FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ: 香港

 香港トラムを貸し切って、香港の街中を走ってきた。
 これが想像以上におもしろかったよ。


香港トラムは貸し切れるんです

 Teppei101オフ会ではおなじみの貸切電車。
 今まで、都電貸し切ったり、モノレール貸し切ったり(1回目2回目)してきたし、俺も三陸鉄道貸し切ったりしてきたけれど、ついに海外進出。DRKが貸し切る香港トラム。
 実は香港トラムは貸し切れるんですねー。

 

 ちなみにネットから申し込める。
 まぁ、それでも事前打ち合わせやら当日やら少なくとも英語ができないと厳しいと思う。
 逆に言えば英語ができれば、貸し切れるよ!
HKtramRoute
 ルートはこんな感じ。もっとも遅れが出てたりすると、多少ショートカットがある。
 このルートの中で何が一番面白いかって?
 そりゃ、北角(ノースポイント)折返しっしょ!そして跑馬地(ハッピーバレー)にも行ける3時間プランだ!
 
 というわけで、私もちょーっとばかりお手伝いさせていただいて、当日を迎えたのでした。


出発は屈地街電車廠

 香港大学駅近くの屈地街電車廠から貸切トラムは出発する。
 専用の停留所があって、そこから乗車する。写真撮り忘れちゃったからてっぺこりんのブログ見てね。

 準備のためにみなさんよりお先に車内へ。
 ずんずん車庫内を進んだから、ちょっと普通では見られない車庫の中が垣間見えた。
DSC01793
 2階部分ね。
 これ、乗っている人がみんな2階にいたらバランス崩したりしないんだろうか。しないか。
DSC01797
 運転台も撮っちゃう。
 やべ、準備のためとかいいながら準備しなきゃ。
DSC01798
 色々と準備完了!
DSC01799
 さて、いよいよ出発!
 オラ、ワクワクしてきたぞ!

スポンサードリンク

東へ、東へ、繁華街を駆け抜ける

 駆け抜けるってほど速くないんだけどね。
DSC01800
 オープントップの2階から見る景色は、普段のトラムと変わらないはずなのに、違って見えた。
DSC01805
 なんだろうね。
 背徳感というか、快感というか……。
 前のトラムに追いついたり、後ろのトラムに追いつかれたり、バスと併走したり。
 向こうは帰宅途中の中、こちらは酒盛りしちゃう。あー、あれか。ブルトレで酒飲んでる一方で帰宅ラッシュの京浜東北線を追い抜いた時の気持ちに近い。
DSC01806
 繁華街の横断歩道では主に旅行者の人々に注目される。
 手を振っちゃったりしちゃう。
DSC01807
 JP本屋前を通過!
DSC01810
 この日はもう1組貸切が走ってたみたいで、手を振りあってみたりなんかもした。
 銅鑼湾のめっちゃ人が多い横断歩道手前では信号待ちにならず。残念。トラムの上から横断歩道を眺めてみたかった。


第1チェックポイント「北角」

 さて、いよいよ北角に入る。
 北角折返しの電車だけは単線の折返し線に入る。ここは商店街になっていて、活気溢れる商店街を通り抜けるのがポイント。
DSC01811
 それでは突入~。
DSC01814
 ちょっと夜遅めだったせいか、通る人々は少なめ。
 それでも商店街の中を通り抜けるのは面白かった。
 ゆっくりゆっくり走りながら北角へ向かう。
DSC01816のコピー
 北角で一旦休憩。
 この電停は待避線がないので、順番が来ると出発しなくてはいけないから注意。
 それでも5分ぐらいは停車していて、トイレに行くことも可能。


第2チェックポイント「跑馬地」

 さて、電車は出発。
DSC01818
 ホントは奥のSOGO前の交差点で止まって欲しかったけど、残念ながら一つ前の交差点で信号待ち。
DSC01819
 信号が変わったので出発。
 銅鑼湾を通り抜ける。
DSC01820
 一方通行の単線の支線に入り跑馬地へ。
 
跑馬地競馬場は香港市民のスポーツスポットになっているようで、色々な球技をしている人たちがたくさんいた。ここの競馬コースの内側がランニングコースになっているらしいよ。
DSC01824のコピー
 跑馬地に到着!
 ここで2回目の休憩。
 ここだと待避線があるので、少しは休憩時間に融通が利く(かもしれない)。
スポンサードリンク

そして、西へ戻る

 本来ならば銅鑼湾の折返し線に入る予定だったんだけど、時間的に遅れていたせいかショートカット。
 銅鑼湾でぐるっと回りたかったなー。
DSC01826
 あんまりお肉を食べていなかったので食べる。
 うまいぜ!トラムの中で食べるからなおさらうまいぜ!
DSC01828
 楽しい時間ももうおしまい。
 屈地街に戻ってきた。戻るときの速度は体感的には行くときに比べて倍ぐらい速かった。きっとそれだけ楽しい時間だったのでしょう。
 (元々面白そうだと思ってたけど)思ってたよりも3倍ぐらい楽しかったよ!またやりたい!
 楽しい機会を作ってくれた、DRKに感謝。
 それと、DRKのやる気スイッチを押しまくったてっぺこりんにも感謝。
 あと、世間的には仕事始めのはずなのにブッチして集まった参加者の皆さんにも感謝。
DSC01832
 解散する途中で岩手電車に出会ったよ!わんこきょうだいが香港でも働いてるぜ!
 めざせ花巻空港直行便就航!

 さて、台風が過ぎ去った翌朝。
 香港の街を歩いてみる。


台風一過にならない曇り空

 とりあえずクラブラウンジでコーヒー飲んでから出発。
DSC09280
 天気良くないねー。
 日本だと台風が過ぎれば台風一過で雲一つない晴れ空になることが多いけれど。


まずは堅尼地城へお散歩

 ホテルを出発。
DSC09251
 人通りも戻ってきたけど、気持ち車が少なめ?
DSC09254
 トラムは走ってた。トラムに乗って堅尼地城へ。
DSC09256
 公園の木々が倒れて、道路を片方向封鎖されている。ちなみに公園自体が立ち入り禁止になってた。
 
堅尼地城で飲茶をして帰りは歩き。
DSC09274
 恵康(welcome)の看板折れる。
 それにしても手配が迅速。まぁ、危ないからなー。

スポンサードリンク

都爹利街がヤバイと聞いて行ってみる

 都爹利街には香港で最も古い現役のガス灯がある。
 石段とガス灯がなかなかいい雰囲気の場所。
DSC09299
 お、おう。
 無残に木が倒れておる。
 石段を上がったところにあった木が無残にも根元から折れた。
DSC09304
 上側から見てみると、石段のダメージもデカい。
 降りたところの両脇にあったガス灯は跡形もなくなってる。
 この御影石の階段は19世紀後半に作られて、香港法定古跡らしいんだけど、大ダメージ。
DSC09323
 横から見ると、確かに根がきちんと張れないところではあるので、耐えられなかったんだろうなぁ。
DSC09307
 唯一残ったガス灯も、ガラスの部分は消え去っていた。

 いやぁ、すげぇな。


というわけで

 香港で台風に遭遇して、AYが欠航になってしまった件。
 振替を要請するも3日後だと言われてしまった。「ごるぁ!俺はわんわーるどえめらるどやぞ!どげんとせんかい!!」などと言うわけもなく、全てキャンセルした。ちなみに為替の差益でちょっと儲かった。
 残りのお休み、1週間ぐらいあるけれどどうしようか。どっかに行くかで悩む。
 そもそも、台風明けで欠航になった分の振替があって空席がほとんどない。あっても高い。
 そんな中で見つけたところに行くよ。

 香港に史上最大の超大型台風22号山竹が襲来。
 わかってて行く俺も俺だけど、こんな経験2度とないかもしれないので、それはそれでよかった。
 というわけで初めてラウンジアクセスを付けたHotel Jenでこもった一日の巻。


クラブラウンジで朝ご飯

 あまり眠れず朝を迎える。
DSC09185
 低気圧が近づいている独特な感じ。
 昨晩はラウンジアクセス付けてなくて、今晩はラウンジアクセス付けてるけど、朝から使っていいよってことなので、ラウンジで食べる。
DSC09186
 この時間はまだ客が少なかったね。
DSC09189
 コーヒーを頼んで、一息つく。
DSC09190
 ソーセージとパン。
DSC09191
 まぁ、一通りあるって感じかな。
DSC09192
 フルーツ充実。
 まぁ、当たり前なんだけど、食べるんだったら下のレストランで食べた方がいいよね。


外に出る

 とりあえず外に出てみる。
DSC09197
 すごい、人も車もいない。
 こんな香港初めてだ。
 動画にしてみるとこんな感じ。
DSC09199
 窓ガラスもテープ貼っている家多し。
 でも、これって効果あるのかね。割れたときに飛び散らないようにって感じ?
 戦争の時もやってたりするよね。

スポンサードリンク

ベルボーイのおっさん、こける。

 さて、2回目のタバコ。
 外に出る。
DSC09209
 あんまり写真だと違いがわからないけど、動画の方がわかりやすいかな。
 もうね、屋根があるところにいても水が吹き込んでくる。
 ベルボーイのおっさん、足を滑らしてしこたま後頭部打ってた。そのまま救急車行き。
 ナイスなおっさんなだけに心配したが、次の日ちゃんと出勤してたので安心する。

 クラブラウンジに戻る。大混雑。
 そりゃそうだ。することないもんね。
DSC09244
 見えるかなー。
 建物の裏側って岸壁があるんだけど、波がそれを越えてやってきた。
 まぁ、それほどインパクトがあるものは経験できなかった気がするけれど、いい経験でございました。

 ちなみにこの時のヤバイ映像はここを見るといいと思うよ。
DSC09250
 夕方になって、酒をつまんで夕食へ。
DSC09248
 夕方には風雨は収まってたよ。

Last Update:2019/05/01

 ちゃらっちゃーちゃーちゃ、ちゃーちゃちゃーちゃーちゃー♪
 世界の喫煙所から、今日は香港空港からお送りいたします。

 香港の喫煙所は縮小傾向……とも言い切れないけど。
 他の空港に比べればたくさんあるのだけど、場所が偏ってたりするのよね。


出発・出国前(非制限区域)

 ターミナル1の車寄せの部分の屋外の各入口の両脇に標準装備されてるよ!
 バスかタクシーで空港まで来たら建物に入らずに周囲を見渡せば喫煙所がすぐ見つかるはず。
DSC03962
DSC03964
 ターミナル2も同様に車寄せにあるものの、ターミナル1ほどしっかりした喫煙所はない。
 あるのは香港の街角にあるゴミ箱の上にある灰皿。おそらくここが喫煙所のハズ。いくつか設置されている。
 ちなみにこのゴミ箱作ってるのは刑務所だからね。豆知識。
DSC03974
DSC03973
 ちなみに出国後エリアまで室内には一切喫煙所はない。

スポンサードリンク

出発・出国後(制限区域)

 さて、出国後。この空間には乗継で長く滞在する人もいるでしょう。
 この出発コンコースでは喫煙所の位置が偏ってるんだなー。
DSC01455
 喫煙所の位置を書いた地図があったので写真撮っておいた。
 これを見るとメインコンコースの27番、29番、43番、61番、64番付近にある。
 よって、メインコンコースの左右に分かれたゲート(1-4番、15-19番)から出発の場合は、27番が最寄りで、吸った後延々と動く歩道に乗って戻ってくることが必要。もちろん20-26番の手前側のゲートの場合も戻る必要があるけれど、その場合はそこまで負担ではないと思う。

27番ゲート付近喫煙所
DSC01448
DSC01450
 27番ゲート手前側、中国大陸系航空会社共同ラウンジの横にある。
 階段を降りるかエレベータの使用が必須。
 ここが一番広い喫煙所で、一番最近新設された喫煙所でもある。

29番ゲート付近喫煙所

DSC01452
 29番ゲート奥側、タバコのマークが見えるのがわかる?
 ここの喫煙所は狭いので、混んでるときは27番ゲート付近喫煙所を使うのが吉。

43番ゲート付近喫煙所
DSC01459
 さて、コンコースが二股に分かれて左側の方の喫煙所。43番ゲート手前にある。

61番ゲート付近喫煙所
DSC01453
 二股分岐を右に折れて一番最初にある喫煙所。

64番ゲート付近喫煙所
DSC01454
 64番ゲート手前の喫煙所。
 キャセイのファーストクラスラウンジであるピアの入口の向かい側にある。
 ラウンジから直線距離では一番近い喫煙所だが、動く歩道に阻まれて遠回りする必要がある。

ノースサテライトコンコースターミナル(501-510)展望台喫煙所
DSC03977
 男子トイレと展望台への通路の先にあるよ。
 というより展望台が喫煙所だよ。
DSC03979
 ちなみに見ての通り外にあって、屋根がないので、雨が降るとずぶ濡れでございます。
 結果、喫煙所(展望台)への通路でタバコをみんな吸い出すという無法地帯に。
 ちなみに香港空港の床は靴が水に濡れると異常に滑りやすくなるので、要注意!

ミッドフィールドコンコース中央喫煙所
DSC03981
DSC03982
 メインコンコースから電車に乗ってはるばるやってくるミッドフィールドコンコース。
 降りてすぐ、エスカレーターを上がりお店があるフロアにたどり着いたら180°左に曲がっていくとある喫煙所。ここも展望台を兼ねている。ちなみに右180°転回した先にある展望台は純粋な展望台で喫煙所ではない(たぶんタバコが吸えない展望台はここが唯一)。
 ここはごく一部だけ屋根があるので、雨が降るとそこにみんな押しくらまんじゅうみたいになりながらタバコ吸ってるよ。

ミッドフィールドコンコース202番ゲート付近喫煙所
DSC03983
DSC03984
 ミッドフィールドコンコースの最果てにある喫煙所。ここも屋外に設置。二重ドアを開けた先にある。ここはホントに屋根がないので、雨が降ると2枚のドアの間で吸う人が多い。
 飛行機がよく見えそうだよね。

ミッドフィールドコンコース218&219番ゲート付近喫煙所
DSC03985
DSC03986
 こちらも202番ゲート付近喫煙所の逆サイドで同じデザイン。
 例によってずぶ濡れ喫煙所でございます。こちらも雨が降ると二重ドアの間で吸う人が多い。空港職員もそうやって吸ってる。ホントはダメなんだろうけど、なし崩しにそうなってる。

スポンサードリンク

到着・入国前(制限区域)

 確認しているのはメインコンコースのY字合流部分に1カ所。入国する手前の部分に2カ所。サテライトやミッドフィールドにはないと思う(たぶん)。
 ここを通らないで乗り継ぎの人はとっとと出発側に回ればいいし、入国する人はかならず喫煙所の近くを通る。

乗継カウンターW1付近(メインターミナル行き電車乗り場付近)

DSC01624
 Y字の合流部分。
 乗継カウンターW1の向かい側にあるよ。
 ここは空港の地上で働く人たちのオアシスだから、旅行者はちょっとお邪魔しますぐらいな気持ちで。
 たまにキャセイの地上係員がたばこを吸いながら愚痴を言い合っている姿が見られるよ!

イミグレ近く粥麺屋隣付近

DSC03960
 おそらく入国カウンターを正面に見たら、後ろ向きに歩いて左側にある。
 10~12、23~32ぐらいのゲートに着いた場合は入国手前右側にある。

イミグレ近くPRET A MANGER隣付近
DSC03961
 おそらく入国カウンターを正面に見たら、後ろ向きに歩いて右側にある。
 10~12、23~32ぐらいのゲートに着いた場合は入国手前左側にある。

スポンサードリンク

到着・入国後(非制限区域)

 さぁ、入国したぞ。タバコを吸うぞ!
 とはいえ喫煙所が遠い。

到着フロアの外にある喫煙所
 地味に遠いの。
DSC01625
 到着口でて、右奥の方へ進む。
DSC01626
 停車場1向けの出口から外に出る。
DSC01627
 右に進むと喫煙所。
 ここって昔なくて、勝手に吸う不届き者が多かったんだけど、そのせいか公式喫煙所の昇格。
 ちなみにこのルートはB出口からバス停まで最短ルートで行ける抜け道だったりする。

バスターミナルにある喫煙所
 バスの利用者はこちらの喫煙所が便利。
 私もここをいつも愛用。
DSC01628
 機場快線の乗り場手前で右に曲がり、バスターミナルに向かってスロープを下りきったところで、右へ。
DSC03969
 この写真で言えば、左上からスロープを下って右に曲がり道路を渡って喫煙所。
DSC01629
 この植栽で隠された中が喫煙所。
 たぶん煙でもくもくしてるからすぐ分かるはず。
 ちなみに実はこの2つの喫煙所、フロアが違うとは言え場所はほぼ同じところ。配置バランス悪いよねー。
 もしかしたら別の場所にあるかもしれないので、発見したらご一報を。

 今回のCMB発券は香港でストップオーバー。
 ここから別切りチケットで旅行します。
 同日乗り継ぎの別切りチケット、こりゃ税金返してもらおうぜ!


対象となる人

 12歳以上の旅客でかつ飛機乗客出境税を払っていて(※1)
 ・0時00分から23時59分までに飛行機で到着して出発する人(時刻表の時刻で)
 ・日付をまたいでもイミグレを通過しない人(※2)
 ・マカオや中国本土からフェリーで来て、飛行機で出発する人

 他にも対象者いるかもしれないけど、詳しくは香港政府のホームページ参照。

 ※1:この税金を払ってる人は別々に買ったチケットで香港で同日乗り継ぎをする人か、元々ストップオーバーしているチケットを変更して同日乗り継ぎになった人だけ。元々同日乗り継ぎの通しのチケットの場合はこの税金は払っていない。
 ※2:これって別切りチケットの人は想定されてない予感なので、別切りの場合返還方法が不明。イミグレ内に税金返還カウンターがフェリー降り場にしかなく、フェリー利用者しか使えないので、噂によると郵送での手続きになるとか。たぶん、香港に銀行口座がないとダメとかそんな感じなんじゃないかな。というわけで、そういう人は諦めるしかない。


払い戻し手続場所

 フェリーで来た人は、フェリー乗り場の航空会社チェックインカウンターで、税金返還証明をもらって(普通もらえる)、降りた後専用カウンターで手続きすればOK。詳しくはググれ。

 で、今回は別切りチケットの場合。
 まずはチェックインカウンターのEの通路Dの通路を目指す。最近行ったらDに移転してた。
DSC05553
 ここ。
 Eの通路Dの通路の道路側に手続きカウンターがある。
DSC05552
 飛機乗客出境税って書いてあるね。


スポンサードリンク

払い戻し手続可能時間

 手続可能時間は結構長い。そりゃそうだ。
DSC05554
 5:30~23:30の間。


必要なもの

 必要なものは次の通り
 ・パスポート
 ・到着便の搭乗券
 ・出発便の搭乗券
 ・出発便のeチケット控


 以上のことからわかるとおり、搭乗手続を終わらせてからやることになる。
 この中で特に注意が必要なのは出発便のeチケット控え(を印刷したもの)。これに出国税が徴収されているか否かが記載されているので必ず必要になる。私は香港へ向かう便の出発ラウンジで印刷しているけど、場合によってはトラブルで使えないこともあるので、できるだけ印刷して持っていくのがベター。


手続方法

 必要なものを持ってカウンターに行って「Refund, please」の一言でOK。
 あとは書類作ってくれて、必要なものはコピーしてくれて、最後にサインすれば手続き完了!
DSC05555のコピー
 搭乗券には払い戻し手続済みのはんこが押される。
 あら、とっても簡単。これでHKD120が返ってくる。おおよそ1,800円ぐらいか。とてもうれしい。
 というわけで、とっても簡単なのでみんなもやってみよう!

うっかり作ってしまった話。


時は遡ること9月

 そうです。9月にも香港行ってましたねー。
 そのときに巧佳廣告製作有限公司に行ってきたのです。
DSC07968
 NemoPのお誕生日プレゼントを作るために。
 バカだよねー、俺。相手のニーズも確かめずにね。


巧佳廣告製作有限公司ってなんぞや

 詳しくは過去記事を参照していただきたいんだけど、巧佳廣告製作有限公司とは香港の赤ミニバスの方向幕やら運賃表示板や行先板を作成している会社。
DSC07962
 こいつね。
 本物作ってる会社に、プレートを依頼してみた。
DSC07969
 元々お土産品として売ってる物や展示品を見ると、ネタ的なものが多いので、何をお願いしてもきっと失笑しながら作ってくれると思うよ。


お値段と作成日数

 まぁ、いくらかって話だけど、そんなに安くはない。高くもない。いや、ちょっと高い?でもオリジナルだから仕方ないっしょ。
DSC07971
 30cm×23cmの板でHKD150。15cm×23cmの板でHKD82。今回作ったキーホルダーはHKD90。
 彫刻しても、板に文字を書いた物(手書き)でも値段は一緒。日数は手書きで7日間、彫刻で10日間。色々相談すれば、短くなる可能性もあるけれど旅行中にオーダーして受け取るっていうのはちょっと厳しいかもしれない。


で、送ってもらった

 今回は送料(HKD30)を事前に払って、次の旅行(12月)の時にホテルまで送ってもらうようお願いした。もちろん、受取に行くことも可能。ただし、土日は基本的にやってないのでホテルに送ってもらうのが確実だと思う。
 ホテルが決まってなかったので後日メールでホテルとチェックイン日を伝えた。
 ちなみに、会話もメールも英語OK!
DSC02849
 ホテルで受け取る。
 ちゃんと届くか不安だったけど、届いたー。


できあがったもの

 作ったのはこれ!
DSC02854
 3つ作っちゃったぜ。
 右のキーホルダーを付けてる奴がいたら、それは俺。普段付けてないけど。

 左は作ろうと考えてるときに思い浮かんじゃったんだよねー。
 これつくったら面白いはずって。実際に現物見ると、爆走婆のインパクトがスゴい。
 BKS-BBAには後日プレゼントしたよ。もらったその場でプロフィール画像これに変えてた。


これは自己満足

 さすがにプレゼントこれだけだと完全に自己満足なので、六花亭のお菓子詰め合わせをNemoPが嫌いなレーズンとか、ドライフルーツが入ってないお菓子だけで作って、プレゼントした。レーズンアウト、ドライフルーツアウトだと、マルセイバターサンドがダメってことだからかなり無理ゲーなんだよね。でも、俺の一押しマルセイバターケーキはセーフだから入れておいた。
 喜んでもらえたかどうかは知らん。


NemoPバースデーパーティー

 せっかく作ったキーホルダーは……
 ……って返ってきたので、(もちろん冗談だと思うけど)

 どこに食べに行ったとか、そんなメニューだったかとか、どんな会だったかとか
 書きません!
 そのうちNemoPが書くでしょう。きっと。来年の冬ぐらいに。

 基本、貧乏人なもんでね。あんまり高いところには泊まれんとですよ。
 でもね、岩手に転勤になってから、手持ちの資金に余裕が出てきたもんでね、高いところに泊まっちゃう。
 ……って言っても島シャンじゃなくて九龍シャンあたりなのが、私の限界。


アクセスは尖沙咀駅からすぐ!

 アクセスは尖沙咀駅の出口からすぐ。でも、その出口が遠いけど。
DSC00946
 そして、建物がそもそもかなり古いけどな。
 これっていつ建ったんだろう。たぶん建ったときには英国植民地だったり、九龍城があったり、テレサテンが大活躍してたり、そんな時代なんじゃなかろうか。
 Wikipedia先生(英語版)に聞いてみたところ1981年オープン!やべー俺と同年代。


チェックイン

 さぁ、勇気を出して入ろう。
DSC00948
 ロビーもなかなか豪華ねー。
DSC00950
 エレベーターに絨毯は曜日が書いてある。今日は月曜日!


部屋

 基本的には安い部屋しか泊まらんのですよ。
 まぁ、価格差が僅差だと上のクラスに予約の上、更に上の部屋へのアップグレード狙ったりするけど。
DSC00924
 社長ごっこができるデスクがあった。ちなみにこれ、パソコン使ってると後ろの光が反射してめっちゃ見にくい。
DSC00925
 リラックスできるイスとベット。まあ、標準的やね。
DSC00927
 ウェルカムアメニティー(JADE特典)も設置済み。ビールは青島だった。
 ちゃんとしてるシャングリラだと、ビールが氷に入って届くけど、チェックイン時間にあわせて設置されてるので、遅れると水の中に入ってることがある。
DSC00959
 サイドデスクにはスマホがあった。最近スマホ設置ホテル多くなってきたよね。
 しかもAELの割引チケット予約できたり。日本でも設置されてるところあるよねぇ。
 部屋が広いので快適快適。


バスルーム

 今回泊まった部屋はシャワーブースとバスタブ両方あった。
DSC00928
 おトイレ。ウォシュレットはないよ。
 あとデブなので、トイレットペーパーがこの位置だと取りづらいんだよね。
DSC00929
 バスタブ。
DSC00930
 アメニティはシャングリラ独自の物でございました。


ティーサービスがあるよ

 部屋に入ってしばらくすると、ピンポーン!
DSC00939
 何やら届く。
DSC00941
 お茶セットが到着~。
 これはうれしいね。ほっと一息。
 いやーこんなサービスあるホテル、香港で初めて泊まったわ。


窓からの眺め

 今回泊まった部屋は海も見える。街も見える。
 ハーバービューではないけれど。デラックスサイドハーバービューになるのかな?
DSC00956
 一応、海が見える。
DSC00957
 基本的には街ビュー。
DSC00961
 夜景はこんな感じ。ちなみに隣のビルのオフィスが丸見え。


朝食

 さて、朝食。
 いつもJENのしょぼい朝食だったから楽しみだ。
DSC00979
 いやー、色々あるね。
DSC00978
 あんまり写真撮ってないけど、がっつり色々ありますです。
DSC00980
 フローズンヨーグルトマシーンがあった。いいねー、これ。パッションフルーツ大好き。

 何も言わずとも日本語の新聞を渡され、どこで日本人とバレたのか不思議。
 欠点は、仕方がないんだけど狭いことか。色々と狭い。


まとめ

 高いから、いいホテルだよー。
 俺はそんなに頻繁に泊まれないよー。

 ちょっと銅鑼灣で人と待ち合わせ。
 ただ、時間が中途半端に余った。まぁ、これから飯食べるんだけど、先にデザート食べちゃえ。


いつも「滿記甜品」を食べるのは良くない

 デザートはだいたいいつも滿記甜品でマンゴーパンケーキが食べたくなって食べてしまう。
 だが、今日は新規開拓をしなければならない。だって、いつもいつも同じところで食べてたらブログの記事も一緒になっちゃうでしょ。

 というわけで、今回銅鑼灣にいるのでこの近辺の甜品でOpenRiceを検索、検索~。


地元民に有名な聰嫂星級甜品へ

 OpenRiceでそこそこ点数が良かった聰嫂星級甜品へ。
 銅鑼灣の他にも灣仔や將軍澳にも合計5軒の支店がある模様
DSC00912
 なんか上の看板がでかいけど、違う店の看板だ。
 まだ早い時間のせいかそれほど混んでなかった。


メニュー

 さぁ、何を食べよう。もちろんマンゴーだ。
DSC00910
 一通り香港デザートはありますな。
 マンゴーパンケーキ(芒果班戟)もあったけど、ここはイチオシっぽい芒果奶昔雙皮奶(マンゴーミルクプリン)を食べよう。39HKD。まぁ、それなりな値段するけどね。日本の物価が安すぎるんだと思う。


マンゴーミルクプリンはなかなかのうまさ

 それほど時間もかからずに登場。
DSC00908
 マンゴー、シャーベット状のミルクセーキ、ミルクプリンの三層構造。
 あー、これは初めて食べる感じ。うまーい。
 まぁ、生のマンゴーは香港では出てこない気がするのでたぶん冷凍物だと思うんだけど、この組み合わせは甘すぎず、うまい。おぢさんちょっと気に入ったぞ。


関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 聰嫂星級甜品 Cong Sao Star Dessert

 あまりにも泊まりすぎて、もう全く感動がない(最初からないけど)。
 香港に来るときはほぼここに泊まる。あまり高くなければ。


香港のShangri-la系列序列とアクセス

 香港のShangri-la系列と言えば「島シャン>九龍シャン>ケリー>ジェン」という格になっているはず。まぁ、たまに九龍シャンとケリーの順序が変わることがあるけれど。Shangri-la系列で一番安いホテルなので、Shangri-la修行している身にはありがたい。
 ちなみに駅への近さで言えば、場所はともかくとして、「ジェン>九龍シャン>島シャン>ケリー」かな。ケリーは極めて駅からは不便。それくらいジェンは駅から近いのが良い。
 ジェンのアクセスは港島線の香港大学駅出口からすぐ(まぁ、駅の出口まで距離あるけど)。バスで言えば空港からA10系統が直通。歩く距離はたぶんバスの方が短いし、安い。時間は乗り換え時間とか考えるとそれほど変わらないと思うけど、バスは本数が少ないのが難点。


本日のお部屋

 というわけで本日のお部屋。
DSC00892
 まぁ、このホテルほとんど同じ設備の部屋しかないけど、実は微妙に違いがある。ハーバービューかシティービュー(という名の団地ビュー)、出窓の有無(出窓があるとソファーがある)、バスタブの有無など。今回はシティービューのバスタブあり。
DSC00891
 バスタブがあるのも出窓がある部屋かシティービューだけなんじゃないかなー。よくわからん。
 まぁ、あんまりバスタブに浸からない派なので、どっちでも良かったりする。


シャトルバスが結構出てる

 一時期に比べて、シャトルバスがかなり出るようになった気がする。
DSC00917
 写真がちょっと不鮮明でご容赦。
 いや結構不鮮明だな。

 シャトルバス時刻表(2017/9現在)
 平日
 AEL香港駅行き
 7:30 7:50 8:10 11:00 12:00 13:30 14:30 15:30 16:30 17:30 18:30 19:30
 Central Plaza(灣仔)、Li Po Chun Chambers(上環)行き
 8:10 
 ピークトラム駅行き
 11:00 16:30
 香港海洋公園行き(月・水・金のみ)
 9:10
 香港ディズニーランド行き(火・木のみ)
 9:10
 AEL香港駅→ホテルジェン
 7:40 8:00 8:50 11:10 12:10 13:40 14:40 15:40 16:40 17:40 18:40 19:40

 土休日
 AEL香港駅行き
 9:00 9:40 10:20 11:00 12:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 
 ピークトラム駅行き
 11:00 16:00
 AEL香港駅→ホテルジェン
 9:10 9:50 10:30 11:10 12:10 14:10 15:10 16:10 17:10 18:10

 ですってよ。AEL香港駅の乗り場はよく分からんけど、チェックインカウンターとかがある、タクシー降車場の当たりだと思われる。


というわけで

 どっちかと言えばシャトルバスの時刻表防備録でございました。
 まぁ、AELで来て、中環駅まで歩いて港島線に乗るか、バスに乗るかは微妙な部分があるよねー。

 いつも牛バラ麺といえば、九記牛腩に行っているので、たまには違うところを開拓しよう。
 というわけで、香港魂さんのブログで紹介されていたお店に行く。


新規開拓九龍城

 九龍城で食事をするのは初めて。
 何回か、九龍城跡地の見学に行ったことがあったけど、食事時ではなかった。
 ホテルに荷物を置いたら、バスでGO!香港はバスが便利。大抵の所に直通で行けることが多いよね。
DSC00896
 やってきたのは坤記牛腩。
 どっかの誰かが金に目をくらんで和牛の精子を中国に流しした結果、中国で販売されている和牛交雑種の肉を使っているお店。とりあえず、肉にこだわっていそうだ。


メニュー

 メニューはこちら。
DSC00903
 メニューはこんな感じ。九記とほぼ同じ感じかな。
DSC00904
 他にも飯とか色々あるみたい。ご飯で食べてみるのもいいね~。
DSC00898
 注文は「上湯牛腩伊麺」と「秘制咖哩汁」にする。
 こういうお店でメジャーな頼み方なのかどうかは知らないけれど、普通のスープとカレースープの両方を食べたいときにオススメな方法。ただ、店のねーちゃんにホントにカレースープでいいのかって聞かれた。やっぱ変な頼み方なのかな。

着丼!

 それほど待たずに着丼。
DSC00900
 カレースープは、なんかカレーっぽい。
 なんかダメじゃないけど、なんか違う。まぁ、香港カレーのイメージと違うだけなんだけどね。妙にとろみがあるので香港にしては珍しい気がする。とは言っても、やっぱり香港のカレー。結構スパイシー。汗だくだく。
DSC00901
 牛バラ麺は肉がほろほろとろける感じ。柔らかく煮込まれているね。
 ただ、ちょっとスープが塩味が足りない感じがした。
 うーん。ちょっと中途半端な時間に行ったから若干いまいちだったのかな。
 これはもう一度行ってみて判定することにしよう。


関連ホームページ

 香港魂:日本の血が入ってる~坤記牛腩
 Open Rice 香港開飯喇 坤記牛腩

↑このページのトップヘ