アヒルを食べるぞー!
 いつもだと聰明鴨肉店に行ってしまうのだけど、たまには新規開拓をしたい。
 なので、高雄の民に有名な店である鴨肉珍へ。
DSC03925
 かなり古そうな建物。

 正直言ってちょっと難易度高め。まぁ、所詮台湾なのでそれほど大変ではないけれど。

 まずは席を取る必要がある。一人で行くとこれが難易度高かったりする。一応、ペットボトルのお茶とタバコで席取りをする。そして、調理してるおっちゃんのところに列ができているのでそれに加わる。
DSC03926
 めっちゃ鴨(アヒル)を切ってる。ひっきりなしに注文なので、どんどん出て行く。
 おっちゃんに注文をメモった紙を見せる。そして、「席はどの辺か?」と聞かれるので手振り身振りで場所を伝える。席番とかはないので、場所を伝えるのは手振り身振りしかない。ちゃんとご飯が届くか心配だったけど、席で待ってるとちゃんと届いた。
DSC03927
 鴨肉飯大65TWD。
 これね。おいしくない訳ないんだよね。魯肉飯と鴨肉のハイブリッド。

 ここは地元民で大人気だけあって、他のメニューもおいしそう!
 ただ問題はメニューが無いんだよね。一応、おっちゃんの背後の壁に書いてあるんだけど、あんまりよくわからない。

 というわけで、(ちょっと)難易度高めな鴨肉屋さんでした。


○注文と会計の仕方

 席を確保する
  ↓
 列に並ぶ
  ↓
 順番が来たら注文する(メモ帳必須)
  ↓
 席の場所を身振り手振りで伝える
  ↓
 席で待つ
  ↓
 ご飯が来たら、引き替えに代金支払い
  ↓
 ウマー


○関連ホームページ

 トリップアドバイザーのページ


スポンサードリンク