FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2016年11月

 朝ご飯を食べて、てくてくお散歩。
 地下鉄橘線市議會駅から西へ。
DSC05232
 最初にあったのは台湾銀行の建物。これ結構古いよね?
 たぶん日本っぽい建築の仕方なので日本時代の建物だと思う。
DSC05233
 さらにてくてく歩き、やってきたのは高雄市立歴史博物館。
 この日は月曜日で本当は休みなんだけれど、国慶節で祝日だったため臨時開館。
DSC05234
 元々は高雄市役所だった建物。なんか名古屋市役所とかと建物が似ているよね。
 ちなみに入場料は無料。
DSC05238
 いいねー。この時代の建物は真ん中に階段がどーんって設計が多いよね。
 期間展として、第二次世界大戦で日本兵として出兵した台湾人と1930年頃の旅行事情についての展示をやってた。
DSC05240
 映像資料がメインだったので、期間展の写真はこれだけ。列車のサボだね。良く残ってたなぁ。
 それにしても上の高雄行き、海岸線経由台中廻りってどういうことなんだ?台中だったら山線のはずだけれど……。海岸線を走って一度台中まで入ってから折り返して高雄の方に行ったのかな。なかなかレアな感じがするサボだね。
DSC05243
DSC05246
 常設展ではこの建物が舞台となった高雄での二・二八事件についての展示。メインになるのがこのジオラマ。人がバッタバッタ撃たれている。中庭でも撃たれてる。二・二八事件とは台湾人が大陸から来た国民党に対しての反乱を起こし、それに対する大虐殺が行われた事件のこと。
 ちなみにこのジオラマは日本で制作された物でものすごい金がかかってるらしい(家が一軒建つくらい)。
DSC05251
 というわけでなかなか面白かったよ。もうちょっとミュージアムショップが充実してるとうれしいね。

 さて、そのまま南へ歩いて哈瑪星の駁二藝術特區へ。
DSC05268
 やってきたのは哈瑪星台灣鐵道館。
 哈瑪星=はーまーしぇん=はません=濱線。というわけで日本時代の高雄港線の通称である濱線が地名になったところにオープンした鉄道模型の展示がメインの博物館。
DSC05269
 ちなみに鉄道模型がメインなので、特に古い物があったりするというわけではないけれど、鉄道模型レイアウトはかなりのデカさ。台湾各地の鉄道が再現されていて、駅舎は最近の新しい物ではなく、日本統治時代から使用し続けていたものが再現されている。
DSC05270
 昔の高雄港。扇形機関庫があったんだね。
DSC05275
 旧高雄駅。これは日本統治時代からの駅舎。これは中央部分だけ、現在も保存されている。
DSC05277
 こちらは台南駅。ここは今も現役の駅舎だね。もちろん日本時代からの建物。
DSC05279
 嘉義駅。こちらも現役。
DSC05282
 阿里山森林鉄道のループ線もちゃんと再現されている。
DSC05285
 こちらは台中駅。つい最近まで現役だったけど、台中駅高架化に伴ってお役御免。
 たぶん保存されるんだと思う。
DSC05289
 龍騰斷橋もきちんと再現されているね。なかなか芸が細かい。
DSC05288
 こちらは新竹駅こちらも現役。
DSC05290
 台北駅も当然地下化前の駅舎。
DSC05294
 というわけで、長々と無駄に写真を載せていったけど、鉄道模型としてはかなりの見応え。あと、横浜の原鉄道模型博物館の原さんが昔撮影した台湾の鉄道映像が興味深かった。なかなか貴重な品だね。

 ただ、入場料が199元で、内容を考えるとちょっと高いなぁ。

 さて、新竹から一気に高雄へ。

 鹽埕にある新興街と新楽街の交差点には、豚・鴨・羊を扱う3軒の店がそろっている。
 以前紹介した鴨肉珍はその3軒のうちの1軒。

 今、自分の中では台湾の羊肉料理がアツい。
 というわけでその交差点の羊肉担当である「王牌羊肉海産店」へ。
DSC05226
 夜遅いせいか空いてた。結構みなさん宴会やっていて、酒が飲めるのがうれしい。
DSC05227
DSC05228
 羊肉片湯と羊肉炒飯でTWD170。すげー肉たっぷり。
 スープは生姜が利いてておいしい。付属のタレにつけて食べてもおいしいー。
 おっちゃんがちょっとだけ日本語しゃべれて、色々と話しかけてくれる。いいよねぇ。今度台湾語(中国語ではない)を勉強してみたい。
 とっても気を遣ってもらえて、スープが減ってくるとすかさず足されたよ。
 色々料理あるみたいなんで、色々試してみたい……がメニューに値段が書いてないんだよなぁ。

 ここは羊肉好きにはオススメ!

 高雄に着いていれば、台東に行こうと思っていた。
 が、台北に着いた。台東に行こうと思ったけど、南廻線が土砂崩れしていたみたいなので、台東に行って高雄に行く足がなかったら困る……というわけで、今日は台北近辺で鉄活動。
 海科館行ったり、内湾行ったりで、新竹駅で台湾国鉄完乗。
DSC05207
 
新竹駅舎は美しいなぁ。日本時代の建物をそのまま使ってる。結構残ってるんだよねぇ。台中も台南も。

 さて夕食を求めてぶらぶら。駅前の通りにオーラが出てる店があった。
DSC05219
DSC05218
 なんだか、わっしょいわっしょいしてたので突撃だ!
DSC05217
DSC05214
 メニューはこれ。安いねぇ。
DSC05215
DSC05216
 頼んだのは搾菜麺と魯肉飯。
 味は普通においしいよ。あんまりしっとりしてない
 でも、正直言ってオーラが出ている割にはそこまでの味ではないかなって思う。

 ちなみに店の名前が書いてない。仕方がないので、Facebookのチェックイン機能でそれっぽい店の名前を見つけてGoogleで検索したら、店の名前が分かった。「車站肉羹麵」もうそのまんまな名前だよね。
 ……ってことは肉羹麵が名物か!しまったそれを食べれば良かった。

 この店のシステムは注文場所で注文して、勝手に席に座って、おばばがメニューを叫びながら歩いてるので、来たら手を挙げるシステム。やべー、難しいよ。発音がわかるメニュー頼むしかないよ。つーかこのシステムでうまくいってるというのが不思議。
DSC05220
 さて、それではさらに南部へGO!


○注文と会計の仕方

 注文するレジっぽいところの近くに注文票があるので入手。
  ↓
 注文票を記入して、レジっぽいところで会計。
  ↓
 席で待つ
  ↓
 おばばができた食べ物の名前を叫びながらうろうろするので手を上げる。
  ↓
 ウマー

 夏休みが消費し切れていなかったので最後の一日を使って4連休。ただ、色々と激務だったので急遽休みが決定。世間では3連休スタートの朝、とりあえず発券作業から始める。

 消費しなくちゃ消えてしまいそうなアジアマイルがあったので、CX549-KA450の乗継で高雄まで、帰りも同じルートをビジネスクラスで発券。ホントはPYで発券したかったのだけど、空席表示がでてるのにエラーが出て何故か発券できなかったんだよねー。

 というわけで発券も終わって荷造りも終わったので、そのまま家を出発。

 早いけど、あらかじめアプリで搭乗券ダウンロードしてそれで出国。出国してから気づいたけど、大ディレイが決定してた。まぢかー。4時間半のディレイ。そうすると確実に今日中に高雄まで行けない。とりあえずCXラウンジで「どうなりますかー?」とQをだしておいてとりあえず食事する。
DSC05127
 あれ?お昼ご飯でもフレンチトーストが入ってる!やった!先週食べられなかったフレンチトースト食べよう!
DSC05125
DSC05126
 これって卵焼きでしょ?とよく言われるフレンチトースト。
 これ大好きなんです。一気にご機嫌になる。いや、別にディレイも楽しんでるので怒ってないんだけど。

 そして、ラウンジで提案してもらったのは香港でホテルを用意するので、翌朝の便で高雄まで行ってほしいとのこと。でも、この遅延時間だと香港で空港出られるのはおそらく1時頃。翌朝の便の1番は8時発だから遅くても6時頃ホテル出ることを考えるとほとんど寝られない。どこのホテルがでてくるのか楽しみではあるんだけれど……。
 というわけでこっちから色々と提案してみる。

 提案1
 こっちでJALの台北松山便を予約するので、今回の航空券をオールキャンセルしてマイルを口座に戻して欲しい。
 提案2
 チャイナエアラインの台北松山便もディレイしてまだ飛んでないので、この便にエンドースしてもらえないか。

 で、CXからは提案2でOKがでた。ただし、高雄までの交通費は出ないので、自腹が条件。
 (若干損した気がしなくもないけど)特にそれで文句はなく、むしろ初めてのチャイナエアラインに乗れるので楽しみ。
DSC05130
 というわけでホントのぎりぎりにゲートへ。ゲートで搭乗券をもらう。
DSC05131
 おおー。チャイナエアラインだ。初めてのチャイナエアライン。
DSC05133
 座席は古めな感じ。
 台北松山空港はある程度詰め込みが効く機材にしたいとかなのかな。
 ちなみにこの機材は台北松山空港ベースなので、本拠地の桃園空港には行かない模様。基本的にはTSA-HND-TSA-HND/HND-TSA-SHA-TSAっていうのを繰り返しって感じ。どっか経由で桃園の機材と入れ換えてるのかと思ったんだけど違うんだね。
DSC05135
 ウェルカムドリンクと何かのお菓子(食べなかった)。
 CAとかなんとなく日系ぽい感じがする。あんまりフランクさがない感じ。
 HND線だから?それともビジネスクラスだから?
DSC05138
 本日の機内食メニュー。
DSC05139
 ドリンクメニュー。
 うーむ、和食は地雷な感じがしなくもないので、洋食チョイス。
DSC05140
 チャイナエアラインってワンプレートなんだね。JALみたい。ただ、お皿とかがこっちの方が(若干)高級感がある気がする。いかにも効率悪そうな丸皿だしね。あとはデザートにケーキとコーヒーが出て終了。ボリュームは控えめな感じかな。
DSC05146
 というわけで初めてのチャイナエアラインは可もなく不可もなく。普通なフライトでございました。
 でもね、これ値段が安かったらすごいいいと思う。チャイナエアラインってたまに大安売りしてるし。

 さて、23時半高雄着が18時半に台北着になった!
 どこで泊まることになるか分からなかったので、まだホテルを取ってない。急いで予約しなきゃ。

 10/01のCX543ラストジャンボで記念品をもらえたので紹介。
DSC05099
 ゲートで配っていたのはコレ。
 ちなみに今回の旅行のカバンが小さかったので入らず、この袋を持ってJALに乗ったよ。
DSC05100
 中身はコレ。中を開けると……
DSC05101
 中からなにやらでてきた。
DSC05104
 まずはノート。
DSC05103
DSC05102
 プリントじゃなくてちゃんと織り込んでるタグ。プリントじゃないってことはそれなりにお金かかってるねぇ。
20161112_215447
 それと、搭乗証明書。パイロットもISMも結構前から決まってたんだなぁ。
 とってもいい記念品になりましたっと。

 後日、佐川急便から身に覚えのない不在票が。不在票には「DHL様から」って書いてあって、DHLだったら運送会社やんけ~、それとも違うDHLなのか?とか思った。届いて見ると香港からステキなプレゼント。
20161021_194327
 やたらと重い。
IMG_20161021_194520
 オール手書きの写真立てが到着。ちょっと破壊されたが気にしないことにする。

 予期せぬプレゼントにビックリ!これって何ヶ月前とかまでに予約した人だけもらえるんじゃなかったっけ?もしかして、アジアマイル特典航空券のキャンセル待ちをしていたからなのかな。一応、今回のAvios航空券もCX番号に書き換えておいたし。

 とてもとてもステキなプレゼントをありがとうございました!

 緊急発券の緊急出国なので、会社を休めないので、とっとと帰ります。
 ほんと香港で何もしてないなー。
 ラストジャンボ→みんなで夕食→雑談収録→寝る→香港公園でポケモンGOやってコイキングを狩る→帰宅というホントに何もしてねぇ。ネタにもならねぇ。

 帰りはJL。もちろんAviosで発券。この日の午後のHND便はCXが満席。よってJLに。
DSC05081
 チェックインカウンターでプレエコへのアップグレードをプッシュされた。でもさー1,000HKDはちょっと考えちゃう値段だよね。ビジネスクラスにアップが1,000HKDだったら考える。そして、そもそもプレエコ乗る気があったら5,000Avios払って乗るし。
DSC05080
 というわけで安定のYの搭乗券をもらった。
DSC05082
 北側から出国。そういえばe道持ってる人のセキュリティーチェックは別になったのね。香港空港の唯一の不満はセキュリティーのプライオリティレーンがなかったことだけど、ちょっと前進。ただ、中で混ぜられるのであんまり意味ないかもって感じもする。
DSC05083
 JL便出発前なので対日本人モードになっているカンタスラウンジで食事。
 ここはアクセスも最高だし、いいよねー。ちなみに食事は完全に対日本人モード。
DSC05084
 今日のヌードルはチャーシュー麺。
 「ちゃーしうみぇん、ぷりーず」ってオーダーしたら「BBQ pork noodle OK!」って返されてしまった。
 香港の麺!って感じではない感じだったな。おいしかったけど。
 なぜかJALのチェックインカウンターでも「チャーシュー麺があります!」ってアピールされてた。
DSC05086
 WingのFラウンジに移ってキャセイディライトを一杯。最近、機内で飲んでないなー。
DSC05091
 本日の機材はB777-200ER。
DSC05092
 それでは帰りまーっす。いつも表示を見ていて思うんだけど「Hong Kong to」ってなってるけど他の都市の名前が入ることはあるんだろうか。

 ゲートでピンポンもなく、おとなしくYに収まる。見たところPYも一杯だったので有償アップグレードで埋まったのかしら。それともJGCのインボラで埋めたのかな。
DSC05094
 離陸!マカオへつながる橋もだいぶ出来上がってきたねー。
DSC05097
 機内食。炭水化物炸裂……ってほどでもないか。中国線に比べたら。
 これって香港搭載なのかな。JALは基本的には現地搭載だよね。搭載の手間とか考えても、安いのかなー。

 機内ではシンゴジラを見た。
 ゴジラがどうのっていう話よりも、役人の話。いや、かなりおもしろかった。まぁ、いろいろと疑問はあったけど。ゴジラ通過翌日に新幹線と京急が不通(しかも品川駅そばの八ツ山橋をゴジラ通過)なのにそれ以外は平常運転とか。でも、庵野さん、早くエヴァの新作作ってもらえませんかねぇ。

 緊急発券だったので宿泊先は飛行機好きのみなさまとConradでルームシェアさせてもらう。
DSC05059
 相部屋でどんなルートで取ってきたんだかよくわからないぐらいの安さ。
 香港でこんなに高いホテル泊まったことない~。いつもはHOTEL JENだからね。

 空港からUberでコンラッド直行!5人で割ったらとっても電車と同じくらいにお安くなった。
 これは便利だねぇ。香港空港のUberピックアップは駐車場で。
DSC05019
DSC05023
 お部屋。いやー、さすがコンラッド。広いしちゃんとしてるね。
DSC05021
 洗面台もダブルシンク。
DSC05020
 アヒルちゃんがいた。ちなみにターンダウンした後のベッドにはクマがいた。
DSC05024
 窓からは島の中心部がばっちり。ビクトリアハーバーもばっちり。
 いやー、こんな中心部のホテル泊まったことないわー。
DSC05050
 夕食から帰って、夜景をぱちり。
 そして、雑談を収録してたら花火がすごかった。これ、年末年始の花火もばっちり見られるね。高くて泊まれないと思うけどね。

 さて、早朝帰宅組を見送るべく、かなり早い時間に朝食。
 朝食ビュッフェへ。
DSC05054
DSC05055
DSC05056
 いいねぇ、もりもり豪華でございます。

 あとはラウンジへ。
DSC05077
DSC05078
DSC05079
 いやー素晴らしいホテルでした。
 たまにはこういうホテルに泊まらんとあかんね。

 でも、まわりがあまりにもきれいすぎて香港ぽくないって言うのも事実。
 HOTEL JENとかがある西環の雰囲気の方が香港ぽくていいなぁって思った。

 10月1日CX543便でCXにおけるB747-400が一般客を乗せるラストフライト。
 ラストフライトなので、最初からブッキングクラス高めの運賃しか売っておらず、アジアマイルの特典航空券でキャンセル待ちをF、J、PY、Yで半年ぐらい前からやっていたけれど、取れず。
 でもね、前日の朝にAviosでなんとなく検索してみたら取れちゃった
1478783098073
 そりゃーもう、出社中の電車の中であせって発券しましたわー。
 そこからTeppei101氏とえびちゃん氏と連絡を取ってホテルの手配とか頼んだ。
 その節はありがとうございました!

 そんなわけで、(ある意味予期してたけど)Aviosで発券できたので緊急出国。
DSC04866
 例によって羽田にやってきました。
DSC04868
 JALのFラウンジで朝ご飯を食べて、CXラウンジに移動しようとしたらTeppei軍団に出会う。えー、まだ出発まで1時間半ぐらいあるよ?と思ったら、ラストジャンボイベントがあるということなので、フレンチトーストをあきらめてゲートへ。
DSC04871
 今日はセレモニーがあるからか、かなり早めにゲートにやってきてた。
 やっぱりジャンボって美しいよねぇ。自分が小さい頃の飛行機と言えばほぼジャンボだったわけで、飛行機=ジャンボってすり込まれていることもあって、やっぱり特別な感じがする。初めてCXに乗ったときも、初めてビジネスクラス乗ったときも、ジャンボだったなぁ。
DSC04872
 ゲート前はさよならモード。
DSC04873
 いろいろと飲み物が用意されてた。スパークリングワインとジュースとミネラルウォーターだったかな。
 というわけでさよならセレモニースタート。
DSC04890
 プレス用に今日のISM、パイロット、日本支社長の写真を撮ったり。
 その後日本支社長の挨拶。
DSC04913
 そして、ジャンボを受領に行って、その後ずーっとジャンボの整備をしていて、ジャンボの引退と共に退職する整備士の紹介があったり。なかなかすごいよねぇ。ずーっと勤めてジャンボと共に過ごした人生。こうやって、表舞台で紹介されるというのも粋な計らい。
DSC04898
 クルー全員の写真撮影があったり。ちなみに男性クルーは人垣でこちらからは見えず。
DSC04888
 いよいよ搭乗でっす!
 ゲートを通ると記念品もらえた。記念品の内容についてはまた後々。
DSC04939
 あぁ、搭乗するときの「キーーーーーーン」って音ってジャンボ特有だよね。
 当たり前にする物だと思ってた物がなくなると悲しいね。まぁ、CX以外では乗れるけどね。
DSC04940
 機内でテンションMAXのTeppeiさん。ちなみに機内では通路はさんで隣同士だったよ。
DSC04944
 いつも今日でお役御免かな。

 わさわさしながらなんとか定時に出発(した気がする)。
 ベルトサインが消えたら、世界中の飛行機マニアが歩きまくり。
 そりゃねー。そうなるよねー。
DSC04963
 なかなかカートが通れなくてサービスがすすまず。
 「みんな座れー」なんて悲痛な叫びがあったり。
DSC04966
 そりゃこんな撮影会とかあったら、マニア達は落ち着かないですわー。
 ま、私もその構成員だけど。

 キャプテンからの「座れ」コールもあったのでだんだん機内も落ち着いてきて、ご飯の配給。
DSC04984
DSC04991
 ジャンボラストフライトなのでキャセイロゴ入りのケーキがスペシャルデザートに付いた!
 メインは中華チキンか和食魚。中華チキンをチョイスしたけど、直前で売り切れ。和食の魚になりましたっと。でも、この魚の機内食おいしかった!なんだかんだ言って日本人だから日本搭載の機内食は(相対的に)おいしいと思う。

 さて、食後の色々なところを見学に行こう!
DSC04995
 やっぱり見学に行くとしたら、最後尾にあるここだよねー。
 狭い階段を上がるとそこには……
DSC04996
 南京虫がいる重慶マンションのゲストハウスが!
 クルーレストがあるのでした。普通じゃ入れないよねー。でも今日は開放!
DSC05002
 なかなか厳しい設計のベッドも。
 よくよく考えると、ここ何年かは使ってないはずなので、わざわざ見学できるように枕とか毛布とか設置したのかしら。なかなかのサービスっぷり。
DSC05003
 登ってくるところ。なかなかの秘密の通路っぷりだね。

 さて、そんなこんなで楽しい時間もあと少し。
DSC05011
 少しだけロスタイムがあって、香港着陸でっす。
 できれば北側からの香港周遊コースで着陸して欲しかったところだけど、こればっかりは風向きなので仕方ない。
 最後の着陸は拍手喝采。着陸で拍手って台風で何回かゴーアラした後にやっと着陸できたとき以来だわー。
 涙ぐむCAもいた。僕ら旅行者より、彼女らの方がきっと思い出深いんだろうなぁ。
DSC05015
 着陸した後は、コックピット見学とかできたみたい。素晴らしいサービスっぷりだよね。
 ありがとうキャセイ。ありがとうジャンボ。最後のフライト、楽しませていただきました!

 新幹線乗る前に最後の食事をしよう!
DSC04824
 やってきたのはわんこそばの店東家。
 盛岡駅前にあって便利な立地。ここで新幹線乗る前に旅の最後のご飯を食べる人が多いけど、みんなわんこそばを食べるんだよね。でも、わんこそばは高い(2,700円から3,240円)し、ひたすらそば食べるっていうのはアトラクションとしてはともかく、ご飯としてはねぇ……といきなりお店の存在価値を否定しかねない発言をしてしまった。でも好きなんです、このお店。
DSC04826
 一人で入ると、デフォルトで新聞も持ってきてくれる心遣いがうれしい。

 このお店で食べるべきなのはカツ丼。あえてのカツ丼。
DSC04827
 大盛り1,040円。わんこそば一杯分の蕎麦もついてくる。
DSC04828
 まさかのカツが2段盛り!
 そして衣が黒胡椒効いてておいしいの。
 トンカツの衣のかりっとした感が残った、職人芸のようなカツ丼。

 ここのお店はほぼ全ての客がわんこそば食べてて、「はい、どんどん」「はい、じゃんじゃん」「もう一つ!」とかかけ声入れられている中カツ丼食べるのは若干シュールなんだけど、ここでカツ丼食べるのが正解だと思うよ、たぶん。
 他の通常のおそばもそれほど高くもないのでオススメ。
DSC04832
 帰りはグリーン車!
DSC04838
 しっかりと、子供達に混じって連結作業を見学して。
DSC04842
 車いす設置位置の一人掛け座席で帰宅!ぐっすり眠れたー。

 遠野に戻ってきた。帰りの新幹線までまだ時間があるので、お昼ご飯。
 遠野は「遠野ジンギスカン」なるものが名物だというので、元祖の店に行ってみる。

 駅から徒歩10分ぐらい。
DSC04822
 ちなみにお肉屋さん併設。
DSC04817
DSC04818
 紙エプロン標準装備。ちなみに新聞紙もテーブルの上に標準装備。たぶん掃除しやすくするためだろうね。
 ラムカタとマトンモモで片方定食にして2,000円。ちょっといいお値段感あり。
DSC04820
DSC04819
 ちょっといいお値段といったけどかなりの量が出てきた!
 北海道のタレ漬けとは違い生肉。色々な部位が楽しめるのでこれはこれでいいかもしれない。ただ、昼過ぎに行ったので売り切れになっている物もあった。三連休最終日だしね。
DSC04821
 あとは普通のジンギスカンと同じようにじゅーじゅー焼く。

 まぁおいしいっちゃーおいしいんだけど、このためにわざわざ寄って長時間待つかと言われると微妙。フツーの(最近北海道で流行ってる)生肉のジンギスカンなんだよね。ただ、逆に言えば安定したおいしさなわけで、あまり待たなそうだったらいいかも。

↑このページのトップヘ