FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

2015年07月

 奄美大島の中心部、名瀬の繁華街は都市規模からすると、飲み屋の軒数が多い気がする。そこそこ活気があるように思えるが、昔に比べれば……という感じらしい。

 初めて奄美に来たときにも行ったお店。
 結構、このお店、好きなんです。
DSC06975
 今日は「喜多八」にやってきました。

 ここの料理システムは明快で、4,000円均一です。料理が一通りコースで出て、飲み放題。たぶん混雑時でなければ時間無制限。一人でも二人でもグループでもそんな感じです。オススメとしては、少人数で行って、1階のカウンターがいいかな。お店の人とのトークも楽しめる。
DSC06977
 飲み放題メニュー。黒糖焼酎が飲み放題。
DSC06976
 まずは島らっきょうからスタート。
DSC06979
 厚揚げを炊いたもの。
DSC06980
 刺身は酢味噌で食べる。
DSC06981
 てびち。もう、これが、とろっとろのとろっとろでございます。
DSC06982
 奄美料理の名物。塩豚。保存食で豚肉に塩をすり込んで保存していたもの。
 それを炊いている。これがうまいんです!ちょっとしょっぱいけど、お酒に合う。すごいシンプルな料理だけど、味が深い。
DSC06983
 〆におにぎり。奄美のおにぎりは玉子巻が多い気がする。中身はおかか入り。

 今回、行った時間が遅かったのでなくなってた料理もあり、「あるもので~」ということで、3,000円だった。
 奄美の料理は、沖縄のような、沖縄じゃないような、本土のような、本土じゃないような、そんな独特な感じがする料理。いやぁ、うまいよ!特に塩豚。

 他のお客さんの話を聞くと、バニラエアで来る人が多数。補助金もらってバニラエアが奄美に就航したおかげで、奄美に特需が降ってきた模様。JAL便の客が減ってるわけでもなく、バニラエア分が純増という話なので、奄美の経済にはかなりの貢献してるみたい。たぶんバニラエアに払っている補助金に対する経済効果が大したことになってるんじゃないかな。

 空港は奄美大島の東の端にあり、西古見集落は奄美の西の端にあって、距離にして90km。車で2時間半程度。無茶してやってきました。
DSC06965
 途中の道路は絶景!夕陽が素晴らしい。
 なぜ、ここまで来たかというと、旧陸軍の観測所跡があるため。大島海峡の安全を守るために設置された模様。
DSC06974
 到着したときには、雨は降るわ、日没するわ、散々の状態。
DSC06970
 中に入ると、まぁ、時間が時間だけに雰囲気があります。
DSC06971
 フラッシュをたいてみた。ここで、兵士が海峡を見張っていたわけです。
 あまり遅い時間に来ると、灯りが一切無いので明るい時間に来るのがオススメです。マジで。雰囲気ヤバイし。
DSC06967
 外から見るとこんな感じ。

 あまりにも遠いところにあるので、興味がある人だけが行くというのがいいと思う。まわりに何も無いし。

 帰り道、雨が本降りになって、道路に大量のカニが。山から海に向かって大行進。
 避けたいけど、避けようがない。うーん。ごめんなさいです。

 奄美に行くよー!
 流行のバニラじゃなくて、もちろんJALで行きます。

 行きは国内線特典航空券。「伊丹→羽田/羽田→奄美」で発券しておいた分で。
DSC06946
 羽田発のJALグループ国内線で一日一本の路線というと、今は奄美と宮古(と季節運航の久米島)ぐらい。なかなかレア路線。羽田線は一本だけど、どっちの空港も飛んだ先ではいっぱい飛行機が飛んでるんだけどね。大館能代空港とかとは違う。
DSC06947
 この年の9月1日から離着陸時に電子機器を電源オフしなくても良くなったので、記念に一枚。
 D滑走路からの離陸。羽田から出るとき西南方向の行き先だとだいたいD滑走路から離陸になったよね。出発してからD滑走路までは遠い。
DSC06950
 雲の間から富士山がちらり。しかもてっぺんに傘雲がいる。
DSC06953
 残念な天気で奄美に着陸~。

 さて、帰るよー。

 青森空港は新幹線の開業に伴い、利用客減少中で。最盛期の半分ぐらいまで減ってしまった模様。
 ANAも一度は新幹線開業直後に撤退している。
 滑走路が3,000mで、このレベルの地方空港にしては多い気がする。
DSC06945
 帰りの便は特に問題なく青森出発~。
 

 小坂精錬小坂線という鉄道が大館駅と小坂駅を結んでいた。
 旅客営業よりも貨物営業がメインで、ディーゼル機関車三重連の貨物列車が走っていたり、タブレット(列車の通行手形のようなもの)の通過授受を日本で最後までやっていた鉄道である。

 というわけで、その小坂駅が鉄道博物館としてオープンしたようなので行ってみる。
DSC06902
DSC06903
 オープンしたてなので、中はかなりきれい。
 昔の切符売り場で入場券を販売している。入場券は硬券。
DSC06910
 早速登場の腕木式信号。
DSC06911
 ラッセル車がいた。このタイプのラッセル車は昔は国鉄で走っていたが、今走ってるのって弘南鉄道ぐらいか?
DSC06915
DSC06920
 そして、この鉄道の主役だったディーゼル機関車。
 運転席も見学できます。タブレット授受ごっこをすることも可能(笑)。
DSC06918DSC06919
 各種乗車券箱やハンコなどもきれいに保存されている。
 旅客営業廃止してから貨物営業廃止するまで15年ぐらいあったはずだけど、意外ときちんと保存されていてるなぁ。
DSC06925DSC06926
 ポイントを転換させるレバーやタブレット通過授受時、受け取るためのキャッチャーがあった。このキャッチャーに丸い輪っかがついているタブレット引っ掛ける。
DSC06928
 他にも軽便鉄道時代の機関車なども展示されている。

 意外ときれいに保存されているなぁ、というのが感想。
 近くに来て、鉄分を欲したら来るといいかもね。ディーゼル機関車の運転体験をすることもできる。
DSC06933
 ご近所にはこれまた立派な建物が。昔ながらの洋館が保存されている。こっちも必見。

 基本的に鉱山は好きです。
 だから長崎県に池島まで行ったり、大牟田の炭坑がらみの施設見学をしちゃったり、台湾でも金瓜石で坑道に入ったりしてます。

 というわけでやってきたのは尾去沢鉱山。
DSC06862
 ここは坑道に入れます。
DSC06863
 近代化産業遺産。最近、旅のネタが無くなってきたから近代化産業遺産巡りでもしようかと思案中。まぁ、かなり行ってるんだけれども。
DSC06864
 坑道内部。いい感じの雰囲気。
DSC06875
 蝋人形達が働いております。実際に使用されていた事務所なども残されていて、当時の雰囲気がよくわかる。
DSC06876
 トロッコも一部残っている。
DSC06877
 エンジンだと火花が散ったりすると引火の可能性もあるので、電気式モーターカー。
DSC06887
 火薬庫も坑内に残っておりました。
 坑道の距離が結構長い。1.7km。地味にしんどい。
 あと、坑内は温度が季節にかかわらず一定なので、夏に行くと中は涼しいというか寒い。
DSC06897
 坑道の他にも古い建物が残っていて、なかなか興味深かった。
 日本の近代化・高度経済成長を支えてきた施設を巡るのは楽しい!

 今日の宿泊は日景温泉。
 すでに2014年8月末で閉館となってしまいました。
DSC06832
 友人が「閉館になっちゃう!」ということなので、来てみた。
 SL三重連で有名だった矢立峠にあります。
DSC06837
 いきなり夕食。山の料理だねぇ。
DSC06844
 なんかゆったりできるスペースがあって、レトロな感じで、妙に落ち着く。
DSC06845
 いいねぇ。「売店」って看板。ちなみにかなり古い建物なのでぎしぎし言います。
DSC06846
 お風呂。お風呂。
DSC06848
 こちらが男女別の内湯。お湯が濃い。ホントに濃い。
DSC06850
 こちらは混浴露天風呂。まぁ、混浴って言っても女性は入ってないけどね。
DSC06852
 こちらは朝食。得に特別なものは無いけれど、正しい旅館の朝食。それがいい。

 とても風情があって、ステキな温泉だった。
 また泊まりたいと思うけど、閉館は残念。

 一度田んぼアートを見てみたかった。
 せっかく青森に来てるんだから田んぼアートを見てみよう!

 ということでまずは田舎館村役場へ。
DSC06795
 なんかすげぇ城。田舎の役場ってなんであんなに建物が立派なんだろう。
 整理券を求めると、結構後の時間のものに。

 その間にもう一つの会場である、道の駅いなかだてへ。
 展望台があってそこから見ることができる。
DSC06802
 思ってた以上にすごかった。
 これ写真じゃ伝わらないんだろうなぁ。
 なんか、日本人ってこういうの好きだよねーって感じ。
 一度見ておいて損は無いと思う。
DSC06810
 拡大するとこんな感じ。ちゃんと稲。
DSC06801
 ちなみに田んぼアート駅もあるのでアクセスもばっちり。田舎館村役場までシャトルバスも出ているので、車じゃなくても大丈夫。

 さて、整理券の時間が近くなったので、田舎館村役場に戻る。
DSC06827
DSC06829
 おおー。田舎館村役場の方が、奥行きが深い分なんかでっかく見えるね。
 ちなみに、これ、ちゃんと見る角度とか計算して植えているから、またすごい。
DSC06811
 平面図はこんな感じ。見る角度を計算して、測量している模様。気合い入りすぎ。
DSC06826
 ちなみにこのポスターには笑ってしまったよ。
 いいね!「芸術は豊作だ!」

 五所川原で「立佞武多の館」を見学、鰺ヶ沢のイカ焼き街道を楽しんで、嶽温泉に宿泊。

 翌朝は名物の嶽きみを食べてみる。
DSC06784
 こんな感じで、農家の皆様がお店を出している。
 そのなかの小田桐農園へ。
DSC06783
 ただ、茹でただけのトウモロコシ。
 そう、ただ茹でただけ。
 なんだけど、これ抜群にうまい!甘い!
 こんなに甘くておいしいトウモロコシ食べたことがない!

 「どうせ、トウモロコシでしょ」って思ってたけど、違ったよ。今まで食べてきたトウモロコシは何だったんだ??

 近所に行った際には是非お立ち寄りを。

 さぁ、飛ぶよー。

 今回は行ったこと無い空港つぶしのため青森空港へ。
DSC06715
 久々に羽田からバス搭乗。
DSC06716
 青森空港で前の飛行機がバードストライクしたということで、しばらくグルグル。

↑このページのトップヘ