スターアライアンスの加盟社は次の通りです。
 2013年5月現在。Wikipedia調べ。


  ユナイテッド航空
  ルフトハンザドイツ航空
  エア・カナダ
  スカンジナビア航空
  タイ国際航空
  ニュージーランド航空
  全日本空輸
  シンガポール航空
  オーストリア航空
  アシアナ航空
  LOTポーランド航空
  アドリア航空
  クロアチア航空
  TAP ポルトガル航空
  南アフリカ航空
  スイスインターナショナルエアラインズ
  中国国際航空
  トルコ航空
  エジプト航空
  ブリュッセル航空
  エーゲ航空
  エチオピア航空
  アビアンカ航空
  TACA航空
  コパ航空
  深圳航空
  エバー航空(加盟準備中)
  USエアウェイズ(離脱決定)
  TAM航空(離脱決定)


 世界で最初の、そして最大の航空連合です。
 日本では全日空が加盟しています。東南アジアに強いイメージがあります。タイやシンガポールなどなど。韓国もアシアナ航空がありますね。そして、今後はキティジェットで有名な台湾のエバー航空が加盟する予定です。最大なので世界中津々浦々まで行けるはずです。たぶん。

 ユナイテッドでマイルを貯めると、マイルの有効期限がなかったり(米系はだいたいそうですね)、特典航空券の必要マイル数が少なかったりして、貯めている人が多いですね。

 全日空で上級会員を目指すと、SFC(Super Flyers Card)に加入することができて、クレジットカードの年会費(10,762円)のみで上級会員を維持することができます。個人的なイメージではマイル特典航空券が非常に取りづらい気がします。

 エーゲ航空だと上級会員になりやすく、維持も簡単です。年間20,000マイル貯めると上級会員になることができ、なおかつ2年に1回(3年に1回?)マイルを加算することで維持することができます。貯める方法はスタアラ他社でも大丈夫で、マイル加算率も大盤振る舞いです。ただ、ギリシャの航空会社ですのでリスクはあります。


まとめ

 メリット
  ・ANAが加盟しているので国内線でもラウンジ利用などメリットあり
  ・一度上級会員になるとクレジットカードの年会費で維持できる(ANA)
  ・上級会員になりやすく、維持も簡単な航空会社もある(エーゲ)

 デメリット
  ・ANAのマイル特典航空券が満席ばっかなんじゃー(ANA)
  ・エーゲでマイル特典航空券の予約は英語の電話が必須(エーゲ)



スポンサードリンク