FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 2月の第2土曜の前日は何があっても女満別に行くのじゃ。


早朝羽田

 さて、朝一に羽田。
DSC00838
 始発電車に乗ってきて、眠いぜ。
DSC00839
 JGCカウンターは工事中で仮設になってた。
 この状態だと荷物一個一個運ばないといけないね。どんなカウンターになるんだろう。
DSC00840
 朝ご飯食べていないので、ダイヤモンドプレミアラウンジで朝食。
 2月いっぱいでBA-GOLDの資格がなくなるので、最後のDPラウンジ。
 同じ行先のもちんとBiwakoさんとラウンジでちょっとお話した。


搭乗

 さて、搭乗に向けててくてく歩く。
DSC00842
 朝一の女満別行きはバスゲート。
 朝4便、昼2便、夕夜4便しか使わないみたい。
 意外とスカイマークが使わないんだね。
DSC00844
 というわけでバスゲートからバスに乗り込む。
DSC00846
 タラップ登って搭乗でーす!

スポンサードリンク

狙い目はクラスJ直後の普通席

 今回の指定はクラスJ直後の普通席。
 ここだけは異様にシートピッチが広いので狙い目。たぶん上級会員専用席だけど。
DSC00847
 座席の横幅は普通と同じだけどね。
DSC00849
 クラスJ席までかなり距離がある。
 そして、なぜかもちんちんと席が隣同士。
 別にお互い相談したわけでもなく、最良の選択をした結果隣同士というのが笑える。
DSC00848
 ちなみにこの席の列だけ横5列なので、座れない席が存在するよ。
 座面が尖ってる。


離陸

 さて、離陸。
DSC00852
 お、J-AIRがいるね。コイツはどこに行くのかな。南紀白浜とか?それとも山形あたりかな?
DSC00855
 C滑走路から北に向かって離陸!
 このルート色々見えるから楽しい。
DSC00857
 舞浜ネズミーランドとか見えるし。
DSC00858
 浦安仮設滑走路とかも見える。
 そして、(WIFIが使えるようになる)離陸きっちり5分後にスマホをいじり出すもちんちんちんにプロのJAL乗客のテクニックを見せつけられる。
 ドリンクサービスの時にはもちんちんちんちんがCAに「お仕事ですかぁ~」って聞かれていて、食い気味に「うっせー、バーカ!旅行です」って回答していたのに爆笑!たまたまその話題をしていた直後だったので、こらえきれなかった。聞かれた瞬間に俺は窓を向いた。


着陸

 さて、北海道上空へ。
DSC00864
 これは……浦幌町のあたりかな。
 海の上の白いのが雲に見えたんだけど、どう考えても低い位置にあるので海上っぽい。
 これは一体何なんだろう。陸上から吹いてきた風の流れと一致しているような気がするけど……。
DSC00866
 一旦女満別空港上空を通過してから能取湖上空で転回して女満別空港へアプローチ。
DSC00870
 凍てつく大地に無事着陸!
DSC00871
 うひょー、寒そう!外で働くのは大変!
DSC00874
 というわけで女満別空港にやってきたよ。
DSC00873
 やっぱりこの冬の北国の背筋が伸びるような、キリッとした寒さが好き。
DSC00879
 気温は-11.7℃!
 寒いぜー!


スポンサードリンク

 さぁ、帰りも行ったこと無い空港シリーズ。
 もちろんトクたびマイルだ!


乗り合いタクシーという選択肢

 山口県内乗り捨て無料キャンペーンのレンタカーだったんだけど、ちょっと島根に入って萩・石見空港で返却しようとすると12,000円追加。それはちょっと高い。
 で、調べると萩で返せば追加料金不要。萩から列車で益田に行ってそこからバスで萩・石見空港に行こうとすると2時間以上かかるし、そもそも丁度いい列車がない。

 調べてみると萩近鉄タクシーが乗り合いタクシーをやっていて、これで萩から萩・石見空港まで75分!
 しかも旧萩市内はどこでも迎えに来てくれるというのでこれは便利。運賃も2,500円だからアリだ!
 色々とさらに調べるとこの会社、山口宇部空港にも乗り合いタクシーを出していて、時間は同じく75分。高速道路をそれほど長く走るわけじゃないけど、運賃は1.5倍の3,700円。1,200円の差だったら山口宇部空港の方が飛行機の運賃安そうだし、飛行機の便数も多いからそっち乗るよなぁなんて思ってみたり。そもそも「萩・石見空港」という名前に無理があるような……。


乗り合いタクシーの乗客は3名

 というわけで、レンタカーの営業所まで来てもらった。
DSC00799
 くっそ古いハイエースが来たよ。
DSC00800
 ちなみに運転手さんに聞いたら、営業所で一番古い車なんだそうだ。
DSC00798
 海岸沿いを走ること75分。
 途中の駅で乗客2名を乗せて合計3名で空港に到着した。
 ちなみに、乗り合いタクシーの運賃はPayPayで払えるけど、萩・石見空港のソフトバンクの電波状況は悪いので、支払えなかった。

スポンサードリンク

空港探険

 さて、そんなこんなで空港に到着。
DSC00803
 まぁ、あまり大きくない空港ね。
 空港の歴史は意外と古くて、開港は1993年。
DSC00804
 こじんまりとしたカウンター。いやー、人がいないね。
DSC00805
 そんな感じなので、設備も色々と古い。新しいようで古い。
 さすがにパタパタは使われなくなったが、取り外すお金もないんだろうか。
DSC00806
 食堂からは飛行機がよく見えた。
DSC00808
 「やっと始発が最終便じゃなくなるんですね!」って1日1便から増便してもう6年近く経ってるんじゃないか?
DSC00810
 会議室を利用したワーキングスペースに到着のパタパタが残ってた。
 壁の色合いがしぶいな。
DSC00814
 展望デッキに行く途中にあったベンチ。
 これを勝手に展望デッキに移動させるな……ってこれ結構距離あったよ?わざわざ運ぶの?
DSC00817
 これから乗る機材を撮影。
 やっぱり展望デッキでお金を取るとかせこい商売しない方がいいよね。岩国空港のことを言ってるんだけど。
DSC00818
 やっぱり「萩・石見空港」ってネーミングに無理があるような気がしてならない。
 そもそも、萩だったら山口宇部空港の方が便利だし。


搭乗

 さて、セキュリティーチェックを通って待合室へ。
DSC00821
 意外と人がいるっちゃーいる。いないっちゃーいない。
DSC00819
 さぁ、乗るよー。
 次の便のご案内とかいらないよねぇ。
DSC00823
 機材は738。シートは見るからにペラペラシート。
DSC00825
 歌舞伎セーフティービデオを見て……。
DSC00831
 離陸!
DSC00837
 着陸!
 すっかり電源が落ちてたので、フライト中の記憶がない。


スポンサードリンク

 ごめん。今回の旅行はあまりテンション上がるところに行かなかったのでダイジェストで!


錦帯橋と岩国寿司

 まずはね、久々に錦帯橋に行くわ。
DSC00595
 工事中だった。
 維持修繕は大切だよね!
DSC00602
 なので岩国寿司をいただく。
 具は華やかじゃないけど、見た目は華やか。
 この押し寿司、なかなかおいしい。 
 あとは岩国ってレンコンが名産なのかレンコンづくしの定食だった。


周防大島(屋代島)

 船が橋を引っ掛けたせいで、水道管が壊れ、断水が続いた周防大島(屋代島)。
DSC00628
 一応、島の先っちょまで行ったが、時間がなくて駆け足だったのでゆっくり巡りたい。
DSC00668
 この日は宇部に宿泊。
 宇部ってスゴいね。さすが企業城下町。

スポンサードリンク

特牛駅

 難読駅名として有名な特牛(こっとい)駅へ。
DSC00687
 年代物の駅舎が残っている。
DSC00702
 列車の発着時に駅長と駅員が、乗り遅れ客がいないか確認していたよ!


角島大橋

 日本じゃないみたいな景色に見える角島大橋。
DSC00706
 この角度の写真は有名だね。
 この日は天気が悪くて、美しい海の色は見られなかった。
DSC00712
 建設当時は無料で通行できる橋の延長で日本一だったが、現在は三位。
 なんか有名になりすぎてしまって、うーん。


元乃隅神社

 インスタばえースポットとして有名。
DSC00731
 確かにインスタばえ。
 ちなみに、この神社宗教法人でお何でもなく、個人の所有物。
DSC00728
 田舎の神社が突然有名になってしまったので商売っ気はむんむん!
 大型の駐車場もきっちり整備されている。
 漁村集落の神社が突然有名になってしまったからこういった対策は必要だと思うが、萎える。

スポンサードリンク

というわけで

 今回の旅は岩国空港でレンタカーを借りて、山口県内乗り捨て無料プランだったので萩で乗り捨て。
 次回、帰りまーす。


スポンサードリンク

 ANAのトクたびマイル!で行く、行ったこと無い空港に行くシリーズ。


トクたびマイルは直前発券上等!

 もう行ったこと無い空港ってANAしか飛んでない空港が多い。
 ANAがやっているトクたびマイルは指定路線マイル半額(ぐらい)!直前発券上等!という、私にとってはぴったりな企画なんだよね。片道3,000マイル~5,000マイルで乗れるのはありがたい。

 前回の旅行では行ったこと無い空港ということでこのトクたびマイルで鳥取空港と米子空港に行った。今回も行きも帰りも使ったことない空港の路線が対象だったので、飛んでみる。


というわけで空港へ

 というわけで空港に来た。朝早くて眠いぜ。
DSC00493
 立て続けのアウェイ第2ターミナル。
DSC00495
 チェックインの機械で座席を変更しようと思ったら、怪しい記載が……。
 こ、これは……。
DSC00496
 カードラウンジでクロワッサンを食う。
DSC00497
 岩国行きの乗り場は先っちょの方だった。
 オリンピックに向けて、がっつんがっつん工事中。
DSC00499
 空が明るくなってきたなぁ。

スポンサードリンク

バーニラ!バニラ!バーニラ!

 さて、搭乗すっかね。
DSC00500
 さぁ、乗るよ。
DSC00503
 今日の機材はA320!
DSC00504
 丁度ボーディングブリッジ渡るときに日の出。空港で見るとめっちゃきれいやな!高い建物がないからか。
DSC00506
 ……あの、私、この座席見たことあります。
 ……あの、私、このシートピッチに覚えがあります。
DSC00508
 あの、これ、バニラですよね?バニラエアですよね?
 バーニラ、バニラ、バーニラ、狭い!
 バーニラ、バニラ、革張りシート!
 バーニラ、バニラ、バーニラ、これでも!
 バーニラ、バニラ、エーエヌエー!

 ……まぁ、トクたびマイルで安く乗らせてもらっているのに、アレなんだけど、斬新な発想だよね。まさかのフルサービスキャリアで「ふぁいぶすたーえあらいん」である「えーえぬえー」でLCCと同じシートピッチの機材を入れるとはね。さすが、日本の霊感航空。やることが半端ねぇッス。
 (ビーチとバニラ合併に伴って余った機材を持て余してANAで使ってるだけではあるんだけどね)
DSC00514
 というわけで32Gは要注意だ!
 まぁ、シートマップとか色々なところで、Wifi使えないし、座席が狭いって表示されるぞ!


離陸して着陸

 さて、離陸~。
DSC00515
 うとうとしてたら瀬戸内海上空だった。
DSC00520
 いいねぇ、瀬戸内海はやっぱりいいねぇ。
 あっという間に、岩国空港に着陸。
DSC00528
 岩国空港は米軍基地を間借りしているので、基地を通り抜けて空港敷地内に入ると、ゲートが閉じられる。写真はゲートを通過しているところ。三沢とかもそうなってるよね。
DSC00529
 え、なんか空港ちっちゃくない?
 岩国って一日5-6便ぐらいくるよね?
DSC00530
 おおー、軍用機がいっぱい。


空港が超コンパクト

 さて、降りる。
DSC00533
 空港がめちゃくちゃ小さい。
 しかも天井が高いせいか、色々区切られている場所はものを投げたら入ってしまうんじゃないかと心配になるぐらい隙間たっぷり。
DSC00534
 空港のコンパクトさの割には待合室のイスが多い気がする。
DSC00535
 なんか新しい時代の空港だね。
 わくわく感が何も無い。

スポンサードリンク

展望デッキを見学

 展望デッキが一応ある。
DSC00545
 しかも、今時有料。マジでこのご時世に有料って珍しくない?
DSC00543
 注意書きが細かいというか、岩国特有な感じ。
DSC00540
 空港ターミナルが小さいので他の空港の展望デッキより目線が低いところで写真撮れるね。


スポンサードリンク

 さぁ、あまりたらたら書いてても仕方ないから、もう帰るよー。


出雲大社からの米子空港

 宍道駅から山陰本線で出雲市駅へ。そこからバスに乗り換え、出雲大社へGO!
DSC00393
 お参りした~。
DSC00406
 出雲大社前駅に来たら丁度急行松江しんじ湖温泉行きが来たので、これで松江まで行っちゃう。
DSC00435
 その後は国鉄気動車に乗ってー。
DSC00442
 目玉のおやじに乗ってー。
DSC00452
 米子空港駅に到着!別名べとべとさん駅だぜ!


チェックイン

 さて、駅からは徒歩。
DSC00454
 通路はしっかり整備されており、濡れずに空港ターミナルまで行くことができる。
 意外と列車から飛行機に乗り継ぐ人は多かった。
DSC00457
 ターミナルに到着!
DSC00458
 意外と色々な航空会社が飛んでるよねー。
 香港にも直行で行けるぜ!
DSC00461
 さて、立ち寄る必要はないんだけど、良い座席が空いているかチェック。
DSC00462
 鬼太郎がいた。
 鳥取はコナンで、米子は鬼太郎。
 空港の名前も鳥取砂丘コナン空港と米子鬼太郎空港。
 なんかどこの空港も名前がやりたい放題だな。
 米子空港と言っているけど、実は「美保飛行場」が正式名称。航空自衛隊管理空港なのでね。
DSC00463
 一応、カードラウンジもあるでよ。結構きれいに改装されていた。

スポンサードリンク

展望デッキ

 せっかくなので、展望デッキにも行ってみた。
DSC00466
 これから乗る便が到着!
 相変わらずANAは照明ついたまま離着陸するんだな。
DSC00478
 今夜の機材はA321。まだ受領して1年半ぐらいのピカピカの機材だね!


搭乗!

 さて、搭乗するっぺ!
DSC00482
 さぁ、搭乗するさー。
DSC00484
 お座席はこちら。
 今回は非常口座席ゲット。
 ANAって非常口座席でも前の席の下に荷物を入れていいのね。いいのかそれでって気がする。
DSC00487
 歌舞伎セーフティービデオを見て離陸。照明は全開。


ゴーアラウンド!

 さて、照明全開のまま着陸態勢へ。
 着陸するかと思ったらゴーアラウンド(着陸復行)。
 まだ、WIfiが使えたのですかさずチェック。
Screenshot_20200113-221129
 あ、CI222がなんかやらかしたっぽい。
 着陸時にタイヤがパンクしたんだったかな。
1Screenshot_20200113-220241
 結果的にJL638、OZ1065、TG660、NH390の4機がゴーアラウンド。
 もう一回鴨川からやり直し!A滑走路からC滑走路に変更!
Screenshot_20200702-230820
 結果的に20分程度到着が遅れたのでした。
 もうちょっとタイミング早ければ、影響受けずに済んだのになー。
DSC00492
 というわけで、疲れたよ。
 なんだか狭い通路を通って外に出た。


スポンサードリンク

 駅ナカグルメ。


亀嵩駅のそば屋

 木次線の亀嵩駅には40年以上も昔からそば屋がある。
 それも、立ち食いそばではなくきちんとしたそば屋だ。
 このそば屋はJRから委託されており、乗車券の販売なども行っている。

 奥出雲の位置するこの駅で本格的なそばが楽しめる。
 ……が、いかんせん木次線の本数が少なすぎる!昼間は3時間に一本ぐらいしかない。
 車で行かないのなら、難易度が高いそば屋なのである。
 (とはいえ、車で行くと言ってもへんぴな場所にある)


途中下車できないなら電話予約!

 子供の頃から木次線にはそば屋がある駅があるらしいという知識はあった。
 ……と言ってもなかなか行けないので、今回が初訪問。
 しかし、列車の乗り継ぎを考えるとお店で食べるのは不可能。
 でも、そういった人のために電話で予約するとそば弁当を列車に届けてくれるサービスがある。

 お店の営業時間は9時30分~17時(火曜定休)。
 亀嵩駅に到着する1時間前までに連絡すると、列車までそば弁当を届けてくれる。
 車内で通話するのもちょっとマナー違反なので、備後落合駅や宍道駅を出発する直前に電話するといいだろう(木次駅だとちょっと時間が足りない)。
 今回は備後落合駅9時20分発で、まだ営業時間になっていなかったが電話すると受け付けてくれた。


スポンサードリンク

列車で受取

 そば弁当は税込みで普通盛り750円、大盛り1,000円だ。
 小銭のおつりがあっても対応してくれると思うが、なるべくおつりがないようにお金を用意しよう。小銭がなければ、ここは大盛りにしよう。亀嵩駅では停車時間が短いので簡単にお金を渡せるようにしたい。
DSC00353
 到着して乗り降りする客が済んでから、受取。
 おばちゃん二人が待ち構えていた。おばちゃん達は慣れているのでスムーズに受取。


弁当にしても食べるのは難易度高い

 さぁ、受け取ったら食べよう。
DSC00327
 ……でもね、車内はロングシート。
 他の乗客から丸見えで恥ずかしいね。18きっぷの時期だと客が多くて、視線が厳しいかもしれない。


でも、視線を気にせず食べちゃう!

 でも、そんなの関係ねぇ!
DSC00355
 おいらはロングシートでも食べちゃうぜ!
DSC00356
 おそばはねぎと鰹節と海苔がたっぷり載っている割子そば。
 つゆをどばーっとかけて食べよう。
 麺は太めの田舎そば。そばの香りが強めで、どっしりとした力強さを感じる。
 大盛りにするとかなりボリュームたっぷり!おいしかったぞ!


スポンサードリンク

 まだまだ中国山地を駆け抜ける。


芸備線の始発列車

 今日は早起き。なんせ、この後の予定を考えると、始発列車に乗らなきゃならない。
DSC00269
 芸備線新見駅発備後落合行きの始発は新見5時18分発、備後落合に到着するのは6時34分。
 この列車に乗るには新見に宿泊しなければならない。
 こんな時間に乗る乗客はいるのかって?
DSC00272
 いないよ。だって、これ備後落合から新見に行く列車を運転するための送り込み回送を、「まぁ、乗せてやるか」ってだけで客扱いしているだけだから。ちなみに、この始発列車は後日土砂に乗り上げて横転して廃車になるぐらいの事故が起きたけど、この時も乗員1名乗客0名だった。
DSC00267
 そんな快速列車で出発!


極寒の備後落合駅

 というわけで6時34分に備後落合駅に着く。
DSC00274
 まだ夜明け前の小さな駅にディーゼルエンジンが鳴り響く。
 芸備線の三次行きの始発列車がこちらの到着を待っていた。
 接続を受けて……と言っても乗ってきた乗客は私だけだし、周囲にあまり人家もないので誰も乗せずに三次行きの始発列車は出発していった。私が乗ってきた列車もその前に折返し新見行きとして出発していった。
 そして、恐ろしいほどの静寂がこの駅に訪れた。
DSC00281
 列車は三方向合わせてこれしかない。
 外気温は-1℃。駅舎内に暖房は入っていないので4℃。寒い。寒すぎる。
 この駅でおおよそ2時間45分待たなきゃならない。
DSC00287
 20分ほどすると空が白み始めた、
DSC00289
 この備後落合駅の平均乗降客数は17名。
 このように転車台があった駅であり、3方向から線路が合流し、分割併合機関車交換など運転上の重要な駅であったため、働く職員は最盛期100人を超えていた。今では職員は一人もいない。
DSC00309
 寒さに耐えることしばし。8時16分。芸備線の三次からの列車が到着。
 あまりの寒さに、乗らないけれど車内で待機させてもらう。
 木次線の列車が到着するまで待てるのはありがたい。
DSC00322
 9時6分、木次線の列車も到着。
DSC00325
 備後落合駅には3方向から列車がやってきて、また元の道を戻っていく。
 気づいた人もいるかもしれないけれど、使用している車両は全てキハ120だが、帯の色は3方向とも違う色の車両がやってくる。ここはJR西日本の広島支社、岡山支社、米子支社の境界となる駅なので、それぞれから違う帯の色の車両がやってくるのだ。

スポンサードリンク

木次線でGO!

 さて、やっと待ち時間が終わり木次線の車両へ。
DSC00327
 すげー、見事なほどのオールロングシート。
 備後落合出発時点で乗客は2名。この列車に乗る方法は3つしかない。

①木次駅から備後落合行き始発列車に乗る。
②三次駅から備後落合行き始発列車に乗る。
③新見駅から備後落合行き始発列車に乗る。

 木次・三次・新見のいずれかに宿泊しなきゃならないので、難易度高いな。自分で言うのもなんだけど。
 9時20分に出発。
DSC00332
 道中、日陰の部分ではうっすら雪があった。
 途中の三井野原とか、ほとんど雪がなかった。スキー場があるくらいの場所なのに、この時期でこの雪のなさはヤバいと思う。


出雲坂根でスイッチバック

 木次線には急勾配を避ける設備としてスイッチバックがある。
DSC00339
 左は、これから方向転換して進む予定の線路。
 分岐器の部分にはスノーシェルターがある。それくらいの雪深さのハズなのに、この時期に雪はない。
DSC00342
 行き止まり~。
 これから、方向転換してさらに下っていく。
 終端側には中継信号があるんだね。いまでこそ1両のディーゼルカーだしワンマンなので、きちんと向きを変えて走っているけれど、機関車列車だと車掌が安全確認しながらバック運転をしていたんじゃないかと思う。
DSC00345
 下っていくと再び方向転換して進む予定の線路と合流。
 こうやって見るとけっこうな勾配だよね。
DSC00346
 というわけで、やっと駅に到着。


その後、出雲市へ

 木次で乗り換え宍道まで、木次線の旅。
DSC00372
 宍道駅で乗り換えた山陰本線の電車がなかなかの改造車。
DSC00377
 出雲市駅に到着すると、こいつがいたよ。
DSC00375
 なんだっけ?「ぐったりやくも」だっけ?
 普通の乗っていても吐くと噂の列車。
 ついにこの列車が国鉄時代からのトレインマークを使う最後の列車になると思わなかったなぁ。


スポンサードリンク

 岡山の名物、えびめし。
 新見にはえびめしで有名な店ののれん分け店舗があるということなので行ってみた。


岡山名物えびめし

 えびめしとはエビの具材が入った、ドミグラスソースやケチャップ、カラメルソースなどを調合したソースで炒めたピラフである。岡山で爆発的なヒットとなり、ご当地グルメとなっている。岡山ってカツ丼はドミグラスソースかかってたりするし、どんだけドミグラスソースが好きなんだって気がしなくもない。
 元々は渋谷にあった「いんでいら」というお店で提供されていた「えびめし」を、のれん分けで持ち帰って同じ「いんでいら」という屋号で売り出したところ大ヒット。とはいえ、元々渋谷にあった方は岡山のいんでいらが元祖を名乗ったり、えびめしは岡山の名物って言われるのがたまらなく苦痛だったらしい。
 色々話し合いがもたれたのか、岡山の「いんでいら」は「えびめしや」と商号変更して、岡山で他店舗展開するようになった。今では、県内の色々な店でえびめしが提供されている。
DSC00271
 なので、岡山のセブンイレブンにはおにぎりにえびめしがあったりする。


新見のいんでいら

 今回行く新見の「いんでいら」は岡山の「えびめしや(元・岡山のいんでいら)」とは無関係らしい。まぁ、その辺どういう事情があるのか外野からはわからないけれど。
DSC00257
 新見ショッピングプラザ1階にある。
 ショッピングプラザ自体はスーパーや100円ショップが入っているものの、そこはかとない昭和感がハンパない施設。お世辞にも人の入りがいいとは言えない施設だけれど、この店だけは別格。
DSC00258
 メニューはこちら。
 失礼ながらメニュー自体のデザインが古い。値段を修正していないところを見るとずーっとこのデザインで値段を変えつつ使っているんだと思うけど。
 メニューの内容は、正しい洋食屋。あるいは料理に力を入れている喫茶店って感じ。
 いいねぇ。いいよ。こういう店、大好き。

スポンサードリンク

着皿

 今回はえびめし&カニクリームコロッケを注文。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200112185007699_COVER
 どーん。
 キター!黒いピラフ!
 味は……ものすごいうまいかと言われると違う。いや、でも、おいしい。
 なんというか味が複雑というか。ソースが凝っているのか、なんかとても複雑な味なの。
 ただ、他にも洋食屋さんメニューで色々あるようなので、近所に欲しい。


外からも入れるよ

 ショッピングセンター中から入ったからちょっと殺風景な店構えだったけど、外からも入れるよ。
DSC00261
 なんか、帰り道、またえびめしが食べたくなってきた。
 あれ?おかしい?なんかすげぇ食べたくなってきた。
 え?なに?なにこの中毒性。


スポンサードリンク

 津山は鉄道のまち。いや、元・鉄道のまち。
 鉄道の要所であり、鉄道において働く人によって栄えた街。


鉄道のまち・津山

 鉄道の町とは、鉄道の運転上の要所(車庫、工場、乗務員基地など)が設置されたことにより、そこで働く人が増え、まちとして大きく発展したところをさす。
 国鉄時代に鉄道の町として公式に認定されていたのは12ある。当時、岩見沢、追分、土崎、新津、大宮、米原、吹田、多度津、米子、津和野、直方、鳥栖が認定されていた。それ以外にも規模がそれらに比べて小さくなるとはいえ、横川、山北、備後落合などは人口に占める鉄道関係者の比率はかなり高かったと思われ、鉄道のまちと言ってもいいだろう。
 そんな鉄道のまちの一つ、津山。人口に占める鉄道関係者の比率はそれほど高くなかったとしても、中国山地を越える鉄道にとって、運転上の要所となった。人手がかかる蒸気機関車がなくなり、智頭急行の開通により優等列車が津山を通らなくなり、津山の鉄道関係施設は小さくなる一方だが、四方向(姫路、岡山、新見、鳥取)から鉄道が交わる運転上の要所であることは間違い無いだろう。


津山まなびの鉄道館

 そんな、津山には当然機関区があって、扇形機関庫があった。
 現在ではその扇形機関庫において車両を展示している。
DSC00105
 というわけで入場するよー。
DSC00107
 入場券はちゃんとダッチングマシーンで刻印してくれた。
DSC00106
 扇形機関庫がメインの展示!私は違うものが目的。

スポンサードリンク

扇形機関庫の展示車両

 展示されている車両はちょっと変態的なものが混じってる。
DSC00109
 入園してまず目に入るのがターンテーブルに載っかっていたディーゼル機関車DE50。
 いきなり出オチ感ある。
 1両だけ試作されたが、結局はDD51の方が性能面で安定しているということと、オイルショック対策として電化が推進されることになり、量産されなかった形式である。
 というわけで、珍車中の珍車。
DSC00166
 扇形機関庫の中にも色々な車両があるでよ。
DSC00118
 左はキハ33、右はキハ181。
 キハ33は50系客車から改造された国鉄末期のお金がないけどどうにかしたいで登場した車両。結果的に改造にお金かかりすぎたーってなって2両で改造打ち止めとなった、珍車。
 キハ181は非電化線区における特急列車として大活躍!当初は中央西線や東北本線奥羽本線を爆走していたが、過酷な山岳路線のせいか故障が多発。後には安定してくる一方、電化の進展により四国と山陰地方で活躍することになる。
DSC00122
DSC00124
 キハ58/28だねぇ。2エンジンか1エンジンかの違い。
 急行型気動車としてありとあらゆる非電化線区を走ったと思われる。その後急行列車が格下げになり普通列車や快速列車でも大活躍。
DSC00126
 キハ52やね。山岳路線で頼りになる2エンジン車。1両で運転できる両運転台車だったため、閑散線区で重宝されてた。最近まで走ってたのは大糸線、米坂線など。
DSC00130
 D51、デゴイチ。貨物用蒸気機関車だった気がする。
DSC00132
 DF50。えーっと昭和30年代につくられたディーゼル機関車。ディーゼルエンジンで発電機を回して、その電力でモーターを回すという意欲的な作品。戦後すぐで優れた変速機がなかったために生まれたもの。時代が時代なので、どうしても非力で、蒸気機関車よりも力が劣る始末。
DSC00140
 こちらのディーゼル機関車はDD51。
 昔から今まで日本全国の非電化路線を走りまくった(たぶん)。
 お召し列車も引くし、ブルートレインも引いてた。
 こちらのDD51 1167は余部鉄橋列車転落事故において、客車が風で煽られて橋の下に落ちたけど、牽引していた機関車は重かったので落ちなかった時の車両。そんな機関車だったけど2003年にはお召し列車牽引という大役を果たしている。
DSC00150
 DD16ラッセル車もいたよ。


タブレット閉塞実演

 ここにはタブレット閉塞器が保存されている。
 タブレット閉塞とは単線区間で正面衝突を避けるために、通行手形(タブレット)を運転士が確認し、所持する方式。
DSC00158
 左側の丸い輪っかがタブレット(通行手形・正確にはタブレットキャリアに入ったタブレット)。
DSC00168
 運転士用の時刻表の駅名に「●」「▲」「■」などがついているが、これはタブレットの穴の種類を示す。この穴の形を確認して、確かに進んで良い通行手形を手にしたかどうかを確認する。
 そして、赤い箱は通行手形であるタブレットを取り出すための装置。上下の列車が交互に来るならこんな装置は必要ない(通行手形は1つだけで交互に渡していけば良い→スタフ閉塞)のだけど、上り列車が続いたりすることもあり通行手形が1つだけでは足りないので、このような装置が使われた。ここでは赤い箱が2つ並んでいるが、それぞれ別の駅に設置してあるものである(結果的にはさらに反対側の線路の機械も置かれるので2コ並ぶんだけど)。お互いに駅間に列車がいないことを確認しあって、タブレットが払い出される。
DSC00160
 実はこれ、実際に操作できるんです。
 レバーを操作すると、「チーン」とか「デーン」とか音がなる。双方の駅でこのレバーを同時に操作しあうことで、やっとタブレットが払い出されるのだ。
DSC00157
 出てきた!
 これってやっぱやってみると理屈がわかるね。
 当たり前なんだけど、この出てきたタブレットを戻さないと、新しいタブレットは出てこない。そうすることにより、駅間に1つしかタブレットが外に出ていない(=2以上の列車はいないので、絶対に正面衝突はしない)ことになる。
DSC00169
 昔はね、このタブレットを通過しながら、運転士は受け取ったり渡したりしていた。
 これを通過授受って言うんだけど、1回見てみたかったなー。現在、タブレット閉塞があるのは由利高原鐵道とくま川鉄道のみ。


というわけで

 しっかりと楽しんできたのでした。
DSC00177
 津山運転区の留置線がよく見えるよ!
DSC00185
 その後、津山市内をぷらぷらしてたら出初め式やってた。
DSC00249
 その後は姫新線に乗って新見に移動じゃ!


スポンサードリンク

 さぁて、乗り鉄するよ。


鳥取大学前駅から乗車

 さて、鳥取空港から歩くこと15分。
DSC00046
 鳥取大学前駅に到着。
 まぁ、普通こんなルートで空港から脱出する人はいないわな。
DSC00052
 キハ47系。無茶なワンマン改造車。
 国鉄ってなんで2ドア両開きの当時からしたら中途半端な車両を作ったんだろうか。
DSC00056
 久々に自動改札がない主要駅にやってきた!
DSC00063
 こんな切符を見せたら、駅員が一瞬バグったぜ。
 経由をよく見て!


鳥取からは因美線

 因美線に乗り換え。
DSC00060
 智頭までは乗客が(比較的)多い区間。
 因美線の運転は智頭駅で分離されていて、全てが乗り換え。
 一方、智頭駅から分岐する智頭急行には特急以外に普通列車が2本だけ直通している。
 智頭駅までの列車だけど車両は智頭急行車。車両使用料を稼ぐビジネスモデルなのかね。智頭急行にJR車はスーパーいなばが2両編成で6往復走っているだけなので、智頭急行車がJR線内を走る方が多いし。
DSC00065
 スーパーはくとと行き違い。智頭までの間、結構な列車とすれ違った。
 意外と本数が多いのね。スーパーはくとが7往復、スーパーいなばが6往復、その他普通列車が19往復も走っているので、地方路線としては本数が多い方だね。

スポンサードリンク

智頭からはグッとローカルに

 智頭駅で乗り換え。
DSC00068
 ついにローカル感が炸裂する車両になる。
 この区間は昔、急行砂丘とか走っていたのだけど、特急昇格とともに智頭急行経由になったので、優等列車が一切走らなくなり、ローカル線に転落した。
DSC00080
 収益が上がらない区間だからか、線路の保守も徹底して経費節減。
 随所にJR西日本名物の25km/h制限が登場する。
DSC00090
 というわけで、やっと鉄道の街津山に到着。
DSC00093
 駅前の不動産屋にはビックリしたぜ!
 ロータリー敷地内に普通に建物が建っている。
 最後の最後まで立ち退かなかったんだろうなぁ。人目を気にしないこのエネルギーはスゴい。
 大抵は周りの目を気にしたり、どこかで諦めたりするんだけど。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ