クアラルンプールには(個人的に)中毒性が高い麺がある。
 前にも紹介しているけど、もう一回食べてみる。


福建麺(ホッケンミー)とは

 福建料理の麺料理をもとにマレー半島に渡って、変化したもの。シンガポール式とクアラルンプール式とペナン式があって、同じ料理名なのに全然違う。クアラルンプール式は一言で言うなら黒い焼きそば。
 詳しくはWikipediaでも見てちょうだい。


で、地元民が行く店に突撃

 何回か行っている聯美福建麵だけれど、今回も食べたい欲に負けて行ってしまった。
DSC08161
 ちょっと躊躇するよねー。もう慣れたけど。
DSC08157
 まぁ、屋根があるけど、ほとんど外。
 だいたいいつも賑わってる。満席って程ではないけれどね。


福建麺登場

 というわけでメニュー。
DSC02140
 ちなみに価格は不明だけど福建麺でMYR8。
DSC08158
 今回はビーフンにしてみた。こちらの方が焼きそばっぽい。
 具は豚肉の色々なところがごろごろ入っていたりする。中国醤油とオイスターソースで味付けていて、ちょっと油っぽいけど中毒性がある。
DSC04083
 ちなみに以前食べたときは福建麺食べたよ。こちらは焼きそばというより焼きうどん感が半端ない。


どしゃぶりの雨

 そんなこんなで食べてたら、激しい雷と雨。
DSC08163
 まじかー。傘持ってないぜ。
DSC08166
 こういうときはUber頼んじゃうに限る。
 それにしても一時期UberXって混雑してるってことで×1.5とか×2とか平気で出てたけど、最近値段が上がることないね。Grabとかと激しい争いでもしてるからなのかな。


スポンサードリンク