FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2015年09月

 呉には謎の店があるという。

 その店はジンギスカンが名物だが、肉は羊ではない。
 その店はジンギスカンが名物だが、ラーメンがうまい。

 おかしい。何かがおかしい。

 というわけで行ってみた。
DSC07609
 呉市内のジンギスカンの店、関白。
 店内入ると昭和テイスト炸裂。
DSC07611
 メニュー。値段は書いてないけど、テーブルの上にあるメニューはもっと詳しくて、値段も書いてある。
DSC07610
 まずはヱビスから。生中が700円ぐらいで、高く感じるかもしれないが、量が多い。たぶんこの生中はよその生大ぐらい。それくらいでかい。しなみに生大は1リットルある模様。
DSC07612
 全力で加熱!火柱が立つこともあるが、気にしないこと。
 ジンギスカン用の鉄鍋を全力加熱。
DSC07613
 豚足と耳のミックス。野菜の上に、豚足と耳がぶちまけられております。
 羊のジンギスカンを想像すると、違和感しか感じない。ただ、そういう料理だと思うと、なかなかうまいよ、これ。
 特製タレかポン酢で食べる。もうコラーゲンたっぷり。

 他の肉だと、野菜の種類が変わったりするみたいなので、結構こだわっている模様。
DSC07614
 ラーメンはレモンをかけて食べる。テールスープを使っているみたいで独特な味。
 甘みのあるスープで、こんなラーメン食べたことない。レモンを入れると味がきゅっと引き締まる。
 これはこれでうまい。

 呉に行ったら一度食べてみるといいよ!なんか、色々と衝撃を受ける。

 お安かったので、春秋航空日本に再び乗ってみる。
 中国資本が3分の1とはいえ、一生懸命日本らしく頑張っているので、ちょっとは応援してあげたい。
 というわけで、春秋航空日本の数少ない比較的客が多い広島線で。
DSC07564
 サイハテの駐機場から。
DSC07565
 せっかくなので機内販売でジンジャーエールを買ってみた。
 なかなかいい感じにジンジャーがきいててうまかった。
DSC07567
 噴煙上がる御嶽山が見えた。

 可も無く、不可も無いフライト。安いからOK!

 さぁ、帰りますよ。
 JALの高雄便は、何故か台湾の人たちに使いやすい時間帯。
 なので、朝一出発です。
DSC07424
DSC07426
 高雄空港は、台北桃園に比べれば小さいけれど、天井が高くてそこそこきれい。
DSC07427
 一日一便しか飛んでこないけれど、サクララウンジがありました。
 今は閉鎖されて、チャイナエアラインラウンジ使用になってる模様。

DSC01023
 高雄空港は喫煙所が異様にわかりにくくて、案内は一切なし!23番と29番ゲートの横あたりにある、何も書いていないドアを開けた先にあります。写真に写ってるガラス戸の先!
DSC07428
 さて、出発です。
DSC07429
 機内食は安定のJAL。エコノミーの機内食では一番口に合う。まぁ、日本人好みになってるからかな。

 高雄にもありますよ、マンゴーかき氷。
 そして、台北よりも安いですよ、劇的に。
DSC00948※別の日に撮影
 海鮮料理で有名な旗津半島へ行くフェリー乗り場の前にある、このお店。
 向かいには有名なマンゴーかき氷屋があるけれど、こっちの方が安いしうまい気がする。
DSC07420
 芒果雪花冰でなんと50TWD。くっそ安い。
 マンゴーもりもり。これはテンションが上がらざるえない。
 台湾のマンゴーかき氷で俺的ランキング一位だな、ここは。
DSC07421
 この細かい氷の削り具合がなんとも言えないのですよ。

 ホントにここはおいしいのでオススメ!

 帰り道、横浜市民にはおなじみのゴミ回収車の音楽。
 おっと思ったら、ホントに回収してた。
DSC07422
 台湾の場合、ゴミ収集所とかはなく、(たぶん決まった日時に)ゴミ収集車がくるので、それが来たらみんな一斉にゴミを持って収集車に投げ込む模様。これ、家にいなかったらどうするんだろうね。色々疑問は湧くけど、きっとそれでうまくいってるんでしょう。


○注文と会計の仕方

 席をまず確保して、席の番号を覚える。
  ↓
 かき氷作ってるところの近くの柱に、ボールペンとメモ帳とメニューがあるので、
 席に戻って検討。注文と席番をメモ帳に記入。
  ↓
 決まったらメニューとボールペンを元の場所に戻し、かき氷作ってる場所にメモ帳を渡す。
  ↓
 席で待つ。
  ↓
 ウマー

 ※ちなみに何回か行ってますが、そのたびに正しい会計の仕方がわからない。
  たぶん、持ってきたときに払うのが一番いいと思う。

 高雄に行くと必ず顔を出している気がするこのお店。
 高雄のどこからでも便利な美麗島駅下車徒歩数分の聰明鴨肉店。
DSC01551
 大通りからちょっと入ったところにあります。
DSC07415
DSC07416
 下水湯と鴨肉飯と野菜。
 下水湯って名前を聞くとビックリするかもしれないけれど、要はモツスープというところ。
 鴨肉はアヒルの肉。

 下水湯は臭みがなくて、しっかりと仕事されている。
 鴨肉飯は、タレがうまい。全部で150TWD。

 安くて、便利なところにあって、おいしいのでついつい来ちゃうのです。


○注文と会計の仕方

 席に座るとメニューボードと赤鉛筆がある。
  ↓
 それに注文を書く(席番はメニューボードに書いてあるので心配なし)。
  ↓
 レジに行って支払い
  ↓
 席で待つ
  ↓
 ウマー

 さて、高雄に移動でございます。

 だいたいHOTEL DUAを使うことが多いのだけど、今回は予算の関係もあって、「樹屋旅店」に。
 場所は市議会駅から歩いて数分というところ。有名な六合夜市の道を夜市が終わってもひたすらまっすぐ行ったところにあります。

 台湾のいわゆる「旅店」というところは、ちゃんと選べば、狭いけど、窓もないけれど、きれいなところに当たったりします。今回もそんなところ。
DSC07412
DSC07413
 なかなかの狭さです。でも、きれいで値段もそこそこ安い。
 日によって値段の上下があるものの2,000TWDぐらい。
DSC07414
 アメニティーはなんとロクシタン。
 なんで?って感じだけど、ロクシタン。

 街歩きして、寝るだけということであれば最適。

↑このページのトップヘ