長浜といえば鯖そうめんという郷土料理があるらしい。
 長浜駅で降りると観光ボランティアのおじいさんおばあさん達が、地図などを配ってた。

私「鯖そうめん食べたいんですけど、どこの店が一番おいしいですか?」
爺「いやー、私たちね、特定のお店は教えられないのよー。地図にお店がいくつか書いてるからそこで食べてね。まぁ、翼果楼がいいと思うけど。」
婆「あー、○○さん、教えちゃダメだって!」

 というコントのようなやりとりがあり、地元の人がおすすめするんだからおいしいんだろうと思って、そこに行くことにする。
20150816_114224
 なかなかレトロなお店の外観。中もなかなか古かった。
 どちらかというと味がある感じ。
20150816_120037
 やっぱりいい鯖なんでいいお値段。
 鯖街道セット焼鯖寿司付きで1,770円をチョイス。
20150816_120729
 これがねー。おいしいんですよ。
 鯖そうめんは「焼き鯖を甘辛い出汁で柔らかくなるまで煮る」「煮汁でそうめんを煮る」「一緒に出す」という料理。鯖のうまみがそうめんに染み渡ってる感じ。かなり煮込まれてるようで、背骨まで柔らかくなっているので、骨を気にせず食べることができる。ただ、ちょっと味が濃いかな。現地ではおかずとして食べるらしい。

 現在、長浜市はこの鯖そうめんをご当地グルメとしてアピール中。やっぱり伝統に裏打ちされた(自然発生的な)郷土料理にはかなわないよね。邪な気持ちで流行らそうと作ったものはダメ。地域にすでに根付いてる料理じゃないと、売りにはならないね。

 この後はひたすら東海道を上って帰りましたっと。
 (昔は何度もやってたのに)さすがに心が折れて、静岡~沼津までホームライナーに乗っちゃった。


スポンサードリンク