FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 鶴岡ラーメン食べてみるかぁ。
 ……とその前に。


泊まったのは肘折

 宿泊は肘折温泉だった。
 日本で自分が一番好きな温泉。
 日本で酸ヶ湯と積雪量1位2位を争う肘折。
DSC04956
 なんだろうなぁ。
 この温泉街の雰囲気が好きなのかな。
 どこの宿も源泉掛け流しだし、塩素添加で消毒してないし、腰痛とかそういうのによく効く温泉。
 昔はここを中型バスが走っていた。今はマイクロバスになっちゃったけどね。
DSC04928
 いつも真冬に行くから行けなかった棚田も見に行った。


麦切りなる謎の麺

 肘折から鶴岡に向かって下っていく途中にあった道の駅しょうない。
 別に特に期待してなかったんだけど食堂に「麦切り」なるメニューがあったので食べてみた。
DSC04962
 ビジュアル的には稲庭うどん?
 でも食べてみたらすっごいもっちもっち。
 え、これ、すごい、うどんとしておいしいんですけどー。

スポンサードリンク

麺スイッチ入る

 そんな感じで麺スイッチが入ってしまったので、もう一食、鶴岡で麺食べたい。
 鶴岡はラーメンが結構有名らしいので、ラーメン食べよう。
DSC04965
 来たのは「中華そば琴の」。
 鶴岡で一番有名なラーメン屋は「琴平荘」らしいのだが、そこで修行していた方が出したお店。
DSC04966
 メニューはこんな感じ。
 初めてのお客様なので、メニューが言うとおり「中華そば あっさり」を注文。
DSC04967
 もうね、見た目がこれ以上ないくらいオーソドックス。
 スープを味わうと、ものすごい優しい味。一応煮干しとか入ってる感じはするけど、見た目の通りニボラーみたいに暴力的じゃないし、包み込まれるというかなんというか。
 麺は縮れたちょっと太めの麺。平打ちの縮れ麺で感触が独特。ただの縮れ麺じゃーない。
 全体的に整ったおいしいラーメンでした。いいね、鶴岡。


食後はスタジオセディック庄内オープンセットへ

 特にしたいこともないので、映画撮影用オープンセットが見学できるというので行ってみる。
DSC05005
 おおー、なかなか。
 まぁセットなので、全体的に作りがしょぼいのは仕方ないところか。
DSC05000
 勇者ヨシヒコの墓もあったでよ。
 園内はかなり広いけど、巡回バスは別料金。
 かなり古い、排ガス規制がクリアできなさそうなバスが走っていた。


スポンサードリンク

 魚ばっかりだから肉食べよう。
 おいしいお肉を食べよう。


村上から北上

 いや、北上に行くわけじゃ無いよ。
 村上からレンタカーで北へ。
DSC04902
 途中の駅では丁度列車が来たので写真を撮る。
DSC04904
 やっぱり透明度が高いよねー。
DSC04912
 第一昼食は道の駅あつみで魚フライ定食。
 あっつあっつほこほこの手作り魚フライ。特筆すべき点はないのだけど、おいしかった。
 あら汁もGood!


鶴岡でハンバーガーを食べる

 というわけで、第二昼食の時間。
 鶴岡に到着。鶴岡では肉屋がやっている食堂。その名も「肉屋食堂」。そのまんまやんか。
DSC04914
 メニューはこんな感じ。1,000円を超えない値段設定。店の外観写真は撮り忘れたー。
 何を食べるか悩んだのだけど、ここの名物はステーキ丼かローストビーフ丼って聞いていたのだけど、なんかオーラを感じたハンバーガーにする。
DSC04916
 ハンバーガーにコーラもつけた。やっぱりコーラだよね。
 お店の人が丁寧に食べ方を教えてくれた。紙の袋に入れてから串を抜いて、食べられる大きさに潰して食べるとのこと。
 紙の袋が取りたくて遠目で取ったから大きさが伝わりにくいかもだけど、近くによると……。
DSC04918
 結構食べがいがある大きさ。
 レタスが折りたたまれているのが珍しい。これで結構背が高くなっているんだけど。
 でもね。肉の味がしっかりしていて、かなりおいしいハンバーガーだった。
 これはまた食べたい。特別なことをしていないシンプルなハンバーガーなのに、うまい。

スポンサードリンク

次の日はステーキ丼食べた

 メニューで見てたステーキ丼が気になって。
 どうしても食べたくて。食べたくて。食べちゃった。
DSC04971
 着丼!
DSC04970
 このステーキ丼もなかなかよ。
 ステーキの火の通り方は丁度良いし、ご飯はバター醤油味で背徳感満点。
 いやー、これはうまいわ。
 ちなみにインスタ映え狙うならローストビーフ丼を食べるがよろし。


スポンサードリンク

 羽越本線から米坂線が分岐する街、坂町。
 ここにはやべー丼を出す店があった。


村上どんぶり合戦

 村上市では現在、「村上どんぶり合戦」なる企画が行われている。
 これは村上市内のレストランで各店自慢のどんぶりを提供し、旅行者の皆さんに食べていただこうという企画。特にどんぶりの内容に制限はなく、各店思い思いのどんぶりを提供している。

 というわけで、どんなものがあるかな~とパンフレットを覗いてみると、表紙のどんぶりにそそられた。
 そうだ、行ってみよう!


坂町駅前の食堂というか飲み屋

 やってきたのは村上から南へ行った、坂町。
 元々荒川町という自治体の中心地であったが、村上市と合併した。元々、坂町機関区があって現在も走るD51498はこの坂町機関区が最後の所属であった。機関区があったぐらいなので、そこそこ鉄道員が多く暮らす街であったと思うけど、今は……うーん。ビックリするぐらい閑散としている。
 そんな駅前からちょっと入ったところに「割烹食堂いそべ」はある。
DSC04880
 開店直後に行ったので、それほど客はいなかったけれど、結構予約が入っているようだった。
DSC04881
 メニューはこちら。
 うーん、定食屋にしてはちょっとお値段高め。
 まぁ、選択肢が少ない地方あるあるだね。
 ただ、今日の目的は「村上どんぶり合戦」パンフレット表紙になっていたあのどんぶりなのだ。

スポンサードリンク

ずど~ん!

 一日10食限定のどんぶり。
 その名も「ずど~ん」。注文するときちょっと恥ずかしい。
 時間がかかるとのことなので、しばし待つと着丼!
DSC04882
 ずど~ん!
 ヤバい。これはテンション上がる。
DSC04883
 (村上産ではないと思うけど)本マグロの脳天、頬肉、顎肉ど鉄火丼だ。
 提供するのに仕事が必要な部位だけど、よく運動しているから最高にうまい部位のマグロ丼。
 これがなんと900円!(増税前税込)
 これはクソ安いぞ!そしてうまい!
 筋張った肉の部分であるはずなのにきちんと丁寧な仕事がなされているので、とろけるようだった。
 最高にうまくて、最高に安いので、今度は予約して酒飲みに行きたいぜ!


スポンサードリンク

 山の中のおいしい山形空港に着いたはずなのに、あれ?


山形空港から一路村上へ

 わざわざ山形空港に降りて何やってんだかって感じではあるけれど、レンタカーで一路村上へ。
 途中米沢で米沢牛などを食べたりしたが、それについては省略!国道113号線(小国街道)を走って、途中から国道290号線に移り、村上まで。米坂線と平行して走っていたが、途中で羽前とついていた駅名が越後になったあたりに、峠を越えたと実感する。
 はるばるやってきたのは鮭の街、村上。
 さぁ、何を食べよう。


岩船港の漁師食堂

 時間がちょっと遅めだったのでお店の選択肢が少なかった。
 日本海の魚が食べたかったので、岩船港にある「漁師食堂」に行ってみる。
DSC04864
 所謂、漁協がやってそうな海産物直売所に併設された食堂。
 閉店ギリギリに滑り込み。
 注文は食券方式。何を食べるかちょっと悩むが、ここは刺身が食べたいので刺身がメインの「漁師定食」を注文する。1,080円也。増税前だったので、今は値上がりしていると思う。

スポンサードリンク

白身だけの刺身定食

 しばし待つと出来上がる。
DSC04861
 どーん!
 刺身が白身だけだぜ!
DSC04863
 もうね。見た目が地味なの。
 でも、それがいいの。
 見た目を気にして、まぐろやサーモンを入れないあたりに好感。
 (村上は鮭の街だけど、国内産は基本的に生食に適さない)
 久々に白身オンリーな刺身定食に満足。


村上は鮭の街

 村上は鮭の街として有名で、古い街並みが残る中心部を歩く。
 土日は村上市役所の駐車場に止めてOKなので、そこから歩くのが良いと思う。
DSC04865
 一部の町家は中も見学できる。
DSC04869
 塩引き鮭の干しているところも見学できるよー。
DSC04890
 鮭関係のお土産は永徳の本店で買うと、アウトレット品とかもある。
DSC04892
 鮭の酒びたしのB級品とか焼き漬けとか購入。
 焼き漬け好きなんだよねぇ。酒びたしも酒に浸さなくてもおいしい。そのままポリポリ食べると鮭のうま味が広がるし、お茶漬けにするのも良いね。


スポンサードリンク

 行ったこと無い国内空港に行ってみようシリーズ。
 今回はおいしい山形空港とおいしい庄内空港を目指す!


ダイヤモンドプレミアラウンジ定点観測

 朝の羽田。
DSC04834
 JGC専用手荷物検査場は大混雑。
DSC04835
 南紀白浜と山形はバスゲート。
 ちっちゃい飛行機だし、しかたないよねー。
DSC04838
 まぁ、前回とラインナップは変わらず。
DSC04839
 アサヒだけ別の所にあった。熟撰だね。
DSC04837
 パンとおにぎりとスープをいただく。
DSC04840
 ラウンジからはTGのジャンボが見えた。
 いいなー、ジャンボ。乗りたいよねぇ。


バスゲートからの搭乗

 羽田T1では相当お久しぶりバスゲート。
 いつ以来だろうか。思い出せないくらい昔な気がする。
DSC04843
 そもそもバスゲートだけの出発案内板にその日一日の便が全部載っちゃうっていうね。
 しかも17:55発のスカイマークは3行使ってるけど、実質1便だよね?そうすると1日に8便しか使わないのか。
DSC04844
 というわけで搭乗。
 またまた、J-AIR。結局なんだかんだいって乗ってるJ-AIR。
DSC04846
 バスで連行されて階段を上がるよー。

スポンサードリンク

飛行中

 もうね、ざっくりだね。短距離だし。
DSC04849
 離陸~。
DSC04850
 着陸~。
 山形は天気が悪かった。


到着

 さて、こぢんまりとした空港である山形空港。
 ここもJ-AIRとFDAしか来ないのでエンブラエル天国。花巻空港と一緒だね。
DSC04852
 到着後のバスの発車案内。
 見やすいと思うがほとんど予約制っていうね。
 でも、銀山行きのバスは予約不要とはちょっと驚き。
DSC04853
 というわけで、また行ったこと無い空港を一つ潰したぞー!


スポンサードリンク

高さ17mもの津波が海辺に建つホテルを襲った。


震災遺構「たろう観光ホテル」

 今回紹介するのは東日本大震災における災害遺構で確実に北の大物というべき物件。
 宮古市北部の田老という街にそれは存在する。震災遺構「たろう観光ホテル」だ。
 たろう観光ホテルは1986年にオープンした観光旅館。地上6階建てで、それほど高い建物がない田老ではシンボルになるような建物だ。
DSC09873
 震災前の姿を残す写真。
 このたろう観光ホテルは東日本大震災の震災遺構の保存に、初めて国費が投入された物件である。
DSC09875
 震災による津波で1階から2階部分の壁などは全て抜け落ちて、鉄骨だけの状態になっている。


津波は全てを押し流す

 この6階建ての建物を見上げる。
DSC09877
 見上げると3階部分の窓がない。
 2階の天井ですら高いのだ。高さ17mにもなる津波がここに来たのだ。2階だけでなく、3階も壁の一部が破壊されて、窓ガラスがなくなっている。
DSC09879
 東側に回ると3階部分の壁が大きくなくなっている。
 おそらくこちらの方向から波が入ってきたのだろう。
DSC02763
 ものすごい勢いで流れた津波は全てを押し流した。
 エレベーターの籠もかなりの力で押されたせいかひしゃげてしまっている。
DSC02755
 1階部分で残っているのは鉄骨と階段、エレベーターの籠と枠だけだ。もちろん全てを押し流した結果、ここには大量の瓦礫が山積みとなった。いまではきれいに撤去されている。
DSC02769
 震災によって地殻変動が起きて、2.18m動いたことを示す看板。一等登記基準点がここにあったが、2.18m東南方向に移動し、高さは0.31m下がった。震災により大きく地殻変動が起きた。あまり気づいていないけど、震災とその後の地殻変動で東京でも数cmから数十cm単位で動いている。
 残念なことに元の位置と新しい位置の写真を撮り忘れてしまった。

スポンサードリンク

内部見学ができる

 このたろう観光ホテルの特徴として、内部が見学できる。
DSC09872
 ただし、予約する必要がある。詳細はホームページで確認して欲しい。

 年に何回か(一度だけ?)、無料見学日があるので、それに参加してみた。
DSC09871
 内部の見学はこの外にある非常階段を上がる。
DSC02753
 もちろん修復されているが、被害を受けた階段を上がる。
DSC02756
 客室の畳は剥がされていたが、テレビや冷蔵庫、金庫などはそのまま置かれていた。
DSC02757
 こう見ると何も影響が無かったように見える。
 それは高いところだったからであって、下は地獄である。
DSC02758
 エレベーターも至って普通だ。
 まぁ、内部見学しても被害に遭ってない部分を見ても仕方がないっちゃー仕方がないのだけど、階段を上がっていくときにこの高さまで津波が来たと思うと、恐ろしさをイヤというぐらい実感できる。
 内部では震災当時の津波が来ているところの映像が流されており、その場で津波が来たときと平常時の違いが実感できるようになっている。この映像は撮影禁止なので、ここに来て見るしかない。
DSC02759
 三陸地方は、地震が来れば津波に何度も襲われてきた。津波に対する防災意識は高い方だったと言える。このような張り紙もなされていた。小さい頃からそういった教育を受けてきたはずなのだけど、あれだけ多くの犠牲者がでてしまった。津波に対する防災意識はいくらあっても足りない。


近くにあるJFたろう製氷貯氷施設

 近くの港には漁協の製氷貯氷施設がある。
DSC09881
 ここには明治、昭和、平成の各津波の高さが書かれている。
 昭和三陸津波が10m、明治三陸津波が15m、平成の東日本大震災津波が17.3m。
 これだけの高さで津波はやってくる。勢いをつけてやってくる。しかもそれは波が高いのとは確実に違う。海面が上昇して押し寄せるのだ。その津波の前で人間は無力である。とにかく、逃げるしかない。一刻も早く、高いところへ。心配になって戻ってはいけない。きっと逃げているはずだ。そう信じて、逃げるしかない。


スポンサードリンク

 さぁ。かえっぺよ。


ご飯を食べる

 とりあえず、帰りも乗り継ぎ時間があるので梅田に出る。
DSC04774
 うどん食べてー。
DSC04779
 ハンバーグ食べてー。
DSC04784
 ミックスジュースをキメる。


ラウンジ行って搭乗

 もうね、疲れてたから写真少なめ。
DSC04789
 とりあえずラウンジ行ってー。
DSC04791
 搭乗じゃ。
 単身赴任者っぽいのがいっぱいだ!

スポンサードリンク

離陸して着陸

 座席はエコノミー最後部席。
DSC04793
 さすがに一番後ろだったので、隣には誰も来ず。
DSC04795
 ほぼ満席かな。伊丹発最終便だし、そんな感じよね。
 JALの772最古参機材なので、色々古い。22年選手。
DSC04798
 羽田に着陸!


乗継案内看板がひどい

 さて、疲れてふらふらで降機したら乗継案内看板で目が覚める。
DSC04801
 なんか英語できないとかそういうレベルじゃなくて。
 どうしてそうした?
JAL_HND_TRANSIT_Board
 上の3つはいいんですよ。まぁ、一般的な表示だし。
 まずJL079で唐突に出てくる「Viet Nam/ベトナム」。突然の国名。ベトナムって言っても、ホーチミンなのか、ハノイなのかわからない。
 そしてJL077で出てきた「ニノイ」。今度は突然の空港名。そして、英語ではざっくりと国名で「Philippines」と表示。いや、なんで。なんで、ニノイ?普通はさ「マニラ」じゃない?
 最後は英語の表示が「Heathrow」。今度は英語に空港名が登場。えぇ!日本語は「ロンドン」なのに!
 もう、統一性がなくて、日本語英語でもなぜここでそれをチョイスした?みたいな感じ。
 都市名か、都市名だけで判別できない場合は空港名を併用すれば良かったんじゃないですかね。
 いやー、最後の最後でおJAL様ぶっ込んできたわ。もう、頭痛が痛い。


スポンサードリンク

 さて、隠岐パワー24時間滞在終了。
 かえっぺよ。


というわけでターミナルビル

 小さいバスターミナルぐらいの大きさの空港ターミナルビル。
DSC04735
 まぁ、それでも立派。
DSC04736
 ビル内にはお土産屋さんと食堂が。
 お土産屋さんは一畑百貨店!離島にも進出してるのか!
DSC04742
 ちなみに比較的新しい建物のハズなのに、懐かしいガムの自販機があった。


保安検査場は30分前から

 さて、搭乗待合室に行こう……と思ったら保安検査場の開設時間みじけぇ。
DSC04731
 開設時間は出発30分前から15分前まで。
 まぁ、エンブラエルに乗れる人数だけだからね。それでいいかもしんない。
DSC04732
 便数もこんなだし……お?FDAが今日は飛ぶようだ。
DSC04733
 ちなみに松本から来て、小牧に行く模様。
 結構地方空港ではFDAのチャーター便が多い。
 フットワーク軽いよね、あの会社。さすが鈴与航空。
DSC04740
 保安検査場が開いてないので屋上で到着便をお出迎え。

スポンサードリンク

搭乗待合室

 さて、30分前になったので保安検査場へ。
 特に待っている人もなく、普通に入っていったら一番乗りになってしまった。
DSC04744
 まだ誰もおらん。
DSC04745
 出発便案内は看板だぜ!
 15分前ぎりぎりにはそれなりに待合室は埋まった。


搭乗

 それでは搭乗。
 優先搭乗は自分以外なし。
DSC04747
 飛行機までてくてく歩く。
 CAさんが二人、階段脇で待機していた。
DSC04750
 すぐに搭乗完了し、離陸に向け動き出す。
 ちょうどFDAが降りてきた。
DSC04751
 FDAが滑走路をUターンし、こちらに向かっている間に私たちの機材は反対側の滑走路の端へ。
DSC04753
 それでは離陸や。
DSC04755
 短時間だけど楽しめたぜ隠岐。
 ……っていうか離島は観光型の人にとっては短時間勝負だぜ。コンパクトにまとまってるので観光しやすい。
DSC04759
 んじゃーねー。


この日は母の日

 さて、この日は母の日でございました。
 というアナウンスがありました。
 まぁ、とりあえずもらってみる。
DSC04765
 感謝状。
DSC04766
 お手伝い券(注:CAが手伝ってくれるわけではない)。
 こういうのって父の日もやってるのかね。

スポンサードリンク

着陸

 わずか40分の空旅。
DSC04767
 あっというまに大阪上空へ。
DSC04769
 着陸~。
 いや、ホント、近いね。
 大阪から40分で島へ行けるというのはとても魅力的だ。
 楽しかったのでみんなも行ってみてー。


スポンサードリンク

 隠岐2日目。
 景色が最高に素晴らしすぎて、写真と文章では伝わらないので、書きづらい。


Good Morning, Oki Island!

 おっはー。
DSC04656
 港の朝ってなんかいいよね。
DSC04659
 ホテルの朝食は、そんな港を眺めながら。
DSC04658
 公園に土管がある!
 さぁ、島一周のドライブに出発だ。


旧隠岐空港

 隠岐空港は2006年まで1,500mの滑走路の空港だったんだけど、2,000mに延伸するために空港を移転した。とはいえ、移転したのはすぐ隣なんだけどね。
DSC04665
 管制塔とかそのまま残ってる。
DSC04670
 空港管理所の看板がそのままだった。
DSC04667
 おおーなんか緑に還りつつあるね。
 それにしても、滑走路延伸によって新しく作ることって多いけど(奥尻とか、奄美とか、南大東とか)、移転した方が元々の滑走路延伸するよりも安上がりなのかなぁ。地形上の制約っていうのもあるとは思うけど……。

スポンサードリンク

海がきれい

 隠岐の港で海を見ると、恐ろしくきれいだ。
 透明度がすごい高い気がする。
DSC04676
 普通に海底が見えちゃうもんね。
DSC04701
 下が白い砂浜ってわけじゃないから、いわゆるきれいな海!ってわけではないんだけど。
 (いわゆる普通の人が思うきれいな海というのは海底が白い砂浜じゃないとならない)


旧福浦トンネル

 今でこそ、車が通りやすいように、2車線のトンネルが掘られているけれど、もちろん昔はそんなトンネルじゃなかった。それこそ船で移動するか、険しい山道で隣の集落に行くしかなかった。当然、集落ごとに独特の文化ができあがっていく。それこそ言葉も違うぐらいに。これは三陸とかでも同じ。
DSC04704
 これは昭和63年ぐらいまで使われていたらしい旧道のトンネル。
 明治31年に一度掘られて、その後昭和50年に拡げる工事をした模様。こんな細い道が昭和63年まで使われていたってことにびっくり。
 もちろん素掘り。このトンネルをバスが走っていたとか……。
 いやほんとマジかよって感じだけど。その当時のバスは小さかったとはいえ、かなりギリギリであったのは間違いないと思う。
DSC04705
 逆側の入り口にも行ってみた。
 見ての通り、一応立ち入り禁止です。本気じゃないけど立ち入り禁止です。入っちゃったら自己責任。
DSC04708
 ちなみにこのトンネルができる前はここに道があった。
 いまでは浸食されて跡がわかりづらいけど。
DSC04711
 これが明治初期から明治31年まで使われていたトンネル。
 メンテナンスされてないので、波で道がどんどん削られていってる。
 よって見学は危険なので、自己責任だからねー。


様々な展望台

 今までが西側。
 これからが東側。
DSC04715
 ローソク島展望台からローソク島を望む。
 これも明らかに根元の部分が波で浸食されていっているので、そのうち倒れてしまうってこともあるかもしれない。ただ、それにはまだまだ長い長い年月が必要だと思うけど。
DSC04721
 白島崎展望台。
DSC04720
 国境の島なので、領土を主張する看板があった。
 周辺諸国全方位にけんかを売ってるぜ。
DSC04723
 うむ。どこも素晴らしい景勝地だ。
 だが、たくさん写真撮ったけど、どこも同じような景色になってしまう。
 すばらしいのだけど、それが伝えられない。


スポンサードリンク

 さぁ、隠岐を楽しむっぺ。
 まずはインスタばえーポイントを攻める。


なんか祭をやっていた

 レンタカーを借りて、とりあえず島の中心部へ。
DSC04530
 丁度フェリーがやってきていた。
DSC04539
 今日はしげさ踊りパレードが行われる模様。
DSC04531
 審査区間も設定されており、この(おそらく赤ジュータン)区間で審査が行われる模様。
DSC04533
 チームは信用金庫やら、銀行やら、色々。
 ちょうど、隠岐汽船チームがいたので写真撮ってみた。


隠岐国一之宮である水若酢神社

 島を北上。
 途中の隠岐国一之宮である水若酢神社へ。
DSC04567
 隠岐国の一之宮とされる神社は二つあり、島後(今いる島)の
水若酢神社と島前の由良比女神社がある。まぁ、どっちが正しいのかよくわからんのだけど、とりあえず水若酢神社を参拝。
DSC04566
 ちゃんと数えてないんだけど、かなりの割合の全国一之宮は参拝していると思う。

スポンサードリンク

いよいよメインイベントの遊覧船乗り場へ

 さて、本日のメインイベントはローソク島遊覧船に乗ること。
 これに乗るには事前に予約が必要……だけど前日ぐらいでも取れた。
 団体がいるので確実に船が出るから大丈夫だったんだろうね。
DSC04646
 赤崎岸壁か福浦岸壁かは、当日決定される。
 どちらもそれほど変わらない位置から出航なんだけど、違いは何かあるのかな。
 観光バスも何台かきて団体さんと一緒に乗船。
 基本的にはどこに座ってもいいんだけど、窓側じゃなくてもみんなで席を入れ換えるので偏屈な人がいなければ窓側じゃなかったからといって悲観することはない。あと、両窓側見られるときと片窓側だけの時がある。
 まぁ、大丈夫よ。写真撮る時間はある。
DSC04579
 それでは出航。
 枯れていく山が見えたりする。中国からの黄砂の影響らしい。
 それによって、松をむしばむ病気も飛んできたとのこと。
DSC04582
 この日は本当に天気が良かったので最高だった。
DSC04596
 まずは岩巡り。
DSC04602
 浸食によって開いた穴。
 それにしても、よくこんな感じに浸食されたよね。柱があるみたい。
DSC04603
 ここから夕陽がのぞいた。


いよいよローソク島

 そしていよいよローソク島。
 海流がある海の上で夕陽の方向とローソク島と船を一直線に並べるのは至難の業。
 熟練の技で合わせる。
DSC04611
 さぁ、あともうちょっと。
DSC04618
 ピタリ。(揺れる船だから構図が斜めってる)
DSC04631
 おおー。マジでローソクや。
 これほど美しい夕陽は見たことない。
 これは見る価値があった。この旅行の残りは消化試合だな(なんて言ってはいけません)。

 全員が写真撮りおわるのを確認してから、全速力で帰還。
 そうしないと日が暮れちゃう!港もあんまり照明がないので全力で戻る。
 いやー、本当にいい景色を見せてもらった。こういうのがあるからね、国内旅行はやめられないんですよ。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ