FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2020/05

 中国のシャングリラってちょっとあれれ?なサービスが多いんだけど、大連はそんなことなかった。
 というより、とても良かった。


中山広場から歩けるホテル

 シャングリラホテルの場所は地下鉄2号線の中山広場駅と港湾広場駅の間、やや港湾広場駅寄りにある。
 まぁ、中山広場駅と港湾広場駅の間の道路にはバスが多数走っているので乗ってもいいかもしれない。バス乗ってもおそらく1元だし。クソ安い。
 中山広場は観光地でもあるので行きやすいのも便利だと思う。
DSC08837
 どーん!と建っているシャングリラホテル。
DSC08839
 今宵の宿はこちらでございます。
 意外と大連の連の字が簡体字になっていないのね。本当は「大连」のはず。


お部屋

 予約はもちろん最安のスーペリア。
 でも、アップグレードしてくれてワンランク上のデラックスにしてくれた。
DSC08840
 コーナーの部屋で、廊下付でちょっと驚く。
DSC08842
 お部屋はこんな感じ。
DSC08843
 部屋は40㎡。まぁまぁな大きさであると思う。
 このお部屋で一泊コミコミCNY700だから10,000円強ぐらい。リーズナブルでいいじゃん!
DSC08845
 ウェルカムアメニティも準備済み。
 オンラインチェックインできるようになってから、この辺しっかりやるようになったよね。
DSC08849
 日本語案内もあった。ちなみに日本語話者は毎日昼間勤務している模様。
DSC09008
 電話にも日本語対応ボタンがあってビビる。
DSC08851
 ミニバーに椰子汁があってワロタよ。さすがに若いねーちゃんのパッケージのヤツではなかった。

スポンサードリンク

水回り

 さて、水回りチェーック。
DSC08847
 バスタブあったよ!
DSC08848
 シャワーブースも分かれてるし、ウォシュレットだよ!
DSC08852
 ちなみに、アメニティはL'OCCITANEだった。
DSC08853
 石けんもL'OCCITANE。これクラブルームだったのかなぁ。謎。
DSC08850
 あとなぜか浴衣があった。
 俺、シャングリラで浴衣見たの初めてだよ。
 東京のシャングリラにも浴衣あったりするのかなぁ。
 さすが、日本企業が多数進出する街、大連。
 さすが、中国各地で反日デモが起きてたときも平穏だった大連。
 日本人ビジネス客に特化してる感が半端ない。

朝食

 JADE会員なので朝食無料。
 普通と言えば普通。中国だと朝食会場がカオスってることが多いんだけど、そんなことなかった。
DSC09010
 まぁ、ちょっとずれてる感がある日本食コーナーがあった。
DSC09012
 あとは牛肉拉麺コーナーがあって、ちゃんと麺を拉して作ってたよ。
DSC09014
 いわゆる蘭州拉麺なのかしら。
 味はまぁ、特筆するほどのものでもなかった。


全体的に満足

 中国本土のシャングリラの割にはちゃんとしてた!
 値段もとっても安いので、シャングリラ修行にはもってこいかもしれない。行きやすいし。


スポンサードリンク

 あぁ、遙かなる大地、満州。
 その入口となる都市、大連。
 そういえば行ったこと無かったので行ってみる。


工事中の成田T2

 前日、渋谷で忘年会。
 酔っ払って東上野で泊まり、アクセス特急で成田。
DSC08774
 なんか東成田駅の案内が増えてた。
 日本一短い鉄道だけど、(京成と直通してるので)そこだけを走ってるわけじゃないからなぁ。
DSC08776
 Kのカウンタは改修中。
 荷物を手作業で運ばなければならず、大変そうだった。
DSC08777
 まぁ、私はこっちですけどね。
 年末になって、そわそわした感じの成田。
DSC08778
 なんか2つある手荷物検査場の間に新しい検査場ができてた。
 ファストトラックと乗務員の検査だけ開放状態だった。


JALファーストクラスラウンジ

 さて、さてさて。
DSC08779
 やってきましたよ。
DSC08780
 寝坊して風呂に入ってなかったので、シャワー浴びる。
 待ち時間なく、すんなり入れた。
DSC08781
 今日の寿司。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221081131708_COVER
 とりあえず、玉子をホッケに変えてみた。
 中トロはスジ多め。
 まぁ、そんなもんでしょう。
DSC08784
 ビールの銘柄チェック。
 アサヒスーパードライプレミアムとキリン一番搾りプレミアムのみ。
 えー、俺はハートランドが飲みたいんだよ。ハートランド入れてくれよ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221083410516_COVER
 とりあえず、カレー食べる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221084342041_COVER
 フレンチトーストも食べる。
 まぁ、あれだ、CXの羽田のラウンジのフレンチトーストの方がおいしい。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221085658378_COVER
 下の階に移ってウィスキー飲む。
DSC08790
 今月のクラフトウィスキーは嘉乃助ニューボーン2019バーボンカスク。
 熟成16ヶ月!若いぜ!ピチピチだ!
 カウンターにいたバーテンさんは、白人の男性だった。
 下の階は、それほど混んでなければ落ち着いてお酒飲めていいと思う。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、おなかも満たし、軽く酔っ払ったので搭乗。
DSC08791
 MHのディレイっぷりがヤバい。
 これいつの便なんだろう。便名がMH89DでDがついてるから、さらに前日の便か?
 この遅れっぷりはヤバい。
DSC08792
 ゲート到着。
DSC08793
 今日の便は788だねぇ。
DSC08794
 今日のお座席はこちら。
 ビジネスクラスしか空いてなかった。
DSC08795
 まぁ、なんというかCXのリージョに比べれば、こちらの方が上等。
 短距離であれば充分な設備よね。
DSC08802
 行ってきまーす。


機内食

 機内食のお時間でーす。
DSC08796
 ワインと焼酎のラインナップ。っていうか焼酎もこのカテゴリーに入るようになったんだ。
DSC08798
 食べ物のメニューはこちら。
 うーん、今日は洋食!
DSC08809
 ワンプレートでどん!と来た。
 トマトソースは苦手だったので塩胡椒で食べる。
 意外とおいしかったよ。相変わらずパンが所在なさげだけど。
DSC08811
 ふぅ。


着陸

 まぁ、日中路線でもかなりの短さを誇る大連便、飛行時間は3時間切るので、結構すぐ到着だね。
DSC08813
 韓国を飛び越えると、そこはもう大連。
DSC08818
 やっぱり初めての街の空港が近づいてくると、街の様子がわかってきてワクワクする。
 これがあるから窓側に座るのをやめられないんだよなー。
 もちろん長距離便なら別なんだけど。
DSC08822
 というわけで、無事にスポットイン。

スポンサードリンク

地下鉄に乗って市内へ

 中国特有の厳しい空港警備。
 一度建物の外に出ると、入るときには顔認証必須。
 地下鉄も乗るときは手荷物検査必須。
DSC08824
 さぁ、地下鉄に乗って市内に行くベ。


スポンサードリンク

 さて、帰るよ。いい加減疲れた。


尾道から電車&三原からバス

 さて、尾道駅。
DSC08735
 ずいぶんきれいな駅舎になったよね。
DSC08745
 そんなきれいになった駅舎の脇に大衆酒場がオープンしてた。
 しかも、駅舎と一体化している建物。おいっ、JR西日本はどうしてこれをテナントにいれたんだ!
DSC08746
 お昼は普通にランチやってて、夜は普通に酒場。笑えるんだけど(褒め言葉)。
DSC08747
 駅に入ると、La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)がいた。
 岡山近辺で自転車を乗せられる電車として走っているけど、尾道まで遠征してきたみたい。
 まぁ、しまなみ海道とは相性いいよね。広島~尾道とかで走らせてもいいかもしれない。
DSC08748
 帰りも末期色がきた。これ方向幕もわざわざ黄色くしているのね。
DSC08750
 でも行きと違って転換クロスシートが着たので快適。
DSC08753
 三原駅からは広島空港行きのバス。
 路線バスだね。これに乗ってとことこ広島空港へ。


広島空港には色々な飛行機がいた

 さて、広島空港。
DSC08754
 丁度、今日乗る予定の機材が到着したところだった。
DSC08755
 各社のお天気カメラそろい踏み。
 お天気カメラという名目だけど、実際には事故の映像を狙っているカメラ。
 名古屋空港(現小牧空港)で中華航空が墜落したとき1社だけ、お天気カメラが稼働していたので事故映像が1社だけに出し抜かれて悔しくて、空港につけまくったんだよねぇ。
DSC08756
 というわけで本日の機材がスポットに入った。
DSC08757
 他にも香港エクスプレスが来てたよ。広島便あるんだねぇ。
DSC08758
 それとチャーター機っぽいのが1機。
 Flightradar見ている限りマカオにいることが多い。
 この日は関空から広島空港経由でマカオまで行ってたっぽい。広島で給油しないと距離足りないのかしら。

スポンサードリンク

ビール飲んで搭乗

 広島空港にはサクララウンジがある。
DSC08763
 とりあえずビール飲んだ。
DSC08762
 土日の弾丸瀬戸内海島巡り旅行も終了!搭乗するよー。
DSC08764
 お隣にはいつのまにかANAがいた。
 それでは帰りますん。
 そして熟睡。


到着

 いやー眠った眠った。
 着陸の衝撃で起きた。
DSC08769
 というわけで羽田に帰ってきたよ。
DSC08771
 今回の乗継ぎ客がいるのは秋田、札幌、サンフランシスコ、青森。
 やっぱ広島だとあんまり変態的な乗り方する人いないのかな。ほっと安心する。
 それにしても、この便18:15到着予定で、実際にこの看板の前に立ったのは18:30だったんだけど、サンフランシスコ行きの便の乗継ギリギリすぎじゃねぇ?これ、ちょっとディレイしたら乗継アウトだと思うんだけど。
DSC08772
 到着口の案内が依然と変わってた。
 このプロジェクター式って暫定なのか本設なのか。
 まぁ、暫定だったらいいけど、本設だったらちょっと表示が薄く見えるのが残念ね。


スポンサードリンク

 愛媛編と広島編に分けてみたものの、広島編はあまり分量がないね。
 後半、時間に遅れるかもって焦ってた。


しまなみ海道後半戦

 さて、さてさて、愛媛県から島々をアイランドホッピングして、ついに広島県へ渡る。
Road_bridges_in_Shimanami-Tobishima
    画像出典:Wikimedia commons 作者:Lincun この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0

 前回、大三島を巡るところまでやってきた。丁度上の地図の中央まで。
 ここからはさらに島を渡ってついに広島県上陸!
 長かったぜー!書くのも長い!


7本目:多々羅大橋(大三島~生口島)

 ついに県境を越える。
DSC08681
 逆Y字型の斜張橋になっている。姿が美しいね。普通の吊り橋とは違った美しさがあるね。
DSC08682
 この橋は原付と自転車歩行者とは分離式になっている。
 正直自転車の人たちがいると、ちょっと恐いので安心して渡れる。
DSC08685
 さぁ、県境を越えて広島県が近づいてきた。
DSC08686
 ついに広島県だよー。通行料は100円。ちょっと距離が長いので高くなってる。
 ちなみに、広島と愛媛の県境を船以外でまたげるのは、とびしま海道を構成する中ノ島~岡村島間の岡村大橋と、しまなみ海道を構成する生口島~大三島間の多々羅大橋、そしてもう一つなんと瓢箪島の陸上にある。瓢箪島は小さな小さな島なのに県が分断されている。昔、昔の激しい縄張り争いの結果そうなった。民話にも登場するくらいの話なので相当激しかったと思われる。島には明治時代に打たれた境界石もあるとのこと。
DSC08690
 多々羅大橋からもこの瓢箪島が見える(この角度では瓢箪に見えないけど)。
DSC08691
 さぁ、広島県生口島に上陸。もう尾道市だ。

スポンサードリンク

6島目:生口島

 生口島の中心地は瀬戸田という。
 瀬戸田と言えば瀬戸田レモンが有名で、国内生産量の3割をしめる。
 瀬戸田レモンの産地はこの生口島と隣の高根島である。
DSC08696
 瀬戸田から高根島に渡る、高根大橋もレモン色!
DSC08685
 先ほどと同じ写真だけど、この斜面に生えてるのは全部レモン!
 むかーし、ここに来たときは瀬戸田に泊まったなぁ。風呂は温泉ではないけど、レモンが浮かぶレモン風呂だった。
 瀬戸田は江戸時代などは栄えた場所で、本気で観光するにはちょっと時間が足りないので、先へ進む。


8本目:生口橋(生口島~因島)

 さあ、渡るよ。
DSC08701
 通行料は50円。
 1991年開通で、しまなみ海道開通よりも古い。
DSC08702
 今度はA型の斜張橋。
DSC08705
 さぁさぁ、海を渡るよ。
 正直、走ってたときも景色に飽きてきたし、書いてても飽きてきた。ごめん。
DSC08706
 うぉっ!なんか因島の方が都会感がある。
 ホント、なんでだろ。なんとも言えない都会感。都会じゃないけど。
DSC08710
 橋の全景。
 こうやって何本もの橋があって、島の生活を支えているんだなぁとしみじみ。


7島目:因島

 さて、因島。
 今までの島々も造船所とかあったりしたけど、どちらかと言えばのんびり田舎感が溢れていた。
DSC08714
 因島に来ると大きな造船所がかなり多い。大きなクレーン船もいた。
 元々の因島市の市制施行が1953年、この島が本土とつながったのは1983年なので、昔から造船業で発達していたと言える。そういう意味では1999年につながった愛媛県の島々に比べたら都会というか、何というか。
 というわけで、ここも特に観光せずスルー。だって、時間がない!

スポンサードリンク

9本目:因島大橋(因島~向島)

 さー、渡るよー(飽きた)。通行料50円。1983年開通。
DSC08716
 因島大橋は今までと全く構造が違う。
DSC08718
 吊り橋なんだけど、上が車道で、下が原付自転車歩道になっている。一応、でこぼこで歩行者とそれ以外に分けられているけど、なんだか圧迫感があって、ちょっと恐い。尾道から自転車でやってくるファミリー層は体力的にこの辺が限界なのか、自転車交通量は格段に多くなった。
DSC08720
 金網があるので、景色もあんまり良くない。
DSC08723
 橋としての美しさはいいんだけどなぁ。
 ちょっと渡っててがっかりする。やはり愛媛側のインパクトはデカい。


8島目:向島

 向島上陸!
 この島は尾道駅から見て向かいに見える島。もうここまでやってきた!
DSC08728
 向島は隣の岩子島と向島大橋でつながっている。
 ちょっと変わったアーチ橋だね……と思ったらアーチ橋の車道とトラス橋の歩道が並んで架かっている。
 ちなみに、日本で最初に農道が海を渡ったところらしい。
DSC08731
 ここで結構遅めのお昼ご飯。
 なので、ラーメン食べる。
DSC08729
 尾道ラーメンとは違う、細麺で甘めの味。背脂浮いてるけど、甘めの醤油。
 まあ、普通においしかったよ。


10本目:尾道大橋(向島~尾道)

 さて、最後の10本目。
 最後の橋は償還が終わったため通行料無料の尾道大橋。1968年開通。
 この橋は自転車で渡るのはほぼ不可能、原付(50cc)で渡るのは危険、原付(125cc)で渡るのは要注意である。歩道と車道しかないため、自転車や原付は車道を走る必要があるためだ。そして、車の通行量がむちゃくちゃ多い。よって、基本的にはこの区間はたくさんある渡船に乗って海を渡るのが推奨されている。
 とはいえ、普段から125ccのバイクを乗り回している人なら平気だろう。
DSC08733
 手前が新尾道大橋(高速道路)、奥が尾道大橋(一般道)。
 走ってみたが、やはり50ccの法定速度で走ると車に轢かれそうになると思われるし、自転車なんて論外って感じだった。なので、みんなおとなしく渡船に乗ろうね。
DSC08737
 渡船乗り場はたくさんあるのでね。写真は尾道駅前の渡船乗り場。
 ちなみに走っているとき思ったけど、歩行者がどうやって歩くのか謎だった。なんかケーブルがあったりして、とても人が歩けるような状況じゃなかった。

スポンサードリンク

尾道駅に到着!

 やったついに着いたよ!
DSC08735
 いやぁ、長かったね。
 ホントに長かった。市内で給油してバイクを返却。
DSC08741
 焦ってたせいか、時間をちょっと余らしてしまったので、またラーメン食べちゃった。
 あぁ、なんかがっつり感が尾道ラーメンだなぁって思った。


スポンサードリンク

 さぁ、帰るっぺよ。
 今治からしまなみ海道経由で尾道まで戻る。


しまなみ海道は原付で行くべし

 行きはとびしま海道を通ってきたけれど、帰りはベタにしまなみ海道を通る。
Road_bridges_in_Shimanami-Tobishima
    画像出典:Wikimedia commons 作者:Lincun この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0

 左の青線が安芸灘とびしま海道、右の緑線が瀬戸内しまなみ海道。実際にはこの緑線は西瀬戸自動車道を示しており、自転車や原付は各島内では一般道を迂回して走ることになる。
 世界的にも有名になったサイクリングロード。ここを走ると絶景だ。車で行くと高速道路なのであっという間に過ぎてしまうし通行料が高いけど、自転車なら無料、125cc以下原付なら安価。時間も体力も使うけど、原付ならなんとかなる!でも、危ないから練習してから走ってね。素人の事故は結構多いので。
 こうやって見ると、前日尾道から呉まで走って安芸灘とびしま海道通って、大三島からしまなみ海道で今治まで行くってかなり無茶なプランだったな。確かにしんどかった。反省。
 前回は原付で2008年に行ってるので9年ぶり。この時は今ほど有名じゃなかったなぁとしみじみする。


1本目:来島海峡第三大橋(今治~馬島)

 さて、早起きして行くよ!
DSC08575
 まずは、橋を渡る前に今治側の自転車で渡る人向けの基地となっているサンライズ糸山へ。
 ここで、トイレや服装などをチェック。準備ができたら出発。
DSC08576
 橋によって違うけど、ここは原付専用の道路と自転車歩行者向けの道路に分かれている。
 見ての通り、結構しっかりした高架橋による道路が整備されている(写真の高架橋は車道ではない)。
DSC08578
 さぁ、渡るぞ!
DSC08579
 橋の上はこんな感じ。
 来島海峡上の橋は、歩行者・自転車と原付が完全に分離されていて、北側が歩行者・自転車道、南側が原付道になっている。原付道とはいえ、まんま歩道と変わらない設計なので、橋の柱などによって道がくねっている部分があるので注意が必要。制限速度は30km/h。まぁ、守っている人がいない感はあるけどね。
DSC08586
 さて、途中の馬島が見えてきた。

スポンサードリンク

1島目:馬島

 さて、馬島に到着。
 ここは、車だと地元民や緊急車両、配達車両など特別な許可を得た車しか降りることができないが、歩行者自転車原付は自由に降りることができる。エレベーターで!
DSC08602
 今治~馬島間の通行料は100円。このエレベーターのドアの横にあるゴミ箱みたいなの(失礼!)が、料金箱なのでそこに100円を投げ入れる。なお、馬島で降りない場合は別に料金所があるのでそこに入れる(後述)。
 ちなみに、原付道とエレベーター挟んで反対側はバス停になっている。
DSC08593
 エレベーターで降りてきた。原付をエレベーターに載せることってここぐらいでしかないんじゃないか?
 出っ張っているところがエレベーター。
DSC08591
 とりあえず馬島から来島第三大橋を撮影。
 まぁ、あれだ。島自体には観光スポットは何も無い。マジでない。


2・3本目:来島第二・第一大橋(馬島~大島)

 さて、原付旅を続けよう。
 再度エレベーターに乗って橋上へ。
DSC08603
 馬島エレベーターのすぐそばに料金所がある。
 馬島から走る場合はここで100円、今治からそのまま走る場合はここで200円払う。
 もちろん賽銭箱方式なので、おつりは出ないから注意。
DSC08608
 さてさて、再度の橋の上。
 かなり高いところを渡っているので、高所恐怖症の人は無理かもしれない。高さは78mとか。
DSC08609
 朝日を浴びて走って行く。
 気温が上がってきて一安心。朝は死ぬほど寒かった。
DSC08610
 というわけで、大島に上陸。


2島目:大島

 さて、大島の中は原付道も自転車道もないので、一般道路を走る。
 まずは、亀老山展望台へ。
DSC08613
 来島海峡に架かる橋が、全て見渡せる。
 いやー、すばらしいな。ホントに素晴らしい。
DSC08621
 本来ならば最短ルートの道があるのだけど、内陸を走って面白くないので、外側を遠回り。島の西側を走る。
DSC08622
 途中ではとことこ走る路線バスを追い抜いた。
 ビックリするぐらい穏やかな瀬戸内海沿いを走ると、心も穏やかになる。

スポンサードリンク

4本目大島大橋(大島~見近島)

 さて、また橋を渡る。
DSC08628
 こちらは大島大橋。この先の伯方橋と合わせて「伯方・大島大橋」と称することが多い。
DSC08630
 原付道を上がっていくと料金所。
 料金は伯方島まで50円。
DSC08632
 賽銭箱に50円投げ入れる。
 ちなみに50円なかったときに、次の料金所で2橋分の100円払っちゃダメなのかな。まぁ、ダメなんだと思うんだけど、取り締まる人がそもそもいない。
DSC08631
 ここからは原付や自転車、歩行者が混在して渡ることになる。
 特に自転車と原付は同じレーンを走るので注意が必要だ(歩行者はめったにいない)。
DSC08634
 この橋は将来の拡幅用地なのか、海までちょっと距離があるところしか走れない。
 ちょっと残念。


3島目:見近島

 うっかり通り過ぎてしまいそうな無人島が途中にある。
DSC08636
 大島大橋の渡り終わったところに直角で分岐する道がある。
 写真は大島方向に向かって撮影しているので、右に分岐しているけど、大島方向から来たら左に分岐する。
DSC08637
 見近島と呼ばれるこの島は、しまなみ海道で渡れる橋のうち唯一の無人島だ。
 分岐の道からわかるとおり、原付・自転車・歩行者でないとこの島には上陸できない。
 ここには無料のキャンプ場があって、テントを持ってくれば宿泊することができる。


5本目:伯方橋(見近島~伯方島)

 さて、元の橋に戻る。
 えーっとこの橋はあまりにも短かったので写真が残ってない。

スポンサードリンク

4島目:伯方島

 はっかったっのっしおっ!で有名な伯方島。
 伯方の塩の伯方塩業の伯方本社と伯方工場がこの島にあるけど、見学施設はこの次の大三島にある。
 夜遅くまでやっているガソリンスタンドがあるのはこの島!朝6時~夜22時まで営業している。
 警察署もこの島にあり、しまなみ海道で言えば大島~伯方島~大三島が管轄となっているので、この地域では中心的な役割を果たしている。大島よりも大三島よりも面積は小さいんだけどね。おそらく伯方島の南側にある上島町の島々も管轄しているので、そちらへの交通の便も考えられているのだろうと思う。
 ……ってつらつら書いてきたけど写真がない。


6本目:大三島橋(伯方島~大三島)

 さて、6本目の橋を渡る。まぁ、一般的な感覚で言えば3本目だけど。
DSC08653
 この橋がしまなみ海道で一番最初に開通した橋である。1979年開通。
 こちらの橋だけが唯一のアーチ橋となっている。通行料は50円。
DSC08655
 ちょっと正直景色に飽きてきた。
DSC08659
 大三島に上陸。
 アーチのカーブが美しいね。


5島目-1:大三島・伯方の塩工場見学

 この地域に来たら、何をしなきゃいけないかだって?
 そりゃ伯方の塩の工場見学っしょ!
DSC08665
 というわけで下道を走ることしばし、伯方塩業の大三島工場に到着。
DSC08666
 入口には「はっかったっのっしおっ!」っと奏でられる鐘が置いてある。
 以前来たときはかなり大きな音を出していたが、ハンマーに細工されてそれほど大きな音が出なくなっていた。
 工場内部は写真撮影厳禁。まぁ、海外から持ってきた塩を瀬戸内海の海水に溶かして、海水を蒸発させて塩を作るという工程になっている。ちなみに行くとお土産で塩をくれる。
DSC08667
 伯方の塩をかけたソフトクリームも食べられるぞい!
DSC08669
 工場の見学施設からちょっと離れたところ(歩くには遠い)に伝統的な製塩施設が作られていて、見学することができる。
DSC08670
 流下式枝条架併用塩田とされるこの施設は、まず塩田で海水を流して天日による濃縮を行い、そのあとこの施設の上から流して風によって水分を飛ばして、濃い海水を作ることを目的としている。最終的にこれを煮詰めて塩ができる。
 製塩史上最も食用に適していた塩と言われており、昭和30年代~昭和40年代前半頃に製造されていた方法を忠実に再現している。
 詳しくは伯方の塩ホームページを見てみよう!


スポンサードリンク

5島目-2:大三島・伊予国一之宮大山祇神社に参拝

 さて、道中も終わりにさしかかってきたけど、ここで伊予国一之宮である大山祇神社へ参拝に行く。伯方の塩の工場から近い場所にある。
DSC08675
 全国にある三島神社はここと静岡の三嶋大社が総本社であり、伊予国の一之宮である。
 伊予の場合、一之宮は離島にあるのだ。 おそらく、瀬戸内海の海運が古くから発達し、風待ちなどで待避した港がこの付近島々にあったことによるであろう(根拠なし)。昔はどの島もどこよりも栄えていたのだ。 山の神でありながら渡しの神でもあり、海上交通安全の守護神とされる。
DSC08678
 ご神木である楠の巨木が有名。樹齢推定2,600年。
 ただ、相当弱っているらしく、近くには入ることができない。
DSC08679
 安全に道中過ごせたことを感謝し、この後の道中の安全を祈願した。


次回はいよいよ広島県突入

 さてさて、盛りだくさんでお伝えしてきたしまなみ海道。
 これだけ写真もりもりでもまだ愛媛県。次回は後半戦広島県に突入するよ!


スポンサードリンク

 瀬戸内しまなみ海道は有名だけど、そこまで有名じゃない安芸灘とびしま海道。
 これが楽しかった。みんな行ってみるといいと思うよ。


安芸灘とびしま海道

 尾道と今治を結ぶのが瀬戸内しまなみ海道。
 ここは超有名。サイクリストにも超有名。
 たぶん日本で一番景色が良いサイクリングコースだと思う。
安芸灘とびしま海道
       画像出典:Wikipedia この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0
 今回行くのは安芸灘とびしま海道。
 呉市から今治市まで7つの橋梁で島々を結ぶ道路である。瀬戸内しまなみ海道とは違い、安芸灘大橋以外は通行料が全て無料。一応、今治市までつながっているとはいえ、つながっている今治市は岡村島であって、四国本土とはつながっておらず、行き止まりになっている。もちろん船を使えば終点の岡村島から先、大三島へ抜けることができるので、通り抜けできるよ。


1本目:安芸灘大橋(本州~下蒲刈島)

 さて、原チャリ(125cc)で尾道から70kmをえっちらおっちら走ってきたけど、やっとスタート地点。
DSC08427
 呉市の安芸灘大橋有料道路料金所に到着。
 通行料は普通車200円。125ccの原チャリはなんと20円。
 ちなみに歩行者と自転車は無料。50cc超125cc以下の通行料は20円だけど、50cc以下の通行料が指定されてないんだけど、どうやら50ccバイクは通行禁止の模様。
 なので、二輪免許持ってない人は俺と同じことできないからね!いきなり詰むからね。代替航路ないし。
 あ、体力に自信がある自転車界隈の人はOK!走る人もOK!50cc原チャリだけ不可!
DSC08428
 というわけで安芸灘大橋渡りまーす。
DSC08429
 いよいよ安芸灘とびしま海道スタート!
DSC08433
 とはいえ、交通量多いので途中で写真は撮れず、渡りきった後で撮影。
 都道府県が整備した吊り橋の中では最長。開通は2000年。
 いやー、橋って、ほんと、美しいよねー。というわけで、上蒲刈島に上陸。

スポンサードリンク

2本目:蒲刈大橋(下蒲刈島~上蒲刈島)

 さて、時間もないので駆け足で。
DSC08447
 これまた美しいトラス橋。
 実はこの橋、広域農道。農道ってイメージじゃないけど。
 1979年開通なので、結構古い。
DSC08448
 さて、渡りましょう。
 しまなみ海道とは違い、ここから先はどの橋も一般道なので、川を渡るのと変わらない。
DSC08449
 川を渡るのと変わらないはずなのに、なぜ海だと違うんだろう。
 やはり海というのは特別なのか。港があって海と共に生きる人が多いのが違うのだろうか。
DSC08453
 いやぁ、やっぱり美しいなぁ。


3本目:豊島大橋(上蒲刈島~豊島)

 さて、上蒲刈島を走る。
DSC08462
 海沿いの道を走るのは気持ちいい。
 瀬戸内海なので、波も穏やか。
DSC08463
 これは安芸灘大橋だね。いいなぁ、橋のある風景。
DSC08468
 島のメインでない側に回ってみたら、海のギリギリに道がある。
DSC08479
 砂浜もあるんだねぇ。
DSC08473
 こちらは3本目となる豊島大橋。
 安芸灘とびしま海道の中では一番新しく2008年の開通。
 航路限界などが高く広く取られているため吊り橋となった。
DSC08483
 1本目の安芸灘大橋と同様の航路限界を取っているので、かなり高いところにある。
 これ、自転車の人、死にそうだ。
DSC08485
 やっぱり橋は気持ちいい。
 しまなみ海道よりもゆっくり走れるし、景色もよく見えるし、そこまで橋の高さは高くないのが良いところ。
DSC08487
 豊島に上陸。
 さぁ、結構日が傾いてるぞ。
 油断するとタイムリミットが来ちゃう!


4本目:豊浜大橋(豊島~大崎下島)

 次は豊浜大橋。
DSC08492
 こちらは2本目の蒲刈大橋と同様の構造となっている。
 蒲刈大橋でのノウハウを活かして、架橋したらしい。
DSC08494
 なんか人々の生活と橋が密着しているというのを示したくて撮った1枚。
DSC08495
 ホント瀬戸内海って穏やかだね。
DSC08501
 さて、大崎下島に上陸!

スポンサードリンク

5本目:平羅橋(大崎下島~平羅島)

 大崎下島の御手洗地区は江戸時代以降、潮待ち風待ちの港町として賑わったところ。
DSC08504
 古い街並みが保存されている(……というより作ったものか?)。
 今では来るのに不便な島だけど、昔は違ったということ。
 交通機関の変化や産業構造の変化によって寂れてしまった街ってなにかそそられる部分がある。
DSC08511
 近くにはフェリー乗り場もあった。大崎上島経由で竹原まで行けるみたい。
 ちなみにこの島を過ぎると当分ガソリンスタンドないからね!
 この先夕方以降開いているガソリンスタンドは伯方島のガソリンスタンドまでない!燃料確認!
DSC08513
 さて、平羅橋を渡る。
 いままでの橋立に比べたらホント小さいPC斜張橋。1995年開通。


6本目:中の瀬戸大橋(平羅島~中ノ島)

 ごめん。あっという間に過ぎてしまったので写真も思い出もない。
 平羅島と中ノ島は小さい島過ぎて……。1998年開通。


7本目:岡村大橋(中ノ島~岡村島)

 というわけで岡村大橋。1995年開通。
DSC08505
 ニールセンローゼ橋と呼ばれるアーチ橋なんだってさ。
 でもこれだけの高さ、長さの橋なのに橋脚が1本しかないのがすげぇ。
 いやマジですごいと思うのよ。そしてアーチが美しいねぇ。
DSC08514
 そして、ここの橋が県境。愛媛県に入る。広島~愛媛間で数少ない歩いて渡れる県境。
 これから行く岡村島が現在の安芸灘とびしま海道の終点になる。
 ということはこの岡村島は広島県と橋が架かってつながっているけど、愛媛県とは橋がつながっておらず、フェリーでしか他の愛媛県に渡ることができない。それどころか、愛媛県今治市になるけど、市役所すらフェリーに乗らないと行くことができない。
DSC08521
 観音崎で夕陽を見る。めっちゃ美しい。
 その後山を登ってナガタニ展望台へ。
DSC08532
 めっちゃ景色いいー。
DSC08531
 しまなみ海道の橋も見えた。やっぱりレベルが違う!
DSC08527
 先ほど行った御手洗の街も一望できた。
 島って使える面積が少ないことが多いし、海で暮らす人々が多いから、人々の家の面積が小さいよね。これは三陸の街にも言えることで、特に釜石なんてネコの額みたいな土地に住んでたりする。

スポンサードリンク

8本目:大三島ブルーライン(岡村島~大三島)

 さて、日が暮れてあたりは真っ暗。
 幸い、最終のフェリーまで時間がある……けどガソリンの残量が心許ないことに気づく。
 一旦、大崎下島まで戻り給油。開いてるガソリンスタンドがあって良かったー。
 ここを過ぎると、次の給油場所は夕方以降だと伯方島になる。
DSC08537
 というわけで岡村港。
 島の夜は早い。 暗くなると島には人の気配がしない。
DSC08536
 こちらが切符売り場兼待合室。
 今治市営と大三島ブルーラインの2者が運航しているので、切符の買い方に注意。
 あと、今治市営の旅客船だと原付載せられないからそれも注意。あくまで両者のフェリーだけ。
 あたりが真っ暗すぎて、本当に来るのだろうかと不安になりつつある中、最終便のフェリーがやってきた。
DSC08542
 客は車1台とバイク1台だけ。朝から晩まで橋のない島々の生活を支えるフェリーに安心感をもらう。
DSC08548
 出航!
DSC08549
 この時間の、しかも岡村からの最終便だからガラガラなのかもしれないけれど、フェリー自体はそこそこ大きい。
DSC08550
 あのフェリーに必ずある、カーペットスペースってなんなの?
 フェリー独特だよね。この間佐渡汽船乗ったときもかなりあったけど。
DSC08555
 いよいよ到着。
 まだ着岸していないのでエンジンをかけてはいけない。
 合図があって下船。大三島の宗方に上陸。こちらもひっそりとした場所だった。
DSC08556
 明かりは船の明かりがほとんど。あとは暗い街灯がついているだけ。
DSC08559
 こんな客がいない最終便だけど、路線バスが待機していた。
 乗る客はいるのかなぁ。そもそも、今回のフェリーには交通用具がない人が乗ってなかったのでバスに乗る人も0人だった。


延長戦:夜間のしまなみ海道を渡って今治まで

 さて、今夜の宿は今治。
 時間は19時前だけど、真っ暗な中しまなみ海道渡って今治まで行くぜ!
DSC08562
 いやー、恐い。
 ホント、恐い。街灯ないし。
 地元民の人が多いけど、原付をみんなめっちゃ飛ばしてるし。
DSC08563
 みんなもこのプランで行くときには気をつけてね。
 時間設定に無理があった。もうちょっとゆっくりするべきだったかな。


スポンサードリンク

 盗んだバイクでは走り出さない。


白市駅から尾道へ

 白市駅から尾道駅まで電車。
DSC08384
 広島空港最寄り駅とはいえ、田舎の駅感が炸裂。
 まぁ、山陽道が通行止めにならない限り、普通に広島駅までバスに乗るよね。っていうか広島空港が広島から遠すぎ。
DSC08386
 おおー、新車や!
 國鐵廣島などと揶揄されたのも今は昔。今じゃ新車が走ってるもんなー。
DSC08387
 とはいえ、糸崎で乗り換えたら末期色だった。
 まぁ、これだよね、JR西日本って。なんか安心した。


尾道で原チャリ借りる

 さて、尾道。
DSC08392
 久しぶりだなぁ、尾道。
 以前来たときとは駅舎がすっかり変わっている。
 前にいつ来たか忘れたけど。
 広島空港で電話しておいたレンタルバイク屋さんと落ち合う。
DSC08393
 コイツが今日と明日の相棒。
 原チャリというか原付2種125ccのバイク。
 一応、小型二輪AT免許持ってるからね。さすがに50ccじゃ色々とキツいと思う。
 というわけで、よろしくね。

スポンサードリンク

しまなみ海道?いいえ違います!

 さて、尾道で原チャリといえばしまなみ海道だよね!
 でも、今日は行かない(いや、正確には行くんだけど)。
DSC08398
 さぁ、今日はまず西へ向かうよ!三原を越えて、目指すは呉(のちょっと手前)。距離は70km!
DSC08408
 道中長いぜ!途中で大芝島への橋を見つけたので渡ってみた。
DSC08421
 それにしても島はいいのぅ。
 そして、寒い。ワークマンのイージスを着てるけど寒い。この時期にバイクで走るっていうのが、ちょっと頭おかしいんだけどさ。
DSC08424
 安芸川尻駅の近くでねぎ炸裂お好み焼きを食べて、さらに先へ進むぜ!


スポンサードリンク

 色々煮詰まったので、飛行機に乗ろう。
 というわけで直前でもマイルで取れた広島便。


早朝ダッシュ

 地元を始発電車で出て、羽田空港。
 早足で改札を通り抜けて、カウンターへ。
 今回はキャンセル待ちしかけるからね。
DSC08357
 Fカウンターがゲロゲロの混雑。
 まじかーって思ってたら、カウンターに並んでるのではなく、手荷物検査待ちだった。Fカウンターでキャンセル待ちしようと思ったら、あっさり初便のチケットがでてきた。だれかクラスJにあげて普通席に空きが出たのかしら。
DSC08358
 この日のJAL907便は何かやらかしたみたいで、那覇便の搭乗手続は全て特設カウンター送りに。
 いったい何をやらかしたんだろ。


ラウンジで朝ご飯

 とにかくカウンターに行くことだけに専念していたので、おなかが空いた。
DSC08363
 というわけでダイアモンドプレミアラウンジで朝食。
DSC08359
 食べた。
DSC08361
 お、A350がいるね。
 コイツに乗るのはいつになるかな。

スポンサードリンク

搭乗~離陸

 さて、おなかも満たしたので搭乗。
DSC08365
 さぁ、のるでー。
DSC08368
 今日の機材は763。F付だね。ってことはクラスJ開放されてたってことか。
 そりゃー、クラスJに上げるわな。
DSC08370
 というわけで、私は普通席のバルクヘッドで。
 結構みちみちの満席。
DSC08373
 離陸~。


飛行機を追い越すところを初めて見る

 飛んでからは順調に航行。
DSC08375
 富士山もばっちり見えたねー。
DSC08377
 なんとなく、外を見てたら、ソラシドエアを追い越すのが見えた!
IMG_41vn4c
 すかさずチェックすると長崎行きのようだね。
 っていうか、ソラシドエアってNH便名で登録されてるのか。
 やっぱり738よりも763の方が速いのかね。よくわからんけど。


着陸後は白市駅へ

 あっさりと到着。
DSC08380
 お久しぶりの広島空港。
 いつぶりだったかは思い出せない。
DSC08381
 いつもはレンタカーか広島駅行きのバスだけど、今回は白市駅行きのバスに挑戦。
DSC08383
 白市駅まで行くさー。


スポンサードリンク

 色々食べる。
 もりもり食べる。


昭和のカレーライス

 新潟市内のバスの一大拠点万代バスセンター。
 ここには昔ながらの立ち食いそば屋がある。
DSC08115
 ザ・昭和!
DSC08116
 メニューはこんな感じね。
 ここの名物はカレー。
DSC08118
 キター!真っ黄色のカレー。
 もう昔懐かしの感じ。小麦粉どろっとした感じの。
 うまいかというとよくわからないけど、懐かしすぎて思い出加算されるから、うまい。


みかづきのイタリアン

 新潟のイタリアンと長岡のイタリアンは違う。
 たぶん、その両方とも県外の人々が想像するイタリアンと違う。
 まぁ、この辺はどちらかい肩入れすると新潟vs長岡の戦争がおこりかねないので、そっとしておくことにするが、どちらもソース焼きそばにトマトソースかミートソースがかかってる食べ物。
DSC08122
 今回は新潟なのでみかづきで食べよう。
 みかづきはソース焼きそばにトマトソースがかかった食べ物。
DSC08121
 まぁ、県外出身者がわざわざ食べるほどのものかどうか……。
 とはいえ、あまり味わったことがない味付けに驚く。普通においしく食べられるよ。いわゆるイトーヨーカドーのフードコートにある感じの焼きそばだね。

スポンサードリンク

日本酒を試飲しまくれ、ぽんしゅ館

 万代シティーから新潟駅までお散歩。
DSC08124
 この新潟駅のバスターミナルの雰囲気がなんか好き。
DSC08127
 越後湯沢駅には昔からある有名な「ぽんしゅ館」。新潟駅にもあるよ。
 このおっさんが目印だ。場所は所謂表口とは反対側の裏口。
 お店が分散していてわかりにくいが、ここの一角に日本酒有料試飲コーナーがある。
DSC08129
 利き酒番所93という名前。
DSC08131
 ここでは500円で5枚のコインと交換して、コイン1枚につきおちょこ1杯分の日本酒を飲むことができる。もちろんハイグレードな酒もあって、それはコイン複数枚と交換になる。とはいえ、行ったときはハイグレードな酒はなかった。新潟県内の全ての酒蔵の日本酒がそろっていて、色々と試飲できる。気に入った酒があれば買って帰れる。
 これねぇ、エンジンかかってくると結構ばかばか飲んじゃうのよね。
 酒蔵による違いがあって面白い。


新潟と言えばタレカツ丼

 新潟と言えばタレカツ丼。
 死ぬ前に何を食べますかと聞かれたら間違い無く答えるタレカツ丼。
 とんかつ太郎も行ったし、政家も行ったし……。というわけで、今回は新規開拓。
DSC08139
 新潟駅前には地下にセブンイレブンがめり込んでて有名なビルがある。
 そのうえにある「とんかつ政ちゃん」へ。政家の系列なんだけどね。
DSC08135
 タレカツ丼、どーん!
 薄めの肉に、薄めの衣、これに味が濃いめの醤油味タレをくぐらせたのがタレカツ丼。
 これがおいしいんだなー。 新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ」をきゅーっとやりながら食べる。
 やっぱりタレカツ丼はうまい!かつやのタレカツ丼はニセモノ!


新幹線で帰る

 死ぬほど満腹で、新幹線に乗る。
DSC08140
 おおー、帰りもE2系や。
DSC08141
 というわけで、帰りまっす!


スポンサードリンク

SIM2Flyシリーズ その1スペック編 その2使い方他編 その3USSDコード編

(2020.5.19現在)
 対応国がまた増えた。
 アメリカのローミング先がホームページに書いてあったので増やした。

 今回は巷で噂になっているアジア最強SIM、タイAISのSIM2Flyを買ってみたってお話。
DSC07993
 とりあえず、なんで現地プリペイドSIMがいいのかって話はタイのSIMについて書いた記事を読んでちょうだい!まぁ、日本の会社のローミングプランもかなり値段下がってきているけれどね。

 今回からしばらくの記事は元Marcoflyerはどこへ行くのえびちゃんさん(さかなクンさんみたいだ……)の記事を参考に、最新情報や便利情報などを追加して作成いたしました。こころよくOKをだしてくれた喪黒福造ことえびちゃんさんに感謝いたします。自分、一度本人に「どーーーーーーーん!!!!」ってやられてみたいです。

参考記事
元Marcoflyerはどこへ行く
【約1,300円で上限3GBまで】アジア12カ国で利用できる格安ローミングSIM SIM2FLYを購入してみた
数カ国周遊旅行に最適な海外ローミングSIM SIM2FLYを実際に使ってみた
AIS SIM2Fly公式ホームページ他


「SIM2Fly」のすごいところ

SIM2Fly_Top1
 タイの大手携帯電話会社であるAISから発売されている「SIM2Fly」。このSIMカードはアジアを周遊する人にとってはこれ以外選択肢がないと言っていいぐらいのSIMカードです。
 このSIMカードの大きな特徴は次の通りです。
  ・比較的安価でありながら使える国が多い。
  
・定められた容量を期間内であれば複数の国で使える。
  
・チャージして再度プラン(違うのOK)を購入できるので旅行のたびに買い直す必要がない。
  
・日本のAmazonで買えちゃう。香港の鴨寮街でも買えちゃう
  
・余った容量は日本でも使えるので日本のSIM容量削減できる(だが遅い)。
 よって、これらのメリットを最大限享受できる方というのは、弾丸トラベラーで旅行を繰り返す人経由地でもSIMを使いたい人飛行機が滑走路からそれた瞬間からスマホを使いたい人ということになります。全部私です。はい。

 あと、eSIMにも対応したらしいです。筆者はeSIM使うつもりがないのでこのページでは扱いません。

スポンサードリンク

「SIM2Fly」を使わない方がいい人

 とりあえず使わない方がいい人は次の通りです。
  ・タイ国内は別料金なので、タイだけに旅行する人。
  ・常に考えられる限り最高スピードで接続しないと許せない人。
  
・現地でSIMを買うことに喜びを感じる人。
  
・ストイックに安さを追求する人。
  
・逆に特にいくら払ってもかまわないやとか思ってる人。
 うん、下の3行の人々はこんなページみないわな。


販売しているSIM2Flyの種類

 SIM2Flyという名前で売っているSIMカードは3種類あります。
 なんか1年間使えるカードが増えました!
SIM2FLY_Lineup
 1,THB399  6GB 10日間 アジア・オーストラリア用 (+タイ国内データ500MB10日間)
 2,THB899  6GB 15日間 グローバル用 (+タイ国内データ500MB10日間)
 3,THB2,799 15GB 1年間 グローバル長期用

 というわけで3種類あります。
 それぞれのSIMカードについては次の項目から説明していきます。

スポンサードリンク

THB899 6GB 15日間 グローバル用SIM
THB2,799 15GB 1年間 グローバル長期用SIM

 THB899(=約3,200円)で世界各国6GB15日間使えるSIMカードとTHB2,799(=約10,000円)で世界各国15GB1年間使えるSIMカードです。グローバル用と銘打ってあるだけあって世界中で使えます。よってヨーロッパに行く際に、乗継があっても乗継中の時間つぶしや情報収集にも使える優れものです。15日間6GBなので1日あたり400MBですが、容量を使い切った場合(使い切る前でも)新しいプランを購入すれば、データ容量が増加します(確認済)。既存のカードでこのプランを購入する場合や追加をする場合は容量に応じて3プランから選択することができます。

使える国(2020年5月19日現在)
下線=アジア向けSIM2Fly(THB399)でも使える国
赤字=最近使えるようになった国(2020.1-2020.5.19)

 ヨーロッパ
  アイスランド ・ アイルランド ・ アゼルバイジャン
  アルバニア ・ アルメニア ・ イタリア
  イングランド ・ ウェールズ ・ ウクライナ
  エストニア ・ オーストリア ・ オーランド諸島
  オランダ ・ 北アイルランド ・ 北キプロス
  ギリシャ ・ クロアチア ・ サンマリノ ・ スイス
  スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
  スウェーデン ・ スコットランド ・ スペイン
  スロバキア ・ スロベニア ・ セルビア ・ チェコ
  デンマーク ・ ドイツ ・ トルコ ・ ノルウェー
  バチカン市国 ・ ハンガリー ・ フィンランド
  フェロー諸島 ・ フランス ・ ブルガリア
  ベラルーシ ・ ベルギー ・ ポーランド
  ポルトガル ・ マケドニア ・ マルタ
  モンテネグロ ・ ラトビア ・ リトアニア
  リヒテンシュタイン ・ ルーマニア
  ルクセンブルグ ・ ロシア

 北アメリカ
  アメリカ合衆国 ・ ヴァージン諸島
  エルサルバドル ・ カナダ ・ プエルトリコ
  ホンジュラス ・ メキシコ

 南アメリカ
  アルゼンチン ・ ウルグアイ ・ コロンビア
  チリ パラグアイ ペルー

 アジア
  インドインドネシア ・ ウズベキスタン
  カザフスタン韓国カンボジア
  キルギスタンシンガポールスリランカ
  台湾中国日本ネパールパキスタン
  バングラデシュフィリピンブルネイ
  ベトナム香港マカオマレーシア
  ミャンマーラオス
  ※インドは北東部の飛び地7州+ジャンムー・カシミール州を除く

 中東・アフリカ
  アラブ首長国連邦イスラエルウガンダ
  エジプト ・ オマーン ・ ガーナ ・ カタール
  クウェート ・ サウジアラビアナイジェリア
  南アフリカ

 オセアニア
  オーストラリア グアム トンガ
  ニュージーランド ・ パプアニューギニア
  フィジー


既存カードに追加でのプラン(どのSIM2Flyカードからでも追加できます)
SIM2FLY_Global
 THB299 1GB 3日間 購入方法「*111*359#」に発信
 THB799 4GB 15日間 購入方法「*111*358#」に発信
 THB849 6GB 15日間 購入方法「*111*371#」に発信
 THB2,699 15GB 1年間 購入方法「*111*600#」に発信

スポンサードリンク

THB399 6GB 8日間 アジア・オーストラリア向けSIM

 THB399(=約1,300円)でアジアを中心に6GB8日間使えるSIMカードです。1日あたり500MBもあり、潤沢な容量でPCで何か重いデータを送ったりしない限り使い切るのは難しいと思われます。それぐらい太っ腹なカードになります。既存のカードでこのプランを購入する場合や追加をする場合は容量に応じて3プランから選択することができます。こちらのカードも容量を使い切った場合新しいプランを購入すれば、データ容量を増加させることができます(確認済)

使える国(2020年1月現在)

  オーストラリア ・ バングラデシュ ・ ブルネイ
  カンボジア ・ 中国 ・ 香港 ・ インド
  インドネシア ・ イスラエル ・ 日本
  カザフスタン ・ ラオス ・ マカオ ・ マレーシア
  ミャンマー ・ ネパール ・ パキスタン
  フィリピン ・ カタール ・ シンガポール
  韓国 ・ スリランカ ・ 台湾 ・ ベトナム
  ※インドは北東部の飛び地7州+ジャンムー・カシミール州を除く


既存カードに追加でのプラン(どのSIM2Flyカードからでも追加できます)SIM2FLY_Asia
 THB119 1GB 2日間 購入方法「*111*356#」に発信
 THB299 4GB 8日間 購入方法「*111*354#」に発信
 THB349 6GB 10日間 購入方法「*111*370#」に発信

スポンサードリンク

THB99 2GB 7日間 タイ隣接国向けプラン(追加限定)

 THB99でタイと国境を接する国だけ利用できる2GB7日間使えるプランです。
 使える国は4カ国のみ。ただ、その限られた国に行くだけならばかなり安く使えます!
 ただし、これはプランのみですので、当初購入したSIMカードでこのプランを使えるものはありません。チャージして、SIMカードを再利用する場合のプランです。


使える国(2018年8月現在)

  カンボジア ・ ラオス ・ マレーシア ・ ミャンマー


既存カードに追加でのプラン(どのSIM2Flyカードからでも追加できます)SIM2FLY_Border
 THB99 2GB 7日間 購入方法「*111*407#」に発信

スポンサードリンク

THB246 100MB 30日間 プラン(追加限定)

 若干コメントに困るプランもあります。
 追加専用のプランではTHB246で100MB7日間です。
 現在、使える国はグローバルプランとまったく同一となったのであまり使う意味がありません。

既存カードに追加でのプラン(どのSIM2Flyカードからでも追加できます)SIM2FLY_Other
 THB246 100MB 7日間 購入方法「*111*350#」に発信

スポンサードリンク

各国のローミング先キャリアとネットワーク名

 各国のローミング先キャリアとネットワーク名です。
 公式には発表されておらず、自分の経験とネット上でのたれ込みに基づき表にしました。よって、ここの部分については正確性が一番ないと思うので、その点ご了承の上、参考にしてください。
キャリア ネットワーク名
日本 Softbank SoftBank / 44020 / Vodafone JP
docomo JP DoCoMo / DoCoMo /
NTT DoCoMo
韓国 SK Telecom KOR SK Telecom
SK Telecom / 450 05
KT KT / olleh
台湾 Taiwan Mobile
(台灣大哥大)
TAIWAN MOBILE
TW MOBILE / TWN GSM
Chunghwa Telecom
(中華電信)
Chunghwa
香港 CSL(HKT) CSL / 454-00 / C HKTelecom
PCS009 / NEW WORLD
HK NWT / HK CSL
C&W HKTelecom / 454-10
Hutchison Telephone 3
マカオ CTM CTM / 45501 / 45504
中国 China Unicom
(中国聯通)
UNICOM / CU-GSM / 460 01
China Mobile
(中国移動)
China Mobile / CMCC
マレーシア Maxis MY MAXIS / MY 012 / 50 212
シンガポール SingTel SingTel / SingTel-G9
ラオス Lao Telecom LAO GSM / Lao Telecom / 457 01
スリランカ Dialog Dialog / DALOG
トルコ AVEA 28603 / AVEA / Aria / TR 03
TR AVEA / TR Aria / Turk Telekom
TURKCELL TR TCELL / TURKCELL
TR TURKCELL
ポーランド Polkomtel PLUS GSM / PL-PLUS
PL-01 / Plus
T-Mobile Era / 260 02 / PL 02 / T-Mobile.pl
ポルトガル NOS P Optimus / Optimus / NOS / P03
アメリカ
合衆国
AT&T AT&T / 310410
T-Mobile T-Mobile / TMO
VoiceStream(Vstream)
 もし「ここはこうだよー」という情報ありましたら、上記のような繋がっていることがわかるスクリーンショットを添付の上、TwitterのDMやメールで送って下さい。連絡先は右上にあります。
IMG_20180809_220918
 ローミング相手先の法則性としてはブリッジアライアンス加盟携帯電話事業者が相手先のことが多いみたい。でも、100%ではないので、あくまで可能性が高いって話です。


このSIMをタイ国内でも使いたい場合

 様々な国を旅行して結果としてタイに着いた場合、チャージをして国内向けプランを申し込めば使えます。なお、SIM2Flyの使用中でも別途タイ国内プランを購入し使うことができますAISのSIMカードは複数のプランを同時行使することが可能です。
 なお、公式ホームページや他のページに記載されているタイ国内用プランの金額は税金(7%)が入っていないので注意。例えばTHB19のプランを申し込もうとしてTHB20チャージしても申し込めません。これは税金が別途THB1.33かかるので、THB20では足りないからです。ちなみにUSSDコードを入力して残高不足で申し込めなくても何もエラーが出ません。「~プランをエンジョイできるよー」というSMSが来ない限り申し込めてないので注意してください。
 色々なプランがありますので、データパックの種類はその3USSDコード編に掲載します。


購入方法

 公式的な購入方法は次の通りです。
  ・AIS Online Shop
  ・AIS SHOP
  ・スワンナプーム国際空港の2階と4階のAISカウンター
  ・スワンナプーム国際空港地下のARLの駅にあるAIS Buddy
  ・ARLパヤータイ駅にあるAIS Buddy
  ・ドンムアン国際空港もありAIS Buddy
  ・タイ国内各空港等のAIS Buddy
  ・一部のファミリーマート(THB399版のみ)

 非公式な購入方法としては日本のAmazonで買うとか、香港の鴨寮街で買うとかあります。なお、私は香港で買いましたが、パスポートの登録せずに使えてしまいました。タイはSIM購入の際にパスポート登録が必須なので、どういうからくりになっているのかは謎です。闇があります。たぶん。
DSC07996


次回予告

 次回は実際の使い方各種コマンド一覧などをまとめていきます。この次も、サービスサービスぅ。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ