_115412
 (若干安っぽい気がしなくもない。)
IMG_20200105_115520
 新しくオープンしたところにあるお店。
 セブンイレブンやスタバ、あとラクサ屋もあるでよ。基本的にはレストランフロア。
IMG_20200105_115244
 あとあたらしく展望台もオープン。
 台湾の飛行機マニアがバズーカ持って大集結していた。

スポンサードリンク

JALラウンジ

 さて、出国してJALラウンジへ。
IMG_20200105_122626
 台北桃園空港には海外では数少なくなったJALラウンジがある。

 数少なくなったと言ってみたものの、昔はどこにあったんだっけ?高雄にあったのは覚えてるけど。
 今はホノルル、サンフランシスコ、フランクフルト、マニラ、バンコクにサクララウンジがある。そして、台北桃園空港にはJALラウンジがある。なんでサクララウンジじゃないのか謎なんだよね。大してなにもサクララウンジと変わらないと思うんだけど。
 もっとも、元々この場所にはサクララウンジがあって、居抜きで復興航空のラウンジが入って、復興航空が潰れたので急遽また居抜きでJALラウンジになった場所。復興航空時代もJAL指定ラウンジだった。
IMG_20200105_122836
 その当時から変わってないので、あぁ、JALっぽい(JALなんだけど)ラウンジって感じ。
IMG_20200105_122844
 でも、落ち着いた雰囲気だし、737しか飛んでこないはずなのに妙に広い。
IMG_20200105_122914
 お酒コーナー。
IMG_20200105_123058
 食べ物は中華中心。
IMG_20200105_123102
 みんな大好き、炒飯もあるよ。
IMG_20200105_123209
 そして、冷凍食品の点心が食べられる蒸籠コーナー。
IMG_20200105_123547
 当然、カレーもあるぜ!
 まぁ、T2にワンワールド系のラウンジはここしかないので、維持してるのかな。
 受付のおねーさんは日本語完璧な人だったけど、JALの制服じゃなかったな。誰が運営しているんだろう。復興空厨とか?


搭乗も最果て

 さて、搭乗。
IMG_20200105_125206
 搭乗ゲートも最果てだった。
 昔はもうちょっと近かった気がするんだけど。
 どんだけお金をケチってるんだよ!
IMG_20200105_125238
 ……って思ったけど6年前に乗った中部行きJL822もD10ゲートだったわ。

 それにしてもケチでしょうよ。
IMG_20200105_125253
 ただ、桃園のT2は飛行機がきれいに撮影できるのがうれしいね。
IMG_20200105_130519
 座席はこんな感じ。
 もう乗り飽きた738のビジネスクラスのシート。
 まぁ、座り心地は悪くないんだけど。


離陸

 さて、離陸。
IMG_20200105_132629
 行ってきまーす。
IMG_20200105_133727
 お、ジャンボ!
 貨物機としては、ジャンボは主流よね。A380ってめっちゃ載せられる貨物機があったら、もうちょっと売れたんじゃ……って気がしなくもない。
IMG_20200105_133918
 滑走路に入って離陸~。

スポンサードリンク

機内食

 無事離陸して機内食の時間。
IMG_20200105_130709
 ワインメニューね。
IMG_20200105_130727
 お食事メニューはこちら。
 色々悩んだが、洋食にする。ハンバーグ大好き!
IMG_20200105_140622
 まずはシャンパンとおつまみ。
IMG_20200105_142315
 いつものパンが所在なさげな洋食ワンプレート。
 「年末年始は暖かい台湾で過ごされたのですか?」とCAに聞かれたので、「いえ、クソ寒いポーランドですごしました」と言ったら驚かれた。まぁ、そういう反応になるよね。
IMG_20200105_144612
 ハーゲンダッツでフィニッシュ!
 あー、やっぱり日台線はBRが優勝だよなぁ。色々な意味で。


到着!

 さて、着陸。
IMG_20200105_162438
 いやー日本に帰ってきちゃったねぇ。
 その後、入国は大して混んでなかったけど、手荷物受取場が大混雑!さすが年末年始休暇最終日!
 しかも入国はA側だけで、荷物受取はB側で、税関のチェックはA側のみとかもうふざけんな!って言いたくなるほどのあっち行ったりこっち行ったり。しかも最後の税関は長蛇の列でぐったり。
IMG_20200105_183245
 時間がかかってもいいから、とにかく空いてる方法で帰りたかったので旧エアポート成田で帰宅!


スポンサードリンク

 年末年始だから出国。


年末年始だし出国する

 ほら、年末年始だし、出国するよ。
 とりあえず、台湾往復チケットは用意しておいたので、それで出国するのだ!
 目的地はヨーロッパ!2回目のヨーロッパ!


ラウンジ

 色々あって、写真がなくなってるので簡潔に。
 まぁ、一週間前にも来てるしな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228094149999_COVER
 中トロとホッケから天身とさよりに変わってた。
 変な中トロ出すくらいなら、天身の方がいいと思う。さよりはちょっと握るのが大変そう。
 さっさと食べて、下の階で。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228100854476_COVER
 ウィスキーをいただく。
 うまー。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC09081
 まさかのバスゲート。
DSC09087
 お久しぶりに階段上がりましたわ。
DSC09088
 座り慣れた古いビジネスクラスへ。
 738もねぇ、そろそろ座席変えた方がいいんじゃないか?


機内食

 機内食のメニューはこちら。
DSC09091
 うむ。大連線と同じだね。
 というわけで前回洋食だったから、今回は和食。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228123041024_COVER
 特に味を覚えていない。
 メニューの扱いの割には豚肉が多かったなという印象。


到着!検疫回避!

 この時の台湾は豚コレラが中国から入ってくるのを防ぐのに躍起になっていた時期。
IMG_20191228_142701
 ゲートでこれをもらった。
 これがあると、特設検疫ブースを通らないで通過できるという仕組み。
 コレのおかげですいすい入国できた。さて、パワー台湾するぞ!


スポンサードリンク

 さぁ、帰るよ。
 チェックイン画面ビジネスクラスになってたけど、どうなることやら。


チェックイン

 さて、地下鉄にドンドコ乗って空港へ。
 ターミナルに入るには何人か毎に区切られて、入口で静止してから入る必要がある。きっと顔認証やってるんだろうね。外国人でも入国の時の写真かパスポートの写真から照合するらしいので、何も悪さできませぬ。
DSC09040
 まずパスポートチェックゲートを通ってから、チェックインカウンターで搭乗券もらう。
 エコノミークラスを予約してたんだけど、前日のWebチェックインでは「ビジネスクラス」って書いてあったから、若干小躍りしてた。でも、座席変更するとエコ席選べるし、ビジネスクラスも後ろの方しか選べないので、そういうことなのねと予想。
DSC09039
 やっぱりYでした!
 まぁ、そうだよね。というわけで「席だけビジネス」ってことで。
 そのまま出国および手荷物検査。中国出国する場合はライターとマッチは没収されるので気をつけて。あと、モバイルバッテリーはカバンの外に出すことと、容量が明示されているか注意。容量が削れて見えなかったりすると没収。


ラウンジ

 ラウンジはほぼ全社共用ラウンジだったかな。
DSC09042
 何がファーストなのかよくわからないFirstclass Loungeへ。
 ちなみにビジネスクラス・サファイア・JGCでもここが指定ラウンジ。
DSC09043
 ごはんはそれなりにたくさんあるよー。味は、まぁ、アレだ。
DSC09044
 広さだけはかなりのもの。
 とはいえ、全社集中なので、それなりに混む。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC09048
 帰りも788。
 まぁ、当たり前か。行きに乗った便の折返し便だからね。
DSC09049
 中国便で多発というか788路線で多発というか、席だけビジネスクラス。
DSC09052
 雨の中、離陸!


機内食

 ビジネスクラスの座席に座っておりますが、サービスはエコノミークラス。
 機内食もエコノミークラス。
DSC09057
 これどこ搭載なんだろ。大連搭載かな。
 ちなみにビジネスクラスは成田搭載らしい。
DSC09058
 雲の上は晴れだね(当たり前)。


到着

 さて、2時間半のフライトなのであっという間。
DSC09061
 大連出て韓国上空からは一直線で東に向かって新潟周りでアプローチ。
 およ。成田も雨なのね。
DSC09064
 というわけで無事に着陸しましたよっと。

スポンサードリンク

成田からはJR快速で

 さて到着。
DSC09065
 ちょっと早着したのね。
DSC09068
 JRの空港第2ビル駅に行くとえらい混雑。
 もうね。バスも混んでるしNEXもスカイライナーも乗りたくないので、最近はもっぱらJR快速のグリーン車。
 JREポイントでグリーン券に交換できるからそればっかり。だって、とにかく空いてるからね。


スポンサードリンク

 あぁ、遙かなる大地、満州。
 その入口となる都市、大連。
 そういえば行ったこと無かったので行ってみる。


工事中の成田T2

 前日、渋谷で忘年会。
 酔っ払って東上野で泊まり、アクセス特急で成田。
DSC08774
 なんか東成田駅の案内が増えてた。
 日本一短い鉄道だけど、(京成と直通してるので)そこだけを走ってるわけじゃないからなぁ。
DSC08776
 Kのカウンタは改修中。
 荷物を手作業で運ばなければならず、大変そうだった。
DSC08777
 まぁ、私はこっちですけどね。
 年末になって、そわそわした感じの成田。
DSC08778
 なんか2つある手荷物検査場の間に新しい検査場ができてた。
 ファストトラックと乗務員の検査だけ開放状態だった。


JALファーストクラスラウンジ

 さて、さてさて。
DSC08779
 やってきましたよ。
DSC08780
 寝坊して風呂に入ってなかったので、シャワー浴びる。
 待ち時間なく、すんなり入れた。
DSC08781
 今日の寿司。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221081131708_COVER
 とりあえず、玉子をホッケに変えてみた。
 中トロはスジ多め。
 まぁ、そんなもんでしょう。
DSC08784
 ビールの銘柄チェック。
 アサヒスーパードライプレミアムとキリン一番搾りプレミアムのみ。
 えー、俺はハートランドが飲みたいんだよ。ハートランド入れてくれよ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221083410516_COVER
 とりあえず、カレー食べる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221084342041_COVER
 フレンチトーストも食べる。
 まぁ、あれだ、CXの羽田のラウンジのフレンチトーストの方がおいしい。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221085658378_COVER
 下の階に移ってウィスキー飲む。
DSC08790
 今月のクラフトウィスキーは嘉乃助ニューボーン2019バーボンカスク。
 熟成16ヶ月!若いぜ!ピチピチだ!
 カウンターにいたバーテンさんは、白人の男性だった。
 下の階は、それほど混んでなければ落ち着いてお酒飲めていいと思う。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、おなかも満たし、軽く酔っ払ったので搭乗。
DSC08791
 MHのディレイっぷりがヤバい。
 これいつの便なんだろう。便名がMH89DでDがついてるから、さらに前日の便か?
 この遅れっぷりはヤバい。
DSC08792
 ゲート到着。
DSC08793
 今日の便は788だねぇ。
DSC08794
 今日のお座席はこちら。
 ビジネスクラスしか空いてなかった。
DSC08795
 まぁ、なんというかCXのリージョに比べれば、こちらの方が上等。
 短距離であれば充分な設備よね。
DSC08802
 行ってきまーす。


機内食

 機内食のお時間でーす。
DSC08796
 ワインと焼酎のラインナップ。っていうか焼酎もこのカテゴリーに入るようになったんだ。
DSC08798
 食べ物のメニューはこちら。
 うーん、今日は洋食!
DSC08809
 ワンプレートでどん!と来た。
 トマトソースは苦手だったので塩胡椒で食べる。
 意外とおいしかったよ。相変わらずパンが所在なさげだけど。
DSC08811
 ふぅ。


着陸

 まぁ、日中路線でもかなりの短さを誇る大連便、飛行時間は3時間切るので、結構すぐ到着だね。
DSC08813
 韓国を飛び越えると、そこはもう大連。
DSC08818
 やっぱり初めての街の空港が近づいてくると、街の様子がわかってきてワクワクする。
 これがあるから窓側に座るのをやめられないんだよなー。
 もちろん長距離便なら別なんだけど。
DSC08822
 というわけで、無事にスポットイン。

スポンサードリンク

地下鉄に乗って市内へ

 中国特有の厳しい空港警備。
 一度建物の外に出ると、入るときには顔認証必須。
 地下鉄も乗るときは手荷物検査必須。
DSC08824
 さぁ、地下鉄に乗って市内に行くベ。


スポンサードリンク

 さて、またまた韓国。
 ちょっくらメシ食いに行ってくる!


NRTのJALの食わせラウンジ

 今日も今日とてこちらへお邪魔。
DSC07250
 いやー、釜山行きでここに来ちゃうの、「ソウル肉会」みたいな感じだよね。
 もう、このネタ知ってる人少ないか。
DSC07253
 今日のお寿司。
DSC07256
 えー、太巻きとかいらないんだけど。
 これ、ヒラメと銀鮭に予算取られて太巻きになった的な?
DSC07254
 鮨コーナー近くのワインはこんな感じだったよ。
DSC07257
 なんだか安っぽい旅館みたいな朝食を食べる。
DSC07260
 あとフレンチトースト。
 これさ、マジでバターが冷蔵庫に入っててかちんこちんで溶けていかないのどうにかした方がいいと思う。あとは、卵液のしみこみが甘いのがねぇ……。
 ま、ただで食べてるのに文句を言うなって話ではあるんだけど。


下の階のエリアが新装開店

 下の階のエリアが新装開店したので見学してみよう。
DSC07251
 立派な胡蝶蘭が飾られていた(写真は失敗)。
 それにしても名鉄百貨店が花を出してるのは、なにか納入したのかな。
 ノリタケの食器とか?
DSC07252
 下の階には喫煙所もあったよ。
DSC07261
 テーブルにはメニューが置かれている。
 内容としては今月のクラフトウィスキーやお茶、和菓子の案内など。
 そうウィスキーが飲める。
DSC07263
 上の階とは違って落ち着いた雰囲気。
 これは、客の数や質によっても変わってくるけど、この時間は空いていて落ち着けた。
DSC07266
 JALのFラウンジの新しい目玉は、日本のクラフトウィスキーが月替わりで飲めること。
 トップバッターの10月は厚岸蒸留所の NEW BORN FOUNDATIONS 3。
 熟成期間が8ヶ月~23ヶ月のウィスキーをブレンドしたものなので、かなり若くて尖ってる。アルコール度数も高いので、口が燃える。でも、こういうウィスキーが好きなのでロリコンと言われる。ちょっと面白いなって思った。
 いいよコンセプトは面白いと思うよ!あとはスタッフの熟練度を上げるのと、劣化しないことを目指して欲しい。
DSC07267
 ちなみに、お酒飲めないひと向けには、よさげなお茶とお菓子がいただけるよ。

スポンサードリンク

搭乗・離陸

 さて、搭乗。
DSC07269
 JALが運航する便で現在一番短い国際線かな。飛行時間はおおよそ1時間40分。
 まぁ、昔は福岡~釜山とか飛んでたんだろうから、その時代よりは長いわけだけど。
DSC07271
 機材は738。
DSC07272
 座席は738名物のコイツだねぇ。
 まぁ、ボロい。座り心地は悪くないけどボロい。
DSC07279
 さて、離陸へ向けて移動開始。
 バニラさんがたくさんいた。バニラ好きだったんだよなぁ。
DSC07281
 滑走路に入るとき、後ろを見たらけっこうな飛行機が離陸待ち。一体何機いるんだ。
DSC07283
 お、SQのA380もいるね。
 A380乗ったことないんだよなぁ。
DSC07285
 バイバイ木の根ペンション。
DSC07287
 上空からもバニラをパチリ。
 さよならバニラ。まさか君たちがANA塗装になって、機内そのままANA便として飛ぶようになるとは思わなかったよ。


機内食

 さて、機内食。
 おそらくサービスできる時間は60分切ってる便でどんなサービスなんでしょ。
DSC07273
 お、シャンパンはないんだ。
 お酒もかなり限定されてる。
DSC07276
 ソフトドリンクも少なめね。
DSC07274
 食事は一択。今日は和食の日。
 寿司だってよ寿司。
DSC07292
 というわけでやってきた機内食。
 飛行時間の短さもあって、量は少なめ。
 まぁ、なんというかスーパーの寿司よりかはマシってレベル。
DSC07294
 いつものハーゲンダッツとコーヒーで〆。


到着~。

 さて、さて、あっという間の釜山。
DSC07295
 ずいぶんと川が濁ってる。
 どうやら前日あたりに大雨が降ったらしい。
DSC07297
 さぁさぁ釜山だ!
 食い倒れるぞ!


スポンサードリンク

 さて、かえっぺよ。
 俺たちのJALでな。


台南からは普悠瑪で北上

 台南からは韋駄天走りの普悠瑪で北上。
DSC06967
 さぁ、乗るよ。台北まで3時間5分。在来線の割には速い。
DSC06971
 普悠瑪には何度も乗ってるけど太魯閣には乗ったことないのよねぇ。
DSC06973
 新幹線乗るより安くて快適で時間も許容範囲。
 もうちょっと本数が多いといいんだけどなぁ。
 台東~高雄間(正確には
枋寮~知本間)の南廻線電化工事が完了することもあって、何年かかけて新型特急車(自強号用車両)が600両(12連×50本)が投入されるはず。現在の太魯閣より前に作られた特急型(自強号型)車両が電車ディーゼル合わせて600両ちょっとぐらいなので、ほぼ置き換えられるんじゃないだろうか。車両数が減ってもスピードアップすれば必要車両数は減るので、おそらく増発できるぐらい賄えるはず。
 とすれば、西部幹線の自強号はみんな台北~台南間3時間~3時間半ぐらいで結ばれるようになるのかな。何年かかるかわからないけど期待しちゃう。


というわけで台北松山空港

 さてさて、台北駅から地下鉄と新交通システムに乗り換え、松山空港へ。
DSC06977
 他の都市から台北に来るときはあまりメリットを感じないけど、台北市内から行くときには劇的に近い、台北松山空港。台北市は廃止を要望しているけれど、国は新しく国内線ターミナルを建てようとしたり、色々とバチバチやりあってる空港。
 利用者からすれば、めっちゃ便利なんだけどね。
DSC06978
 ……っていうか松山空港にt'way航空が来てるの!
 こんな空港にLCC飛んじゃダメだベ。LCCなんかに枠をやるなら羽田便を増やしておくれ!
DSC06982
 さて、JALは日系同士ANAと同じ島がチェックインカウンターになっている。
 混雑もなくすいすいでチェックイン。まぁ、1時間半前に来ちゃったからそりゃ空いてるよね。
 時間があるので展望台に上ってみる。
DSC06985
 復興パン屋さんがあった!復興航空は潰れたけど、機内食製造の復興空厨は健在。今は台湾セコム(中興保全)の子会社だったかな。サービスと値段はいい航空会社だったんだけどねぇ。色々あってなくなっちゃった。
DSC06989
 ……え、JALがここにいるってことは、もしかしてバス搭乗なの?

スポンサードリンク

搭乗

 さて、出国してー、ラウンジ。
DSC06995
 共用ラウンジで全く面白くもないラウンジなので省略。
 場所がないからねぇ。仕方がないんだけど。
DSC06998
 喫煙所からFAT(遠東航空・ファーイースタン航空)のボロ機材が見える。未だにMD82とかMD83で飛んでる。 この航空会社もいつまでもつかねぇ……なんて思ってたらなくなった。本来ならば737MAXで置き換える予定だったが、737MAX運航停止などで機材計画が狂い、そのまま会社が倒産しちゃった。南無南無…。
DSC06999
 というわけで搭乗しまっす!
DSC07000
 よかった。ボーディングブリッジにちゃんとついてた。
 きっとボーディングブリッジが足りないから、一旦違う場所に運ばれていたのね。
DSC07001
 座席はシェルフラットNEO。傾斜があるフラット座席。
DSC07012
 FATの機材を眺めながら出発。
DSC07008
 そういえば初めて新しいセーフティービデオを経験。
 この後すぐ制服変わって修正されたからある意味レアなヤツ。
DSC07013
 滑走路に入って、離陸~。
DSC07016
 バイバイ台湾。


機内食

 さて、機内食。
DSC07002
 まずはワインリスト。
DSC07004
 ドリンクリスト。
DSC07005
 お食事メニュー。
 なんか魚が食べたくなったので、和食にする。
DSC07018
 ワンプレートどん!って感じの機内食。
 まぁ、それほど時間が長いわけでもないので、ちんたらされるよりワンプレートで出された方がいいかもしれない。味はまぁまぁ。エコノミークラスの食事は台北松山搭載(それこそ復興空厨)だけど、ビジネスクラスはどこで搭載したヤツなんだろ。羽田なのかしら。
DSC07022
 ハーゲンダッツとコーヒー飲んで就寝。


到着

 あっというまに羽田へ。
 やっぱり近いねー。
DSC07024
 着陸しましたよっと。
DSC07025
 相変わらずの手荷物受取待ち。
 マジで羽田は受け取るのに時間がかかるのなんでなんだ?
 実は成田と同じ時間ぐらいの時間だけど、空港が小さい分移動時間が少なくて待ちが多くなるだけか?
 それでも時間かかりすぎだと思うの。


スポンサードリンク

 日本へはおJALさんでHNDへ。
 JAL SKY SUITE Ⅲで帰るよー。


香港のJALチェックインカウンターは朝から開いてる

 BR851で10時半には外に出たけど、次のJL26は15時15分発。5時間弱の乗り継ぎ時間がある。
DSC00165
 今回怪しい段ボールがあるのでできればさっさと荷物を預けたい。
 普通であれば次の便のカウンターが開くのは2時間前ぐらいからだから、どうしようかなぁと思っていたけれど、調べたらJALは朝からカウンターが開いてる!空港カウンターは朝7時半から出発60分前まで開いているらしい。ちなみにインタウンチェックインカウンター(香港駅、九龍駅)は朝6時から。
DSC00166
 これ地味に便利。……いや、便利なのはラウンジ乞食か。
 とりあえず段ボールに若干困惑する国泰港龍のおねーちゃんに荷物を預ける。
 空港税も払い戻してもらって出国じゃ。


ラウンジで入浴

 もう長旅で疲れたのでゆっくりしたい。
 とっとと出国してCXのFラウンジであるWINGへ。
DSC00168
 午前中からシャンパンを飲む……
DSC00170
 ……ことはなく、ノンアルコールのキャセイディライトを飲んで風呂が空くのを待つ。
DSC00172
 入浴~。
 このカバナは待ち時間が長いのが難点よね。
 さっぱりしたので食事を取ろう。
DSC00173
 メニューはこんな感じだった。
DSC00175
 とりあえずメインを注文し、ハーフビュッフェなので、食物を取りに行く。
DSC00176
 メイン登場!チキン食べたはず。米は日本人にとってはおいしくないのが香港の常。
DSC00178
 とりあえず担々麺も食べた。まぁ、なんというか麺に関しては俺は期待していない。

スポンサードリンク

初めてのSKY SUITE Ⅲ

 投入されて少し経ってるけど、初めてのJAL SKY SUITE Ⅲ。
 狭い狭い言われているけれど、どんなもんじゃろか。
DSC00180
 さて、搭乗するかのう。
DSC00181
 今日のゲートは24番。喫煙所から遠すぎることもなく、使いやすいゲート。強いて言えばラウンジからちょっと遠い。
DSC00184
 うむ。CXのシーラスよりかは圧迫感を感じる気がする。
 けど、言うほど狭いかなぁ。まぁ、窓側だったので足クロスする内側だとまた感想が変わってくるかもしれない。
 個人的には狭いところにこもる感はキライじゃないので、一つの形としてはいいんじゃないかと思う。
DSC00186
 ただ、テーブルの角度が座席とあってないので、出すときに違和感を感じる。座席からすると斜めにテーブルが出てくる。もちろん出した後、角度は座席と合うようになっているんだけど。
DSC00189
 さて、離陸。今日は特に遅延もなく、快調。


機内食は洋食にした

 まずは、機内食メニューをチェック。
DSC00190
DSC00191
 うむ。色々悩んだが、ここは洋食のビーフだ!
 まさに「Beef or Fish?」メニュー。昔よく言われていたけど、牛か魚が選択肢の機内食ってほとんど出会ったことないよねー。
 ご飯と味噌汁だけは食べたいんだけどって言ってみたら断られた。あれ、昔は結構柔軟に対応してくれたんだけどなぁ。まぁ、和食選ぶ人が多いのから足りなくなるかもしれない。まぁ、仕方がない。
DSC00194
 スタートはあられミックスから。飲み物はペリエを頼む。
DSC00196
 JALお得意のワンプレートでどーん!
 なんかそこはかとないファミレス感あふれ出るメインプレート。
 俺だけなのかもしれないけれど、JALのパンをそのまま置くのってどうかと思うのよ。まぁ、シートが敷かれているので汚いってことはないんだろうけど、せめて皿の上に置いてくれないかなぁ。気分的な問題なんだけど。
DSC00202
 火が通り過ぎたということはなくちゃんとレアだった。いいね。
DSC00205
 最後は紅茶とハーゲンダッツ。
 コーヒーフレッシュに閉口。ビジネスクラスぐらい牛乳載せてくれ。そんな何本も使わないだろうに。


怪しさ倍増した荷物を受け取る

 特に遅れもなく羽田へ。
DSC00206
 夜景が美しいなぁ。房総半島縦断してA滑走路に着陸。
DSC00210
 香港の国泰港龍のおねーちゃんが頑張った結果、預けた時よりも色々と貼られて怪しさ倍増した段ボールを受取る。
 税関で絶対怪しまれると思ったけど、特に荷物チェックもなくスルー。あからさまに怪しいと特にチェックないのかしら。こんなんだったら金塊でも入れておけば良かった(ダメです)。


スポンサードリンク

 さて、旅が始まってから終わりまでを書くのに4ヶ月もかかってしまったこの旅行もこれでおしまい。
 いやー、まずいねー。こんなに時間かかっちゃうのまずいねー。頑張ってスピードアップします。
 というわけでクソ便利な台北松山空港から羽田空港へGO!


松山空港は便利!

 時間帯が悪いのか、台北松山空港発のAM便は意外とマイルで取れる。
 というわけで、今回はそれで取った。
DSC05938
 というわけで、松山空港。市内にあるのでとても便利。
 シャングリラから路線バスに乗ってもすぐ着いちゃう。
 基本的に東京羽田便、韓国金浦便と中国大陸便と国内線しかない空港。
 今、出発案内の写真見てて気づいたんだけど、金浦行きって、韓国側はイースター航空なの!LCCかよ。いくら双方の発着枠が台韓各1便しかないからって、でんでん太鼓とか広島でやらかした会社とかじゃないんだ!もう金浦飛ばさなくていいだろ。それよりも香港に飛ばすか羽田便増便してくれよ!羽田の長距離線の枠なんかいらないんだから。
DSC05940
 というわけでこちらでチェックイン。
 まだ出発まで時間があるので空いてた。
DSC05952のコピー
 今日はCだよ~。


松山空港は共用ラウンジのみ

 それではエアサイドにGO!この先は喫煙所ないので注意。
DSC05948
 松山空港は小さい空港なのでイミグレも混まずにすいすい。
 その一方で各社ラウンジを作る余裕がないので、共用ラウンジ。
DSC05953
 まぁ、なんというか、特に特徴がない。強いて言えば柔らかいソファーでご飯が食べづらい。
DSC05950
 一応、エサは少しばかりあるでよ。
DSC05951
 冷凍食品っぽい点心をいただく。
 うむ。あれだな、没個性ラウンジだな。非常に無難だけど、イスはギチギチに設置してるって感じ。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
 小さい空港故に、搭乗口まで近いのがメリット。
DSC05956
 さー、乗るぞー。
DSC05957
 今日のシップは767。
DSC05959
 まぁ、短距離だからこんなもんよね。
 マイルで結構直前に取れた割にはド満席。


機内食

 さて、機内食。ナイトステイ機材なので台北搭載のハズ。
DSC05965
 お酒のメニュー。
 中国語でシャンパンは香檳って書くのね。発音は「しゃんびん」かね。
DSC05966
 お食事メニュー。
 和食は見取り図メニュー。
 洋食に味噌汁付けてくれない?って頼んだら断られた。以前はやってくれたのに。
DSC05967
 なので、和食にしたよ。味噌汁飲みたかったから。
 結構なみなみと継がれたシャンパン。これ、ちょっと揺れたらこぼれるぜ。
 まぁ、台北搭載だからしかたないけどねーって感じの味。
 それにしてもサービスが遅い!いくらド満席とは言っても遅い。もうちょっとガンガンやってくれ。
DSC05970
 最後は日本茶とハーゲンダッツでしめる。
 やっぱり長期間海外に出ていると、温かい味噌汁or日本茶でホッとする。


着陸

 今回はゲートブリッジを見るルートで着陸。
DSC05971
 お天気悪いねー。
DSC05979
 はー、帰ってきたねぇ。
 なんというか、JALの国際線はなんか疲れるねぇ。
 ブロックタイムが長いし。だけどANAの国際線に乗るとさらに疲れるので、まだマシなんでしょう。

スポンサードリンク

羽田から荷物はクレカ特典で送っちゃう

 神奈川に住んでるときはほとんどメリットを感じなかったけど、地方在住になってありがたいのは空港宅配サービス。今回も利用した。AMEXのスカイトラベラーカードだと羽田は対象外なのが残念。今回は楽天プレミアムカードの特典を利用した。楽天プレミアムカードだと年間2回まで無料で送れる。
DSC05982
 ちなみに送る荷物にキムチが入ってると送れないらしいよ!
 なんで、キムチだけ特筆して書いてあるんだ?以前何かもめたのかな。


スポンサードリンク

 さて、帰るよー。
 マカオからの香港一泊でJALに乗って羽田に着いてからの岩手まで一記事だから長いよー。


マカオから香港に移動

 とりあえずマカオからターボジェットで香港へ。
DSC03709
 あの桟橋でタバコ吸ってるのどうにかなんないのかね。思いっきり禁煙って書いてあるのに。
DSC03711
 トラムでホテルへ。香港トラムの方向幕の行先対照表をチェック。
 日本人の40才ぐらいのおねーさまに英語で話しかけられる。日本人にすら日本人と認識されない俺。
DSC03714
 というわけで、いつもの通りホテルジェンにイン。
 もうね、何も書くことがない。


すげー久しぶりのインタウンチェックイン

 今回は久々にバスを利用せずに、ホテルジェンの送迎車で香港駅まで。
DSC03733
 久々に機場快線を使用するのでインタウンチェックイン。
 いつもバスだからねー。今回は荷物が多かったのでホテルからバス停までも歩きたくなかった。
 グランドスタッフはドラ姐だった。
DSC03736
 真ん中あたりのZCS/JST0って便は何なんだ?
DSC03740
 地下に降りて電車待ち。香港MTRのマスコットキャラクターがハゲたおじさんっていうのは何回見ても素晴らしいと思うの。実在するし。斬新だよね。おっさん。しかもハゲてる。
DSC03744
 というわけで、今回はPY。PYだとWって印刷されるのね。

スポンサードリンク

最後のファーストクラスラウンジ

 さて、出国。
DSC03745
 香港も出国は自動化になったのね。
 いいよねー。それでいいよねー。最近発生してる入国e道の混雑をどうにかして欲しい。
DSC03746
 最後のピアファーストクラスラウンジを楽しむことにしましょう。
 ダイニングで食事。
DSC03747
 まぁ、メニューは色々あるんだけど、ついついハンバーガー食べちゃうのよね。
DSC03749
 まずはシャンパン飲んじゃう。
DSC03750
 本日のスープ。
DSC03751
 キノコもりもりでGood!
DSC03753
 そしてハンバーガー登場。
 こういう時のハンバーガーってどう食べるのが正解なのかがわからない。
 一応ナイフとフォークで切って食べていくんだけどさー。
 まぁ、おいしくいただきました。
DSC03754
 最後はフルーツで〆。
 当初のペニンシュラ運営だった頃から劣化している部分とかもあるんだけど、やっぱり一番好きなファーストクラスラウンジなんだよね。……といってもよく考えたらファーストクラスラウンジなるものに行ったのって、JALのHND、JALのNRT、HKGのWINGとPIERぐらいしか行ってないな。そう、だからワンワールドエメラルド維持やめたのよねぇ。まぁ、岩手にいるとそんな頻繁に乗らないっていうのもあるけど。


JAL指定のQFラウンジに移動

 さて、延々と動く歩道に乗って出入国ゲートまで戻る。
DSC03755
 JAL指定のQFラウンジへ。
DSC03759
 QFラウンジのいいところは酒が充実。生ビールのタップも3つあって、JAL指定のせいかSAPPOROも飲める。指定されたばかりの頃はなかったよねー。残りの2つはLittle Creatures PALE ALEというオーストラリアのビールと青島ビール。
DSC03758
 その他のお酒も充実。そして今回の注文メニューは牛バラ麺。
DSC03760
 まずはね。オーストラリアのビールを飲む。これうまいな。結構すいすい飲めちゃう。
 調べてみたら、今はキリンの関係会社になっているのね。
DSC03761
 牛バラ麺も食べちゃう。まぁ、これはフツーの味。
 ここのラウンジで出てくるヌードルは、JALのカウンターでおすすめされているけど、特に感動的な味というわけではない。
DSC03763
 その他のご飯の写真は撮らなかったけど説明文だけ。
 見事なまでの対日本人シフト。そこまでQFのラウンジにやらせるJALもすげーなとちょっと思う。ちなみにJAL便出発前だけこういった日本人シフトになっていて、その他の時間帯は全取っ替えです。はい。
DSC03756
 みんな大好きJALの機体もよく見えるよー。
 いつのまにか国泰ケータリングになってるのね。前は違った気がする。


ゲロ混み優先搭乗

 さて、搭乗。
DSC03767
 本日は16番から。QFラウンジだと搭乗ゲートまで直線距離は短いのだけど、かなり遠回りしないとたどり着かない。まぁ、ラウンジ内で搭乗始まったのをこの目で確認できるのはいいんだけどね。QFラウンジの裏口が使えたら近いんだけどなー。まぁ、無理か。管理できなくなるし。
DSC03769
 というわけで本日の機材は772。
DSC03772
 優先搭乗がゲロゲロに混んでる。
 一応、ワンワールドエメラルド保持者から搭乗開始。混んでる列をごぼう抜きして搭乗。

スポンサードリンク

違和感しか感じないプレエコシート

DSC03774
 プレエコしか空いてなかったのでプレエコで。
 この座席がねぇ、しっくりこない。どんな姿勢でも腰が痛くなるステキなシート。
 ずり下がりシートでどっちのポジションでもしっくりこなくて、座席のフットレストの角度もおかしくて、足おきもしっくりこない位置で、すべてがおかしい。
 これさー、フツーのエコ乗った方がよかったわ。5,000avios返せ。
DSC03778
 エンタメはボタンの反応が鈍いMAGIC-Ⅲ。今となっては画面荒すぎ。
DSC03775
 一応、プレエコなのでスリッパ完備。まぁ、今日はうっかりANAのスリッパ持ってきてたからそれはいてたけどね。というわけでこのスリッパは持ち帰る。
DSC03783
 ちゃんと出発の時手を振ってたよ。これもJALが手を振るように指導してんのかな。
 さすがにこの地上はJAL直営じゃないよね。一番左の人はJALの人か?

機内食がゲロマズ

 さて、もう国泰ケータリングの時点で何ら期待が持てない機内食。
 あれ不思議なんだけどさー、キャセイドラゴンの機内食ってまぁまぁおいしいのに、なんで本家キャセイの機内食は不味いんだろうね。
DSC03791
 ドリンクメニュー。プレエコなのでシャンパンあるよー。シャンパンいらないから、機内食のメインをもうちょっとだけ良くしてくれないかなー。
DSC03792
 本日のお食事メニュー。白身魚のホワイトクリームソースと見ただけでイヤな予感しかしない。
DSC03785
 というわけで機内食がコレ。
 やったー炭水化物パラダイス★
 ほんとあまりにも不味すぎてメインほぼ残しちゃった。
DSC03786
 食後のデザートはハーゲンダッツだったよ。
DSC03787
 追い風が強かったのか、時速1,000km超え。


消化試合

 さ、東京さ着いたから岩手までけぇっぺよ。
DSC03800
 今宵の宿は新馬場のスーパーホテル。新馬場なんてはじめて降りたぜ。知識が北馬場と南馬場を統合してできたということと、高架化工事中の上りは北馬場と南馬場に止まって、下りは新馬場に止まってたという知識しかない。スーパーホテルは韓国人観光客がいっぱいだった。
 翌日はBKS-BBAと「#主に購読用」という謎のハッシュタグを操る方とランチミーティング。
 BKS-BBAとはなんかすげー久しぶりに会った。失礼を承知でお話しさせていただくと、なんか顔が違う人のような気がしたので、たぶん影武者があと二人くらいいる。Twitterも朝早くから夜遅くまでやってるので、たぶんひとりじゃ無理だと思うの。きっと「B-BBA」と「K-BBA」と「S-BBA」がいて、三人合わせて「BKS-BBA」なんじゃないかな。
DSC03815
 そして、寒い寒い岩手に帰ります。
DSC03818
 東京駅から新幹線と言ったらあなた、シウマイ弁当ですよ。
 圧倒的なコスパ。神奈川県民のソウルフード。日本一売れてる駅弁。
 やっぱこれしかないよねー。ビール飲みたいところだけど、この後運転があるので自重。
 無事に岩手に着きましたとさ。


スポンサードリンク

 夏休みその2。
 例によって東南アジアに旅立つ。


無料駐車場の水沢江刺からスタート

 岩手からは駐車場が無料という理由で水沢江刺から出発。
DSC00847
 鼻先長いよねぇ。
DSC00848
 ビューカードのおかげでグリーン車。
 サンクスポイントのグリーン利用券はほんとありがたい。一番プレゼントのコスパがいいしね。
 おおよそSuica2,000円分と同額のポイントでグリーン車利用券だから、2,000円相当。2,000円でグリーン車乗れるなら乗っちゃうぜ!仙台から各駅停車のはやぶさかやまびこに乗るので、結構いつも空いてる。そういえばはやてってどこに行ったんだ?
DSC00851
 前の客のカバンにANAタグが付いてた。敵だ。


台風接近のため予定変更!成田から羽田へ

 ホントはゴールデンウィークに買ったKUL発券NRT-BKK-KULのTGのチケットを使おうと思ってたのですよ。
 が、台風接近。丁度危うくなってきそうな時間帯のチケットだったので、予定を変更して早めようにも満席。
 色々悩んだ結果、TGのチケットは1年間有効なので、来年のゴールデンウィークに変更。Aviosで香港行きのチケットを押さえちゃう。まぁ、ホテルを押さえてなかったからできた技だな。というより、今回、直前まで何も決めてなかった。決めてたのは帰りのチケットだけ。

 というわけで羽田から出発。
DSC00856
 セキュリティーが激混み。
 プライオリティレーンもまぁまぁ混んでた。
 もう一つのセキュリティーはそこまで混んでなかった。知らなかったんだけど、いつの間にかもう一つのセキュリティーにもプライオリティレーンができてたのね。利用時間は7:30-11:00と21:00-23:30。自動化ゲートもできたし、今後はこっちからの出国がメインになるかな。


JALのファーストクラスラウンジで朝食

 まぁ、なんだかんだ言っても、JALのFラウンジでお食事しちゃうよね。
DSC00859
 あんまりいい評判聞こえてこないけど、自分は好き。
 朝食っぽいし、昔のパンケーキよりボリュームもあるからいいと思うんだけどね。
 でもね、一番はこれじゃないんですよ。


CXのラウンジで朝食その2

 ええ。乞食ですからラウンジをはしごです。
DSC00860
 とりあえず朝からBetsy beerを飲んじゃう。
DSC00862
 朝の和定食。
 まぁ、正直言って大した魚ではないと思う。だけどこうやって器に出されると、安い人間なのでおいしく感じちゃうんだよね。やっぱさー、自分もやっちゃうけどさー、バイキングだとモリモリに載せちゃったりするわけですよ。こうやって出される方がいいよねー。ただ、CXのラウンジは人が付いてサーブするので運営経費とかかなりかかってそう。現状、ワンワールド以外の航空会社からの利用が見込めない中で、この辺の収益はどうなってるんだろう。
DSC00863
 んで、やっぱりこの玉子焼き……じゃなかった、フレンチトーストがうまい!
 JALのガレットより上!
DSC00864
 ホント玉子焼きにしか見えないよねぇ。


というわけで搭乗

 さて、搭乗でございます。
DSC00865
 ゲートどこだったっけな。突き当たりだったかな。
 機材は初めてのSS2。エコだから関係ないけど。
 初めて見たけど、結構詰め込み感があるねー。
 エコの座席は枕セット済み。あれ、香港線って枕標準装備だったっけ?
 前に乗った時は無かったような。
DSC00869
 この日はあいにくの雨。
 「客室乗務員はぁ~、ドアモードを~」で出発。


機内食にキレる

 本日の機内食は北海道グルメ特集だかなんだか。
DSC00874
 「本日はスパカツでございまーす」
 ……。
 …………。
 (大噴火!)
DSC00875
 こんなんスパカツじゃねーよ。
 スパカツって言うのはこういうのを言うんだよ。
 なんだこの冷凍のカツをフジッリの上に載せてミートソースかけました的なヤツは!
 こんなんスパカツって認めねーよ。
 マジでこれ、冒涜だと思うの。


ルートは沖縄本島経由

 エンタメはあんまり見ない(というより見たいものは全てスマホに入れてる)ので、大体飛行マップを表示させていることが多い。
DSC00887
 今回のルートは沖縄本島経由。香港便は鹿児島上空から一直線に台湾へ抜けることが多いから珍しい。きっとこの時台風が鹿児島付近にいたのでよけたのかな。
DSC00886
 色々拡大させて遊んでたら、航空写真にD滑走路ができてなかった。
 おい、いつの写真だよ。結構前過ぎないか?
DSC00889
 というわけで台風の影響もなく、ほぼ定刻に着陸。
 さぁ、とりあえずホテルを取るかぁ。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ