世界一の綱引きに参加してきた!
 知識も全くなく行ってみたけど、意外と面白かった。
 なんとこの綱引きは誰でも参加できるのよ。


たまたま綱引きやってた

 Twitter見てたら、綱引きやってるらしい。特に那覇ですることないので、行ってみよう。
 てなわけで、県庁前駅で降りる。
DSC01470
 やべー、すげー人。これ、みんな、綱引きに行く人たち。
DSC01471
 県庁前駅から徒歩数分。人だかりができてた。
 オラ、ワクワクしてきたぞ!


綱引きスタート

 国道58号線久茂地交差点が綱引き会場。
 これのために、片側4車線の国道が通行止めになる。すげーな。
 しかも中央分離帯はこの行事のために取り外し可能になっていて、取り外した後、簡易舗装までしてる。
DSC01477
 スタートぎりぎりに到着したので儀式(美ら旗我栄)は始まっていた。
DSC01474
 綱引きは基本的に那覇の東西町内会対決。自分がいたのは東側。
 綱に上に立つ黒い服の人が仕切り役。
DSC01487
 2本の太い綱(大綱)が結ばれ(かぬちちじ)、引っ張る用の手綱が観客全員の協力で前の方から後ろに向かって運ぶ。
DSC01497
 おおー琉球王国系の人物がやってきた(支度我栄)。
DSC01515
 中央付近でくす玉オープン。
DSC01516
 東西のリーダーが組み手をする。
DSC01517
 那覇市長(旗の下の女性)の合図を元に綱引きスタート。
DSC01523
 みんなでかけ声合わせて手綱を引く。
 参加者は外国人(白人)多め。


勝負決着!

 意外とそれほど時間かからずに勝負決着。
DSC01526
 今回は東の勝ち!
 みんな大綱の上に登って勝利を祝う。
 いいねー。この場の空気が心地よい。
DSC01530
 その後綱を切り出す(嘉例綱取り)。
 ちなみにこの作業をやっているのは在沖米国商工会議所の面々。そんな組織があることに驚く。
DSC01522
 綱を切り取っているのはみんなが持ち帰るため。
 縁起物として、家においておくと御利益があるらしい。もちろん岩手まで持って帰ったよ。
DSC01534
 すぐに沖縄タイムスの号外も配られる。記念に持ち帰った綱と一緒に記念撮影。
 何も準備をせず来たけど、縛るひもを持ってきた方がいいよ。特に太い綱の場合編み込んでるので持っているうちにほどけてきちゃう。


実はここから面白い後片付け

 綱引きは綱引きで面白いんだけれども、
 後片付けも面白かったりする。
DSC01533
 海上で待機するクレーン車達。
 なんかヤシマ作戦感が半端ない。
DSC01535
 この残った綱を片付けていく。
DSC01536
 クレーン車部隊出陣!
DSC01538
 定められた位置で停車し、アームを伸ばす。
DSC01539
 この隊列をくんだクレーン車が動作に迷いなく動いていくのが、マジでかっこいい。
DSC01540
 いよいよ綱を引き上げ。
DSC01542
 複数のクレーンが協力して引き上げていく。
DSC01544
 今度は綱を載せるトレーラーが動きながら器用に大綱を荷台に載せていく。
DSC01548
 搭載完了!
DSC01551
 そんなに時間もかからずに、撤収完了。
 この後路面清掃カーが綱の切れ端を掃除して、通行止め解除!
 中央分離帯は夜間に車線規制して、復活工事をしている模様。祭のためにやることのやる気が違う!


この祭は楽しいよ

 今回写真撮ろうとして、ちょっと外側にいたけれど、もっと内側で参加すると更に面白いかも。
 基本的にみんな誰でも参加OKなので、米軍兵の参加者も多い。意外と地元と米軍兵で仲良くやってたりするよねー。
 まぁ、普通に人とはちょっと違う私からすると、片付けの作業もなかなか面白かった。
 来年もまた参加してみたいって思ったよ。


スポンサードリンク