ワンワールドの加盟社は次の通りです。
 2013年5月現在。Wikipedia調べ。

  アメリカン航空
  ブリティッシュ・エアウェイズ
  キャセイパシフィック航空
  カンタス航空
  フィンランド航空
  イベリア航空
  ラン航空
  日本航空
  ロイヤル・ヨルダン航空
  S7航空
  エア・ベルリン
  マレーシア航空
  スリランカ航空(加盟準備中)
  カタール航空(加盟準備中)
  USエアウェイズ(加盟準備中)
  TAM航空(加盟準備中)

 加盟社が12社ということで、3つある航空連合中加盟社が一番少ないです。
 アジア近辺ではJAL、キャセイパシフィック、マレーシアの3社のみでお世辞にも充実しているとは言えません。しかしながら、スターアライアンスの加盟社数が多いことから、独自色を出すためにあえてワンワールドに移籍というパターンも今後増えるかもしれません。

 JALで上級会員になるとJGC(JAL Global Club)に加入することができて、クレジットカードの年会費(10,500円)のみで上級会員を維持することができます。この辺はANAと同じですね。個人的なイメージではANAよりも特典航空券が比較的取りやすいイメージがあります。

 キャセイパシフィック航空では、この航空会社で乗り回すことに喜びを感じている人が結構いるようです。インボラしやすい気がするとか色々言われております。



まとめ

 メリット

  ・JALが加盟しているので国内線利用でもラウンジなどメリットあり
  ・一度上級会員になるとクレジットカードの年会費で維持できる(JAL)

 デメリット
  ・加盟社が少ない


スポンサードリンク