大阪の人に連れて行ってもらった、中国人の中国人による中国人のための中華料理屋。
 難易度が高いかと言われれば、そうでもない。でも、中国本土を理解してないと面食らうかもね。


地元の人に連れて行ってもらう

 ブログやってるとさー、色々な人に出会うわけで。
 というわけで大阪で働いていらっしゃる方と知り合って、「今度大阪で飲みましょう!」ということで飲みに行く。
DSC07261
 やってきたのは日本橋から北東方向へ歩いたところにある、「故郷羊肉串店」。
 あー、北京とかで売ってるよね。羊肉の串。それが食べられる店。
 羊肉串の店って、なかなかないよねぇ。横浜の中華街にもないよねぇ(たぶん)。

 店員さんは中国人。お客もほとんど中国人。客同士でケンカしたりする。うん中国だね。
 私たちが入るとアウェーな感じ。
DSC07263
 メニューのドリンク欄は全て「ー」が消えていた。
 うむ、生ビルを飲もう。


羊肉串を食べる

 名物の羊肉串は焼いてもらうことも、自分で焼くこともできるらしい。
 今回は自分たちで焼いてみる。
DSC07262
 自分たちで焼くのをチョイスすると炭火と四角いゲージが設置される。
DSC07264
 お肉がどーん。
DSC07265
 こんな感じで焼く。焼けたら上の段においておけば保温される。
 ちなみに枠の部分で欠けているところがあるけれど、そこに串を引っ掛けて肉を先の方に持っていくと食べやすいよ。

 味はとってもシンプル。そして、うまい。
 シンプルなだけにごまかせないよね。羊肉の味だけで勝負してる感じ。


他の料理も食べる

 連れてきてくれた人にいつも食べているものを注文してもらう。
DSC07266
DSC07267
DSC07269
 イカ、ジャガイモ、トマトの炒め物三連発!
 日本人に媚びない味付けだね。それがどんな味付け?って聞かれると説明に苦慮するんだけれど。こちらはフツーにうまい。


「おいしい」お皿

 そういえば東南アジアでよく見る「おいしいお皿」。
DSC07271
 日本でこのお皿を見るのは珍しい気がする。
 おいしいお皿ってどこで売ってんの?誰か教えて!欲しい!


おいしいが安くはない

 二人で串20本と料理3品とビール4杯飲んで9,500円。
 まぁ、安くはないよね。でも、内容を考えると、満足

 店の立地的に観光客がまず行くとは思えないので、ディープな大阪を垣間見た。
 羊肉好きの人々は行ってみよう!


スポンサードリンク