FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2015年10月

 さぁて、バンコクから出発。
 香港に行くぞー!おー!
DSC08337
 コロンボからやってきたCX700に搭乗。
 なんか機内はだらけた空気が漂う。そりゃみんな眠いよねぇ。

 機材もコロンボから来るってことは当然リージョなので、もう何も期待できない。

 というわけで機内食も朝発なので朝食。
DSC08339
DSC08341
 このエビ麺、なかなかうまかった!チリソース付けるとなおうまい。
 このチリソース持って帰りたいなぁ。

 この日はかなり早起きしたので、食べ終わったら爆睡。
 香港空港混雑ですこしぐるぐるしてから、ちょっと遅れて到着。

 香港まで来るとホッとする。やはり慣れているところだからかな。
 それにしても、香港の空港はなんて使いやすいことか。バンコクの空港を使うと、構造がおかしかったりするので、細かいところでイライラするんだよねー。それだけ香港の空港が素晴らしいってことか。

 今回の旅はさすがに疲れたよ。まだまだ続くけど。

 今夜の食事は「プーパッポンカリー」。カニのカレー炒めと呼ばれるもの。

 サイアムから1駅。BTSのNational Stadium駅から徒歩……と言ってもちょっと歩く。10分強ぐらい。
 いくつか支店があるみたいなので、詳しくは公式ホームページを参照して欲しい。
DSC08330
 カニのマークが目印。
DSC08331
 これが、プーパッポンカリー。殻があるとめんどくさいので殻をむいた状態のものを注文。
 ホームページによれば「カニのカレー炒め」って訳になってるけど、これは炒めなのか?
 とろみがある感じなのは卵っぽい。
 おいしいんだけど、余り食べたことがない味だなぁ。ただ、中毒性がある気がする。
DSC08332
DSC08333
DSC08335
DSC08336
 基本的には中華のお店なので、当然メニューも中華系。
 異常に牡蠣が入ったオムレツ?がなかなかおいしかった。


○関連ホームページ

 公式ホームページ(日本語を選ぶと中国語サイトに飛び、中文を選ぶと日本語サイトに飛ぶので注意)
 ソンブーン・レストラン バンタットン本店(バンコクナビ)

 アユタヤ駅に着くと、しつこくトゥクトゥクの客引き。
 かなりうざい。しかも高い。

 めんどくせーな。せっかくの有名観光地なんだから循環バスとか出せばいいのに。
 この日はトゥクトゥクを値切りまくってチャーター。
DSC08216
 有名処は押さえた。
 アユタヤのちょっと離れたところのホテルに泊まり、夜はショッピングセンターのフードコート。
 翌日もトゥクトゥクをチャーターし、前日行けなかったところを回る。
DSC08300
DSC08301
 犬も暑くて寝てた。

 帰り列車に乗るのはイヤだったので、ロットトゥー乗り場へ。
 バンコク行きの乗り合いミニバンで客が満員になると出発する。
DSC08328
 冷房は効いてるけど、座席が狭い。
 でも確実に座れるし、速いのでこっちの方が列車よりマシだ。
 運賃は60THB。そんなに高くないっていうか安い。
DSC08329
 バンコク市内の戦勝記念塔に到着。時間は1時間半ってところかな。

 さて、Shangri-laで朝を迎える。
DSC08198
 実はShangri-laのゴールデンサークルJADE会員なので、朝食が無料。
 バンコクのShangri-laの朝食は今まで泊まった中で一番豪華だった。なんかすごい。もりもり。
DSC08199
 Shangri-la仕様のトゥクトゥクなんてあるんだねぇ。

 さて、今日はアユタヤに向かいます。
 行く手段は色々あるのですが、鉄ちゃんとしては鉄道でいくべー。
DSC08200
 タイ国鉄の始発駅フワランポーン駅(クルンテープ駅・バンコク駅とも言う)。
 アユタヤまでのチケットを購入。次の列車は普通列車らしく3等車のチケットで、なんと値段が20THB!安すぎだべよ。バンコクの市内電車であるBTSの初乗りが20THBだったと思うから同じ値段。値段設定がおかしすぎる。
DSC08201
 上野駅の地平ホームみたいな印象。頭端式でここから旅が始まる感が炸裂してる。
DSC08202
 乗る電車はチェンマイ行き。チェンマイまで一体何時間かかるんだろう。
DSC08203
 なかなかの混雑で、僧侶専用席の近くに居たら僧侶が座りなさいと誘ってくれたので座る。その後他にも僧侶が乗ってきたので、席を譲り、他の席に移ると今度は隣の席のおばあさんが、英語でしゃべってきた。昔、学校で英語の先生していたとのこと。
DSC08207
DSC08208
 冷房もなく、混雑で、怪しい物売りが来たりしたけど、2時間半ぐらいの旅は無事終わった。

 しんどかったので、いくら安くてももう乗らない。

 さて、たまには観光客っぽいこともしましょう。

 というわけで、オカマショーを見たいと思う。
 この日はShangri-laに泊まってたけど、そこから行きやすいカリプソへ。
DSC08182
 1ドリンク付き。
 ドリンクは「ビール」「ジントニック」「タイウィスキー」「コーヒー」「水」「コーラ」「ファンタ」「スプライト」「茶」からチョイスできる模様。
DSC08187
DSC08190
 あんまり期待しないで見たけど、結構面白いよ?
 何故か音質の悪い音源で「川の流れのように」を口パクで歌ってたりとツッコミ処も満載。


○チケットの入手

 街中のJTBとかHISとかJCBプラザで予約OK!
 HISだと安くなるみたい。HISはバンコクでかなり店舗があるから使いやすいよねぇ。
 ただ、日本人対応の店は市内で4店舗だけみたい。

 バンコクってホント日本人にやさしいよねぇ。

 買ったクーポンは窓口で座席指定した券と交換する。


○行き方

 アジアティーク・ザ・リバーフロントという夜活動してます系のスポットにある。
 行き方はBTSのサパーンタクシン駅から無料送迎ボートに乗ればOK。
 乗り場はチャオプラヤエクスプレスとほぼ同じ位置。
DSC08194


○関連ホームページ

 アジアティークでカリプソのニューハーフショーを観に行こう! (バンコクナビ)

 カオマンガイ(チキンライス海南鶏飯)が食べたい。

 というわけで有名な店に行ってみる。

 BTSのチットロム駅から歩いて1kmぐらい。暑いのでちょっとしんどい。

 やってきたのは通称ピンクのカオマンガイの店。
 なぜピンクかというと店員が全員ピンクのポロシャツ着てるから。
 渋谷にも支店がオープンしてたと思うけど、やっぱり現地で食べないとね。
DSC08176
 店員みんな黄色のポロシャツだった……。
 なんだかわっしょいわっしょいしてる。
DSC08177
DSC08178
DSC08179
DSC08180
DSC08181
 というわけで、だだだっと載せてしまったけど、食べたときの記録がない。
 ただ写真付きメニューがあって、簡単な英語は通じるのでそれで注文したはず。

 サイドメニューもおいしかったけど、カオマンガイもおいしかったよ。
 でも、シンガポールの方がやっぱり洗練されてる感があるよねー。


○関連ホームページ

 ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(バンコクナビ)



 眠いぞ!
DSC08158
 とりあえず仏様に挨拶しとく。

 BKKですでに帰りの搭乗券を発券してもらったので、特にTRANSITカウンターにも寄らず。
DSC08161
 スリランカエアがワンワールド加盟したおかげでここに入る権利ゲット。
 エメラルド限定ってことはファーストクラスラウンジ扱い?
DSC08162
 案内が出てたけど、こっちはビジネスクラスラウンジかな?
 行ってみたけど、さっぱりどこにあるのかわからなかった。

 しかもラウンジの名前が紛らわしいよね。
 ファーストクラスラウンジ→Serendib Lounge
 ビジネスクラスラウンジ→Serenediva Lounge

 ただ、あんまり時間も無かったので中には入らず。
DSC08164
 さぁ、ホテルベンガルベイ後半戦。
 僧侶の優先搭乗があってから、搭乗。

 色々と限界だったので、サービスオールスキップで爆睡。

 さて、今宵のホテルである「ホテルベンガルベイ」へチェックイン。
 ゴールデンウィークと年末年始の恒例行事。
 さぁ、コロンボいくぞー!おー!
 飛行機2連泊だ!がんばるぞー!おー!
 荷物も預けてきたので手ぶらで搭乗。
DSC08153
 日本時間で深夜1時発。到着は日本時間朝4時ぐらい。
 もうしんどい。
DSC08155DSC08156
 とりあえずメニューだけ見た。
 タイ飯かインド飯。いずれにせよ食べる気が起きないのでサービススキップ。
 以前、タイカレーかインドカレーかの2択だったけど、それよりはマシな感じかな。

 つうわけで、迅速に寝ます。
DSC08157
 久々に来たよー。

 さて、サイアムで食事が終わり、次はデザート。
 マンゴー好きとしてはやっぱりMango Tangoに行ってしまいます。
 場所が移転してちょっとBTSの駅に近くなった?ただコンテナハウスみたいな店舗になった。
DSC08150
 なんか金ないの?っていうかキャラがキモい。
DSC08151
 メニューは日本語完備。
DSC08152
 オーソドックスなMango Tango 140THB。
 高いお店なので、それなりの値段します。

 でも、マンゴーとアイスとプリンセットでこの値段はお得かな。
 普通においしいマンゴーです。日本で食べたらいくらするんだか。



○関連ホームページ

 バンコクナビ~マンゴタンゴ

 公式ホームページ

 さて、久しぶりの再会を果たした荷物を持ってバンコク市内へ。
 友人がバンコクに来ているので、友人のホテルに荷物を持って行ってしまって部屋に預ける。

 そして夕食。
 特に食べたいものないなー、マンゴーは食べたいけど。っていうようなバンコク好きに聞かれたら怒られそうなことを思ってしまったので、ここは王道通りタイスキを食べに行くことにする。タイスキと言えばMK。それの高級版であるMK Goldに行く。複数店舗あるけど、一番便利なサイアム(SIAM)のParagon地下にあるお店へ。
 多少並んでいてが、それほど時間かからずに入れた。
DSC08144
 入ると鍋がセットされる。
DSC08145
DSC08146
DSC08147
 具材を適当に注文。単品よりもセットものを頼むとちょっと安い気がする。
 メニューを写真撮るの忘れたが、一応日本語もあった。
DSC08148
 あとは煮込む!
 煮えたら独特なタレで食べる。

 うーん。素材の味とか出汁とかあんまり関係なくてタレで食べさせる感じかなぁ。
 おいしいけど、また食べたいか……と言われると微妙。



○関連ホームページ

 MKゴールドサイアムパラゴン店(CooL Bangkok)


↑このページのトップヘ