FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2018年06月

 さて、福岡着いたから……釜山に出国するか!


今回の旅は……

 今回の旅はDrKとの珍道中。ちなみに一緒に旅行ははじめて。一緒にご飯食べたりはしたけど。
 この一言で釜山行きが決まる。
 DMで「まだ行くかどうかわかんないけど、ホテルの部屋ツインに変えておきましょうねー」とかこちらが回答する前に予約変更しだすDrK。ご、強引!
 でも、せっかくなのでそれに乗っかることにしたのであります。ありがとう、DrK!


というわけで博多港

 なんだかよく分からないけれど、福岡に遊びに行くつもりが釜山になった。
 ビートルにしたので、ホテルから博多港国際ターミナルにタクシーで乗り付ける。
DSC04826のコピー
 チェックインを済ませて空港利用料のチケットを買う。この方式どうにかならんもんかねー。チケット買ったときに一緒に徴収してくれればいいのに。若い女子達がいっぱい。インバウンドが多いのかな。
DSC04831
 そういえば韓国には税関申告書があったね。
 小規模免税店を通り過ぎて、待合室へ。
DSC04829
 免税品引き渡しカウンターがすごいビジュアル。
 なにこの、税金滞納した人とか福祉関係の相談室みたいな感じのドア。
 全力で引き渡しカウンターぽくないのがスゴい。

スポンサードリンク

いざ、乗船

 それでは乗船。
DSC04832
 お、アミューズメントフェリーニューかめりあがいるね!どの辺がアミューズメントなんだろうね!
 この船は博多→釜山は5時間半だけど、釜山→博多は11時間半拘束される素敵なフェリー。これは釜山の出国審査締め切り時間と博多の入国審査開始時間に合わせたもの。だから船が動いている時間と同じくらい港でぼーっとすることになるよ。
DSC04833
 こちらが今回乗車のビートル。
 まぁ、水戸岡デザインだね!JRになって始めた事業で最初から水戸岡さんがデザインに関わっていたはず。何回かリニューアルされてるけれどね。
DSC04834
 普通席はまぁまぁな広さ。新幹線よりは狭いかな。
 グリーン席は3,000円で広くなってドリンクやお菓子も付いてきて、優先下船できるので結構乗り得だと思う。


雨の中出航

 航行中の注意点とかのセーフティービデオを見て、雨の中出航。
DSC04836
 ドリンクサービスはないけれど、車内販売のビールが安い。
 免税品とはいえ、コーラと同じ値段って……。
DSC04838
 朝ご飯は博多港のコンビニで買ったかしわめし弁当。なにげに中央軒のだね。
 中央軒って鳥栖駅の駅弁屋さんだよねぇ。ただのコンビニ弁当だと思ったら侮れないぜ。
 船内はとくにうるさい人も歩き回る人もいなくて、快適。日本領海内であればWifi繋がるし、日本領海は対馬があるおかげで結構釜山ギリギリまで使える。
 今回はそれほど揺れもなく、快適な船旅でございました。船旅感があんまりないんだけどね。


釜山のフェリーターミナルが新しくなってた

 さて、釜山側もそれほど天気は良くない……っていうか悪い。
DSC04840
 釜山に到着。
DSC04841
 以前はビートルと共同運航してたKOBEEがいた。かなりのオンボロ船のはず。
 そういえばなんで共同運航やめちゃったんだろうね。そして、KOBEEのチケットって日本側発はあんまり売る気がない感じなのが気になる。
 釜山の港は以前来たときとは違って新しくなってた!位置もひょっとして変わったかな。
DSC04842
 でもなんだろう、この残念な感じ。せっかく新しいのに何この処理。
 ひどいねー。
DSC04845
 特に質問もされずあっさりと入国。
 確かにきれいな建物。

スポンサードリンク

釜山駅へバスで移動

 以前釜山で買ったcash beeのカードがまだ使えたので、セブンイレブンでチャージ。4年間ぐらい使ってなかったけど使えるのね。
DSC04844
 釜山駅までとりあえずバスで移動。
DSC04843
 路線図はこんな感じ。釜山駅の裏側に着いた。

SIM2Flyシリーズ その1スペック編 その2使い方他編 その3USSDコード編

 香港で買ったパスポート登録してないSIM2Flyが使えるのは、問屋かなんかの会社名義で登録されてるからみたいだねー。つうか、それでOKなんだ。タイの規制って。

 さー、続きを書くよー。今回は使い方他編。


使い方

 使い方は簡単。使いたい国でSIMカードさして、ローミングをオンにすればOK!
 もし、APN(アクセスポイント名)が自動で設定されない場合は、APNを「internet」に設定し、残りは空白でOK!


スピードがあまり速くないのと、日本だとたまに切れる。

 国によりますが、スピードはそんなに速くありません。日本で使う場合だと、およそ1~2Mbpsぐらいです。おそらくこの安さの実現には、すべてのSIM2Flyユーザーでその国のある一定の回線容量を分け合っている可能性が高いです。また、データが一旦タイに行ってから端末までくるのでレスポンスがちょっと悪いです。なので、LTEの限界で使いたいという方には向いていません

スポンサードリンク

なぜかUberに電話番号が登録できない!→登録できた!

 タイでパスポートの登録をしていないからかもしれないけれど、Uberで番号を登録しようとするとはじかれるんでございます。うーむ。なんでだろう。万が一の電話連絡のためには登録できないのは少し困る。
 買ってから3ヶ月してから登録したら登録できたよ。(2017年8月6日追記)
Screenshot_20170518-212919


有効期限

 SIMのアクチベーション期限はパッケージの裏側に書いてあります
DSC07992
 今回私が買ったSIMのアクチベーション期限は2018年5月まで。
 約1年間ぐらいあります。

 アクチベーションしてからの期限は30日間。これは番号を維持できている期間と考えてください。
 THB150以下をチャージすると有効期限は30日間延長THB200以上チャージすると有効期限は60日間延長されます。なお、チャージ日から30日間延長という計算ではなく、有効期限から30日間延長されるという形になります。
 チャージ方法は別途記載しますが、あらかじめ有効期限を延ばしておきたい時はTHB10を12回チャージすることを繰り返せば360日間有効期限は延長になります。最大でチャージの日から1年間まで有効期限を延ばすことができます(確認済)。

スポンサードリンク

チャージ(Top Up)方法

 AIS公式では海外発行クレジットカードによるチャージができなくなりました。なので、海外からのチャージ方法の敷居が高くなっています。ですが、海外からのクレカチャージの方法はあります。

 チャージの方法は次の通りです。(コンビニはセブンイレブンを除きます
  1,AISのお店の店頭にあるチャージ機でチャージする。
  2,コンビニなどの商店でリフィルカードを手に入れる。
  3,コンビニの店頭にある機械でチャージする。
  4,コンビニのレジでチャージする。
  5,なんだかよく分からないけどタイのSIMカードにチャージできるサイトを使う。
  6,LINE Payで払う

 1~4については、簡単な英語表示でチャージできますし、「AIS 1-2-call Topup 100,Please」とか言えば店員もたいていの場合分かってくれますので、省略します。

 5のサイトは使う価値がなくなりました!LINE Payを使った方が良い。
 5のサイトでクレジットカードによるチャージができます。ただし最低金額はTHB50から。手数料5%かかる。
 https://mobiletopup.com/

 現在はLINE Payを使ってチャージするのが一番ラクです。

 まずはアプリのLINEでLINE Payを使えるようにします。確か、LINEアプリを起動してLINE Payの画面(一番右)をだして規約にOKすれば使えるようになったはず。
 次にMyAISアプリをダウンロードしておきます。GooglePlayなどで探してね。
 その上でSIM2FlyのSIMカードを挿して電波をつかんだ状態で、MyAISアプリを起動します。ちなみにこれは初回のみ必要で、指紋登録をした場合は今後SIMカードを挿さなくても使えます。パスコード式の場合はSMSを受信する必要があるので、毎回SIMカードを挿すのが必須です。
Screenshot_20180428-212712
 この画面が出てきます。右にスワイプしていくとTop Upメニューが出てきます。
Screenshot_20180428-212731
 使っている電話番号を入力し、支払い方法はLINE Payをえらび、金額を選択します。
 ここの画面でのクレジットカードはタイ国内発行のカード出ないと支払えません。
Screenshot_20180428-212739
 ちなみに金額は当初選べるのはこんな感じですが、「More」をタップするともっと金額が出てきます。
Screenshot_20180428-212745
 こんだけ細かく設定できれば充分でしょう。THB10からチャージできるのは便利ですね。
 30日間延長にも使えます。
Screenshot_20180428-212759
 電話番号、金額を入力するとこの確認画面が出ます。OKをタップするとLINE Payの画面に移行。
Screenshot_20180428-212832
 ここで、クレジットカードを選択します。この場でカード登録も可能です。
 今回のAISチャージにはAMEXは使えません。JCBかVISAかMasterである必要があります。
 決済方法はクレジットカードのみなので、LINE Payの残高で支払うことはできません。
 「決済を行う」をタップ。
Screenshot_20180428-212844
 ここで「決済」をタップするとチャージされます。
Screenshot_20180428-212905
 これでOKをタップすれば完了。
 SIM2FlyのSIMカードが挿してあれば、すぐにSMSが来るはずです。

 とっても簡単なのでみんなLINE Payでやるのがいいと思うよ!


現地SIMとの金額比較

 主に私が持っているSIMでの金額の比較をしてみましょう。
 他の現地SIMとの比較は数が膨大すぎるので、あまり深追いしません。自分で比較してみてください。

○香港
 香港3のSIMはLTE未対応のもので、1日あたりHKD28(容量無制限)です。LTEの場合ですとHKD33になります。このほかに毎月の管理手数料が必要です。現在のレートでTHB299=HKD66.29とすると、双方SIM費用を考えないとすれば(SIM2FlyをTHB299で計算)3日間以上の使用でSIM2Flyの方が有利です。
 もっともこれはSIMカードを持っていればの比較になりますので、手に入れやすいHKD88のツーリストSIM5日間を買うとするならばSIM2Flyとほぼ同額(THB399で計算)になります。
 
○台湾
 中華電信の4GSIMカードを持っていますが、こちらは1GBでTWD180、3.2GBでTWD300となります。THB299=TWD264とすれば、1GB以上使用するならばSIM2Flyの方がお得です。
 SIMカードを新規購入する場合ですと、5日間でTWD300になりますので、THB399=TWD352ですから5日間までは現地SIMの方がトクですね。

スポンサードリンク

SIM2Flyまとめ

 新規に買う場合、基本的には現地SIMの方が安いですがそれほど値段の差があるわけではありません。よって、チャージして何回も使うような場合やアジア数カ国を周遊するような場合はSIM2Flyを使うのが最強だと思います。欧米版も安くはないですが、現地SIMと比較してもそれほど高くなさそうですし、そこそこ妥当な値段で使うことができます。そしていちいち空港でSIMを買う手間が省けます。ツアーで行く場合でも団体行動を乱さなくて済みますね。あと、ヨーロッパ行くのにカタール航空を利用した場合、乗継中でもスマホが使えるのがメリットです(空港のWifiだとストレス溜まるし)。


次回予告

 次回は各種コマンド一覧編です。この次も、サービスサービスぅ。

 お久しぶりの本編更新。いやー、オフ会の準備とかに忙しくてね。

 久々の福岡。
 夕方について、ちょっとお酒飲んでお散歩。

博多って言ったらラーメンじゃなくてうどんです

 個人的な嗜好ではありますが、ラーメンってあんまり好きじゃないんですよ。
 うどんが好き。とにかく好き。そばはそばで好きだけど。でも、岩手のそばはあんまりおいしくない。
DSC04805
 というわけで、やってきましたのは牧のうどん。
 
 博多のうどんは基本的にやわいうどん。ここはさらに水でしめてないので、極めてやわい。
 そして、どんどん出汁を吸うので、ゆっくり食べてるとうどんが増えるという極めて特殊なうどん。
DSC04804
 というわけで、肉ごぼう天うどんを食べる。麺は中で(やわ・中・かたから選べる)。
 うどんが出汁を吸って出汁がなくなっていくので、博多バスターミナル店は出汁入りやかんが標準装備。
 ゴボウは一個一個離れているタイプで、衣は厚め。肉はかなり甘辛く味付いているので、少しずつ出汁にしみ出していくのがイイネ。出汁の味が変化するのを楽しみながら食べる。
 料金は720円。うーんやっぱり肉が入るからそんなに安くはないね。でも、たまに食べたくなる中毒性がある。


博多駅をぶらぶら

 その後は腹ごなしのために博多駅をお散歩。
DSC04802
 こいつを見ると、あぁ九州来たんだわって実感する。
 JR九州経営のパン屋。駅にあるイメージだけど、イオンやゆめタウンの中に入ってたりする。展開しているのは九州と山口県。味?買ったことないからしらん。
DSC04803
 それと九州と言えばドラッグイレブンだよね。これもJR九州経営。
 こいつは沖縄では結構メジャーなドラッグストアになってるよね。九州本島だけでなく、屋久島や種子島、奄美大島にも進出。もう、駅ナカよりも郊外店の方が多い。気づいたら東京にも進出してた。マジかよ。

スポンサードリンク

構内にも入っちゃう

 入場券買って構内へ。
DSC04808
 丁度415系がいた。
 あぁぁぁぁ懐かしい。コイツで関門トンネル越えると電気消えるよね。
 コンプレッサーの音と、断流器の音に懐かしさを感じる。
DSC04814
 みどりは787系。
 JR九州の座席の質とかはおいておいてデザインとかは結構好きだったりする。
 特にこの「AROUND THE KYUSHU」と書かれたつばめマークが好きなのよね。
DSC04816
 その一方でハウステンボスカラーの783系。これはなかなか厳しいよねぇ。
 まぁ、キワモノで走らすというのも一種の個性なので、ま、いいか。
DSC04821
 中間運転台。あれ?こいつって後から運転台増設したんだっけ?
 なかなかキワモノね。

 個人的にはイスはアレだけど、白いかもめが好きです。
 でも、今回は白いかもめはいなかった。残念。

 ふぅ、鉄分補充完了。

 本業は旅人なのですが、お金を稼ぐために副業しているわけです。
 そっちがちょっとばかり忙しくて2月中旬から4月上旬はどこにも行けず。
 やっと落ち着いたので、代休使って飛ぶのです。花巻空港で唯一飛んだことない便に乗って。


今回は1日1便の福岡線

 花巻空港からの国内線は新千歳、小牧、伊丹、福岡の4路線。
 新千歳は1日3便、小牧・伊丹は1日4便飛んでるけど、レアなのは1日1便の福岡行き。
 今まで、CRJが飛んでて座席数が少なくてなかなかマイルで取れなかったんだけど、CRJ引退による座席数増加で結構取れるようになってきた。なので、福岡行くっぺよー。
DSC04770
 というわけで今日も今日とて花巻空港。
DSC04777のコピー
 サファイアになってしまったよー。次にエメラルドになるのはいつのことやら。
 たぶん岩手にいる限り無理だな。やっぱり羽田なり成田なりに便がないのは厳しい。
DSC04773
 いつも通り屋上で自分の乗る機材が着陸したことを確認してからセキュリティーチェック通過。
 この時間帯は便数が少ないからかセキュリティーチェックもそれほど混まず。朝一番とか3便集中して最悪だからなー。
DSC04778
 というわけで搭乗でっす。そこそこ満席。


機内

 定刻に出発。
DSC04783
 見えるのは新千歳行きになるヤツ。
 エンブラエルはひょいと飛んでくれるからいいよねぇ。小回りがきく機体。
 ぶっちゃけMRJいらないんじゃないの?
DSC04784
 とりあえずお願いして、都道府県シールをもらう。香川と群馬をゲット。
 とりあえず集めてるわけではないんだけど、アイデアとしてはいいなぁって思うのでもらってる。
DSC04787
 あぁ、シャチョサン変わっちゃったから機内誌の挨拶も変わったのねー。
 こういうのって、本人がちゃんと書いてるのかな。それともそれっぽく誰かが書いてて、最終的に決裁してるのかしら。前の植木さんの時はなかなか強引な展開の文章多かったよねぇ。
 機内wifiサービス(ネットにはつながらない)があったのでチェック。
Screenshot_20180413-145451
 機内エンタメに結構な確率で吉田類が入ってるのはなんでだろ?
 酒場放浪記ってそんなにメジャーなんだろうか。CXにも入ってたりするので驚く。


福岡到着

 国内線なので機内ではドリンクサービス以外特筆すべきところはなく。
DSC04792
 機内から関門海峡が見えた。かなりの船の数が通るわりに狭いので難所。
DSC04796
 福岡の街が見えてきた!
 伊丹と福岡は街中に降りる感じだよねぇ。やはりよその空港とは違うなって思う。
 でも、日本一忙しい滑走路を持つ福岡空港って、枠がないない言うわりに新規就航とかあるよね。あれどっから枠が出てきてるんだろ。しれーっと撤退してるパターンもあるのかしら。
 それにしてもそんなに枠がないなら、LCCとかみんな佐賀空港に移しちゃえばいいのに。借地料が高すぎてヒイヒイ言ってる空港なのに、なんで佐賀空港を活用しないんだ。
DSC04797
 FDAの隣に到着。
DSC04798
 あれ?空港の中結構改装されてる?こんな感じだったっけ?って思いながら通路を歩く。
DSC04799
 キャセイドラゴンさんがいた!
 通路とか新しくなっていたけれど、荷物受取場はまだまだ改装中。
DSC04800
 そして突然出てくる昭和チックな看板。
 この看板もあともう少しかな。

 最近、更新が少ない上に参加者限定記事ばかりですみませんねぇ。
 でも、あと2週間なんで勘弁して下さい。

 参加者の皆様はログインして読んでちょーだい。
続きを読む

↑このページのトップヘ