FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 香港に来たのだから、ちょろっと中国も覗いてみることにする。
 天水圍あたりから深圳に入るには深圳湾口岸のイミグレを通るのが最短ルートなのだけど、宿泊先が羅湖なので、一番メジャールートである羅湖口岸のイミグレを通ることにする。

 まずはホテル裏側にある公園を抜けた先から276Aバスに乗って、上水へ。上水は羅湖のすぐそばにある街で、大陸人と香港人がよく街頭でケンカしてる街でございます(割とガチで)。大陸人がみんなここまで来て、ミルクやら紙おむつやらを買って深圳に戻る、荷物を降ろしたらまた来るみたいなピストンしているから大陸人がかなり多い。
DSC04062
 上水駅のバスターミナルで、たぶん人生で一番マイクロバスを見たと思う。いくらなんでも多すぎだろー。
DSC04064
 さぁ、羅湖へ!電車は羅湖と落馬洲に行くのが出るので要注意。まぁ、どちらも深圳に行けるんだけど。そしてこの駅からは中国深圳に行く人しか乗れません。どちらの駅も中国に入国しないと、外に出られない。まぁパスポート忘れたりする人もいるだろうから引き返せるんだろうけど、たぶんめんどくさい手続きが必要だと思う。
DSC04068
 ホーム降りると「深圳はあっち!」という表示しかない。もう引き返せない。ちなみに香港中国直通列車も走っているので、線路は先へ続いてる。写真の鉄橋がボーダー。
DSC05084
 反日国家ということで緊張するが、特に何も無く、あっさりと中国へ入国。ホテルまで地下道を歩く。途中粉ミルクとヤクルトを売っている人たちがいっぱいいた。
 みんなそんなに中国で買うのが信頼できないのか。

 一人でなにやってんだって感じですが、せっかくお正月を香港で迎えるので、カウントダウンイベントに行くことにする。2013年は台北で過ごし、2014年は香港だったので、日本の皆さんとは2013年1時間遅れで始まり、1時間遅れで終わることになります。
DSC098092013年の台北101
 というわけでシンフォニーオブライツのよく見える尖沙咀の香港文化中心のあたりへ。絶対混むと思ったから4時間前ぐらいに現地到着。でも、すでに人が多かった……。
DSC04032
 2時間ぐらい前にはこれが降ってきた。まぁ、みんなでこれ振ってねってことかな。
DSC04036
 寒い中、一人で孤独感たっぷりで待った結果、カウントダウンスタート!
DSC04047
 (日本的に言えば)蛍の光が流れる中、頑張って動画も撮った。腕が吊るかと思ったwwwwww。
 
 感想。
 台北101の花火より、こっちの方が満足度が高い。
 シンフォニーオブライツのしょぼさに比べると全然違う。花火ぶっ放してるから香港島側でも楽しめると思う。

 というわけで、今夜はMTRも輕鐵も終夜運転。1時間強かけて帰ってきたのでした。テレビを見ると「香港人が香港を統治するのは不可能なのか?」みたいな番組やってた。明日はデモでもあるのかなぁ~。

 大晦日の香港はカウントダウンイベントが多数あるため、ホテルが空いてない。空いててもクソ高い。よって仕方ないので、中心部で泊まるのをあきらめる。郊外に飛び出し、天水圍のハーバープラザリゾートシティに泊まることにした。

 空港からはE34バスに乗り込む。
 空港からだと、このバスでホテルの前まで着く……が、所謂各停バスなので空港内でぐるぐるぐるぐる回るので時間のロスが大きい。1時間強かかった。

 MTRで来る場合は西鐵綫天水圍駅から輕鐵(705/751)に乗り継ぎ、銀座駅か天榮駅で下車。

 大陸人御用達ホテルでございます。
 ホテル自体は一期と二期で分かれているけれど、予約したとき見落としたかもしれないけどどっちかわからなかった。まぁ、最初に行った方のフロントでOKだったけど。

 設備としては電子レンジがあったのが便利。
 荷物はその日限りしか預かってくれない(明日取りに来るはダメ)。
DSC04030
 香港のホテルとしては広いかな。でも、かなりの郊外なのでおすすめしない。

 楽天トラベルからの予約はこちら

 さて、大晦日。BKKから脱出です。
 BKKからの便はこの時唯一長距離機材だった、CX750をチョイス。
DSC04019
 では出発~。
 B777の長距離用機材なので、座席はシーラスと呼ばれているもの。
 ちなみにこれ、香港ドラゴン航空(KA)だとファーストクラスがこのシート。近距離中心だからこれでいいのか。
DSC04022
 ウェルカムドリンクでキャセイディライトをいただく。
DSC04026
 機内食。メニューはこちら。
DSC04025DSC04024
前菜はタイっぽい海鮮サラダ。
DSC04027
 メインは洋食、泰式、中華。
 うーん。行きにステーキ食べたし、タイカレーもなぁ……ってことで、中華のチキンをチョイス。パラパラを通り越してパサパサになったチャーハン付き。
DSC04028
 内容は微妙だなぁ。やっぱりタイカレーにするべきだったか。
DSC04029
 最後はアイスクリームと無糖のミルクティーで。

 鉄い人なので駅に行きます。

 ということで、今度はタイ国鉄の飛び地路線となっているメークローン線のバンコク側始発駅ウォンウィアン・ヤイ駅に来た。イメージ的には西武多摩川線的な?いや、近鉄田原本線的な感じ?
DSC04001
 BTSの同じ名前の駅から徒歩10分ほど。うっかり通り過ぎてしまいそうになる存在感がない駅でございます。
DSC03999
 一面一線のシンプルな駅。線路はがたがた。大丈夫なのかな、コレで走って。
DSC04002
 時刻表見るとそこそこ本数がある。この列車に乗っていくと、途中で船の連絡を挟んで、有名な線路上市場の駅まで行くことができる。時間が無いので今日はパス。
DSC04007
 そうこうしていると列車が到着。おいおい明らかにパラソルが線路に出てる。列車が来る直前にたたんでたけど。
DSC04009
 駅員が手旗を振ってお出迎え。そういやこの駅信号がないけど、どうやって運行管理してるんだろう。閉塞とかそんな概念あるんだろうか。

 空港からの電車は初音ミクだった。
DSC03995
 さて、朝食朝食!
 今日はおかゆを食べようということで、正しい日本人である私はバンコクナビに頼ることにします。

 ということで、チャオプラヤエクスプレス乗換駅でShangri-la最寄り駅のサパーンタクシン駅で下車し、チャオプラヤエクスプレスとは逆方向の通りを北へ。ロビンソンデパートの先の方にある、ジョークプリンス(ร้านโจ๊กปริ้นซ์บางรัก)でタマダーをいただく。
DSC03997
DSC03996
 ジョークなのでもう米の形がないくらいとろっとろにした粥に肉団子と内臓っぽい肉が入ってる感じ。なかなかのおいしさです……が見ての通り、かなり後の方だったのか焦げててすごい色をしています。ちょっと焦げ臭かった……。たしかこの時30THB。

 タイは物価が安くていいね!



○関連ホームページ

 バンコクナビ~ジョークプリンス


○注文と会計の仕方

 たしか
 カウンターで注文
  ↓
 着席
  ↓
 物が来るので金を払う
  ↓
 ウマー

DSC03993
 やってきましたよ。深夜のコロンボ。
DSC02096
DSC02097
 こんな仏像があったり(写真を撮るときは色々決まりがあるので気をつけて)、聖地のカウンターがあったり(古い写真なのでないけど、このときはビジネスクラスカウンターができてた)。普通の人はここのカウンターで帰りの搭乗券をもらうはずです。パスポートを預けて10分待てというどきどき運用のはず。

 免税店は営業してるけど紅茶屋のねーちゃんは爆睡してたり、なかなか自由な感じ。喫煙所はたしかスリランカ航空のラウンジの近くにあったはず。
DSC03994
 というわけで再び飛びます。

 実は前の便とこの便にはCX業界で超有名なブロガーさんが乗っておりました。

 こんな記事とかこんな記事とかで出演させていただきました。

 帰りは結構満席。時間も時間で眠いからサービスオールスキップ。ぐっすり眠りましたとさ。

さて、今宵のホテルである「ホテルベンガルベイ」へチェックインです。っていうか飛行機で一晩すごしてバンコクに帰ってきます。しかも夜中に起こされるサービス付きというね。

 所謂、コロンボタッチとかコロ助とか呼ばれてるもので、何をしているかというと、コロンボ発日本行きのビジネスクラスチケットがそれなりに安く(円高時で10万円ちょっとぐらい)、一年間有効なので、それを使って旅行しているのです。今は日本円換算でちょっとお高くなってるけど。
 というわけでコロンボに出頭しなければならず、コロンボ便は当時(※)BKKかSINから合わせて一日一往復なのでコロンボに宿泊しない限り、同じ飛行機で折り返すことになります。

  ※=2014冬ダイヤからBKKまたはHKGから合わせて一日一便

 というわけでスワンナプーム国際空港のチェックインカウンターへ。
 前に並んでいたJAL DIA様の日本人男性もコロ助のようで、バンコクからコロンボ往復の搭乗券2枚ゲットしていた。というわけで、私は「同じように」と言うだけだったのでらくちん。ここがキモで、帰りの搭乗券をもらいそびれると、コロンボ空港でトランジットカウンターに並ぶ羽目になります。
DSC03985
 ビジネスクラスなのでプレミアレーンで荷物検査と出国手続きを終わらし、CXラウンジに行くと見せかけてJALのサクララウンジに行きます。CXラウンジは短距離向けでシャワーがないので、シャワーを使いたければJALサクララウンジにあります。あと、ここのラウンジのメリットは「オヤジの楽園」なので喫煙室があることと、ちょい微妙な日本食が食べられることでしょうか。
DSC03987
DSC03989
 というわけでさっぱりして、搭乗ゲートへ。ゲート前は明らかに他の東南アジアとは違う人種の人々の塊でございました。アジア人が浮いちゃう。CXだからアジア人の搭乗客が多いのかと思ったら、スリランカ人が強い。
DSC02100
 搭乗してリージョナルの座席に座る。これが今宵の宿でございます。なんだろね、もっといい座席を入れて欲しいよね。
DSC03991DSC03990
食事メニュー。衝撃のタイカレーかインド式。インドのはどうせカレーだから、カレーしか選択肢がないこの便。なので、メインはスキップ。野菜とデザートとパンを食べて就寝することにする。

 ホテルにチェックインするといいつつ、寄り道したんです。

 タイの絶品マンゴースイーツのお店。
 Mango Tangoという店で一時期代官山にもあったとか。
DSC03980
 メニューは日本語も入っててわかりやすい。
DSC03981
DSC03982
DSC03983
 代表メニューが店名と同じ「Mango Tango」なのでそれを食べる。当時120THB。
 Mango Tangoはマンゴーとマンゴープリンとマンゴーアイスがワンプレートに載った物。マンゴーの代表的な食べ方が一度に楽しめる。
DSC03984
 そして、マンゴーがうまーい。やすーい。
 これおすすめですよ。おいしいから。バンコク行ったときは行くべし。

 この当時の場所とは移転したみたいで、詳しくはバンコクナビの記事をどうぞ。
 どうやらMango Tangoは140THBに値上がりしたみたい。


○関連ホームページ

 バンコクナビ~マンゴタンゴ

 公式ホームページ


○注文と会計の仕方

 席に座って注文する。
  ↓
 店員が伝票を持ってくる。
  ↓
 お金を支払う。
  ↓
 商品が来る。

 さて、朝です。
 BTS (高架電車)に乗って、GO!
DSC03935
 BTSチョンノンシー駅(S3)から2駅のサパーンタークシン駅(S6)へ。この駅の前後だけ単線になっている。どうやらホーム作る場所が無くて単線になっている模様。一応、複線化のために廃止予定ということになっているけれど、その気配がない。この駅は、チャオプラヤーエクスプレスとの乗換駅なのでなかなか廃止できないのかも。
DSC03969
 相変わらずのカオス状態。こんなに乗って大丈夫?ってぐらい満載して今日も船が走る。おばちゃんがお金の入った缶をじゃらじゃら音をさせて徘徊しているので、きっぷを買う。たしか15THB(約50円)くらい。お金渡せば、きっぷのおつりくれるので言葉はいらない。

 ター・チャーン桟橋(N9)で下車。前回、時間切れで来ることができなかった、王宮(&ワットプラケオ)に到着。
DSC03956
DSC03963



 まぁ、寺と洋館だよね。

 さらにチャオプラヤーエクスプレスで北上。ワンラン桟橋で降りて、旧トンブリ-駅へ。駅の跡地に、SLがあるというので来てみた。
DSC03971
 なんか、デゴイチっぽいって思ったら、日本製だった。
 mikado No.950というSLらしい。mikadoって日本語の帝だと思うけど、すごい名前だな。そんな調子で、ぷらぷらぷらぷら街を徘徊し、ホテルベンガルベイへチェックインします。

↑このページのトップヘ