FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 さぁ、帰るよ。
 チェックイン画面ビジネスクラスになってたけど、どうなることやら。


チェックイン

 さて、地下鉄にドンドコ乗って空港へ。
 ターミナルに入るには何人か毎に区切られて、入口で静止してから入る必要がある。きっと顔認証やってるんだろうね。外国人でも入国の時の写真かパスポートの写真から照合するらしいので、何も悪さできませぬ。
DSC09040
 まずパスポートチェックゲートを通ってから、チェックインカウンターで搭乗券もらう。
 エコノミークラスを予約してたんだけど、前日のWebチェックインでは「ビジネスクラス」って書いてあったから、若干小躍りしてた。でも、座席変更するとエコ席選べるし、ビジネスクラスも後ろの方しか選べないので、そういうことなのねと予想。
DSC09039
 やっぱりYでした!
 まぁ、そうだよね。というわけで「席だけビジネス」ってことで。
 そのまま出国および手荷物検査。中国出国する場合はライターとマッチは没収されるので気をつけて。あと、モバイルバッテリーはカバンの外に出すことと、容量が明示されているか注意。容量が削れて見えなかったりすると没収。


ラウンジ

 ラウンジはほぼ全社共用ラウンジだったかな。
DSC09042
 何がファーストなのかよくわからないFirstclass Loungeへ。
 ちなみにビジネスクラス・サファイア・JGCでもここが指定ラウンジ。
DSC09043
 ごはんはそれなりにたくさんあるよー。味は、まぁ、アレだ。
DSC09044
 広さだけはかなりのもの。
 とはいえ、全社集中なので、それなりに混む。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC09048
 帰りも788。
 まぁ、当たり前か。行きに乗った便の折返し便だからね。
DSC09049
 中国便で多発というか788路線で多発というか、席だけビジネスクラス。
DSC09052
 雨の中、離陸!


機内食

 ビジネスクラスの座席に座っておりますが、サービスはエコノミークラス。
 機内食もエコノミークラス。
DSC09057
 これどこ搭載なんだろ。大連搭載かな。
 ちなみにビジネスクラスは成田搭載らしい。
DSC09058
 雲の上は晴れだね(当たり前)。


到着

 さて、2時間半のフライトなのであっという間。
DSC09061
 大連出て韓国上空からは一直線で東に向かって新潟周りでアプローチ。
 およ。成田も雨なのね。
DSC09064
 というわけで無事に着陸しましたよっと。

スポンサードリンク

成田からはJR快速で

 さて到着。
DSC09065
 ちょっと早着したのね。
DSC09068
 JRの空港第2ビル駅に行くとえらい混雑。
 もうね。バスも混んでるしNEXもスカイライナーも乗りたくないので、最近はもっぱらJR快速のグリーン車。
 JREポイントでグリーン券に交換できるからそればっかり。だって、とにかく空いてるからね。


スポンサードリンク

 大連には日本租借時代に建築されたものを中心とした、近代建築物が集まっているところがある。


近代建築物が一堂に会する中山広場

 この街の歴史を語る上では、どうしても外せない場所がある。
 大連市内の中山広場だ。
Zhongshan_Square,_Dalian
   画像出典:Wikimedia commons 作者:MR+G この画像のライセンス:CC BY 2.0
 中山広場は、10本の道が交わる巨大なラウンドアバウトである。この広場時代は帝政ロシアが統治する時代に建設された。現在では、広場の地下には地下鉄1号線の「中山広場駅」がある。上記の写真はちょっと古いが、いまでも大きくは変わっていない。
DSC08938
 ちなみに写真を拡大して、下のQRコードを読み込ませると中国語だけど古い写真とか見られるよ(音が出るので注意)。
 この広場に接する建物の多くは日本租借時代に建築された建物が今でも現役で使用されている。10棟の建物の内日本租借時代に建築されたのが8棟、そのうち日本人が設計したのが7棟である。2001年に中国の全国重点文物保護単位に指定されており、近現代重要史跡及代表建築に分類された。


旧・朝鮮銀行大連支店

 それでは西側から一つずつ紹介していこう。
DSC08935
 道路標識と車がクソ邪魔。
 まずは旧・朝鮮銀行大連支店。1920年建築で柱がドーンドーンドーンとある(コリント式オーダー)ルネサンス様式の建物。
DSC08896
 柱がかなり凝った作りになっている。
 朝鮮銀行は日本統治時代の朝鮮における中央銀行だった。中央銀行でありながら、民間の普通銀行の業務も扱っているという、今から考えれば謎の銀行。この銀行の日本国内にあった資産を元に日本不動産銀行が設立されて、これが今のあおぞら銀行につながる。
DSC08993
 夜は結構いい感じにライトアップされるよ。
 戦後は一貫して銀行として使用されて、現在は中国工商銀行の大連中山広場支行(支店?)となっている。 

スポンサードリンク

旧・大連民政署→大連警察署

 隣にある赤い建物は、元々関東都督府民生部の行政機関である大連民政署の庁舎として建てられた。
DSC08883
 この中山広場の建物の中で最も古い、1908年建築。
 時計塔があって、レンガ造りでゴシック様式の建物となっている。日本租借時代の大連で最初に建てられた官庁建築物。当時の空気がわからないけれど、なかなか意欲的な建物に見える。
 1922年からは大連警察署として使用された。
DSC08994
 ライトアップすると、右側のLEDがうるせぇ。
 戦後も警察署や軍施設として使用されたが、現在は遼陽銀行大連支店となっている。


旧・英国領事館(現存せず)

 1995年にぶっ壊したので、現存せず。
DSC08888
 まぁ、一応、景観に配慮した感じで落ち着いた建物が新しく2000年に建った。
DSC08996
 が、古い建築物でないことをいいことにライトアップは中国オーラ全開。いや、マジでホントこれはひどい。ちなみに青くなったり赤くなったりする。実はこの広場にもう一つもっとひどい建物があるんだけどね(後述)。


旧・大連ヤマトホテル

 大連ヤマトホテルは南満州鉄道が経営していたホテルである。
 当時、欧亜連絡鉄道と上海航路の接続地であり、日本と満州を結ぶ拠点でもあった大連には、欧米の一流ホテル並みの西洋式ホテルの整備は必要であった。
DSC08827
 この広場の中の建物でも一際風格がある。
DSC08877
 なので、写真いっぱい撮っちゃった。
DSC08892
 着工から建築まで5年を要し、1914年にオープン。
 内部を見学するツアーがあるとかないとか。
 イオニア式オーダーが並ぶルネサンス様式。
DSC08998
 夜はかなり抑えめにライトアップされている。
 現在も大連賓館というホテルとして営業中のはず……なんだけど、空室情報がでてこないな。
 値段的にはそれほど高くないので、泊まってみるのもいいかも。

スポンサードリンク

旧・大連市役所

 お次は元大連市役所。1919年建築。
DSC08828
 なんだろうね。
 うまく言えないんだけどそこはかとなく市役所なんだよ。
 旧高雄市役所とか名古屋市役所となんか似てるんだよ。
DSC08925
 写真を見比べてみるとあんまり似てなかったりするんだけど。
 でも、そこはかとない市役所風味がある。
DSC08999
 こいつはライトアップされてないね。
 戦後は市政府関係施設だった。現在は中国工商銀行大連市分行(支社?)になっている。あれ?旧朝鮮銀行も中国工商銀行だったけど、ここも中国工商銀行なのか。まぁ、分行と支行で違うので営業部と支店ぐらい役割が違うんだろうけど。


旧・東洋拓殖株式会社大連支店

 やっと半分すぎた。
DSC08950
 東洋拓殖株式会社大連支店のビルだったもの。
 東洋拓殖株式会社とは日露戦争後に設立され、日本の植民地投資に大きな役割を果たした会社である。朝鮮半島の農地の買収を進め、地主として朝鮮人小作人を雇って農地経営をするところからスタートしている。最終的には南洋諸島も含む日本の植民地において開発投資をガンガンやる会社として存在していた。南満州鉄道とこの東洋拓殖は戦前の日本において二大国策会社と呼ばれている。
DSC09002
 これもライトアップしてないね。
 低層階のアーチ型の窓が特徴的。
 戦後は中国共産党の施設、その後市政府庁舎となった。現在は交通銀行大連市分行となっている。


旧・中国銀行大連支店

 次は旧・中国銀行大連支店。
 1910年建築。この広場の建物で唯一中国人による設計である。
DSC08949
 清の時代に大清銀行大連支店として建てられて、その後名称や国が変わって国有化されたりしたけれど、一応現在の中国銀行につながっている。読者の界隈だと「中国銀行(香港)」の方が有名か。
DSC09003
 ライトアップの仕方は、まぁいいんじゃないかな。できれば建物上部にも当てて欲しいね。
 戦後は大連市教育局庁舎として使われたというので、中国銀行でも資産は没収されたのだろうか。現在は中信銀行中山支行となっている。
DSC08946
 ちなみにこの旧・中国銀行の右奥にもう一つ建物がある。
DSC09005
 こちらは旧・台湾銀行大連支店の建物。1910年建築。
 なんか角が丸いのが特徴。
 現在は大連銀行中山支店として使われている。

スポンサードリンク

大連人民文化倶楽部

 大連人民文化倶楽部は中山広場の建物で数少ない戦後に建てられたものである。
DSC08943
 戦後の1950年に当時駐留していたソ連によって設計・建設された。
 現在も当初の目的のまま、大連人民文化倶楽部という劇場として現役である。
DSC08918
 ちらっと中を見学。うむ。洋風だ。
 日本が大連を租借している間にはこのような大規模な劇場は作られておらず、これが大連における初めての大規模劇場となる。
DSC08991
 夜のライトアップも美しい。


旧・横浜正金銀行大連支店

 横浜正金銀行とは、当時日本唯一の外国為替管理銀行である。貿易金融・外国為替に特化した業務内容であり、日本を国際金融で面で支え、香港上海銀行などと並ぶ外国為替銀行だった。戦後はGHQにより解散させられ、東京銀行に事業を継承、現在の三菱UFJ銀行にあたる。
DSC08940
 この広場ではあまり車や木などに邪魔をされずに見ることができる数少ない建物。
DSC08906
 3連のバロックドームを持つタイル張りの建物で1909年建築。
 東京駅とかにも通じるようなデザイン(あっちはレンガだけど)。
 建物としての美しさはこの広場で一等賞だと思う。
DSC08992
 夜になると背後に建つ中国銀行が電飾全開。
 戦後はソ連の極東銀行として使用されて、現在は中国銀行遼寧省分行となってるとはいえ、この取扱は中国銀行ひでぇ。
DSC09000
 ちなみに後ろのビルはスローガンが流れたりもする。
 いや、本当にひどいよ、これ。このぶち壊し感が半端ねぇ。


旧・関東逓信局

 そして最後は関東逓信局だった建物。1917年建築。
DSC08891
 関東逓信局は所謂今の郵便局(郵便・為替・貯金)に関することや、電信電話、電気ガスなどの業務監督を行っていたところである。
DSC08897
 まぁ、他の建物に比べれば華がないっちゃーないかな。設計者は大連市役所と同じ。
DSC08990
 華がないと言ったけど、ライトアップは落ち着いた感じでなされていて、これはこれでいいと思う。
 戦後はソ連軍の司令部になった後、大連市郵政局になった。あの結局、戦前の建物が終戦によって用途がなくなった後、結局同じ用途で使われるのってなんでなんだろ?結局、居抜きで使いやすいから?

スポンサードリンク

というわけで

 大連中山広場は古い建物好きは行くの必須!
 意外と広場を一周するだけで(広場が巨大なので)、結構歩くよ!
 地下鉄駅の真上でアクセスがいいので行くといいと思うよ!


スポンサードリンク

 古くから日本の租借地として、南満州鉄道とともに発展した大連。
 その大連には日本租借時代の駅が現役であり、日本租借時代の路面電車が今でも走る。


大連駅

 中国の鉄道の発展は著しい。
 国内を高速鉄道が縦横無尽に走る。
 一方で古くからの駅舎がまだまだ現役である。大連駅もその一つだ。
DSC08956
 1937年建築。
 上野駅を参考に設計されたと言われている。
Fotor_159085566680167
 開業当時の絵はがきがこれ。
 建物の外装などほぼ変わっていない。
DSC08958
 大連市の文化財として指定されている。一度は取り壊しの予定だったが、文化財として指定され取り壊しは中止となった。2階が出発口、1階が到着口となっており、開業から現在もその構造は変わっていない。
DSC08961
 とはいえ、駅のホームは駅舎とは違い近代的に改造されている。
 屋根といいホームといい規模がでかいので、相対的に車両が小さく見える。
DSC08986
 夜はこんな感じでライトアップされてるよ。
 まぁ、意外と落ち着いた感じでライトアップされている。

スポンサードリンク

大連市電(大连有轨电车・大連有軌電車)

 その大連駅前を路面電車が走る。
 中山広場とシャングリラホテルの間でも路面電車は横切っている。
 路面電車は201系統と202系統の2種類ある。大連駅前を走るのは201系統だ。
 運賃は初乗り1元、大連駅前(大連火車站)をまたぐと2元。
DSC08854
 がっつんがっつん新しいものが入ってくる中国で、未だこの車両が201系統では現役である。
DSC08962
 色は何が違うのかわからないが2種類。茶色と緑色のが走っている。
 この車両は日本租借時代から現役である。
 もちろん、メンテナンスが行われており、行き先表示などはLED化されているが、吊り掛け音をたからかに鳴らしながら今日も走っている。
DSC09027
 路面電車がある街ってなんかいいよね。
DSC08984
 ちなみに、運転士と車掌のツーマン運行だけど、働いているのは女性が多かった。
DSC08964
 興工街電停で201系統と202系統が接続している。
 この電停で折り返すのだけど、引上線も併用軌道であるため車がガンガン入ってきて折返しが大変そうだった。車掌が降りて車をどけどけどけーと蹴散らしながら折返し。
DSC08970
 一方、202系統側はしっかりと車が入らないように封鎖されているためこんなことは起きてなかった。
DSC08975
 202系統は全て新しい低床式の路面電車に……と言ってももう20年選手だっけかな。中国で初めて投入された低床式の車両。こちらの路線は大部分が専用軌道で高架線もあったりする。
DSC09033
 あ、201系統にも最新鋭……といってもこれも投入から10年以上たっている車両がたまに走ってくる。おおよそ5本に1本は低床式で、残り4本が日本統治時代の車両による運行である。
 なぜ、運行上の制約もなさそうなのに、日本統治時代の車両を使い続けるのか、本当に謎。古い物好きの立場からすればうれしいんだけどね。


スポンサードリンク

 遙かなる満州国。その入口に位置した大連。
 そして、南満州鉄道の本社があったところ。
 旧満鉄本社ビルが保存されているので見学に行ってみた。


見学方法

 この大連満鉄旧跡陳列館は常に開館しているわけではない。
 予約が必要である。当日では対応できるかどうかは不明。予約を早くするにこしたことはないと思う。
 ちなみに、私は運良く前日に電話しても、対応してもらえることになった(時間は選べなかった)。
DSC08866
 色々なホームページに電話番号が載っているが、すでに使われていない電話番号が紹介されていることがある。正しい電話番号は次の通りなので、そこにかけること(2019年12月現在)。なお、日本語は通じるので安心して欲しい。もしもーしって言えば日本語で対応してくれる。
 電話番号は「+86-411-13998623322」。なお、日本からかける場合は全ての番号が必要だが、中国国内からかける場合は411から、大連市内からかける場合は13998623322とかければ良い。


陳列館は建物に向かって右の建物!

 というわけで予約の時間にやってきた。
DSC08865
 旧満鉄ビルは現在の大連鉄道有限責任公司の事務所として、今も現役である。
 コの字に立っている建物の中央には「大連車務段」と書かれた石碑がある。
DSC09019
 中央がこんな感じ。
DSC08855
 左側の建物がコレ。
DSC08860
 右側の建物がコレ。
 陳列館があるのはこの建物。
DSC08863
 階段を昇ると、大連満鐵舊址陳列館の看板が出てるのでわかると思う。
 極めて開けづらい扉を開ける。予約していて、時間通りに来ればカギはかかっていないハズだ。とはいえ、うっかりしていることもあるかもしれないので、そのときは電話しよう。

スポンサードリンク

南満州鉄道とは

 まぁ、歴史の教科書で出てくるのでみんな名前ぐらいは知っていると思う。
 南満州鉄道は日露戦争終了後のポーツマス条約によって1905年にロシア帝国から譲渡された東清鉄道南満州支線(大連~長春間)を経営する会社として設立された。日本政府が半分出資しており、半官半民の特殊会社として設立されている。
 初代総裁は後藤新平。台湾の民政長官を務めた後、満鉄総裁に就任した。
 南満州鉄道の鉄道用地だけに限らず、その周辺一帯も含めて鉄道附属地として南満州鉄道が独占的な行政権を有していた。本来ならば満州は中国(清または中華民国)の領土であるが、この鉄道附属地には治外法権が認められていた。
 この独占的な行政権を半官半民の会社が持っていたということは、病院・学校・図書館・公園・水道・道路・下水道・電力・ガス・消防などの整備運営もこの会社が担っていた。有していなかったのは警察権や司法権だけだった。人々が暮らすのに必要なものをほぼ全てこの会社が提供していた。都市部の住民は公費という名の事実上の税金を支払っていたという。大連・長春・奉天(瀋陽)などは南満州鉄道が都市整備したということになる。当時の中国各都市とGDPでは数十倍の差があって、とても豊かな暮らしを人々はしていたらしい。
 満州国設立とともにこの鉄道附属地における行政権は満州国に返還されたが、土地の所有権は南満州鉄道が持ち続け、独占的な権益を享受していた。これだけ巨大な利権を持つ会社であるので満州事変、満州国成立以降はいろいろなことに巻き込まれ、弱体化した結果、敗戦を迎えて解散することになる。
 まぁ、光と陰がある話ではあるけれど、南満州鉄道が残した遺産(鉱山や製鉄所、そして都市そのもの)が、戦後の中国経済を支えていたことは間違いない。


館内

 館内は撮影禁止。
 そして、日本語ができる案内の人がいて展示内容をつきっきりで案内してくれる。入館料は50元。
 展示内容は説明看板と小物がある程度、あとは元総裁室の部屋だけ。まぁ、しょぼいっちゃーしょぼいわな。
 とはいえ、説明員の方に色々聞けるのでそれは参考になった。色々話は聞けたが迷惑がかかってはいけないので内容は書けない。
 一部展示内容は日本人である私には見せてもらえなかった。中国の軍人などが見学した際に見せるのだそうだ。なんだか、気になるけど日本人向けに負の部分は見せないようにしているのかもしれない。
DSC09022
 唯一館内で撮影が許されたのは、この看板だけだ。


見る価値はあるか

 どうだろうね。
DSC08862
 私は楽しめた。それは近代史に興味があるし、鉄道好きだし、古い建物が好きだから。
 まぁ、近代史に興味があったり、古い建物好きじゃなかったら大連に来ないわな。なので、大連に来るような人々なら楽しめると思うよ。


スポンサードリンク

 中国のシャングリラってちょっとあれれ?なサービスが多いんだけど、大連はそんなことなかった。
 というより、とても良かった。


中山広場から歩けるホテル

 シャングリラホテルの場所は地下鉄2号線の中山広場駅と港湾広場駅の間、やや港湾広場駅寄りにある。
 まぁ、中山広場駅と港湾広場駅の間の道路にはバスが多数走っているので乗ってもいいかもしれない。バス乗ってもおそらく1元だし。クソ安い。
 中山広場は観光地でもあるので行きやすいのも便利だと思う。
DSC08837
 どーん!と建っているシャングリラホテル。
DSC08839
 今宵の宿はこちらでございます。
 意外と大連の連の字が簡体字になっていないのね。本当は「大连」のはず。


お部屋

 予約はもちろん最安のスーペリア。
 でも、アップグレードしてくれてワンランク上のデラックスにしてくれた。
DSC08840
 コーナーの部屋で、廊下付でちょっと驚く。
DSC08842
 お部屋はこんな感じ。
DSC08843
 部屋は40㎡。まぁまぁな大きさであると思う。
 このお部屋で一泊コミコミCNY700だから10,000円強ぐらい。リーズナブルでいいじゃん!
DSC08845
 ウェルカムアメニティも準備済み。
 オンラインチェックインできるようになってから、この辺しっかりやるようになったよね。
DSC08849
 日本語案内もあった。ちなみに日本語話者は毎日昼間勤務している模様。
DSC09008
 電話にも日本語対応ボタンがあってビビる。
DSC08851
 ミニバーに椰子汁があってワロタよ。さすがに若いねーちゃんのパッケージのヤツではなかった。

スポンサードリンク

水回り

 さて、水回りチェーック。
DSC08847
 バスタブあったよ!
DSC08848
 シャワーブースも分かれてるし、ウォシュレットだよ!
DSC08852
 ちなみに、アメニティはL'OCCITANEだった。
DSC08853
 石けんもL'OCCITANE。これクラブルームだったのかなぁ。謎。
DSC08850
 あとなぜか浴衣があった。
 俺、シャングリラで浴衣見たの初めてだよ。
 東京のシャングリラにも浴衣あったりするのかなぁ。
 さすが、日本企業が多数進出する街、大連。
 さすが、中国各地で反日デモが起きてたときも平穏だった大連。
 日本人ビジネス客に特化してる感が半端ない。

朝食

 JADE会員なので朝食無料。
 普通と言えば普通。中国だと朝食会場がカオスってることが多いんだけど、そんなことなかった。
DSC09010
 まぁ、ちょっとずれてる感がある日本食コーナーがあった。
DSC09012
 あとは牛肉拉麺コーナーがあって、ちゃんと麺を拉して作ってたよ。
DSC09014
 いわゆる蘭州拉麺なのかしら。
 味はまぁ、特筆するほどのものでもなかった。


全体的に満足

 中国本土のシャングリラの割にはちゃんとしてた!
 値段もとっても安いので、シャングリラ修行にはもってこいかもしれない。行きやすいし。


スポンサードリンク

 あぁ、遙かなる大地、満州。
 その入口となる都市、大連。
 そういえば行ったこと無かったので行ってみる。


工事中の成田T2

 前日、渋谷で忘年会。
 酔っ払って東上野で泊まり、アクセス特急で成田。
DSC08774
 なんか東成田駅の案内が増えてた。
 日本一短い鉄道だけど、(京成と直通してるので)そこだけを走ってるわけじゃないからなぁ。
DSC08776
 Kのカウンタは改修中。
 荷物を手作業で運ばなければならず、大変そうだった。
DSC08777
 まぁ、私はこっちですけどね。
 年末になって、そわそわした感じの成田。
DSC08778
 なんか2つある手荷物検査場の間に新しい検査場ができてた。
 ファストトラックと乗務員の検査だけ開放状態だった。


JALファーストクラスラウンジ

 さて、さてさて。
DSC08779
 やってきましたよ。
DSC08780
 寝坊して風呂に入ってなかったので、シャワー浴びる。
 待ち時間なく、すんなり入れた。
DSC08781
 今日の寿司。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221081131708_COVER
 とりあえず、玉子をホッケに変えてみた。
 中トロはスジ多め。
 まぁ、そんなもんでしょう。
DSC08784
 ビールの銘柄チェック。
 アサヒスーパードライプレミアムとキリン一番搾りプレミアムのみ。
 えー、俺はハートランドが飲みたいんだよ。ハートランド入れてくれよ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221083410516_COVER
 とりあえず、カレー食べる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221084342041_COVER
 フレンチトーストも食べる。
 まぁ、あれだ、CXの羽田のラウンジのフレンチトーストの方がおいしい。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191221085658378_COVER
 下の階に移ってウィスキー飲む。
DSC08790
 今月のクラフトウィスキーは嘉乃助ニューボーン2019バーボンカスク。
 熟成16ヶ月!若いぜ!ピチピチだ!
 カウンターにいたバーテンさんは、白人の男性だった。
 下の階は、それほど混んでなければ落ち着いてお酒飲めていいと思う。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、おなかも満たし、軽く酔っ払ったので搭乗。
DSC08791
 MHのディレイっぷりがヤバい。
 これいつの便なんだろう。便名がMH89DでDがついてるから、さらに前日の便か?
 この遅れっぷりはヤバい。
DSC08792
 ゲート到着。
DSC08793
 今日の便は788だねぇ。
DSC08794
 今日のお座席はこちら。
 ビジネスクラスしか空いてなかった。
DSC08795
 まぁ、なんというかCXのリージョに比べれば、こちらの方が上等。
 短距離であれば充分な設備よね。
DSC08802
 行ってきまーす。


機内食

 機内食のお時間でーす。
DSC08796
 ワインと焼酎のラインナップ。っていうか焼酎もこのカテゴリーに入るようになったんだ。
DSC08798
 食べ物のメニューはこちら。
 うーん、今日は洋食!
DSC08809
 ワンプレートでどん!と来た。
 トマトソースは苦手だったので塩胡椒で食べる。
 意外とおいしかったよ。相変わらずパンが所在なさげだけど。
DSC08811
 ふぅ。


着陸

 まぁ、日中路線でもかなりの短さを誇る大連便、飛行時間は3時間切るので、結構すぐ到着だね。
DSC08813
 韓国を飛び越えると、そこはもう大連。
DSC08818
 やっぱり初めての街の空港が近づいてくると、街の様子がわかってきてワクワクする。
 これがあるから窓側に座るのをやめられないんだよなー。
 もちろん長距離便なら別なんだけど。
DSC08822
 というわけで、無事にスポットイン。

スポンサードリンク

地下鉄に乗って市内へ

 中国特有の厳しい空港警備。
 一度建物の外に出ると、入るときには顔認証必須。
 地下鉄も乗るときは手荷物検査必須。
DSC08824
 さぁ、地下鉄に乗って市内に行くベ。


スポンサードリンク

 さて、帰るよ。いい加減疲れた。


尾道から電車&三原からバス

 さて、尾道駅。
DSC08735
 ずいぶんきれいな駅舎になったよね。
DSC08745
 そんなきれいになった駅舎の脇に大衆酒場がオープンしてた。
 しかも、駅舎と一体化している建物。おいっ、JR西日本はどうしてこれをテナントにいれたんだ!
DSC08746
 お昼は普通にランチやってて、夜は普通に酒場。笑えるんだけど(褒め言葉)。
DSC08747
 駅に入ると、La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)がいた。
 岡山近辺で自転車を乗せられる電車として走っているけど、尾道まで遠征してきたみたい。
 まぁ、しまなみ海道とは相性いいよね。広島~尾道とかで走らせてもいいかもしれない。
DSC08748
 帰りも末期色がきた。これ方向幕もわざわざ黄色くしているのね。
DSC08750
 でも行きと違って転換クロスシートが着たので快適。
DSC08753
 三原駅からは広島空港行きのバス。
 路線バスだね。これに乗ってとことこ広島空港へ。


広島空港には色々な飛行機がいた

 さて、広島空港。
DSC08754
 丁度、今日乗る予定の機材が到着したところだった。
DSC08755
 各社のお天気カメラそろい踏み。
 お天気カメラという名目だけど、実際には事故の映像を狙っているカメラ。
 名古屋空港(現小牧空港)で中華航空が墜落したとき1社だけ、お天気カメラが稼働していたので事故映像が1社だけに出し抜かれて悔しくて、空港につけまくったんだよねぇ。
DSC08756
 というわけで本日の機材がスポットに入った。
DSC08757
 他にも香港エクスプレスが来てたよ。広島便あるんだねぇ。
DSC08758
 それとチャーター機っぽいのが1機。
 Flightradar見ている限りマカオにいることが多い。
 この日は関空から広島空港経由でマカオまで行ってたっぽい。広島で給油しないと距離足りないのかしら。

スポンサードリンク

ビール飲んで搭乗

 広島空港にはサクララウンジがある。
DSC08763
 とりあえずビール飲んだ。
DSC08762
 土日の弾丸瀬戸内海島巡り旅行も終了!搭乗するよー。
DSC08764
 お隣にはいつのまにかANAがいた。
 それでは帰りますん。
 そして熟睡。


到着

 いやー眠った眠った。
 着陸の衝撃で起きた。
DSC08769
 というわけで羽田に帰ってきたよ。
DSC08771
 今回の乗継ぎ客がいるのは秋田、札幌、サンフランシスコ、青森。
 やっぱ広島だとあんまり変態的な乗り方する人いないのかな。ほっと安心する。
 それにしても、この便18:15到着予定で、実際にこの看板の前に立ったのは18:30だったんだけど、サンフランシスコ行きの便の乗継ギリギリすぎじゃねぇ?これ、ちょっとディレイしたら乗継アウトだと思うんだけど。
DSC08772
 到着口の案内が依然と変わってた。
 このプロジェクター式って暫定なのか本設なのか。
 まぁ、暫定だったらいいけど、本設だったらちょっと表示が薄く見えるのが残念ね。


スポンサードリンク

 愛媛編と広島編に分けてみたものの、広島編はあまり分量がないね。
 後半、時間に遅れるかもって焦ってた。


しまなみ海道後半戦

 さて、さてさて、愛媛県から島々をアイランドホッピングして、ついに広島県へ渡る。
Road_bridges_in_Shimanami-Tobishima
    画像出典:Wikimedia commons 作者:Lincun この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0

 前回、大三島を巡るところまでやってきた。丁度上の地図の中央まで。
 ここからはさらに島を渡ってついに広島県上陸!
 長かったぜー!書くのも長い!


7本目:多々羅大橋(大三島~生口島)

 ついに県境を越える。
DSC08681
 逆Y字型の斜張橋になっている。姿が美しいね。普通の吊り橋とは違った美しさがあるね。
DSC08682
 この橋は原付と自転車歩行者とは分離式になっている。
 正直自転車の人たちがいると、ちょっと恐いので安心して渡れる。
DSC08685
 さぁ、県境を越えて広島県が近づいてきた。
DSC08686
 ついに広島県だよー。通行料は100円。ちょっと距離が長いので高くなってる。
 ちなみに、広島と愛媛の県境を船以外でまたげるのは、とびしま海道を構成する中ノ島~岡村島間の岡村大橋と、しまなみ海道を構成する生口島~大三島間の多々羅大橋、そしてもう一つなんと瓢箪島の陸上にある。瓢箪島は小さな小さな島なのに県が分断されている。昔、昔の激しい縄張り争いの結果そうなった。民話にも登場するくらいの話なので相当激しかったと思われる。島には明治時代に打たれた境界石もあるとのこと。
DSC08690
 多々羅大橋からもこの瓢箪島が見える(この角度では瓢箪に見えないけど)。
DSC08691
 さぁ、広島県生口島に上陸。もう尾道市だ。

スポンサードリンク

6島目:生口島

 生口島の中心地は瀬戸田という。
 瀬戸田と言えば瀬戸田レモンが有名で、国内生産量の3割をしめる。
 瀬戸田レモンの産地はこの生口島と隣の高根島である。
DSC08696
 瀬戸田から高根島に渡る、高根大橋もレモン色!
DSC08685
 先ほどと同じ写真だけど、この斜面に生えてるのは全部レモン!
 むかーし、ここに来たときは瀬戸田に泊まったなぁ。風呂は温泉ではないけど、レモンが浮かぶレモン風呂だった。
 瀬戸田は江戸時代などは栄えた場所で、本気で観光するにはちょっと時間が足りないので、先へ進む。


8本目:生口橋(生口島~因島)

 さあ、渡るよ。
DSC08701
 通行料は50円。
 1991年開通で、しまなみ海道開通よりも古い。
DSC08702
 今度はA型の斜張橋。
DSC08705
 さぁさぁ、海を渡るよ。
 正直、走ってたときも景色に飽きてきたし、書いてても飽きてきた。ごめん。
DSC08706
 うぉっ!なんか因島の方が都会感がある。
 ホント、なんでだろ。なんとも言えない都会感。都会じゃないけど。
DSC08710
 橋の全景。
 こうやって何本もの橋があって、島の生活を支えているんだなぁとしみじみ。


7島目:因島

 さて、因島。
 今までの島々も造船所とかあったりしたけど、どちらかと言えばのんびり田舎感が溢れていた。
DSC08714
 因島に来ると大きな造船所がかなり多い。大きなクレーン船もいた。
 元々の因島市の市制施行が1953年、この島が本土とつながったのは1983年なので、昔から造船業で発達していたと言える。そういう意味では1999年につながった愛媛県の島々に比べたら都会というか、何というか。
 というわけで、ここも特に観光せずスルー。だって、時間がない!

スポンサードリンク

9本目:因島大橋(因島~向島)

 さー、渡るよー(飽きた)。通行料50円。1983年開通。
DSC08716
 因島大橋は今までと全く構造が違う。
DSC08718
 吊り橋なんだけど、上が車道で、下が原付自転車歩道になっている。一応、でこぼこで歩行者とそれ以外に分けられているけど、なんだか圧迫感があって、ちょっと恐い。尾道から自転車でやってくるファミリー層は体力的にこの辺が限界なのか、自転車交通量は格段に多くなった。
DSC08720
 金網があるので、景色もあんまり良くない。
DSC08723
 橋としての美しさはいいんだけどなぁ。
 ちょっと渡っててがっかりする。やはり愛媛側のインパクトはデカい。


8島目:向島

 向島上陸!
 この島は尾道駅から見て向かいに見える島。もうここまでやってきた!
DSC08728
 向島は隣の岩子島と向島大橋でつながっている。
 ちょっと変わったアーチ橋だね……と思ったらアーチ橋の車道とトラス橋の歩道が並んで架かっている。
 ちなみに、日本で最初に農道が海を渡ったところらしい。
DSC08731
 ここで結構遅めのお昼ご飯。
 なので、ラーメン食べる。
DSC08729
 尾道ラーメンとは違う、細麺で甘めの味。背脂浮いてるけど、甘めの醤油。
 まあ、普通においしかったよ。


10本目:尾道大橋(向島~尾道)

 さて、最後の10本目。
 最後の橋は償還が終わったため通行料無料の尾道大橋。1968年開通。
 この橋は自転車で渡るのはほぼ不可能、原付(50cc)で渡るのは危険、原付(125cc)で渡るのは要注意である。歩道と車道しかないため、自転車や原付は車道を走る必要があるためだ。そして、車の通行量がむちゃくちゃ多い。よって、基本的にはこの区間はたくさんある渡船に乗って海を渡るのが推奨されている。
 とはいえ、普段から125ccのバイクを乗り回している人なら平気だろう。
DSC08733
 手前が新尾道大橋(高速道路)、奥が尾道大橋(一般道)。
 走ってみたが、やはり50ccの法定速度で走ると車に轢かれそうになると思われるし、自転車なんて論外って感じだった。なので、みんなおとなしく渡船に乗ろうね。
DSC08737
 渡船乗り場はたくさんあるのでね。写真は尾道駅前の渡船乗り場。
 ちなみに走っているとき思ったけど、歩行者がどうやって歩くのか謎だった。なんかケーブルがあったりして、とても人が歩けるような状況じゃなかった。

スポンサードリンク

尾道駅に到着!

 やったついに着いたよ!
DSC08735
 いやぁ、長かったね。
 ホントに長かった。市内で給油してバイクを返却。
DSC08741
 焦ってたせいか、時間をちょっと余らしてしまったので、またラーメン食べちゃった。
 あぁ、なんかがっつり感が尾道ラーメンだなぁって思った。


スポンサードリンク

 さぁ、帰るっぺよ。
 今治からしまなみ海道経由で尾道まで戻る。


しまなみ海道は原付で行くべし

 行きはとびしま海道を通ってきたけれど、帰りはベタにしまなみ海道を通る。
Road_bridges_in_Shimanami-Tobishima
    画像出典:Wikimedia commons 作者:Lincun この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0

 左の青線が安芸灘とびしま海道、右の緑線が瀬戸内しまなみ海道。実際にはこの緑線は西瀬戸自動車道を示しており、自転車や原付は各島内では一般道を迂回して走ることになる。
 世界的にも有名になったサイクリングロード。ここを走ると絶景だ。車で行くと高速道路なのであっという間に過ぎてしまうし通行料が高いけど、自転車なら無料、125cc以下原付なら安価。時間も体力も使うけど、原付ならなんとかなる!でも、危ないから練習してから走ってね。素人の事故は結構多いので。
 こうやって見ると、前日尾道から呉まで走って安芸灘とびしま海道通って、大三島からしまなみ海道で今治まで行くってかなり無茶なプランだったな。確かにしんどかった。反省。
 前回は原付で2008年に行ってるので9年ぶり。この時は今ほど有名じゃなかったなぁとしみじみする。


1本目:来島海峡第三大橋(今治~馬島)

 さて、早起きして行くよ!
DSC08575
 まずは、橋を渡る前に今治側の自転車で渡る人向けの基地となっているサンライズ糸山へ。
 ここで、トイレや服装などをチェック。準備ができたら出発。
DSC08576
 橋によって違うけど、ここは原付専用の道路と自転車歩行者向けの道路に分かれている。
 見ての通り、結構しっかりした高架橋による道路が整備されている(写真の高架橋は車道ではない)。
DSC08578
 さぁ、渡るぞ!
DSC08579
 橋の上はこんな感じ。
 来島海峡上の橋は、歩行者・自転車と原付が完全に分離されていて、北側が歩行者・自転車道、南側が原付道になっている。原付道とはいえ、まんま歩道と変わらない設計なので、橋の柱などによって道がくねっている部分があるので注意が必要。制限速度は30km/h。まぁ、守っている人がいない感はあるけどね。
DSC08586
 さて、途中の馬島が見えてきた。

スポンサードリンク

1島目:馬島

 さて、馬島に到着。
 ここは、車だと地元民や緊急車両、配達車両など特別な許可を得た車しか降りることができないが、歩行者自転車原付は自由に降りることができる。エレベーターで!
DSC08602
 今治~馬島間の通行料は100円。このエレベーターのドアの横にあるゴミ箱みたいなの(失礼!)が、料金箱なのでそこに100円を投げ入れる。なお、馬島で降りない場合は別に料金所があるのでそこに入れる(後述)。
 ちなみに、原付道とエレベーター挟んで反対側はバス停になっている。
DSC08593
 エレベーターで降りてきた。原付をエレベーターに載せることってここぐらいでしかないんじゃないか?
 出っ張っているところがエレベーター。
DSC08591
 とりあえず馬島から来島第三大橋を撮影。
 まぁ、あれだ。島自体には観光スポットは何も無い。マジでない。


2・3本目:来島第二・第一大橋(馬島~大島)

 さて、原付旅を続けよう。
 再度エレベーターに乗って橋上へ。
DSC08603
 馬島エレベーターのすぐそばに料金所がある。
 馬島から走る場合はここで100円、今治からそのまま走る場合はここで200円払う。
 もちろん賽銭箱方式なので、おつりは出ないから注意。
DSC08608
 さてさて、再度の橋の上。
 かなり高いところを渡っているので、高所恐怖症の人は無理かもしれない。高さは78mとか。
DSC08609
 朝日を浴びて走って行く。
 気温が上がってきて一安心。朝は死ぬほど寒かった。
DSC08610
 というわけで、大島に上陸。


2島目:大島

 さて、大島の中は原付道も自転車道もないので、一般道路を走る。
 まずは、亀老山展望台へ。
DSC08613
 来島海峡に架かる橋が、全て見渡せる。
 いやー、すばらしいな。ホントに素晴らしい。
DSC08621
 本来ならば最短ルートの道があるのだけど、内陸を走って面白くないので、外側を遠回り。島の西側を走る。
DSC08622
 途中ではとことこ走る路線バスを追い抜いた。
 ビックリするぐらい穏やかな瀬戸内海沿いを走ると、心も穏やかになる。

スポンサードリンク

4本目大島大橋(大島~見近島)

 さて、また橋を渡る。
DSC08628
 こちらは大島大橋。この先の伯方橋と合わせて「伯方・大島大橋」と称することが多い。
DSC08630
 原付道を上がっていくと料金所。
 料金は伯方島まで50円。
DSC08632
 賽銭箱に50円投げ入れる。
 ちなみに50円なかったときに、次の料金所で2橋分の100円払っちゃダメなのかな。まぁ、ダメなんだと思うんだけど、取り締まる人がそもそもいない。
DSC08631
 ここからは原付や自転車、歩行者が混在して渡ることになる。
 特に自転車と原付は同じレーンを走るので注意が必要だ(歩行者はめったにいない)。
DSC08634
 この橋は将来の拡幅用地なのか、海までちょっと距離があるところしか走れない。
 ちょっと残念。


3島目:見近島

 うっかり通り過ぎてしまいそうな無人島が途中にある。
DSC08636
 大島大橋の渡り終わったところに直角で分岐する道がある。
 写真は大島方向に向かって撮影しているので、右に分岐しているけど、大島方向から来たら左に分岐する。
DSC08637
 見近島と呼ばれるこの島は、しまなみ海道で渡れる橋のうち唯一の無人島だ。
 分岐の道からわかるとおり、原付・自転車・歩行者でないとこの島には上陸できない。
 ここには無料のキャンプ場があって、テントを持ってくれば宿泊することができる。


5本目:伯方橋(見近島~伯方島)

 さて、元の橋に戻る。
 えーっとこの橋はあまりにも短かったので写真が残ってない。

スポンサードリンク

4島目:伯方島

 はっかったっのっしおっ!で有名な伯方島。
 伯方の塩の伯方塩業の伯方本社と伯方工場がこの島にあるけど、見学施設はこの次の大三島にある。
 夜遅くまでやっているガソリンスタンドがあるのはこの島!朝6時~夜22時まで営業している。
 警察署もこの島にあり、しまなみ海道で言えば大島~伯方島~大三島が管轄となっているので、この地域では中心的な役割を果たしている。大島よりも大三島よりも面積は小さいんだけどね。おそらく伯方島の南側にある上島町の島々も管轄しているので、そちらへの交通の便も考えられているのだろうと思う。
 ……ってつらつら書いてきたけど写真がない。


6本目:大三島橋(伯方島~大三島)

 さて、6本目の橋を渡る。まぁ、一般的な感覚で言えば3本目だけど。
DSC08653
 この橋がしまなみ海道で一番最初に開通した橋である。1979年開通。
 こちらの橋だけが唯一のアーチ橋となっている。通行料は50円。
DSC08655
 ちょっと正直景色に飽きてきた。
DSC08659
 大三島に上陸。
 アーチのカーブが美しいね。


5島目-1:大三島・伯方の塩工場見学

 この地域に来たら、何をしなきゃいけないかだって?
 そりゃ伯方の塩の工場見学っしょ!
DSC08665
 というわけで下道を走ることしばし、伯方塩業の大三島工場に到着。
DSC08666
 入口には「はっかったっのっしおっ!」っと奏でられる鐘が置いてある。
 以前来たときはかなり大きな音を出していたが、ハンマーに細工されてそれほど大きな音が出なくなっていた。
 工場内部は写真撮影厳禁。まぁ、海外から持ってきた塩を瀬戸内海の海水に溶かして、海水を蒸発させて塩を作るという工程になっている。ちなみに行くとお土産で塩をくれる。
DSC08667
 伯方の塩をかけたソフトクリームも食べられるぞい!
DSC08669
 工場の見学施設からちょっと離れたところ(歩くには遠い)に伝統的な製塩施設が作られていて、見学することができる。
DSC08670
 流下式枝条架併用塩田とされるこの施設は、まず塩田で海水を流して天日による濃縮を行い、そのあとこの施設の上から流して風によって水分を飛ばして、濃い海水を作ることを目的としている。最終的にこれを煮詰めて塩ができる。
 製塩史上最も食用に適していた塩と言われており、昭和30年代~昭和40年代前半頃に製造されていた方法を忠実に再現している。
 詳しくは伯方の塩ホームページを見てみよう!


スポンサードリンク

5島目-2:大三島・伊予国一之宮大山祇神社に参拝

 さて、道中も終わりにさしかかってきたけど、ここで伊予国一之宮である大山祇神社へ参拝に行く。伯方の塩の工場から近い場所にある。
DSC08675
 全国にある三島神社はここと静岡の三嶋大社が総本社であり、伊予国の一之宮である。
 伊予の場合、一之宮は離島にあるのだ。 おそらく、瀬戸内海の海運が古くから発達し、風待ちなどで待避した港がこの付近島々にあったことによるであろう(根拠なし)。昔はどの島もどこよりも栄えていたのだ。 山の神でありながら渡しの神でもあり、海上交通安全の守護神とされる。
DSC08678
 ご神木である楠の巨木が有名。樹齢推定2,600年。
 ただ、相当弱っているらしく、近くには入ることができない。
DSC08679
 安全に道中過ごせたことを感謝し、この後の道中の安全を祈願した。


次回はいよいよ広島県突入

 さてさて、盛りだくさんでお伝えしてきたしまなみ海道。
 これだけ写真もりもりでもまだ愛媛県。次回は後半戦広島県に突入するよ!


スポンサードリンク

 瀬戸内しまなみ海道は有名だけど、そこまで有名じゃない安芸灘とびしま海道。
 これが楽しかった。みんな行ってみるといいと思うよ。


安芸灘とびしま海道

 尾道と今治を結ぶのが瀬戸内しまなみ海道。
 ここは超有名。サイクリストにも超有名。
 たぶん日本で一番景色が良いサイクリングコースだと思う。
安芸灘とびしま海道
       画像出典:Wikipedia この画像のライセンス:CC BY-SA 3.0
 今回行くのは安芸灘とびしま海道。
 呉市から今治市まで7つの橋梁で島々を結ぶ道路である。瀬戸内しまなみ海道とは違い、安芸灘大橋以外は通行料が全て無料。一応、今治市までつながっているとはいえ、つながっている今治市は岡村島であって、四国本土とはつながっておらず、行き止まりになっている。もちろん船を使えば終点の岡村島から先、大三島へ抜けることができるので、通り抜けできるよ。


1本目:安芸灘大橋(本州~下蒲刈島)

 さて、原チャリ(125cc)で尾道から70kmをえっちらおっちら走ってきたけど、やっとスタート地点。
DSC08427
 呉市の安芸灘大橋有料道路料金所に到着。
 通行料は普通車200円。125ccの原チャリはなんと20円。
 ちなみに歩行者と自転車は無料。50cc超125cc以下の通行料は20円だけど、50cc以下の通行料が指定されてないんだけど、どうやら50ccバイクは通行禁止の模様。
 なので、二輪免許持ってない人は俺と同じことできないからね!いきなり詰むからね。代替航路ないし。
 あ、体力に自信がある自転車界隈の人はOK!走る人もOK!50cc原チャリだけ不可!
DSC08428
 というわけで安芸灘大橋渡りまーす。
DSC08429
 いよいよ安芸灘とびしま海道スタート!
DSC08433
 とはいえ、交通量多いので途中で写真は撮れず、渡りきった後で撮影。
 都道府県が整備した吊り橋の中では最長。開通は2000年。
 いやー、橋って、ほんと、美しいよねー。というわけで、上蒲刈島に上陸。

スポンサードリンク

2本目:蒲刈大橋(下蒲刈島~上蒲刈島)

 さて、時間もないので駆け足で。
DSC08447
 これまた美しいトラス橋。
 実はこの橋、広域農道。農道ってイメージじゃないけど。
 1979年開通なので、結構古い。
DSC08448
 さて、渡りましょう。
 しまなみ海道とは違い、ここから先はどの橋も一般道なので、川を渡るのと変わらない。
DSC08449
 川を渡るのと変わらないはずなのに、なぜ海だと違うんだろう。
 やはり海というのは特別なのか。港があって海と共に生きる人が多いのが違うのだろうか。
DSC08453
 いやぁ、やっぱり美しいなぁ。


3本目:豊島大橋(上蒲刈島~豊島)

 さて、上蒲刈島を走る。
DSC08462
 海沿いの道を走るのは気持ちいい。
 瀬戸内海なので、波も穏やか。
DSC08463
 これは安芸灘大橋だね。いいなぁ、橋のある風景。
DSC08468
 島のメインでない側に回ってみたら、海のギリギリに道がある。
DSC08479
 砂浜もあるんだねぇ。
DSC08473
 こちらは3本目となる豊島大橋。
 安芸灘とびしま海道の中では一番新しく2008年の開通。
 航路限界などが高く広く取られているため吊り橋となった。
DSC08483
 1本目の安芸灘大橋と同様の航路限界を取っているので、かなり高いところにある。
 これ、自転車の人、死にそうだ。
DSC08485
 やっぱり橋は気持ちいい。
 しまなみ海道よりもゆっくり走れるし、景色もよく見えるし、そこまで橋の高さは高くないのが良いところ。
DSC08487
 豊島に上陸。
 さぁ、結構日が傾いてるぞ。
 油断するとタイムリミットが来ちゃう!


4本目:豊浜大橋(豊島~大崎下島)

 次は豊浜大橋。
DSC08492
 こちらは2本目の蒲刈大橋と同様の構造となっている。
 蒲刈大橋でのノウハウを活かして、架橋したらしい。
DSC08494
 なんか人々の生活と橋が密着しているというのを示したくて撮った1枚。
DSC08495
 ホント瀬戸内海って穏やかだね。
DSC08501
 さて、大崎下島に上陸!

スポンサードリンク

5本目:平羅橋(大崎下島~平羅島)

 大崎下島の御手洗地区は江戸時代以降、潮待ち風待ちの港町として賑わったところ。
DSC08504
 古い街並みが保存されている(……というより作ったものか?)。
 今では来るのに不便な島だけど、昔は違ったということ。
 交通機関の変化や産業構造の変化によって寂れてしまった街ってなにかそそられる部分がある。
DSC08511
 近くにはフェリー乗り場もあった。大崎上島経由で竹原まで行けるみたい。
 ちなみにこの島を過ぎると当分ガソリンスタンドないからね!
 この先夕方以降開いているガソリンスタンドは伯方島のガソリンスタンドまでない!燃料確認!
DSC08513
 さて、平羅橋を渡る。
 いままでの橋立に比べたらホント小さいPC斜張橋。1995年開通。


6本目:中の瀬戸大橋(平羅島~中ノ島)

 ごめん。あっという間に過ぎてしまったので写真も思い出もない。
 平羅島と中ノ島は小さい島過ぎて……。1998年開通。


7本目:岡村大橋(中ノ島~岡村島)

 というわけで岡村大橋。1995年開通。
DSC08505
 ニールセンローゼ橋と呼ばれるアーチ橋なんだってさ。
 でもこれだけの高さ、長さの橋なのに橋脚が1本しかないのがすげぇ。
 いやマジですごいと思うのよ。そしてアーチが美しいねぇ。
DSC08514
 そして、ここの橋が県境。愛媛県に入る。広島~愛媛間で数少ない歩いて渡れる県境。
 これから行く岡村島が現在の安芸灘とびしま海道の終点になる。
 ということはこの岡村島は広島県と橋が架かってつながっているけど、愛媛県とは橋がつながっておらず、フェリーでしか他の愛媛県に渡ることができない。それどころか、愛媛県今治市になるけど、市役所すらフェリーに乗らないと行くことができない。
DSC08521
 観音崎で夕陽を見る。めっちゃ美しい。
 その後山を登ってナガタニ展望台へ。
DSC08532
 めっちゃ景色いいー。
DSC08531
 しまなみ海道の橋も見えた。やっぱりレベルが違う!
DSC08527
 先ほど行った御手洗の街も一望できた。
 島って使える面積が少ないことが多いし、海で暮らす人々が多いから、人々の家の面積が小さいよね。これは三陸の街にも言えることで、特に釜石なんてネコの額みたいな土地に住んでたりする。

スポンサードリンク

8本目:大三島ブルーライン(岡村島~大三島)

 さて、日が暮れてあたりは真っ暗。
 幸い、最終のフェリーまで時間がある……けどガソリンの残量が心許ないことに気づく。
 一旦、大崎下島まで戻り給油。開いてるガソリンスタンドがあって良かったー。
 ここを過ぎると、次の給油場所は夕方以降だと伯方島になる。
DSC08537
 というわけで岡村港。
 島の夜は早い。 暗くなると島には人の気配がしない。
DSC08536
 こちらが切符売り場兼待合室。
 今治市営と大三島ブルーラインの2者が運航しているので、切符の買い方に注意。
 あと、今治市営の旅客船だと原付載せられないからそれも注意。あくまで両者のフェリーだけ。
 あたりが真っ暗すぎて、本当に来るのだろうかと不安になりつつある中、最終便のフェリーがやってきた。
DSC08542
 客は車1台とバイク1台だけ。朝から晩まで橋のない島々の生活を支えるフェリーに安心感をもらう。
DSC08548
 出航!
DSC08549
 この時間の、しかも岡村からの最終便だからガラガラなのかもしれないけれど、フェリー自体はそこそこ大きい。
DSC08550
 あのフェリーに必ずある、カーペットスペースってなんなの?
 フェリー独特だよね。この間佐渡汽船乗ったときもかなりあったけど。
DSC08555
 いよいよ到着。
 まだ着岸していないのでエンジンをかけてはいけない。
 合図があって下船。大三島の宗方に上陸。こちらもひっそりとした場所だった。
DSC08556
 明かりは船の明かりがほとんど。あとは暗い街灯がついているだけ。
DSC08559
 こんな客がいない最終便だけど、路線バスが待機していた。
 乗る客はいるのかなぁ。そもそも、今回のフェリーには交通用具がない人が乗ってなかったのでバスに乗る人も0人だった。


延長戦:夜間のしまなみ海道を渡って今治まで

 さて、今夜の宿は今治。
 時間は19時前だけど、真っ暗な中しまなみ海道渡って今治まで行くぜ!
DSC08562
 いやー、恐い。
 ホント、恐い。街灯ないし。
 地元民の人が多いけど、原付をみんなめっちゃ飛ばしてるし。
DSC08563
 みんなもこのプランで行くときには気をつけてね。
 時間設定に無理があった。もうちょっとゆっくりするべきだったかな。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ