FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:タイ > タイ_食べ物記録

 さぁ、夜ご飯を食べよう。
 シャングリラがある、サパーンタークシン駅周辺はなかなかいい店がそろってるぞ。
 というわけで今回はタイ料理っていうか、中華料理っていうか……まぁ、タイ風中華料理っていう感じのお店へ。まぁ、天津飯が本場の中国でないのと同じようなものよ。


駅から少し歩く

 サパーンタークシンの駅から若干歩く。
 横道のお店が建ち並んでいたのがなくなって少し寂しくなるあたり、そんなところにある。
DSC05096
 こちらが本店。駅から歩いて右に曲がってすぐに見えるのはこっち。ただ、座席が少なく基本的には入れないって思った方が吉。
DSC05095
 その向かいのTHE GRAND SATHORNの1階に入っているのが支店。こちらはかなり座席の数が多い。
 本店と支店で別々に調理しているわけではなく、(おそらくほぼ)本店で調理しているので味は一緒。店員が料理をお盆に載せて行ったり来たりしている。
 というわけで支店に入店。
 このお店、ミシュランガイドのビブグルマンに紹介されたらしいよ。


メニュー

 こちらのメニュー。
DSC05097
 結構色々種類がある。料理の系統としては広東系か。
 大人数でシェアして食べると面白そう。料理はほぼいろいろなサイズがあるので、その日の人数などによって増減できるよ。写真と英語付のメニューなので注文しやすい。
 今回は卵入りのラートナー(THB85)とエビワンタン麺(THB130)をチョイス。

スポンサードリンク

着丼

 しばし待つと着丼。
DSC05098
 こちらが卵入りラートナー。ラートナーとは簡単に言えばあんかけ麺。片栗粉でとろみを付けてる。
DSC05101
 写真ではわかりにくいかもしれないけど、米粉で作った太麺。
 キノコもごろごろ入っていて、これはうまいぞ!ベースが中華なんだけど、これが卵が入っているせいか優しい味。お肉ゴロゴロ、きのこゴロゴロでマズいわけないぞ。これはうまいなー。
DSC05102
 エビワンタン麺というか、ダックもポークものっかった麺。
 エビワンタンは黄色いのがそれ。こちらのワンタンは香港で食べるようなワンタンとは違う。いやかなり違う。
 こちらは……うーん、ラートナーのインパクトがでかかったせいか、フツーのお味。まぁ、マズいわけではない。

 とにかくラートナーが最高にうまかった。これはまたシャングリラに泊まった時に行くかもなぁ。
 このお店、セントラルワールドにもあるみたい。


帰り道のマック

 さて、帰り道。
DSC05103
 マックがKaprao Riceやってた。
 日本のマックでも昔カレーライスとかやってたよね。あとチャーハンとか。
 知ってる人はもうかなりのおっさん確定wwwww

 さて、夕方になってお出かけに出発。
 とりあえず、機内食以降何も食べておらず小腹が空いたので、以前も紹介したホテルそばの粥屋さんでお粥(ジョーク)を食べる。
DSC04125
 ただの屋台に毛が生えたような店。入るのが勇気いるかもしれないけれど、外国人慣れしているので、そんなにビビる必要は無い。英語すらほとんど通じないけれど、卵の有無をジェスチャーで聞かれるので、なしにしておいた。
DSC04124
 お肉ごろごろのお粥、タマダーTHB40。
 色々な内蔵やら肉団子やらが入ったお粥なんだけど、とても優しいお味。軽くおなかを満たしたいときに最適。

 開店直後(早朝か夕方)に行った方が焦げまくったりしていないお粥なのでよりおいしいのが食べられるよ。
DSC04123
 メニューが何書いてあるかさっぱりわからないけれど、普通の粥(タマダー)がTHB40、卵入り(サイカイ)がTHB45、ピータン入り(サイカイイアオマー)THB50と思われる。ちなみに卵とピータンはWにできて、その場合+THB5。


○関連ホームページ

 バンコクナビ~ジョークプリンス


○注文と会計の仕方

 カウンターで注文
  ↓
 着席
  ↓
 物が来るので金を払う
  ↓
 ウマー

 次のフライトがGoogle Nowによると1時間ちょっと遅延する模様。
 空港ホームページでも遅延と表示。でも運航会社のホームページではオンタイムになってるぞ!

 とりあえずGoogle Nowを信用することにする。
 ということで、お昼ご飯を食べる時間ができた。

 色々考えた結果、電車で行けるカオマンガイ屋さんに行くことにする。
 BTSサパーンクワーイ駅から徒歩2分程度。ホントにすぐの場所にある。
DSC04029
 吊られたチキンが目印。
DSC04026
 こんなお店。地元感炸裂だわー。
DSC04027
 メニューはこれ!さっぱりわからないよー。
 というわけでバンコクナビのホームページの写真を見せて、これとこれ!って注文する。
DSC04023
 というわけで、どーんと2皿。普通のカオマンガイと揚げた鶏肉のカオマンガイトーを注文。2つで80THB。安いねー。一皿120円(当時)!
DSC04024
 まずは通常のカオマンガイから。この全くパサパサ感がない鶏肉が素晴らしい!
 ごはんにもしっかりとスープが炊き込まれていて、タイ米特有のパサパサ感なし!これだったらいくらでも食べられちゃうね。
DSC04025
 こちらは予想通りの味に見せかけて、一緒に付いてくるタレがかなり甘めでちょっとビックリする。
 ご飯との一体感ということであればカオマンガイの方がいいと思うけど、こちらは歯ごたえがあって、これはこれでおいしい。

 そして一緒に出てくるスープは若干しょっぱいかな。でも鶏肉のダシが出まくったスープなので奥行きがある感じ。

 シンガポールのチキンライスに比べたら、まったく洗練されてないんだけど、それがいい。安いしね。
 ピンクのカオマンガイ屋に比べると……あっちは夜遅くまでやっているけど、こっちは早めに閉まる。けど、駅に近いのは便利。ピンクのカオマンガイ屋は電車の駅からはちょっとあるからねぇ。味もこっちの方が個人的には好き。



○関連ホームページ

 モンコン・ワッタナー(バンコクナビ)

 今回の旅はさすがに疲れたよ。まだまだ続くけど。

 今夜の食事は「プーパッポンカリー」。カニのカレー炒めと呼ばれるもの。

 サイアムから1駅。BTSのNational Stadium駅から徒歩……と言ってもちょっと歩く。10分強ぐらい。
 いくつか支店があるみたいなので、詳しくは公式ホームページを参照して欲しい。
DSC08330
 カニのマークが目印。
DSC08331
 これが、プーパッポンカリー。殻があるとめんどくさいので殻をむいた状態のものを注文。
 ホームページによれば「カニのカレー炒め」って訳になってるけど、これは炒めなのか?
 とろみがある感じなのは卵っぽい。
 おいしいんだけど、余り食べたことがない味だなぁ。ただ、中毒性がある気がする。
DSC08332
DSC08333
DSC08335
DSC08336
 基本的には中華のお店なので、当然メニューも中華系。
 異常に牡蠣が入ったオムレツ?がなかなかおいしかった。


○関連ホームページ

 公式ホームページ(日本語を選ぶと中国語サイトに飛び、中文を選ぶと日本語サイトに飛ぶので注意)
 ソンブーン・レストラン バンタットン本店(バンコクナビ)

 カオマンガイ(チキンライス海南鶏飯)が食べたい。

 というわけで有名な店に行ってみる。

 BTSのチットロム駅から歩いて1kmぐらい。暑いのでちょっとしんどい。

 やってきたのは通称ピンクのカオマンガイの店。
 なぜピンクかというと店員が全員ピンクのポロシャツ着てるから。
 渋谷にも支店がオープンしてたと思うけど、やっぱり現地で食べないとね。
DSC08176
 店員みんな黄色のポロシャツだった……。
 なんだかわっしょいわっしょいしてる。
DSC08177
DSC08178
DSC08179
DSC08180
DSC08181
 というわけで、だだだっと載せてしまったけど、食べたときの記録がない。
 ただ写真付きメニューがあって、簡単な英語は通じるのでそれで注文したはず。

 サイドメニューもおいしかったけど、カオマンガイもおいしかったよ。
 でも、シンガポールの方がやっぱり洗練されてる感があるよねー。


○関連ホームページ

 ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(バンコクナビ)



 さて、サイアムで食事が終わり、次はデザート。
 マンゴー好きとしてはやっぱりMango Tangoに行ってしまいます。
 場所が移転してちょっとBTSの駅に近くなった?ただコンテナハウスみたいな店舗になった。
DSC08150
 なんか金ないの?っていうかキャラがキモい。
DSC08151
 メニューは日本語完備。
DSC08152
 オーソドックスなMango Tango 140THB。
 高いお店なので、それなりの値段します。

 でも、マンゴーとアイスとプリンセットでこの値段はお得かな。
 普通においしいマンゴーです。日本で食べたらいくらするんだか。



○関連ホームページ

 バンコクナビ~マンゴタンゴ

 公式ホームページ

 さて、久しぶりの再会を果たした荷物を持ってバンコク市内へ。
 友人がバンコクに来ているので、友人のホテルに荷物を持って行ってしまって部屋に預ける。

 そして夕食。
 特に食べたいものないなー、マンゴーは食べたいけど。っていうようなバンコク好きに聞かれたら怒られそうなことを思ってしまったので、ここは王道通りタイスキを食べに行くことにする。タイスキと言えばMK。それの高級版であるMK Goldに行く。複数店舗あるけど、一番便利なサイアム(SIAM)のParagon地下にあるお店へ。
 多少並んでいてが、それほど時間かからずに入れた。
DSC08144
 入ると鍋がセットされる。
DSC08145
DSC08146
DSC08147
 具材を適当に注文。単品よりもセットものを頼むとちょっと安い気がする。
 メニューを写真撮るの忘れたが、一応日本語もあった。
DSC08148
 あとは煮込む!
 煮えたら独特なタレで食べる。

 うーん。素材の味とか出汁とかあんまり関係なくてタレで食べさせる感じかなぁ。
 おいしいけど、また食べたいか……と言われると微妙。



○関連ホームページ

 MKゴールドサイアムパラゴン店(CooL Bangkok)


 バンコクのスワンナプーム空港には職員向けのフードコートがある。
 場所は一階。外に向かって左方向に進んでいけば突き当たりにある。
DSC05075
 実は右方向に進んで外に出てさらに進むともう一軒、このフードコートよりも安い職員向け食堂があるのだけど、全てタイ語しか書いて無くて、注文も口頭で言わないといけない(でも、このフードコートよりさらに安い)ので断念する。
DSC05074
 色々な種類のお店がある。特に、コレ食べたい!っていうのもなかったので、一番並んでたこのお店にしよう。
DSC05072
DSC05073
 カウンターでは当然日本語も英語も使えないので、メニュー指さしか、ナンバーを英語で伝えればOK。
DSC05071
 豚のと内蔵ゴロゴロスープが50THB。ご飯が10THB。
 これがとてもおいしかった。醤油っぽいスープでなかなかタイっぽくない味のスープだった。


○注文と会計の仕方(バンコクの一般的なフードコートと同じ)

 入口脇のカウンターで現金をクーポンに交換(100THB単位)
 ※払い戻しできる
  ↓
 気に入った店に行って注文
  ↓
 食べ物ができるのを待つ
  ↓
 食べ物と交換でクーポン支払い(場合によっては先に支払い)
  ↓
 空いてる席に着席
  ↓
 ウマー
  ↓
 食べ終わったら食器は放置でOK!
  ↓
 余ったクーポンを最初のカウンターで現金に戻す

 やっぱりマンゴーが食べたいので、Mango Tangoに行ってしまったんです。
DSC05063
※移転前の旧店舗の写真です。
DSC05064
 マンゴー熱はすっかり落ち着いたわけですが、そもそも夕食を食べてない!
 ということで、日本では沖縄にしか無い、あのファーストフードに行くわけです。
DSC05066
 そう、エンダー(A&W)。
 やっぱりRootbeer熱も下げとかないとね。
DSC05067
 モッツァバーガーとカーリーフライとルートビアで139THB。
 バンコクにしてはそこそこいいお値段。でも、日本で食べるよりちょっとだけ安いかな。

 味は同じ!ルートビアは氷無しで来たのに驚いた。

 さて、チャオプラヤーエクスプレスでサパーンタクシンへ戻る。
 小腹が空いたのでおかゆを食べよう!

 というわけで前回バンコク来たときにも行った、ジョークプリンスへ。
 お昼休みが終わって夕方の営業開始直後に入る。
DSC05059
 ビルとビルの間に屋根を付けた感じの場所に店があります。
DSC03996
 これが前回のジョーク(粥)。
DSC05060
 これが今回のジョーク。全然違う!
 前回はちょっと焦げてる感が出てたけど、今回のはもっとうまーい。
 やっぱりオープン直後は違うね。

 このお肉ごろごろ粥っていうのは、日本ではあまりないけど、おいしいよね。




○関連ホームページ

 バンコクナビ~ジョークプリンス


○注文と会計の仕方

 たしか
 カウンターで注文
  ↓
 着席
  ↓
 物が来るので金を払う
  ↓
 ウマー

↑このページのトップヘ