FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ: ワンワールド系

 さて、帰るよ。台北経由で。


空港では相変わらずチケットチェック

 年末年始のお休みもおしまい。
IMG_20200105_065105のコピー
 相変わらずのチケットチェック。
 これなんか意味あるのかね。本気で空港内で抗議活動しようとするならダミーの予約すると思うんだけど。
IMG_20200105_065958
 Fカウンターは相変わらず待ち時間なしで快適。


Wingファーストクラスラウンジ

 さて、今日のゲートは近いのでWingへ。
IMG_20200105_070915
 今日のご飯メニュー。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071307341_COVER
 とりあえず、朝からシャンパン飲んでー。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071919641_COVER
 卵食べてー
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071924521_COVER
 担々麺でフィニッシュ。
IMG_20200105_080150
 ちょっとキャセイディライトの秘密を見てしまった。

スポンサードリンク

搭乗

 ゲートは3番!ウィング前!
 搭乗し始めたのを見てから移動。
IMG_20200105_082801
 さぁ、名古屋行くよー!
IMG_20200105_082837
 ……ウソです。私は台北で降ります。
IMG_20200105_082933
 今日の機材はA330。この位置からほとんど見えないけれど。
IMG_20200105_083147
 この座席を見るたびに、あぁキャセイだなって思う。
IMG_20200105_085841
 CAさんから挨拶あった。
 香港出発時点では空席が結構あった。これらは台北で入れ替わったら満席になるのかな。日本人の年末年始旅行シフトなのか、CAさんも日本語ができる人多数。……っていうか見覚えがある日本人CAが何人か乗ってたよ。


機内食

 さて、離陸して機内食。
 飛行時間は1時間強しかないので、とにかく配りまくる。
IMG_20200105_094445
 久々の紙袋に当たった。
IMG_20200105_094513
 中身はこんな感じね。選択権はない。
IMG_20200105_094609
 中身はコレなんだけど……まぁ、あんまりおいしくないよねぇ。
 台北搭載のご飯がいいなぁ。


到着~入国~秘密の通路でT2へ

 あっという間のフライト。
IMG_20200105_105041
 到着~。
 香港は豚コレラ汚染地域なので、入国前に検疫でめっちゃ荷物をチェックされた。全てを開けてのチェック。厳しいな。預け荷物に入ってたらチェックできないと思うんだけどそれはいいのかしら?それともそっちは犬がふんふんしてるから大丈夫なのかしら。
IMG_20200105_111206
 短い路線なので、そんなに早着することってあんまりないはずなのに、早着!
 今日は一度入国したけど、そのまま乗継!
IMG_20200105_112752
 別に桃園捷運乗っても悠遊カード持ってれば無料のはずだけど、なにやら怪しい通路を通ってターミナル連絡電車に乗って、T2に移動してみる。
IMG_20200105_113013
 このターミナル連絡電車に乗ったのって初めてかもしれない。
 さぁ、日本に帰るぞー!


スポンサードリンク

 乗り慣れた路線で。


パワー台北その2

 さて、TKで着いて、台北に1泊。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102210001215_COVER
 ラーメン蔦で食べてみる。
 蔦ってこんな味だったっけ?うーん。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102215154642_COVER
 ディンと来た!
 いつものお味、安定。
IMG_20200103_084210
 朝!龍山寺から読経が聞こえる。


チェックイン

 さて、乗りますかね。
 今回はアジアマイル最終在庫処分でTPE-HKGの往復。
 今回であれだけお世話になったCXと縁が切れちゃう。まぁ、結果的にいい時期に離脱したかな。
IMG_20200103_102801
 台北のFカウンターでチェックインするのもたぶん最後。

スポンサードリンク

キャセイラウンジ

 さて、さてさて。
IMG_20200103_105737
 いつものキャセイラウンジ。
IMG_20200103_105931
 お食事コーナー。
IMG_20200103_105945
 この日のメニューはコレだった。
IMG_20200103_111135
 ワンタン麺とチャーシューまんとチキンライスを食べる。チキンライスちっちぇー!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200103113120143_COVER
 パイナップルケーキも食べちゃう。


搭乗

 いや、もう何回乗ってるんだって感じの路線で、書くこともあんまりないんだけど。
IMG_20200103_115817
 ソウルからやってくる台北経由のCX421に台北から搭乗。
IMG_20200103_141607
 乗ってから気づいたけど機材はA359だね。
IMG_20200103_121818
 さぁ、出発。
IMG_20200103_125505
 前寄りに席を取っていたのでそこそこ混んでた。
 とはいえ、私の隣は空席。ラッキー!


機内食

 フライト時間は1時間半。
 でも、ちゃんと機内食が出る。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200103125921828_COVER
 チキンひき肉ご飯。
 量は少しだけだけど、結構おいしいよね。
 台北搭載の機内食はおいしい。キャセイの場合、シビアに機内食の価格で搭載地をどこにするか考えているような節があるので。きっと香港で搭載するより、台北で搭載した方が安いんだろうね。これが日本線になると、往復とも香港搭載になったりする(日本でナイトステイしてから出発する便を除く)

スポンサードリンク

到着

 香港到着前に時間調整で一周回ってからアプローチ。
IMG_20200103_135737
 新界だねぇ。
 これ、たぶんA席取っていたら「あぁ、香港!」って感じでヴィクトリアハーバーを見られるルート。
IMG_20200103_140317
 無事に着陸。
IMG_20200103_141905
 やっぱりたぬっとしてるよねー。
 いやー久しぶりの香港じゃ!


スポンサードリンク

 なんか暗い気分になる香港を抜け出して台湾に行くっぺよ。
 席だけビジネスならず。


バスで空港へ

 おっはー。
DSC06805
 泊まり慣れたホテルジェンをチェックアウトしてバス停までとことこ歩く。
 バス停までちょっと遠いんだよね。いや、近いところにバス停あるけどそちらはA10しか停まらないけど、759阿信屋の前まで行けばA10とA12の両方使えるからそっちまで歩く。
DSC06806
 どちらも遠くからやってくるから、発車時間が読めないのが難点。
DSC06807
 2階最前列ゲット。


チェックイン

 さて、空港。
DSC06808
 入るのにパスポートと予約を確認される。
 予約はアプリの画面でOK。
DSC06810
 予約なしで来ちゃった人は追い返されるんだけど、本来ターミナルの中を歩かないと帰りの交通機関に乗ることができないので、T1-T2-バスターミナルの無料シャトルバスに乗って移動することになる。
DSC06811
 エメラルドなのでここでチェックイン。
 気づいたらドラゴンもキャセイと同じカウンターで手続に変わった。
 地上はキャセイで統一されたのかな。

スポンサードリンク

ラウンジ

 さてさて、ラウンジ。
DSC06813
 ゲートは33なので、ピアFに行くことにした。
DSC06814
 今日のメニュー。
DSC06815
 とりあえず午前中からシャンパン飲むっぺ。
DSC06816
 とりあえず中華朝ご飯セット。
DSC06818
 ハンバーガーも食べちゃう。


搭乗

 さて、搭乗。
DSC06820
 33番ゲートより。喫煙所が近くていいね。
DSC06821
 KAおなじみのA330。
 ゲートではピンポンせず、普通にエコ席へ。
 高雄便名物の上級会員席だけビジネスにもならず。
DSC06822
 はいはい。いつものおなじみの座席ですよー。
DSC06825
 ちなみにこの写真搭乗終了後のもの。
 ホントに後ろの方誰もいなかった。マジかよ。ガラガラ。前側もそこまでみっちり座ってない。
 搭乗率どれくらいなんだ。香港のデモの影響半端ねーな。
DSC06828
 というわけで、ひょいっと離陸。


機内食

 さて、ドラゴン機内食。
 キャセイより子会社の方が機内食が充実してるというね。
DSC06831
 今回は、あんかけ炒飯。後からとってつけたかのようにエビが載ったもの。
 まぁ、短距離なのでこれで充分。だって、飛行時間は1時間とちょっとだし。

スポンサードリンク

着陸

 あっという間に高雄上空。
DSC06832
 相変わらず、港は大盛況。
 さすが世界有数の港だよね。
DSC06834
 着陸~。
DSC06835
 轉機(転機)と過境、TransferとTransit、何が違うんだろうか。
 同じ飛行機の経由便か乗継かってことなのかな?


高雄を素通りして台南へ

 この間もいったんだけど台南が好きだ。なので、また台南行っちゃう。
DSC06836
 駅前に出るまでが駅前広場工事中で遠くなった。
DSC06837
 どれくらい遠いかというと路線バスに乗るためのバスがあるくらい。
DSC06842
 おおー。
 高雄駅前は完成するとこんな感じになるのか。
DSC06843
 さて、画像はないけど台鐵アプリを使って初めてQRコードで乗ってみる。
 自動改札機の反応はちょっと遅い。うーん。新幹線とかだったら許容レベルかなぁ。たぶん大変混雑した改札口だと詰まるからJRの都市圏在来線に導入するには難しいかもね。
DSC06845
 というわけで、爆速普悠瑪に乗って台南に到着。
 なんか台湾についてホッとした。香港はなんだかんだいって街の空気がぴりついていた気がする。


スポンサードリンク

 夏休み!
 今年はまとめて夏休み取れなかったから、ベタなところに行くよ。


2年ぶりの成田T2出発

 ワンワールドステータスホルダーあるまじきことだけど、成田のT2から出発するのは2017年9月以来。
DSC06581
 うそー!そんな経っちゃった?
 自分で自分にビックリなんだけど。
 T2到着はあれど、T2出発はなくて、この間T1出発が多かった。
DSC06583
 ファストトラックを通って手荷物検査。
 手荷物検査の位置も変わったね。


2年ぶりのJALのFラウンジ

 そんなこんなで2年ぶりに成田のJALファーストクラスラウンジに入る。
DSC06584
 いつの間にか改装されていて、この時は上の階だけオープンしてた。
DSC06585
 というわけで、上の階へ。
DSC06586
 入りまーす。
DSC06587
 なんか全体的に明るくなったね。
 そして、鮨職人の愛想が良くなってた。
DSC06588
 この時のメニューはこちら。
DSC06590
 まぁまぁ。まぁ、中トロだし。一応。
DSC06591
 ワインはこんな感じのが冷えておりました。
DSC06592
 自分で取る食べ物はかなり縮小。
DSC06596
 とりあえずヌードルコーナーで和朝食を発注。
DSC06594
 うーん。
 うーん、うーん。
 なんだろうね。なんか器が安っぽいというかなんというか(高いのかもしれないけど、銀色感がアレ)。
 量としてはこちらの方が多いんだけど、CXの羽田のラウンジの和朝食の方が食べた満足度は高い気がする。
DSC06595
 色々プレートコーナーでデザートのフレンチトースト発注。
DSC06598
 卵液が中心までしみこんでいないのと、あっちっち状態じゃないのでバターが溶けない件。
 食べ物に関して言えば羽田のCXラウンジが圧勝。
DSC06599
 比較的落ち着けそうなコーナーに移動して一息。
 改装中だったので、喰わせラウンジコーナー比率が高すぎて、全く落ち着けなかった。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗ゲートへ。
DSC06600
 なにやら工事中感が半端ない74番ゲートから。
DSC06601
 機体が見えてきた。
 やっぱり777はデカいな。
DSC06602
 ゲートに着いたらファイナルコール。
DSC06603
 おせわになりまーす。
 今日の機体は元エミレーツ出身でキャセイに流れてきた機体。


離陸

 さてさて。
DSC06605
 イスはこちら。
 なんかペラペラ感が否めないこのイス。
 あれ?成田線でも枕がデフォになったんだっけ?
DSC06606
 なんか狭いんだよね、このイス。
DSC06609
 OWエメラルドの私にもエビアンの支給があった。
 まぁ、空いてるから俺にも回ってきたのかな。
 けっこうな空きっぷりで、搭乗率は3割ぐらいかなぁ。
DSC06612
 離陸~。
DSC06613
 エンジンにカバーつけたバニラさんがいた!
 まさかこの後ANAとして飛ぶとは思わなかったよねぇ。
DSC06615
 NEX同士が行き違いしているのが見えたぜ!


機内食

 さて、とりあえずエンタメいじる。
DSC06611
 すごい!日本語がないクレヨンしんちゃん!
 クレヨンしんちゃんってこんな映画だったっけ?
 さてさて、配給。
DSC06619
 相変わらずの炭水化物攻勢ではあるけれど、そばがなくなった。
DSC06622
 やきそばというかそんな感じなものだからそうなったのかな。
 以前に比べて量が減ったよねぇ。
DSC06624
 このキャセイのシートは上のドリンク&小物置き場がテーブルとは別に出てくるので便利。
 まぁ食べましたよっと。

スポンサードリンク

着陸~

 食事の後はエコフラットして寝てたら、そろそろ着陸の時間。
DSC06625
 お乗り継ぎチェーック!
 香港経由で北米に行く人いるのね。
DSC06626
 特に変なところに行く人はいなかった。
DSC06628
 いやー久しぶりのこの風景。
DSC06629
 着陸してスポットイン。
 なんかいいね。キャセイって。


スポンサードリンク

 さて、今回の旅もこれでおしまい。


台北では烏来に行ってた

 もう台北でしたいこともあんまりないので、烏来に行ってた。
DSC04321
 新店駅からバスに揺られて到着。
DSC04331
 元々、木材運搬用軌道を観光向けに作り直したもの。
 観光化後に複線化されて今でも走っている。
 一人だったおかげで助手席ゲット!後ろのカップル前面展望動画撮ろうとしてたけど、最後に俺が入って邪魔になってごめんよー。
 意外と楽しかった。


Avios航空券でトラブル

 今回の最後のチケットはAviosで発券したTPE-NRTのCチケット。元々、TPE-NRTでCX522という瞬間風速的に存在した便を取っていたんだけど、ゴールデンウィークの時には消滅。
 自動的にCX450に振り返られたんだけど、「CX522がキャンセルになったから電話くれ」というメールと「CX450で文句ないならそのまま空港に行け」というメールが時間差で届いたので、後から来た「そのまま空港に行け」を信じてて、前日Webチェックインしようとしたらできない。調べてみると、予約は入ってるけど発券されてないと。結果BAの日本オフィスはゴールデンウィークでお休みなので、ロンドンに電話する。おれのつたない英語でもなんとかなった。やっぱ電話って難しいよねぇ。言葉って表情とか読み取りながら伝わるっていうのがよくわかる。まぁ、岩手でも対面だと何言ってるかわかるけど、電話だと(訛りで)何言ってるかわかんねーみたいなことあったし。
 というわけで、当日カウンターでもめずに済んでよかったよかった。とりあえず、こういう時はちょっとでも違和感あったら電話で解決しておいた方がいいね。

スポンサードリンク

というわけでキャセイのラウンジ

 というわけで、やってきましたキャセイのラウンジ。
DSC04361
 空港行きのバスに乗ってきたので、イレギュラー時に備え余裕を持ってきたらかなり前についちゃったのでゆっくりする。
DSC04362
 まずはおビール飲んじゃうよん。
DSC04364
 昼の食べ物はこんな感じ。
DSC04365
 というわけで、色々食べた。
 ポーションが小さいからいいね。
DSC04367
 そして、お上品な味のパイナップルケーキ。
DSC04368
 奥のバーカウンターの酒メニュー。
DSC04369
 ここではノンアルコールのキャセイディライトで一服。
 オープン当初はご飯おいしくなかったし、色々とアレだったけど、時間が経って良いラウンジになってきたと思う。


搭乗

 さて、搭乗しまっす。
DSC04375
 タバコ吸ってたら、搭乗開始しててほとんど列がはけてたぜ。危ない危ない。
 座席はリージョ。こんなんPYだろって感じがしなくもないリージョ。写真すら撮ってない。
 ちなみに極悪非道77Pなのでエコは横10列。C46Y396の総勢438人がパックされて出荷されます。
DSC04377
 離陸~。
 いや、もうやる気ねぇな。きっと疲れてるんだな。
DSC04385
 機内誌見てて気づいたけど、これがCXの以遠権一覧ってことかな。
 ブリスベン~ケアンズなんて飛んでるのね。これだけ乗れるのかしら。


機内食

 さて、機内食。
DSC04379
 相変わらずのそばって必要?ねぇ必要?って感じのキャセイ名物そば。
DSC04384
 メインも菜飯が付いてくるので、パン、そば、ご飯の炭水化物責め。
 いや、まぁだったら食べなきゃいいじゃんって話ではあるんだけどさ。

スポンサードリンク

着陸

 いつもこの時期の成田便に乗ると楽しみにしている景色がある。
DSC04397
 それは夕陽を浴びる水田。
DSC04402
 日本の風景よねー。
 本当にこれは美しいと思う。
DSC04403
 というわけで成田に着陸。定時。


スポンサードリンク

 テロで揺れるコロンボからの脱出!
 いや、何も無かったけど。


コロンボからの脱出チケット

 テロが起きて、夜間外出禁止令がでているコロンボから脱出じゃ。
 一応、深夜のチケットを持っていれば夜間外出OKらしいのだが、そんな状況でコロンボ市内に入るのもアレなので、脱出する。
 とりあえず、第一候補はCXでそのままとんぼ返りすることなのだけど、これがなんと満席。調べてるときは残9とかだったのに、あっという間に満席。よってこの案は消滅。
 他への脱出ルートを考えると、CX便の到着時間の関係もあって、どこにも脱出するのが難しい。よって、結局朝一のULになりましたとさ。
 なので、空港に宿泊することになる。


コロンボ空港のラウンジ

 コロンボ空港にはラウンジがいくつかある……けど、おそらくミールを提供している会社は同じなので、食事面ではほぼ一緒。たいしたものが出てくるラウンジではない。一応、ワンワールド絡み利用時の条件を元にラウンジを紹介する。なので、ワンワールド以外利用したとき、どこのラウンジになるのかは知らぬ。

Serendib Lounge
 スリランカ航空が運営するビジネスクラス、ファーストクラス向けのラウンジ。エコ搭乗の場合、ワンワールドのステータスがあっても入れない。ワンワールドホームページの記載を見る限り、ワンワールド他社でもビジネスクラス、ファーストクラス搭乗の場合使えるはずなのだが断られたことがある。 よって、堂々と使うにはスリランカ航空のビジネスクラス以上に搭乗する場合に限られる。
DSC04019
 場所は免税店などがあるあたりの近く。
 ま、入室条件が厳しい割にスゴいラウンジではないのだけれど。1回入ったことがある。当時はワンワールドエメラルドステータスで入れた。

Serendiva Lounge
 名前がスゴい似ているけど、スリランカ航空が運営するエコ搭乗でワンワールドステータスがある場合に利用できるラウンジ。ワンワールドのHPによれば、ワンワールド他社利用でも使用できるはずだけど、CX利用の時に入ろうとして断られたことがある。
 場所は出発フロアとは違うところにあるので注意。入国審査近くのエレベーターを上がったところにある。

Araliya Lounge
 CXでコロンボタッチをしていた人にはおなじみのラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 CXとQRの指定ラウンジ。CXとQR搭乗で、ラウンジには入れるステータスがあれば入れる。深夜帯だと確実に飛行機マニアな日本人がいる。シャワーが一室しかなく、掃除されてないので使う気が萎える。スタアラ関係もここが指定ラウンジだった気がするので混む。

Lotus Lounge
 一応、格付けはファーストクラスラウンジ相当。出発ゲートに向かう途中にある。CXのワンワールドエメラルドステータス所持者が利用可能。あと、プライオリティパスでも利用できる。プライオリティパスを持っているんであれば航空会社ラウンジよりも、ここを使うのが(比較的)快適。ソファーがフカフカなので寝やすい。CX利用便で使うときにはラウンジインビがないと入れない。

Executive Lounge
 このラウンジはMH利用時の指定ラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 入ったことはないけれど、クレジットカードの上級会員とかでも入れるラウンジだし、おそらくAraliyaと変わらないんじゃないかと推測。

Emirates Lounge
 エミレーツ指定ラウンジ……というか直営ラウンジ。
 さすが、1日3便ドバイ(+1便マレ)に飛ばしてるだけあるぜ!場所はSerendiva Loungeと同じく、入国審査近くのエレベーターを上がった先にある。
 エミレーツ童貞の私が入ったことあるわけなかろう。

Palm Strip Lounge
 気づいたらできてた。
 プライオリティーパスでも入れるらしい。詳細は謎。
 場所は写真を見る限り免税店街の中。たぶん、以前はレストランだった気がするんだよなー。

 書いてたら疲れたぜ!
 たぶんこれで全部のハズ。

スポンサードリンク

Serendiva Loungeに行ってみる

 さて、コロンボ空港で寝床探し。
 とりあえずせっかくスリランカ航空利用なので、Serendiva Loungeに行ってみるか。
 入国審査の近くに看板が出てる。あの大仏の手前で左に行けば良い。
DSC04020
 看板が出てるえけど、わかりにくい。後ろのエミレーツの看板が出ている所にあるエレベータで上の階に行く。
DSC04022
 ドアを通り抜けずんずん進む。
 トランジットホテルのフロントみたいなところでチケットを見せて入場。
DSC04023
 トランジットホテルの一部がラウンジ。

DSC04024
 色々ミールがあるでよ。かなりの比率でカレーだけどね。
DSC04026
 客が誰もいないのでスカスカ。
 係員もカウンターで寝てる。
 いやー、このイスね、眠れない。ホント眠れない。
 というわけで、早々と退散してLotus Loungeに行って寝ましたとさ。
 あちらはソファーはふかふかだし2人掛けソファーもあって、なんとか眠れる。


朝のコロンボ空港

 寝たんだか寝てないんだかわからない状態で朝を迎える。
DSC04028
 唐辛子……違う孔雀がいっぱいや!
DSC04029
 なんかこの通路を通るたびに、あぁコロンボ空港だなぁって感じがする。
 とりあえず何も考えず歩いてったけど、次の便はバスゲートだった。
 戻って階段を降りてバスゲートへ。


バスゲートからの搭乗

 手荷物検査を受ける。
 元々コロンボ空港は検査が厳しいので靴を脱いでベルトも外さないといけない。
 特にテロだからといって厳しくなったわけでもなく、空港は平常運転。
DSC04030
 心なしか、イスラム女性が多い。
 スリランカでのテロはイスラム系が起こしたものとなっていたので、もしかしたら弾圧を恐れて同じイスラム国であるマレーシアに脱出するってことなんだろうか。
DSC04032
 早めに移動したつもりだったけど、大混雑の手荷物検査を通過した頃にはファイナルコール。
DSC04034
 座席はこちら。
 機材は元カタール航空のA321。
 それほど長距離ってわけではないが、枕付だった。
DSC04035
 機内エンタメもちゃんと付いてた。
 比較的新しい感じがする。
DSC04036
 もちろん日本線も飛んでるので、日本語にも対応。
 幸い隣は空席だったので、快適な空の旅が保証された。

スポンサードリンク

セーフティービデオ

 出発準備が整い、セーフティービデオ上映。
DSC04039
 草原の中、徒歩で出勤するCA達。
 出勤するのも一苦労ね。
DSC04041
 ひたすらテーブルをたたく、迷惑太鼓たたきおっさんも健在。
DSC04042
 最後はスリランカの国鳥孔雀で締める。
  これらのビデオはYouTubeでも見られるよ!

 苦労が多い、徒歩出勤のCA動画はこれ。

 セーフティービデオはこれ。
 結構このセーフティービデオ好き。太鼓のオヤジがいい味出してる。
 なんか子供がかわいくないけど。


離陸~

 いよいよ離陸。
DSC04044
 なんか変な飛行機がいるのに気づく。
 いつもコロンボ空港に来るのは深夜だったので気づかなかった。
 これ保存されてるのかな。
DSC04045
 というわけで、バイバイコロンボ。
 機内食までの間機内誌チェック。
DSC04047
 どことコードシェアしてるかとか見るの楽しいよね。
 意外とワンワールドだけでなく、エティハドとかとコードシェアしてる。
DSC04050
 あれ?成田便なくなってる?
 ミスっただけだよねぇ。
DSC04049
 こうやって見るとスリランカ航空の長距離花形路線はメルボルン、ロンドン、成田って感じかな。


機内食

 機内食は当たり前だけど、朝食モード。
DSC04046
 エコでもメニューが配られた。
 オムレツかミルクライスかマサラの何か。
 うーん、無難にオムレツにするか。
DSC04052
 オムレツの右上に乗っかってる練り物っぽい何かが意外とおいしかったよ。

スポンサードリンク

着陸~

 3時間半のフライトは特に変な客もなく、ぐっすり眠ってすごす。
DSC04053
 みんな大好きKULに到着~。
 こんなルートでクアラルンプールにくるのは俺ぐらいなもんだろう。さすがに疲れたぜ。
 野良ジャンボを見るたびに、KULに来たぜ~なんて思う。いつまであるんだろうね、野良ジャンボ。


スポンサードリンク

 お久しぶりのコロンボ。
 みんな大好きコロンボ。
 テロが起きて、やっべぇ状況のコロンボ。


とりあえずウィングのFラウンジで休憩

 香港空港で約6時間の乗継。
 これだけ時間があるので、「世界の喫煙所」記事のために取材活動で香港空港の隅から隅まで歩く。
DSC03987
 からのキャセイディライト。
 疲れたので個室浴場を待つ。
DSC03988
 探検中は大雨だったんだけれど、晴れてきた。
 ひとっ風呂浴びてる間に、ゲートが決まる。ゲート71、最果てだ。これはピアに移動だね。


ピアのFラウンジへ

 さて、71番ゲートになったのでピアのFラウンジに来た。
DSC03996
 というわけでお食事しましょう。
DSC03989
 この日のメニューはこれ。
DSC03990
 飲み物はシャンパンで。
 シャンパンなんてラウンジか機内でしか飲まない貧乏人です。
DSC03991
 スモークサーモンのサラダ。ねっとりと食べる。
DSC03993
 ジャスミンライス付きのチキンを食べる。
 お味はまぁまぁ。
 ちょっと足りなかったので、さらにWAGYUバーガーを発注。
DSC03995
 まぁ、いつものお味でした。

スポンサードリンク

最果てのゲート71から出発

 さて、時間になったのでゲートへ。
 71番ゲートは最果ても最果て。一番歩く距離が長いんじゃないか?
DSC03998
 ゆっくり歩いてたらファイナルコールになってしまった。
DSC03999
 本日の機材はA33E。
DSC04001
 香港~コロンボ直行になってからホント機材が良くなったよね。
 機材は良くなったし、アメニティグッズがついたし、毛布は厚めになったし、BAには140TPたまる。
DSC04006
 ちなみにアメニティグッズの中身はこんな感じ。
 これってインド線とかでももらえるのかな?
 ほぼ同じ距離に近いCTS線ではもらえない。


機内食は超高速サービス

 ビジネスクラスの客は5名。
 めっちゃガラガラ。そのうち日本人女性が二人いて、こんな時にスリランカとか大丈夫?と心配になる。5名のうち3名が日本人客っていうのもスゴいな。みんなキャンセルしたんだろうか。
 客が少ないのもあってか、超高速サービスだった。
DSC04003
 メニューはこちら。
DSC04009
 前菜。
 パンにナン……じゃないかインドっぽいパンがあったので、ついついチョイスしてしまう。
DSC04012
 魚じゃないよなーと思ってチキン。
 うん。まぁまぁ。付け合わせのポテトが日本にはあんまりない感じの食感でおもろかった。
DSC04013
 その後フルーツまで食べて、場所はここ。
 海口まで行かないで食事が終わるとかスゴい。空いてるのもあって超高速サービス。


とりあえず寝る

 エンタメをちょっといじってみる。
DSC04014
 そっか今、クレヨンしんちゃんって実写になってるのね(違)。
 食事も終わったし、特にすることもないし、この後しばらく横になって眠れる機会もないので、積極的に寝る。
DSC04015
 反対側の席にベッドを作っておやすみなさーい。

スポンサードリンク

到着!

 途中で起きたら、ビジネスクラスの客が増えててビックリしたよ!
 どうやらCAの皆さんが退去してビジネスクラスのシートで休んでいた模様。
 基本的にはCAさんは香港→コロンボやって24時間休憩して次の日の便でコロンボ→香港をやっていたはず。もしかしたらテロがあったからコロンボでの宿泊を取りやめてとんぼ返りするようにして、CAはおそらく2組乗っていたのかな?それであればビジネスクラスのシートでたくさんのCAが休んでいるのも納得。
DSC04018
 さぁ、なにごともなかったかのようなコロンボに到着!


スポンサードリンク

 GW初日。今年は10連休。
 そして、結構、お久しぶりのCX543。
 そういえばHNDからCX543乗るのはラストジャンボ以来だ。


というわけで羽田

 ものすごいお久しぶりの羽田国際線。
DSC03924
 あれ?いつ以来?NemoP誕生日以来か。1年以上ブランクがあることに自分でもびっくり。
 国際線で羽田に到着することはその間何回もあったけど、国内線もたくさん使ったけど、国際線出発はそうとうお久しぶりなんだね。まして、ワンワールド便での出発は2017年9月以来。
DSC03925
 あれほど、何回も乗っていたCX543にものすごい久しぶりに乗る。
DSC03931のコピー
 チケットはちょうど1年前に買ったCMB発券やでー。
 HKG乗り継ぎのCMB行き搭乗券に、さらにKULまでのULの搭乗券を発行してもらう。バッゲージもスルーできるっぽい。一時期、CXは別切りチケットの場合バッゲージスルーしないとか言ってたけど、それはどうなったんだろうか。


とりあえずJALのFラウンジ

 そりゃ、1年半以上ブランクがありますからね。とりあえずJALのFラウンジへ。
DSC03926
 パンケーキのアイスクリームのせ食べたよ。
 あまりに雑すぎて、これしか写真が残ってない。

スポンサードリンク

やっぱりホームのCXラウンジ

 ビジネスクラスラウンジで一番好きなところは羽田のCXラウンジ。
DSC03932
 羽田ですごすならここが一番だよねー。
DSC03928
 朝の和定食+玉子焼きで……違ったフレンチトースト。
DSC03929
 このフレンチトーストはおいしい。
 オークラに比べてしわしわとか言われちゃってるけど、オークラで食べられるほど財布に余裕がないので満足なのだ。


搭乗は長蛇の列

 それでは搭乗。
DSC03933
 本日の機材は香港精神號。あーもーときめきも何も無い機材。
DSC03935
 さすがゴールデンウィーク初日。
 搭乗は長蛇の列。やっぱ混んでるねぇ。
DSC03939
 それでは搭乗しまっす!
DSC03941
 あれ?トーイングカーになんで関空のマークが入っているんだろう?って思ったら、このハンドリングやっているCKTSという会社は関西エアポートの子会社らしい。羽田のハンドリングもやってるのね。


離陸

 さて、離陸。
DSC03942
 新聞はアップルデイリー。相変わらずちょっと過激な1面。
 まさか、女性死体の写真を見せられるとは思わなかったぜ。
DSC03947
 機内誌で香港の埋められた部分の地図が載っていた。
 すげー埋め立ててるなぁ。

スポンサードリンク

機内食

 さて、みんな大好き機内食だよー。
 争奪戦に勝つためにはどうすっぺか知らんけれど、CXのビジネスで希望の機内食に食べられなかったことはない。
DSC03940
 メニュー。
 メインは3つだけど、うち2つは白飯つき。
 経験上CXの白飯は大変おいしくないので、パス。
 結果ステーキになりましたっと。
DSC03945
 とりあえず泡からいただきます。
DSC03951
 まずは前菜。
 あいかわらず頑なにそばを付けるCX。
 昔みたいに変なピンク色に色を付けたエビが入らなくなっただけでも良しとするか。
DSC03953
 メインのお肉。
 まぁ、特筆すべきものではないけれど、安定したお味。
DSC03955
 そして食後のフルーツ。チーズはパス!
DSC03956
 ハーゲンダッツもね。あれ、ハーゲンダッツは日本製だ。
 というわけで、「あぁ、CXだなぁ」という感想しか出てこない機内食。
 まぁ、CXに関して言えばそれでいいのかもしれない。


到着!

 というわけで、特に遅延もなく、残りもトラブルなく、香港着陸。
DSC03957
 無事に香港にやってきたよー。
DSC03958
 それにしても、この後香港は大変なことになっちゃったね。
 香港精神はどういった方向に向かうのだろうか。


スポンサードリンク

 世間はJALのA350に沸いておりますが、8ヶ月遅れのブログ記事はCXのA350。
 なかなか快適な機材だったよ。
 去年のGWに買ったCMB発券の続きのチケット。ストップオーバー8ヶ月!


トラムオフ会のアフター

 次の日は庶民派飲茶行ったり。
DSC01835
 ちょっと良い飲茶行ったり。
DSC01845
 あと、寝坊して飛行機乗り遅れた人とオナ部屋で寝た。


ピアFでまったり

 さ、帰るよー。
 チェックインしてキャセイのラウンジ、ピアのFへ。
 寝坊して香港に一泊多くすることになった人をご招待。
DSC01863
 とりあえず朝ご飯食べる。
DSC01864
 中華定食にする。
 さて、朝の活力をつけたところで搭乗でございます。

スポンサードリンク

初めてのCXのA350

 今までに乗ったA350(-900)はSQとMH。

 というわけで、今回はCXのA350-900でGO!
DSC01866
 ゲートは65。ピアの近くでいいゲートだね。喫煙所も近いし。
DSC01865
 たぬっとしてるなぁ。
 さ、それでは搭乗しましょう。


搭乗

 初めて乗るので(ビジネスクラスだし)座席回りをレビュー。
DSC01869
 キャセイの長距離路線ではおなじみシーラス。なんだっけ?逆ヘリンボーンだっけ?
 これはキャセイの他の機材とほぼ同じ座席が入ってる。
DSC01873
 ちょっと、おっと思ったのが脇の物入れに蓋が付いたこと。
 他の機材だとフタが付いてなくて、離着陸時やタクシー時はものを入れないことってなっているのだけど、この機材はフタが付いてるので、ものを入れておいてOK。これは便利。
 あとは逆に言えば違いがないので面白くないっちゃーないけど。
DSC01874
 さぁ、レビューするって割には大して書いてないけど出発するよ。
DSC01876
 あら、お隣にもA350が。あちらの方が一足お先に飛び立っていった。
DSC01878
 というわけで離陸~。


機内食

 さて、機内食。
DSC01883
 朝発なので当然朝食。
DSC01888
 スタートはミルクティーから。
DSC01889
 前菜はフルーツプレート。
DSC01890
 パンがやってきた。4種類ぐらいから選ぶ感じ。
DSC01892
 メインは中華にする。点心セット。
 洋食か和食もあったけど、やっぱ中華かなーと思って。
DSC01893
 葉っぱでくるまれたご飯おいしかったよ!カピカピになってないし。
 (キャセイの米は高確率でカピカピになってる)

スポンサードリンク

新聞を読む

 別に中国語&広東語がしゃべれるわけじゃないんだけど、なんとなく読めるので新聞はアップルデイリーを確保しておいた。
DSC01885
 まさかね。豊洲の初競りでマグロを落としたなんて記事がこんなに大きいと思わなかったよ。
DSC01886
 事件として全く笑える話ではないんだけど、このアップルデイリーの再現図みたいなのが好き。
 この亡くなってしまう少女の表情の再現が素晴らしい。完全に想像図だけど。


着陸~

 さて、そろそろ着陸態勢へ。
DSC01895
 尾翼からの映像がA350ならではだよね。
 こうやって見てると結構面白い。
DSC01899
 さぁ、成田空港の闇である木の根ペンションを眺めながら降りていく。
DSC01901
 着陸~。


スカイライナーからのはやぶさ

 さ、今日はこのまま岩手まで帰らねばならぬ。
DSC01903
 スカイライナーに乗って、そのまま上野から新幹線で岩手まで帰ったよ。
 空港着いてからが長い!


スポンサードリンク

 さて、年始一発目のイベントがあるからね、香港に移動するよ。
 2019年幕開けはキャセイドラゴン航空で。


年始一発目のラウンジはKULのMHラウンジ

 2019年飛び始め。
 まずはKULのゴールデンラウンジからスタート。
DSC01586
 もちろん、ファーストクラスラウンジへ。
DSC01589
 それほど時間があるわけではないので、急いでシャワーを浴びてダイニングへ。
 前日の2,000円のホテルはシャワー浴びる気にならないぐらいの宿だったからね。
DSC01587
 メニューはこちら。
 朝食モード。
DSC01590
 食べたのはオムレツ。
DSC01591
 そして、カヤトースト。
 まぁ、味は特筆すべきものではないけれど、しっかり朝食を食べられるのはうれしい。オーダー式だからできたてだしね。
DSC01592
 この時間帯はガラガラだったけど、もうすぐ搭乗なのでさっさと退散。


KULのゲートに若干イライラする

 もう搭乗時間となっているのでゲートへ急ぐ。
DSC01594
 ホントこの並ぶのイライラするのよねぇ。
 一応ビジネスクラスレーンの看板があるのだけど、全く機能していない。
 SINとかCMBとかこの方式だけど、乗継ならともかく、ただここから出発するときはウザいことこのうえない。
DSC01596
 そんなこんなでファイナルコール。
 この便エアカナダとコードシェアしてるのね。他のコードシェアはCX、AA、MHなのでエアカナダだけ異質。スタアラだけど、アジア接続って意味ではソウルや台北ではなく、やはり香港からの接続の方が良いってことかな。

スポンサードリンク

出発~

 本日のお座席はこちら!
DSC01598
 KAのいつもの座席。昔に比べて座席良くなったよねー。
 昔、ヤバイ座席積んでたもんね。
DSC01599
 遅延もなく定刻通り出発。
DSC01604
 行き場のないA380をウォッチングしたり。
DSC01605
 持ち主不明な野良ジャンボを観察。
 いやー、こいつらみないとKULって感じがしないんだよね。
DSC01606
 それでは離陸です。


機内食

 今日の混雑はこんな感じだった。
DSC01609
 まぁまぁ混んでる。
 でも、隣は空席だった。
 相変わらず中距離路線になって動きが緩慢になっているドラ姐。やっぱり油断してるのだろうか。
DSC01611
 機内食は謎のチキンあんかけご飯。ドラゴンのご飯って親会社よりおいしいことが多いけど、これはKUL搭載のせいかフツー。ただ、ハーゲンダッツが付いてるのがうれしい。
 そういえば日本(高梨乳業)で製造しているハーゲンダッツって、日本でしか売ってないよねー。香港で売ってるヤツとか機内で出会うのはフランス製が多い気がする。フランスから冷凍して持ってくるの大変そうな気がするんだけど、そっちの方がいいのだろうか。それとも日本は国内だけしか製造させたくないのかね。


滞りなく着陸

 香港手前で待たされることなく、スムーズに着陸。
DSC01622
 さぁ、これから更に移動だっぺよ。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ