FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2019年08月

 2018年10月24日から通れるようになった港珠澳大橋。
 早速行ってみたよ。記事はすっかり旬を逃したけど。


香港空港バスで

 港珠澳大橋とは香港~澳門(マカオ)・中国珠海を結ぶ長いながーい橋のこと。
 全長55kmという世界一の長さの海上橋。55kmって青函トンネルより長いよ!
 香港側の出入り口は空港近くにあるので、空港からアタックするのが簡単。
 空港のバス乗り場から「B4大橋香港口岸」行きのバスが走っているので、これに乗れば誰でも行ける。バス乗り場自体は他のバス乗り場と少し離れていて、ストイックな旅行者御用達の「S1東涌行」のバス乗り場と同じ。
 このバスは24時間運行で、朝夕8-10分間隔、昼夜12分間隔、早朝深夜は30分間隔で走ってる。まぁ、それほど待たずに乗れると思う。
DSC01630
 このバス停から乗るよー。


イミグレはガラガラだった

 さて、ここからはしばらくタバコが吸えないので、喫煙者はバスを降りたら喫煙所に行っておこう。
DSC01632
 喫煙所はバス降り場の端っこの方にある。
DSC01633
 新しい場所はわくわくするぞ!
DSC01635
 閑散としていてちょっと心配になる。
 まぁ、平日の昼間なのでこんなものなのかも。土日は結構混んでるらしい。
DSC01636
 切符売り場。オクトパスやら中国のQRコード決済使える人なら自動券売機で切符を買える。
 現金だと窓口での購入らしい。
DSC01637
 これが切符。下半分はオクトパスの領収証だった。

スポンサードリンク

出境!

 特に迷うこともなく、e道を使って出境。
DSC01638
 澳門!ってでっかく書いてあるからその通りに進めばいい。
DSC01639
 てくてく歩いて行く。雨降っていても傘は不要だね。
DSC01640
 さて、乗り場に到着。
 結構並ぶ列とか作られているので混むときは混むのかもしれない。
DSC01641
 右からも左からも乗れる特別仕様のバスでGO!
 スーツケースとかはおなかのトランクルームに入れられるよ。
 結構頻発しているようで、客が埋まったら出発方式なのかもしれぬ。
DSC01642
 座席は妙に肉厚!


橋の上はガラガラ

 出発でーす。
DSC01644
 最初は空港の脇をひたすら走る。
 この時はまだ、左側通行。香港だからね。
DSC01647
 海の上に出ると右側通行に。
 一般車には開放されていないので、道路は恐ろしく空いてる。バスとトラックしか走ってないし。
 まぁ、一般車が増えても片側3車線あるし渋滞することはあまりなさそう。
DSC01651
 橋の上は中国。漢字も中国本土。
 ちなみにケータイは香港、澳門、中国本土全て使用できる。
DSC01654
 ちなみにオービスが結構たくさん設置されているようで、その機械の手前では制限速度をきっちり守ってた。それ以外の場所も多少超過するけど、100km/hを超えることはなかった。
DSC01658
 さ、50kmも走った感じをさせずに澳門に到着。


澳門に到着

 澳門に入境するぞ。
DSC01660
 折返し香港行きのバスが停まってた。2階建てバスも走ってるのねー。
DSC01661
 新しいターミナルはいいねぇ。
 こちらもとりあえず建物に入り流れにのれば、澳門に入境。
DSC01662
 澳門に来たよー!

スポンサードリンク

SIM売ってるよー!

 一応、このあたりでも香港の電波が入るようになってる。
DSC01663
 けれど、外に出ちゃうと澳門の電波しか入らないので、必要な人はSIMを買おう!
DSC01664
 ラインナップはこんな感じ。
 まぁ、そんなに安くはないね。


澳門側の交通手段

 さて、澳門口岸からの交通手段は主にバス。
DSC01665
 路線バスは101Xと102Xの2路線が乗り入れている。
 101Xは澳門半島内の路線で有名なセナド広場とかホテルリスボア前が終点のバス。ただ、半島の西側をぐるっと回って走るのでリスボアあたりだと時間がかなりすぎるかも。
 102Xはタイパ島に向かうバス。ただ、半島内もちょっとだけ金龍酒店(ホテルゴールデンドラゴン)のあたりとか
永利澳門(ホテルウィンマカオ)とかにも停まるのでそちらの方はこっちのバスの方がいいかも。リスボアあたりもちょっと歩くけど、このバスに乗った方が多分早く着く。
DSC01666
 気になるのはカジノバス。
 実はカジノバスは乗り入れていない。外港またはタイパのフェリーターミナルまでのフリーシャトルバスは出ているので、それに乗ってフェリーターミナルに移動。そこで各ホテルの無料カジノバスに乗り換えることになる。ちょっとめんどいね。
DSC01667
 さ、とりあえず外港フェリーターミナルに移動して、そこからホテル行きのバスに乗るぜ。

 さて、年始一発目のイベントがあるからね、香港に移動するよ。
 2019年幕開けはキャセイドラゴン航空で。


年始一発目のラウンジはKULのMHラウンジ

 2019年飛び始め。
 まずはKULのゴールデンラウンジからスタート。
DSC01586
 もちろん、ファーストクラスラウンジへ。
DSC01589
 それほど時間があるわけではないので、急いでシャワーを浴びてダイニングへ。
 前日の2,000円のホテルはシャワー浴びる気にならないぐらいの宿だったからね。
DSC01587
 メニューはこちら。
 朝食モード。
DSC01590
 食べたのはオムレツ。
DSC01591
 そして、カヤトースト。
 まぁ、味は特筆すべきものではないけれど、しっかり朝食を食べられるのはうれしい。オーダー式だからできたてだしね。
DSC01592
 この時間帯はガラガラだったけど、もうすぐ搭乗なのでさっさと退散。


KULのゲートに若干イライラする

 もう搭乗時間となっているのでゲートへ急ぐ。
DSC01594
 ホントこの並ぶのイライラするのよねぇ。
 一応ビジネスクラスレーンの看板があるのだけど、全く機能していない。
 SINとかCMBとかこの方式だけど、乗継ならともかく、ただここから出発するときはウザいことこのうえない。
DSC01596
 そんなこんなでファイナルコール。
 この便エアカナダとコードシェアしてるのね。他のコードシェアはCX、AA、MHなのでエアカナダだけ異質。スタアラだけど、アジア接続って意味ではソウルや台北ではなく、やはり香港からの接続の方が良いってことかな。

スポンサードリンク

出発~

 本日のお座席はこちら!
DSC01598
 KAのいつもの座席。昔に比べて座席良くなったよねー。
 昔、ヤバイ座席積んでたもんね。
DSC01599
 遅延もなく定刻通り出発。
DSC01604
 行き場のないA380をウォッチングしたり。
DSC01605
 持ち主不明な野良ジャンボを観察。
 いやー、こいつらみないとKULって感じがしないんだよね。
DSC01606
 それでは離陸です。


機内食

 今日の混雑はこんな感じだった。
DSC01609
 まぁまぁ混んでる。
 でも、隣は空席だった。
 相変わらず中距離路線になって動きが緩慢になっているドラ姐。やっぱり油断してるのだろうか。
DSC01611
 機内食は謎のチキンあんかけご飯。ドラゴンのご飯って親会社よりおいしいことが多いけど、これはKUL搭載のせいかフツー。ただ、ハーゲンダッツが付いてるのがうれしい。
 そういえば日本(高梨乳業)で製造しているハーゲンダッツって、日本でしか売ってないよねー。香港で売ってるヤツとか機内で出会うのはフランス製が多い気がする。フランスから冷凍して持ってくるの大変そうな気がするんだけど、そっちの方がいいのだろうか。それとも日本は国内だけしか製造させたくないのかね。


滞りなく着陸

 香港手前で待たされることなく、スムーズに着陸。
DSC01622
 さぁ、これから更に移動だっぺよ。

 帰りは14系客車の夜行のつもりだったけど、14系じゃないならジョホールバルに用はない。
 とっととクアラルンプールにかえるっぺよ。


直前にとっても安いマレーシア国内線

 航空券を予約したのは、空港着いてからだったかな。
 マレーシアはエアアジアのお膝元でLCC先進国なだけあって、航空券代がクソ安い。約5,000円。物価が違うとか色々あると思うんだけど、それでも安いと思う。
 帰りはKULかSZBかで悩んだけれど、えびちゃんにSZBをリクエスト。好きなのよ、セバン空港。


エアアジア=京急説

 そんな感じで、どこの会社も大して値段変わらないので時間帯だけで決めて、マリンドエアになった。
 お久しぶりのマリンドエア。
 出発まで時間があったので、他の便の出発などを見る。
DSC01570
 やはりなんだかんだ言ってもエアアジアってすごい会社だよね。
 色々と徹底してるし、客もそれに適応してる。
 普段、JALやANAで優先搭乗のために並んでるのを見ると、並ぶ必要なくね?とか思うけど、エアアジアの搭乗開始前の行列を見てるとなんか置いて行かれないための切実さを感じるので、そもそも並ぶ理由が違う感じがする。マレー気質から考えれば、ゆっくりしそうなもんだけど、そうじゃなくてきっちり列に並んでるのは乗り遅れとかの痛い目に遭ったからだと思う。
 このように客を調教していった結果、それなりにうまくいっているわけなので客もプロだよね。
 なんか、「客もプロ」にならざる得ない京急に近いものがある気がする。
DSC01571
 ちなみに搭乗ゲートにこんなのがあった。
 ボーディングパスとかチェックしないで顔認証で搭乗なのだろうか。すげーなエアアジア。これで搭乗にかかる時間が短くなればさらに効率的になるよなぁ。

スポンサードリンク

怪しい自販機

 全く買おうと思わないんだけど、ちょっと驚いた怪しい自販機。
DSC01573
 「DON DON by NOBITA」の自販機。
 日本食自販機っぽい。電子レンジで温めるシステムだろうか。
DSC01574
 なぜか寿司桶に入っている丼。
DSC01575
 いやー、ちょっと恐いもの見たさで買ってみたい気がしなくもないけど、買う人いるんだろうか。


マリンド、ディレイ。

 そんなこんなで長いこと列車に乗ってお疲れの状態にとどめを刺すかのようにディレイ。
DSC01578
 本来21時30分発だけど、ディレイで21時45分発に。
 見てもらえばわかるとおり、21時44分時点で搭乗開始してないのでお察し。
 ただこの後それほど遅くならずに搭乗開始した。
DSC01581
 とことこ歩いて飛行機へ。
 やっぱこういう感じが好き。
DSC01582
 搭乗率50%ぐらいかな。
 それほど混んでなかったので、すぐに搭乗完了。


KLは雨

 それほど距離がないマレーシア国内線。特に面白いことも何もなく着陸態勢へ。
DSC01583
 クアラルンプールは雨。
DSC01584
 無事にクアラルンプールに帰ってきたよ。
 今日はクアラルンプール駅前の一泊2,000円の宿に宿泊。早朝出発だから安くていいのだ!

 マレー半島を日本の14系客車が走っているというので乗りに行く。


HAPPY NEW YEAR !

 みんな、あけおめー。ことよろー。
DSC01490
 やっと旅行記が2019年に入ったよー。約8ヶ月半の遅れだね。これからもガシガシ更新するので頑張って追いつくようにするよー。
 ヒルトンガーデンインクアラルンプールで年越し。最上階の部屋もらったけど、上のルーフトップバーの音と振動がうるせぇ。


正月の朝は

 もちろん乗り鉄するよ!(笑顔)
 えびちゃんと仲良く乗り鉄!
DSC01511
 KL Sentral駅からこのETS Goldという名の特急に乗って、Pulau Sebang/Tampin駅へ。
DSC01507
 この特急、ガラガラだった。いいのか大丈夫か?
 一応、この駅までローカル電車で移動することも可能。
DSC01514
 Pulau Sebang/Tampin駅に到着。
 駅前に何もねぇぇぇぇぇぇ。ローカルの食堂兼売店が一軒あるだけだった。入手できないことはないけれど、色々と飲み物や食べ物は用意していった方が無難かも。

スポンサードリンク

乗るのは14系客車!

 今日、ここから乗るのはジョホールバル(JB Sentral)行きの急行列車(Ekspres Selatan)。この駅が始発でジョホールバルまで5時間半かけて走る。なんで、この中途半端な場所が始発なのかはよくわからないのだけど……。
 そして、事前の情報ではこのタンピン~ジョホールバル間に走る3往復の列車のうち、1往復が日本の元14系客車が連結されていて、タンピンを午後に出る列車に元14系客車が充当されているとのこと。
 意気揚々とホームへ向かう。
DSC01519
 14系じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!
 まぁ、仕方ないよね。マレーシアだもんね。なんか色々な事情でコロコロ変わっちゃうよね。
DSC01525
 こんなディーゼル機関車が引っ張る。
DSC01523
 それほど古い車両というわけではない。
 恐ろしいほど冷房は効いてる。


出発~

 さて、出発。
 それにしても日本人ツアー客がバスで駅まで来てこれに乗ってたんだけど、なんでこれに乗ったんだ?しかも正月から。みんな軽く目が死んでた気がする。
DSC01532
 そんなに古くない車両ではあるけれど、扉は手動ドア。
 走行中に開けて遊んだりしないでね。
DSC01535
 車内販売もあるよ。
 飛行機のカートかよww
 一応パンとか売ってるみたい。


途中ですれ違ったのは元14系!

 車窓は森だけ。
 たまに街が広がり、列車が停車するというのを繰り返す。
 その中、ジョホールバルを午後出発した列車と交換。
DSC01546
 14系やないかい!
DSC01547
 元寝台車も1両つないでる。これは電源車代用らしく乗ってても怒られないけど、指定席の割り当てはないし冷房も入っていないらしい。
DSC01550
 元気に働いておるなぁ。
DSC01551
 バイバイ14系。

スポンサードリンク

JB Sentralまで行かずに捨てる

 まぁ、今回の旅行は14系客車に乗ることで、往復乗車の予定だったんだけど、そもそも帰り乗る意味なくね?そもそもこの列車もJB Sentralまで乗らないで、どこか空港の近くの駅で降りて、Grabとかタクシーとか乗ればいいんじゃね?という話にえびちゃんから来たので、下車。
DSC01562
 KULAI駅で下車。
 駅前には微妙なショッピングモールがあった。
DSC01563
 またねー。
 そういえば日本人ツアー団体、そのまま乗ってたよ。
 ジョホールバルまで行くのかしら。その後はシンガポール?
 いずれにせよ、正月からお疲れ様。

 数年前にCXからKA運航に変わったHKG-KUL。
 KAにしては比較的長距離運航路線だけどドラ姐の働きっぷりはどうなるだろう。


入浴からのカンタスラウンジ

 朝早かったからね。香港空港で入浴。
DSC01442
 特に待ち時間もなく入れた。ラッキー!
 さっぱりしたらカンタスラウンジへ移動。
DSC01445
 JAL出発前だったので、日本シフトなカンタスラウンジ。
 オーストラリアのビールと日本のカレーをいただく。
DSC01446
 あとワンタン麺食べた。まぁ、これはこれでありなお味。


搭乗

 さて、搭乗ゲートへ。
DSC01458
 ゲートは40番。電車を降りてまぁまぁ近いゲート。
DSC01461
 いつもの窓側席へ。となりは空席だった。
 キャセイドラゴン航空だと、他社上級会員でも必ずCAが挨拶に来る。
DSC01463
 お水もらったよー。エビアンじゃなくなったけど。
 結構うれしいボトルのお水配給。

スポンサードリンク

機内食~ドラ姐の動きがトロい

 離陸して機内食。
DSC01465
 クリームパスタだった。
 さっきの高雄発に比べて、メインのボリュームは抑えめ。
 その代わりハーゲンダッツが付いてくる。
 量としては他社に比べてちょっと少ないかもね。
DSC01466
 それにしても相変わらずドラゴンのクッキーの膨らみっぷりが半端ない。
DSC01469
 一応、奇華餅家製。
DSC01470
 普通のクッキーでございました。
 ちなみに超ウルトラショート路線である香港~広州のドラゴン便だと機内食クッキーだけだからね。
 それにしてもドラ姐の動きがものすごくトロい。機内食配るのにどんだけ時間かけてるんだって感じだし、お茶の配給もかなり遅かった。ショート路線でのキビキビ動く感じからしたらビックリする。やっぱり、時間があると思うと油断するんだろうか。それともショート路線じゃないとアドレナリンがでないとかそんな体質になっているんだろうか。飛んでる時間が長いとこうも動きが違うものかと思った。


なんかレアな飛行機がいた

 そんなこんなでKULへ。
DSC01473
 無事に着陸~。
DSC01477
 なんかあんまり見たことない飛行機がいた。
 調べてみるとAn-124だね。世界に1機しかないAn-225がおそらく世界最大の輸送量を誇る航空機だけど、それに継ぐ大きさの航空機。量産されたものでは世界最大。
 日本では中部空港でよく見られるらしいね。

 さぁ、えびちゃんが待つKULへ到着!

 ウルトラショート路線である、KHH-HKG線。
 ドラ姐のキビキビとした働きが見られるよ!


早朝の高雄空港。

 眠い。
 地下鉄の始発で空港に到着。
DSC01423
 国内線はまだ飛んでないらしく、多くの機材が待機中。
 ATR天国の台湾国内線の手前には遠東航空のMDが待機中。
 すげーよなー。これで新潟まで飛んでくるんだもんなー。


キャセイドラゴン航空ラウンジ

 さて、キャセイドラゴン航空ラウンジへ。
DSC01425
 直営ながら、JAL便で利用しようとするとたまに追い返されるラウンジ。
DSC01426
 昔から内容変わらないよねー。
 台湾らしい謎パンがいっぱい。
DSC01427
 一応、おばちゃんに頼めばライスバーガーが食べられる。
DSC01431
 まぁ、冷凍食品だよね、たぶん。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC01432
 席のみビジネスクラス運用はこの便ではなし。
 ゲートでピンポンもなくエコノミークラスシートへ。
DSC01434
 出発でーす。
DSC01435
 やっぱ高雄は面白いよねー。また来るぞー。


機内食

 ドラ姐の本領発揮の機内食タイム!
DSC01436
 とにかく配る!
 配ったそばからお茶かコーヒーを配る!
 なんせ時刻表上の飛行時間は1時間半。おそらく離陸~着陸は1時間程度。
 機内食に費やせる時間は30分もない。
DSC01438
 ちなみにこの具がモリモリビーフン、なかなかうまかったよ。
 見た目の割にボリュームたっぷりで良かった。朝一の食事に適しているかは別として。


機内誌を見ながら着陸~

 機内誌を読む。
DSC01439
 徳島特集。
 ホントにドラゴン徳島に飛ぶんだなぁ。
DSC01440
 路線一覧表にも徳島が登場してる。
 キャセイって結構保守的な路線ばかり(≒ビジネス客が見込める路線ばかり)なので、その中で徳島に就航というのがかなり意外。
DSC01441
 飛んでる時間は実質1時間ちょっとで着陸~。
 久しぶりに乗ったドラゴンはやはりドラ姐の働きっぷりが素晴らしいなと堪能したよ。

 高雄で古い建物巡りをしてみる。
 もうね、(;´Д`)ハァハァしまくりなわけですよ。(;´Д`)ハァハァ


高雄MRTの終点西子湾駅

 高雄MRTの橙線(オレンジライン)の終点西子湾駅。
 このあたりは哈瑪星と呼ばれるところ。本来西子湾はもうちょっと西側の国立中山大学のあたりのハズ。哈瑪星とは「はましぇん」と読む。元々は高雄港までの鉄道があってそれが日本統治時代に「浜線」と呼ばれていたことが語源。
 旗津へのフェリー乗り場に行くための乗継でよく行くんだけど、よくよく考えたらこの街をちゃんと歩いてないので歩いてみた。


舊打狗驛故事館

 哈瑪星の語源となった浜線の高雄港駅。
 その旧駅舎が簡単な記念館になっている。
DSC01237
 舊打狗驛故事館。
 元々このあたりは高雄の中心街で、高雄港駅も元々は高雄駅だった。門司港駅が元々門司駅だったみたいな感じ。打狗は高雄の旧地名で、「たーかう」と読む。日本統治になって「犬を打つ」という字はちょっとなぁ……ってなったらしく、音を活かして「高雄」に解明。戦後は漢字が残って「カオシュン」と呼ばれるようになっている。そんなわけなので、旧打狗驛故事館って名前になっている。鉄道が開業したときは打狗駅だったからね。
DSC01239
 台鐵にありがちなLEDが置かれてたよ。
 内部にそれほど展示物があるわけではないので、外に行く。
DSC01240
 保線用のディーゼル機関車?
DSC01241
 古い客車や電源車も。
 なんか、ただ置いてあるって感じ。
DSC01244
 こちらはDT609。日本で言うところの9600型。
 台湾のSLは基本的に日本統治時代のもの。
DSC01248
 こちらはCT259。日本で言うところのC55。
 線路規格が低くても入線できたので、重宝されたヤツ。
DSC01251
 そんな保存車両の中に高雄捷運環状軽軌の哈瑪星駅があるので、最新鋭の車両と並んで写真が撮れたりする。

スポンサードリンク

哈瑪星貿易商大樓

 高雄港駅跡地の道路挟んで反対側には市街地が広がる。
DSC01256
 哈瑪星貿易商大樓という建物。
 修復がなされて、2018年9月にオープン。
DSC01260
 あー。床の感じとかいいよねー。
DSC01262
 とりあえずエレベーターで最上階へ。
DSC01263
 あぁ、この曲線がいい感じ。
 四角いビルばかりの現世で、このカーブって貴重だし、美しい。
DSC01264
 降りるときは階段で。
 私、階段フェチなんです。特に古い建物の階段って意匠があって興味深い。
DSC01266
 道路挟んだ向かいには旧山形屋書店。
 ここはカフェになっているっぽい。


武德殿

 台湾各所に限らず戦前の日本各地に武道鍛錬の場として武德殿というものが作られた。
DSC01345
 台湾にもいくつか武德殿だった建物が残っているが、本来の用途で復元され使用されているのは高雄市の武德殿が唯一である。
DSC01327
 正面に立つガジュマルが印象的。
DSC01330
 武道場なのにレンガ造りというのが意外。
 窓が多く設置されており風通しが良く、涼しそうだ。
DSC01346
 内部では剣道の稽古が行われていた。
 現在は社團法人高雄市劍道文化促進會が管理を行っており、道場として使われている。
 台湾でも剣道ってあるんだなー。


登山35哈瑪星再生基地

 武德殿のすぐそばにある登山35哈瑪星再生基地。
DSC01317
 こちらは日本統治時代の建物ではなく、戦後初期の建物。
 とはいえ、モザイクタイルと角の曲線が美しい。
DSC01319
 内部から見た姿。
 中は、昔の生活用品や地図、写真などが展示されている。
 大学生のバイトっぽい子がたどたどしい英語で案内してくれた。感謝。

 他にもたくさん古い建物が残っているので回ってみるといいと思うよ。
 哈瑪星貿易商大樓とかだと、このあたりの古い建物地図を配っているのでそれを参考に歩いてみよう。

スポンサードリンク

旗津には行かない

 この日の旗津行きフェリーは大混雑。
DSC01307
 下のテントに向かって列できてる。
DSC01308
 その列はずーっとずーっと先まで続いてる。
 こりゃ行くの諦めたよ。

 おらが村の空港から海外にでるっぺよ!


車を北上に置いてからの花巻空港

 今回は帰りが新幹線なので、空港に車を置かず、北上に車を置く。
DSC01198
 年末北上はどさっと雪が降った。
 除雪されてなかったので駅までのスーツケースを運ぶのが辛い。転がらないし。
DSC01200
 大雪なので北上線は運休。でも、(貨物列車が)北の大動脈である東北本線は平常運転。
DSC01201
 雪が結構くっついてた701系。
 盛岡地区の701系は線形もいいので爆走する。マジで爆走。
 北上~盛岡間47.8kmを48分で走る。しかも、各駅停車で途中10駅止まるのに。
DSC01202
 というわけで、爆走701系に乗って花巻空港駅でバスに乗り換え。空港に着きましたとさ。


いわて花巻空港

 花巻空港展望デッキへ。
DSC01206
 花巻空港ではおらが村に来た外国の飛行機をお出迎えする人々がいた。
DSC01203
 寒いのにご苦労様です。
DSC01204
 今宵の飛行機はこれね。
 花巻は根雪はあるけど、降らなかったのかしら。滑走路がちゃんと見える。

スポンサードリンク

×Duty Free  ○Tax Free

 いつもの保安検査とは違う入口から入る。あれ?客少ないくない?
DSC01207
 なんだかとても少ない。
 年末年始に入るから台湾客が少ないのかしら。
DSC01213
 搭乗待合室には一応、免税店あるよ。Duty Freeじゃなくて、Tax Freeだけどね。
DSC01215
 一応注意書きもある。消費税がないだけ。
DSC01216
 なのでタバコがビミョーな値段で売ってる。1カートン4,445円。誰が買うんだw
 ぶっちゃけ、台北の到着免税店で買えばいいしなぁ。
DSC01214
 白い恋人とかじゃがポックルとかあるよ!
 いいのか、その品揃えで。


機内はガラガラ

 さて、搭乗。
DSC01210
 今日も定刻!
DSC01218
 ものすごいガラガラだわ。
 エコフラできちゃう。
DSC01220
 離陸するでよー。
DSC01221
 客が少なくてクルーもやる気なし。
 見ての通り前方席はガラガラ。


桃園空港で荷物受取がカオス

 ほぼ定刻に桃園空港に着陸。
DSC01224
 まぁ、バスゲートですわ。
DSC01227
 荷物は5便まとめて回しちゃう。
DSC01228
 ばんばん回しちゃう。
DSC01225
 結果えらいことになる。なんかもう回せないぐらい流れてきてたよ。
 カーブで一杯積まれてるせいか落ちたりしてて、カオス。

スポンサードリンク

最終新幹線で一路高雄へ

 さて、そのまま最終の新幹線に飛び乗り、左營へ。すでに高雄地下鉄の営業は終わってるので台鐵の終電に乗り高雄駅へ向かう。
DSC01230
 初めて新しくできた高雄の地下駅に降り立ったよ。

 震災遺構が数多く残る陸前高田市。
 後編は大物登場でございます。


旧・気仙中学校

 「気仙中学校前」というバス停で降りる。
DSC06062
 周囲に民家はなく、乗降する客は限りなく0に近いと思われる。
 もちろん、震災前には周りに民家があったらしい。「あったらしい」としか書けないほど周りは復興事業によって工事されており、震災後の航空写真でも、全て流されてしまっているのがわかる。
DSC06061
 3階建ての校舎の窓は全て破壊されている。それだけの津波が襲ったのだ。
DSC06063
 津波の高さは14.2m。校舎の屋上の高さすら超えている。
 これでは、屋上に避難していたとしても助からない。50cmの津波でも成人男性の80%が流されるのだ。
DSC06057
 気仙川の河口に位置する気仙中学校は教職員の機転により命が失われることはなかった。
 気仙川の水が引いて、川底が見えたことで津波が来ることを確信し、避難を開始した。最終的には4カ所ほど場所を変えながら、上へ上へと避難した。
 もし校庭に避難していたら、もし屋上に逃げていたら、全員が無事ということにはならなかったかもしれない。津波の際にはとにかく高いところへ逃げること、それしかない。


旧・道の駅高田松原

 陸前高田市の海岸沿いには道の駅高田松原があった。岩手県内で最初に認定された道の駅だった。
 震災によって、道の駅どころか名前に入っている松原自体も津波によってなくなってしまった。
DSC06055
 訪れたときは近寄ることもできなかった。
DSC04745
 一見普通に建っているように見えなくもないけれど、やはり破壊されている。
 この特徴的な形の建物は津波避難施設としての役割も併せ持っていた。海側からの登りやすさなどを考慮して三角形の特徴的な外観をしている。
DSC04748
 内部はめちゃくちゃに破壊されており、鉄骨なども「ぐにゃり」と曲がってしまっている。ものすごい力だ。
 津波によって建物の上部をわずかに残して水没した。なんとか3人が屋根裏まで逃げて難を逃れることができた。水位がどんどん上がってくることに、恐怖を感じたことだろう。
 道の駅高田松原はついに2019年9月22日に移転再オープン予定。
 この旧道の駅は震災遺構として保存される。

スポンサードリンク

旧・米沢商会ビル

 JR大船渡線陸前高田駅は、BRTの駅としてかさ上げされた新市街がある高台にオープンしている。
DSC03481
 バスの駅だけど、みどりの窓口もある。
 新しいバスの駅から海側を見渡すと、ビルが1棟残っているのが見える。
DSC03485
 ただ、ぽつんと残るビル。
DSC03487
 これが旧米沢商会ビル。
 周囲がかさ上げして土の下埋まっていく中、ここだけは元の高さが残っていることがわかる。
DSC03489
 津波によって窓は全て無くなっている。
 それでも耐震性には問題がないとのこと。頑丈に作られた建物は津波に耐えた。
 そして、この建物の保存に公費は使われておらず、所有者の負担によって保存することとなった。
DSC03484
 屋上の上、ほんのわずかだけ高くなっている部分、そこの部分まで津波が押し寄せた。
DSC03483
 まさにギリギリである。
 米沢商会の店主でビルの所有者はここで津波から逃れ、助かった。
 1m四方の一人分のスペースしかない。津波が襲ったとき、見渡す限りあたり一面は水で覆われていたはずだ。そこで見た光景はどんなものだっただろうか。これ以上、水位が増すのか、次の波が来たときはどうなるのか。想像するだけで恐ろしい。

 東日本大震災で多くの犠牲者が出た陸前高田市。
 その数は石巻市に次いで多く、実に1,757名にもなる。


街が壊滅した陸前高田

 アナウンサーが読み上げるニュースで耳を疑うことというのは、それほどないと思う。自分の記憶の中でそれほどない耳を疑うニュースがどんどん飛び出していたのが、震災直後のニュースだった。特に印象に残っているのは「消防庁の発表によりますと、岩手県陸前高田市はほぼ壊滅状態とのことです」「JR仙石線は2本の電車の行方がわからなくなっています」の二つ。言ってる意味が分からないと最初思ったものだった。
 そんな陸前高田市には震災遺構が数多く残っている。
 陸前高田の震災遺構は奇跡の一本松だけじゃない。


奇跡の一本松と陸前高田ユースホステル

 震災前、陸前高田の海岸には松林が広がっており、その中に陸前高田ユースホステルがあった。
 松林はすべて津波によって流出したが、そのうち1本だけ流されずに奇跡的に耐えた。
 それが有名な奇跡の一本松である。
DSC04743
 残念ながら奇跡の一本松は塩害により枯れてしまったが、科学の力を惜しみなく投入しサイボーグ化(というより剥製に近いか)してなんとか今ここに立っている。ちなみに、その作業の際に取り払われた枝から陸前高田市の市長印が作られている。
 震災直後に多額のお金をかけて、いま奇跡の一本松はここに立っている。もちろん、このお金を被災者に回した方がいいのではないかと批判があった。被災者自身もそういう意見が多かったし、全国の人もそう思っていた人が多くいた。自分もそう思っていた。でも、今になって思えば、この奇跡の一本松があることで、救われた気持ちもあったんではないかと思うし、(文字通り)一つの柱になるものがあるというのはいいことなのではないかと思う。
 今後はユースホステルの建物やその他周辺一帯を復興公園として整備される予定。

スポンサードリンク

旧・下宿定住促進住宅

 奇跡の一本松から国道45号線を大船渡方向に向かうと、マンションが残っている。
 旧・下宿定住促進住宅だ。
DSC06049
 この5階建ての共同住宅を津波が襲った。
 側面をよく見てみると津波到達位置を示す看板が見える。
DSC02389
 14.5m。この街を襲った津波の高さだ。
DSC06047
 この写真を見てもらえばわかるとおり、4階までめちゃくちゃになっている。
 では、5階は安全だったかというと、浸水してる。なので、安全だったのは屋上に上がった場合だけだった。


旧・大船渡線踏切

 国道45号線から横の道に入ると、かさ上げ工事が行われている中に踏切が残っていた。
DSC02383
 この踏切の部分だけ線路が残っている。もしかしたら、もうないかもしれない。
 大船渡線は津波により大きな被害を受け、この区間はバスによる復旧となっている。もう、ここに列車が走ることはない。周囲がかさ上げされてもここだけ残っているのが不思議である。


ガソリンスタンドの看板

 道の駅陸前高田跡地(次回紹介)の向かい側にガソリンスタンドがあった。
DSC06054
 私が行ったときには元々国道45号線沿いにあったガソリンスタンドは道がつけ変わったことによって、このときは脇道の行き止まりにガソリンスタンドがあった。
 高いところにある看板のてっぺんにまで津波が到達していたことを示している。
 残念ながら今はこの場所にガソリンスタンドはない。かさ上げ工事の支障となるために移転したのだ。
DSC02382
 看板は新店舗に移設された。岩手県の屋外広告条例により元の高さにすることはできなかったため、低い位置になってしまった。ただ、この大きさと色は例外的に認められたらしい。

↑このページのトップヘ