FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 今日は回数修行でこれ以上無いくらいの見本行程でございます。
 朝から夜までずーっと乗ります、那覇~宮古間を。
 一日8レグ。

 もう乗ってるだけで、特におもしろいネタも無い。
 まぁ、変化と言えば、空いてるとドリンクサービス(綾鷹のみ)があったり、キャンディだけだったりという違いくらい。

 乗り継ぎ時間もそんなに無いので、空港内散策をするくらい。たぶん荷物検査場の人たちにはマークされてる。あまりにもつまらないので、逆流を試してみたりする。これは降りた後、通常なら搭乗ゲートを素通りして荷物受取に進むけど、搭乗ゲートでGHのお姉さんに頼んで搭乗待合室に入れてもらう技。宮古の場合、多良間行の時間が近ければ純粋な乗継の人の可能性もあるが、基本的にこれをしてる人は修行僧と思って間違いない。

 逆流は一便あたり7~8人いたかなぁ。

 あとは宮古島まもる君と宮古島まもる子ちゃんを撮ってみたり。
DSC05853
 あ、あと那覇空港で政府専用機を目撃した。
DSC05863

 というわけで、一日8レグはやっぱり疲れる。そして、この搭乗で(有償)50回搭乗達成!無事に解脱することができました。

 かかった費用等はまた別途集計します。

 ここまで来たんだから、ここに行かないわけにはいかないでしょう。
 ということで、沖縄美ら海水族館にやってきました。
DSC05805
 たぶん日本人だったら知らぬ人はいない施設で、不便なところでも唯一無二の施設を作れば客は来る、という好例となっている施設でございます。まぁ、異常に安いレンタカー料金というのもあるかもしれませんが。
DSC05815
 さて、やはり日本本土とは違う、沖縄ならではの魚たちを見ながら、目的地はただ一つ。黒潮の海大水槽へ。そして、その大水槽の横にあるカフェ「オーシャンブルー」へ。
DSC05821
 ここのいいところは、なんと言ってもビールを飲みながら黒潮の海大水槽をただただぼーっと眺めていることができることです。平日の夕方に行ったので、結構空いていて簡単に水槽前に座ることができました。たぶん、休日やオンシーズンだとこの席に座るのはなかなか難しいと思います。
DSC05824
 この日の残念なところは、ドライバーなのでビールが飲めないこと。なので、ノンアルコールビールでがまんすることにします。
DSC05830
 さて、那覇空港で待ち合わせがあるのでとっとと帰らなければなりません。別の建物になるウミガメ館やマナティ館をささっと見て、下道を走り名護を過ぎて高速乗る前に道の駅許田にちょっと寄り道。
DSC05833
 フツーの行政が作った道の駅とはなんか雰囲気が全然違います。きっと最初から道の駅として作ったのではなく、もともとある施設が登録されたって感じです。なので、なんかお店がなかなか濃いです。ここでは天ぷら盛り合わせ(いわゆるこちらの天ぷらとは違う)をお持ち帰り。
DSC05837
 あとはひたすら那覇空港を目指します。那覇空港で友人をピックアップして那覇市内のホテルに着いた後、レンタカーを返却。

 さぁ、飲みに行きませう。
DSC05838
 というわけでやっぱり来てしまった「びいどろ」。(前回訪問記録
 この日はとりあえず何品かコースにして、それに追加していくという感じでお願いしました。この日のメニューはこんな感じ
DSC05839
DSC05841
DSC05842
DSC05843
DSC05844
 ゆるーくゆるーく、おいしい泡盛と食事で夜が更けていきました。

 空港でレンタカーを借りて、本島観光へ出発。

 まずは「ゆいレール展示館」へ。那覇空港近くのゆいレールの車庫の中にあります。平日のみの開館というやる気のなさなので、行くタイミングがなかなか難しいかもしれません。
DSC05776
 内部は沖縄に昔あった鉄道の資料やゆいレールの工事の記録などがあります。激しい沖縄戦があった中で、戦前の沖縄の鉄道に関する資料が展示してあるのはなかなか貴重。
 まぁ、鉄道ファンなら一度行ってみるのもいいかもね……程度で、一般の観光客にはあまりお勧めできません。

 さて、見終わったら今度はひたすら高速道路を走り、北部へ向かいます。
 ひたすら煽ってくる、米軍兵の車(Yナンバーなのですぐわかる)をかわしながら、北へ北へ。こうやって高速を走っていると、沖縄本島ってでかい。

 高速道路を降りて、一般道をさらに北へ。名護を過ぎて、沖縄そば街道を走ってそのうちの一軒である、山原そばへ入ります。
DSC05787
DSC05782
BlogPaint
DSC05784
 あきらかに古民家を改築した(というよりそのまま?)感じの建物に入り、ソーキそば(800円)を注文。メニューもソーキと三枚肉と子供そばしかないという潔さ。やってきたソーキそばはソーキがでかい!そして、うまい!今までで食べた沖縄そばの中で一番うまかった。やっぱり汁がうまいんだよなぁ。

DSC05789
 昼食を食べた後は、世界遺産である今帰仁城跡へ。
 沖縄の城(グスク)は、日本とは設計が全く異なり、「あぁ、やっぱり違う国だったんだな」と実感する。海を見下ろす高台にあるグスクは、なんだろうとても見学していて気持ちいい。平日に行ったので、観光客も少なく、不思議な静かさに囲まれて、なんとも言えない安らかな気持ちになる(ただし、暑い)。
DSC05791
DSC05792
DSC05798
 2012年になって初めて来た沖縄だけど、何回も来たけど、修行ばかりできちんと本島を観光するのは初めてだったので、宮古島もいいけど、本島もいいなぁ。

 ちなみに今帰仁城跡のトイレはなかなかステキな作りになっておりました。
 開放感が半端ない。
DSC05788
 今回はベタな観光客をやると決めたのでここまで来たら、やっぱりあそこに行くしかありません。

 今回の修行で、私、解脱します!!

 今回から写真復活です。
 そして、また沖縄です。

 横浜駅では先頭車両に乗って、羽田空港国内線ターミナル駅では第1ターミナル側の階段前で降りて、さくさくとエスカレーターを上がり、ターミナルに入ると左のエスカレーターに乗って……ってもう体が覚えてる。
 実は今年になってから西方面……っていうか那覇か広島にしか飛んでないので、左にしか上がってないなぁ(西方面が南ウイング、北方面が北ウイングなので)。

 今回の修行ではクリスタルのステータスをゲットしてるので、クラスJにアップグレードがてら、初めてJGCカウンターを使ってみた。まぁ、フツーのカウンターに比べたら並ぶ列が短い……というより待ち時間0というのがメリット。

 さて、手荷物検査を受けて、ダイヤモンドプレミアラウンジへ。3月にきっちり10回対象運賃で乗ったのでキャンペーンで入ることができる。ラウンジの中の喫煙所は羽田空港でたぶん一番快適な喫煙所だろう。
DSC05764

 ラウンジからJALとANAの飛行機がにらめっこしているところを見ながら、コーヒーとパンでほっと一息して搭乗~。
DSC05761
DSC05766

 途中、下の風景も雲に隠れず奄美の島々もよく見えた。というわけで、那覇空港に到着なのです。
DSC05770

 JALグループで搭乗時又は降機時にBGMが流れます。

 JAL本体やJEX運航便だと、大抵搭乗時に「I Will Be There with You」が流れて、降機時には「明日の空へ」が流れることが多いです。まぁ、たまに両方とも「明日の空へ」だったりその逆もありますが……。
 「I will Be There with You」は契約切れた説が流れていましたが、なんだかんだいって流れているところを見るとそんなことは無かったのでしょうか。ちなみにこれがかかってるとき映像は必ず「明日の空へ」のものだったりするので、「曲:久石譲」とか表示されてると「違うじゃん!DAVID FOSTERじゃん!!」とかツッコミを入れたくなります。

「I Will Be There with You」



「明日の空へ」



 これがJTAまたはRACだと、沖縄らしくなって「涙そうそう」が流れるんです。なんかこれを聞くと、特に羽田発石垣や宮古行きに搭乗してこれがかかってると、「あぁ、沖縄に行くんだなぁ(来たんだなぁ)」としみじみ実感します。
 ちなみに、JTAの本土路線だとドリンクサービスに「さんぴん茶」があったりします。なかなかレアアイテムです。まぁ、ジャスミン茶ですけど。

「涙そうそう」



 んで、JACだと、元々奄美地方を中心とする航空会社ですので、やっぱり奄美に絡めた音楽が流れるのです。初めて聞いたときは「元ちとせ??」と思ったのですが、よくよく調べると違ったのでした。
 喜界島在住の川畑さおりさんで「永遠の碧」という曲なんだそうです。ちなみにもう2曲流れてるとプレスリリース(PDF)されておりますが、JACに何便か乗りましたが一度も流れませんでした。

「永遠の碧」



 各地域航空会社のBGMは地域性を重視していて良いと思うのです。JTAも本州路線でのミュージックチャンネルでは、沖縄音楽専門チャンネルもあったりします。是非聞いてみて下さい。

 相変わらず、写真が失われているのです。

 というわけで、今回は純粋に旅行。
 三連休でなかなか安いチケットが取れなかったので、新幹線の競争上直前でも安めになっている広島空港発着で、山陰山陽を回ってきました。

 一日目は広島空港から三原に出てレンタカーを借りて、府中やら、備後落合やら山中を抜け、松江へ。
 松江の駅前からちょっと行ったところにある、居酒屋がとてもおいしかったなぁ。
 
 二日目は松江から出雲大社、角島大橋などを寄りつつひたすら山陰側を下関へ。

 三日目は下関から秋芳洞や錦帯橋などよりつつ広島へ。

 四日目は広島から原爆資料館や宮島など市内見物をして広島空港から旅立ったのでした。

 うーむ。写真が無いと筆がのらないし、つまんない文章でごめんなさい。
 次からは写真が復活するのです。


修行5回目
修行5回目 2回搭乗 2,292FOP 830マイル 35,840円

 よくよく考えたら、前回の修行で30回搭乗し、クリスタルになったのでした。
 といっても2月中の達成で、4月からクリスタルのサービスを受けることができます。まぁ、クリスタルだから何かあるかというとあんまりメリットはないのですが……。

 さて、修行4回目は何も楽しくない、ただの宮古ピストンでございます。
 例によって写真がないので、全く思い出せませーん。。

 ただ、確か2日目に宮古島をレンタカーで回りました。
 石垣島ほど観光観光しておらず、ものすごいきれいな海だったなぁと思ったのでした。今度またゆっくりと観光したいっす。

 これで40回達成。終わりが見えてきました。

修行4回目
修行4回目 10回搭乗 9,529FOP 3,482マイル 59,940円

※修行したのは2012年です。

 さて、2日目はひたすらピストンです。
 スタンプラリーのために宮古経由多良間へ。
 同じ機材(同じ乗員)に付き合って宮古→多良間→宮古→石垣→宮古と過ごします。ちょっと恥ずかしい。
 しかも石垣の降機時に出発便が重なったため、バスがなかなか到着ロビーに行けず、「宮古からお越しで宮古へ乗継の○○様~」なんて呼び出されてしまう。石垣は乗継も一旦外に出るので、チェックイン終了していたけど、手荷物検査を受けて、そのままゲートを通り搭乗。うーん。これは恥ずかしい。
 この石垣往復は宮古那覇が満席だったので余った時間を埋めたくて乗ったのでした。

 この後はひたすら宮古那覇を1.5往復。

 3日目は午後から用事があったので、昼の便で帰るのだが、ただ、前の久米島スタンプラリーリベンジがあったので朝久米島に行く。2時間半ほど時間があったので、レンタカーを借りて久米島一周。
 最低限見るものは見て、那覇に戻りクラスJにアップグレードして帰ったのでした。

 久米島も南大東島も北大東島も多良間島もきちんと訪問してみたいなぁ。

修行3回目
修行3回目 8回搭乗 4,962FOP 978マイル 94,900円+11,000マイル

※修行したのは2012年です。

 さて、修行3回目も沖縄です。

 そして、ここからの修行はしばらくデジカメが壊れて写真がありません。
 ……ので、あんまり記憶もありません。

 前回の修行で、感がいい人は気づいたかもしれませんが、特便割引7を使用せず、特便割引3を中心に使っています。そして1月の搭乗記録を見ると、特便割引3より高めの運賃で10回搭乗しています。
 今もやっていますが、「JAL国内線 5回乗ったら翌月15日から!ラウンジキャンペーン」で、10回搭乗するとダイヤモンドプレミアラウンジが使えるようになるためです。

 というわけで、サクララウンジを使わずにいきなりダイヤモンドプレミアラウンジを使ってみました。こういう風になってるのねー、メゾンカイザーのパンが食べられるのねー、なんて思いながら、朝一の飛行機に搭乗。

 今回は修行をしつつ、美ら島スタンプラリーをやっつけるために、当時JMBマイルが貯まらなかったRAC路線にも乗りまくっています。

 まずはかなり僻地の一つになると思われる南大東島へ。沖縄本島から400km東に位置するこの島は気象観測において重要な役割を果たしています。NHKの天気予報でも出てきます。そんな島に行き、原付バイクをレンタルして島巡り。

 今度は一泊してみたいなぁなんて思いながら、4時間半滞在したのでした。さて、帰りの飛行機はいったん北大東島を経由する。南大東島~北大東島間は直線距離で約12km。世界有数の短距離飛行機路線で、飛行時間は風向きによるけれど最短3分。パイロットによっては離陸後、車輪を格納せずにそのまま着陸する。

 北大東島では一旦降機してロビーへ。ビックリするくらい小さい空港。もう、搭乗待合室とかものすごく狭いんです。売店と書いてあるところには自販機しかなかったり……。
 というわけで那覇に戻りましたとさ。

 南大東島はかなり消化不良だったのでリベンジすることにします。

2014/9/26追記

 改悪されました。
 よって、この記事に書かれていることは過去の物になります。


------


 日本のマイラーの中で話題になっている航空会社があります。

 エーゲ航空(A3)

 ギリシャの航空会社です。日本には乗り入れしていませんから、ほとんどなじみが無いと思います。ところが、この航空会社の熱いところは、上級会員のなりやすさの割に、維持がしやすいのです。

○上級会員のなりやすさのポイント
 ・エーゲ航空に乗らなくても良い。
 ・スターアライアンスに加盟している。
 ・マイルがものすごく貯まりやすい航空会社がある。
 ・たった20,000マイル貯めれば上級会員になれる。
 ・場合によっては一撃解脱が可能。

○上級会員の維持のしやすさのポイント
 ・スタアラで36ヶ月に1回マイルの積算を行えば維持される。

○デメリット
 ・ギリシャの航空会社なので、通貨危機等が起きると何らかの影響があるはず。
 ・基本的に英語でのやりとり。メールで終わらない場合もあるので英会話必須。
 ・マイル特典航空券を取るのに諸税サーチャージの決済は電話で行う必要がある(時差で確実に夜中)。

 というわけで、手っ取り早く、そして安く上級会員になるにはいい方法なのです。入会すると1,000マイルボーナスもらえるので19,000マイル貯めればいいことになります。

 ※Facebookでものすごくわかりやすく詳しくまとめている方がいらっしゃいますので、そちらを見る方がよろしいかと思います。Facebookにログイン後エーゲ航空で検索すれば確実に出てきます。

○スターアライアンスゴールドによる特典
 ・優先チェックインカウンター
 ・ラウンジアクセス
 ・優先搭乗
 ・手荷物許容量増加
 ・手荷物優先引き渡し
 ・空席待ちでの優遇


 ボーナスマイルやスタアラ他社搭乗時のインボラは期待できませんが、それ以外の特典は得られることになります。


○おすすめルート

 エーゲで上級会員になるメリットは安く、一撃解脱できるところです。
 一時期エアチャイナの成田発北京経由シンガポール行きビジネスクラスなどが流行っていました。

 個人的に注目したいのはエバー航空のビジネスクラスです。

 なぜか、福岡発だけエバー航空の欧米行きビジネスクラスが激安になっています。

・FUK(福岡)-TPE(台北)-LAX(ロサンゼルス)
  ビジネスセミクレックス運賃 174,615円
  獲得マイル(125%加算)   18,942マイル
  ※58マイル足りませんが、FUKまでのANAあたりで貯めてください。

・FUK(福岡)-TPE(台北)-YYZ(トロント)
  ビジネスセミクレックス運賃 174,015円
  獲得マイル(125%加算)   20,792マイル

 エバー航空のビジネスクラスはRIMOWAのケースに入ったアメニティがもらえますし。機内食は台北の有名な小籠包の店である鼎泰豐のメニューもあります。

 キティジェットで有名なエバー航空ですが、修行にも使える運賃なので、私も検討してみようと思います。


2013/11/16追記

 値上がりしてしまいました……

↑このページのトップヘ