FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 ポーランド来たからポーランド料理食べたい。


ちょっと時間があるのでクラクフ散歩

 ランチも食べてないので、おなかがすいたー。
 おなかがすいたー。
 ご飯を食べよう。ご飯屋をさがして旧市街へ。
IMG_20191230_164405
 16時半なのにあたりは真っ暗。
 ちょいちょい、古い建物が登場するクラクフ市街。
 それもそのはず、旧市街全体が世界遺産に登録されている。第二次世界大戦では大きな被害を受けなかったので結果的に、古い街並みが保存された。


観光客向けなお店に突撃

 アジアだと、現地向けのグルメサイトなどを参考にしながら、おいしいお店のオーラを感じ取って、ふらふらふらーって入るんだけど、ヨーロッパに入るとその嗅覚が通用しないのね。不思議なんだけど、アジアでは感じ取れてもヨーロッパでは無理。
 というわけで、トリップアドバイザー様に頼った。
IMG_20191230_174347
 旧市街でも一番クラクフ中央駅寄りにあるお店。
 トリップアドバイザーでもGoogleマップでも点数が高いから、まぁ、ものすごくひどいってことはないだろう。
IMG_20191230_174353
 なかなか一人だと入りづらいオーラが出てるけど、入る。

スポンサードリンク

量が多いのよね

 まぁ、こういう店って一人ではいる前提にはなっていないから量が多い。
IMG_20191230_165731
 とりあえず、ビールどーん!
 パンとパテもどーん!
 パテ多すぎじゃね?
IMG_20191230_170119
 まず頼んだのはジュレック(Żurek)。
 クラクフスタイルのZupy(スープ)で、ソーセージとゆで卵が具に入ってる。
 スープとはいえ、結構ボリュームあるね。サワークリーム系の味なんだけど、ライ麦粉を発酵させたものが入っているので、奥行きがある味だね。
 素直においしい。発酵食品は偉大。
IMG_20191230_171602
 それとピエロギ(pierogi)。こちらはポーランドの水餃子。
 中身やかけるものによって色々と種類がある。フライドオニオンが載ってる一番シンプルなものにした。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191230171901885_COVER
 ちなみに皮がめちゃくちゃ厚い。かなりおなかにたまる味。
 ちょっとこの量を一人で食べると飽きる。だが、これはこれでもちもちしてておいしかったよ。


内容考えたら安い

 結局注文したのはビールとジュレックとピエロギ。これでも一人ならおなかいっぱい。
 おそらくパンとパテは自動的についてくるんじゃないかな。カードの請求金額は約1,300円で、これに現金のチップを追加。ポーランドの物価がどんなもんかわからないけれど、日本人の感覚的には安いね。
 観光客向けなのであんまり期待していなかったけど、おいしかった。


スポンサードリンク

 まぁ、特筆するホテルではないけれど。備忘録。


とにかく駅前に泊まりたかった

 飛行機の到着は夜遅いし、翌日のアウシュヴィッツ収容所跡の訪問は朝早く行きたい。
 となると、オシフィエンチム(アウシュヴィッツ)行きのバスの出発はクラクフ中央駅(Kraków_Główny)からだし、ワルシャワへ移動するにもクラクフ中央駅から鉄道に乗るので、クラクフ中央駅前に泊まっておきたい。
IMG_20191230_163654
 というわけで今回の宿はHotel Europejski(ホテルオイロペスキー)にした。
 駅からは迷わず行けば徒歩5分強ぐらい。一応、道路挟んだ反対側はすでに駅と駅ビルの敷地っぽい感じ。
 Hotel.comで7,388円だった。


部屋

 観光地が多い街だからか、何の問題も無く英語も通じた。
 あとは、チェックイン時にクラクフの街歩き地図や見所なども教えてくれた。とても親切。
IMG_20191229_220909
 部屋はこんなシングルルーム。
 古い建物だけど妙に新しい割には遅いエレベーターがあって、荷物があっても大丈夫。
 全体的に建物内の廊下とか薄暗いけど……まぁ、仕方ないか。
IMG_20191229_220921
 スチーム暖房があるあたりがいいね。
 水回りもきれいだし、タオル等も問題なし!
 強いて言うなら、部屋がちょっと狭いか。
IMG_20191230_062956
 窓からの景色はこんな感じだった。
 いいね、路面電車ビュー。

スポンサードリンク

朝食

 このホテルは朝食付。朝食は6時30分からなので、朝一のバスに乗るには間に合わないか。
 まぁ、朝食前にバスのチケットを買いに行って朝食食べてからバスに乗るっていうのも手かもしれない。
IMG_20191230_063247
 朝食の内容としてはこんな感じかな。
 ほかにもたくさん食べるものはあったので、食べるものがないってことはなさそう。


まとめ

 まぁ、駅からそれほど遠くないし、特に問題も無い。
 荷物も一日預かってもらえるし、それもいいね。アウシュヴィッツ収容所は荷物の制限が厳しいので、ここで全部預けてしまえる。
 これより値段が下がるとアパートメントになるので、果たしてイレギュラーな時間のフロント対応とか不安だったのでここにしてみた。その辺気にならない人なら、これのさらに半額ぐらいでバスターミナルに面したホテルとかあるのでそっちにしてもいいと思うよ。


スポンサードリンク

 帰りもミニバスで帰る。だって、安いし、空いてるし。


行きの記事も参考にしてね

 行きの記事はこちら。



帰りのバス

 帰りのバスももちろん4社が走らせている。
 そのうち大型バスを使用するLAJKONIKは、アウシュヴィッツ収容所の敷地内のバス停から出発する。バス停はビルケナウ行きの無料送迎バスと同じ場所だ。
IMG_20191230_102730
 時刻表も一緒に載っているのでバス停を共有している。
 ところが、これが敷地内から発車する便利さなので、乗客が集中する。これ1台じゃ乗れねーだろってぐらい客が待っていたりする。
IMG_20191230_135554
 というわけで、行きで降りたバス停からミニバスに乗ると空いているので便利。

 バス停の位置はここなので参考にして欲しい。
IMG_20191230_135610
 ホントにこの通り来るのか謎な時刻表がバス停に貼ってあるよ。
 時刻表は次のサイトを参考にするべし。

 鉄道も含めた時刻表は上のページを参照していただきたい。
 鉄道も含めた発車順の案内があるが、この全てがアウシュヴィッツ収容所から出発するわけではないので注意
 時間順の発車案内の下に、「LAJKONIK」「Marek Lewanski」「Przewoz Osob JS」「GT TRANS」「POLREGIO」とキャリア毎に選べて、その下に時刻表が出てくるのでそちらもチェックすること。「POLREGIO」は鉄道、「LAJKONIK」は大型バス、それ以外は小型バスだ。
 発車順の案内で「Leaving from」が「Oświęcim Muzeum Auschwitz」となっていたら敷地内のバス停から、「Oświęcim Więźniów Oświęcimia」となっていたら写真の裏通りのバス停から出発する。「Oświęcim Lodowisko」のバス停から出発するバスはアウシュヴィッツ収容所近くのバス停は通過しないので注意
 ちなみにバスのチケットは販売していないので車内で購入する。乗車時に行先を言えば大丈夫。おそらく、現金のみなので注意。

スポンサードリンク

というわけで帰る

 帰りも
Przewoz Osob JSのバスだったのかな。
IMG_20191230_141929
 帰りはなぜか段ボールが前面に設置されていた。
 助手席から車内に入る。
IMG_20191230_142036
 特等席ゲット。
 2時間近く揺られてクラクフへ。
IMG_20191230_161427
 ふぅ、帰ってきたぜ!


スポンサードリンク

 悲惨なことが起きた施設。


アウシュヴィッツ収容所

 まぁ、あのアウシュヴィッツですよ。
 第二次大戦中にドイツによって引き起こされたホロコーストの舞台ですよ。
 おそらく高校の世界史で習ったよね?
 ナチスドイツによってユダヤ人大虐殺が行われた舞台の一つがアウシュヴィッツ収容所。
 人として、一度は行っておかねばならぬ場所。


見学するその前に

 アウシュヴィッツ収容所跡の見学できる時間は7時半から。最終入場時間は月によって違うので、公式ホームページを確認して欲しい(12月は14時まで、夏は19時まで)。最終入場時間から1時間半後に完全閉館となる。


公式ホームページ

 見学可能時間の早朝と終わりの方はツアーなし無料で見学できるが、これも人数制限がある。昼間はツアーで入るしかない。当日のチケットは入手できなくはないけれど、基本的にはツアーありだろうがなしだろうが予約は必須。なので、事前にホームページで予約しておこう。

 予約の方法はここが詳しい。
 その他色々な情報は以下のページに書いてあるので参考にしたらいいと思う。

 まぁ、あとはクラクフ発の日帰りツアーなども充実しているので、そちらを使うのもいいかも。クラクフから足つきでもちろんアウシュヴィッツ入場の予約も込みで手配できる。お値段はそりゃ路線バスに比べたら高いけど、そこまで高くない気はする。ただし、日本語ツアーはお高め。
 それとアウシュヴィッツの公式ガイドで中谷さんという方がいらっしゃる。その人にガイドをお願いするのも一考。おそらく得られる情報量はこのお方にガイドをお願いするのが一番。ただし、直接メールするという予約方法だけなので、心理的ハードルは高い。お忙しい方でいらっしゃるので、なるべく早い時期に、日程にゆとりを持たせてメールしてみるといいと思う。このお方のメールアドレスは公開していいものかどうか悩むので、ググれ。

スポンサードリンク

アウシュヴィッツがクソ混んでた

 ここまで、予約の重要性を説いてきた。
 そんなに書いているにも関わらず、俺予約せずに行ったんだよね。
 しかも、思ったより遅い時間のバスになってしまったので、アウシュヴィッツ到着したのは10時過ぎ。もうツアーしか入れない。
IMG_20191230_101509
 そして入場券を求める列がものすごい長い。
 マジで長い。
IMG_20191230_101909
 入場券ブースからずーっっと人の列が続く。
 え?なんで?この日は12月30日で月曜日だし、冬は閑散期なんじゃないの?と余裕ぶっこいた自分に反省する。他の観光スポットが休みだったり年末だったり、色々あるのかもしれないけれど、えらい混雑だった。
 もし、何も予約していなければ朝一番のバスに乗るべきだ。朝一番のバスで6時20分発。これでもおそらく到着は8時頃。でも、これが最速なので仕方がない。あるいは、オシフィエンチムに泊まるとか。
IMG_20191230_101838
 というわけで、並んでたらいつ入場券ブースにたどり着けるかわからないので、あっさり諦める。
 まぁ、また来ればいいし(と思ったらコロナだし)。


フリー入場のビルケナウへ行く

 アウシュヴィッツ収容所は第一~第三に分かれており、いわゆるアウシュヴィッツと呼ばれ、色々な建物があって予約が必要なのは第一収容所である。そういった予約が必要なく見学できるのは第二収容所、通称ビルケナウである。
 というわけで、そっちに行ってみた(もちろん第一収容所を見学した人もビルケナウは見学した方がいい)。
IMG_20191230_102700
 アウシュヴィッツから無料の送迎バスが運行されており、ビルケナウに移動できる。
IMG_20191230_102730
 バスは平日20分ごと、週末は10分ごとに運行している。

スポンサードリンク

ビルケナウだけでも見応えあった

 まぁ、アウシュヴィッツ見た方がいいと思うんだけどね。
IMG_20191230_104330
 いわゆる線路があるのはビルケナウ。
IMG_20191230_105052
 「あぁ、これがアウシュヴィッツね」っていう写真が撮れるのはビルケナウ。覚えておこうね。
IMG_20191230_105926
 収容されたユダヤ人はこの3段ベッドで睡眠を取っていた。
IMG_20191230_110030
 粗末な建物と暖房設備の貧弱さを考えると冬は極寒だったと思われる。
IMG_20191230_115527
 ここはサウナと呼ばれる建物。
 新しく収容される人々がまず通る場所。
 髪を剃って殺菌してシャワーを浴び囚人服が渡されるところ。
IMG_20191230_120336
 一瞬、焼却炉?もしや……なんて思ってしまうが、高圧蒸気釜でおそらく衣服の殺菌などが行われていた模様である。
IMG_20191230_120355
 これは先ほどの裏側。
 間違っても焼却炉というわけではない。
IMG_20191230_122624
 入口にあった線路の終端側。
IMG_20191230_124800
 貨車も残されていた。
 いや、貨車と言っていいのかどうか。人が乗っていたはずだ。

スポンサードリンク

というわけで

 ビルケナウだけでもかなり見応えがあったように思う。
 だけど、ある意味きれいに保存されている場所なので、生々しさとかが薄らいでる感じがした。
 やっぱり見といた方がいいと思うよ、アウシュヴィッツは。
 あ、あとトイレは入口付近のは有料だけど、線路の一番奥にあるトイレは無料だよ。
 それとポケモンGOはこの敷地では一切出ないし、ポケストップもないよ。


スポンサードリンク

 クラクフに来たら、やっぱりアウシュヴィッツに行かないとね。
 ギリギリにポーランド行きを決めたので、ツアーとか申し込めず自力で行くことにする。


グッモーニン!

 朝。
IMG_20191230_062956
 といっても暗い。一応これで6時半。
 ホテルで朝食を食べて出発。
 駅前の通り沿いにあった24時間営業の「Kantor CFS 24h Exchange」で両替。千円札でも問題なく受け取ってもらえた。おおよそ4%程度の為替レートから引かれていた。まぁ、ATMだと金額大きくなりがちだし、小銭が手に入らないので、そんなに多く両替しないんであれば、両替屋で両替する方がいいんじゃないかな。
 ちなみに、クレジットカードが使えるところが多いので、そんなに現金は必要ではない。


アウシュヴィッツへのバス

 アウシュヴィッツ収容所跡があるオシフィエンチムの街へは鉄道かバスどちらでも行ける。
 ただ鉄道の場合、オシフィエンチムの駅から2kmほど離れているので、結局タクシーかバスか徒歩になる。なので、特に鉄道に乗りたいって訳でなければバスに乗るのがいいと思う。
 ちなみにアウシュヴィッツ(Auschwitz)はドイツ語の地名、ポーランド語の地名はオシフィエンチム(Oświęcim)。やはり負の感情があるみたいなので、基本的にはオシフィエンチム(Oświęcim)って言った方がいいと思う。
 クラクフのバスターミナルはクラクフ中央駅(Kraków Główny)の東側(ショッピングモールの反対側)にある。まぁ、普通に行けば気づくと思う。2階に待合室兼切符売り場がある。
IMG_20191230_072910
 それほど広くはない。窓口で切符を買おう。
 オシフィエンチムの発音は本当に抑揚のない(日本語的に発音して大丈夫な)「オシフィエンチム」なので、「オシフィエンチムミューズィアム」とか言えば、問題なくチケット買えるよ。
IMG_20191230_072506
 運賃はPLN12。350円くらい(大型バスのLAJKONIKだとPLN15)。クソ安い。1時間半もバスに乗るのに。ちなみにクレジットカード使えるよ。○がついているG7はバス停を示す。便によって乗り場が違うことがあるので良く確認を。一応便指定なので、早めの便が埋まっていると遅い便になる。今回は7時23分に買ったけど、取れたチケットは8時15分発のだった。
IMG_20191230_072053
 行ったときに見た時刻表ではオシフィエンチム行きのバスはたくさんあるが、本当にこれが毎日走っているとは思えない(たぶん時刻の下が運転日だと思う)ので、参考までにして欲しい。
 ちなみにバスは4社走っていて、どのチケットも同じ窓口で買えるのか、それとも違うのか、それは謎。一応、前日から買えるらしいのと、本当に便指定なのか謎。


 鉄道も含めた時刻表は上のページを参照していただきたい。
 鉄道も含めた発車順の案内があるが、この全てがアウシュヴィッツ収容所に行くわけでは無いので注意
 時間順の発車案内の下に、「LAJKONIK」「Marek Lewanski」「Przewoz Osob JS」「GT TRANS」「POLREGIO」とキャリア毎に選べて、その下に時刻表が出てくるのでそちらもチェックすること。「POLREGIO」は鉄道、「LAJKONIK」は大型バス、それ以外は小型バスだ。時刻表で「via Zarki」となっているものはアウシュヴィッツ収容所跡には行かない、「via Zator」となっているものがアウシュヴィッツ収容所跡へ行くので覚えておこう。どっちか書いてなかったら、アウシュヴィッツ博物館行きのバスなので安心して欲しい。
 帰りは……また帰りの時に解説するけど、発車順の案内で「Leaving from」が「Oświęcim Muzeum Auschwitz」となっていたら敷地内のバス停から、「Oświęcim Więźniów Oświęcimia」となっていたら裏通りのバス停から出発するので参考にして欲しい。

スポンサードリンク

というわけで乗車

 乗車券に記載されたG7バス乗り場で15分前から待つ。
IMG_20191230_080814
 でもバスが来るのは直前なのでそんなに早くから待たなくてもいいかもしれない。
 なんか、大きめのワゴン車みたいだが、これがバスだ。ちなみに助手席っぽいドアを開けて、乗り込む。切符なしで乗ろうとしていた人は断られていたので、切符は買っておいた方がいいと思う。
 これが「Przewoz Osob JS」のバスってことなんだろうか。
IMG_20191230_081553
 内部は2+1の3列シート。
 途中区間で乗ったり降りたりする人がいるので、なるべく奥の方に座ろう。降りるのは終点だ。
IMG_20191230_090732
 途中ちょっとだけ雪景色になったりしたが、道中ほぼ雪なし。
 すべて下道で行くので、集落毎に乗降があったりする。
IMG_20191230_135554
 1時間半ほど乗って到着!写真は逆サイドのバス停。
 え、ここ?みたいなところで降ろされるが、ここから西に行けばアウシュヴィッツ収容所跡だ。

 普通に西に向かって駐車場みたいな所を歩いて行くと5分ぐらいで着くよ!


スポンサードリンク

 さて、このままポーランド国内線へ乗継!
 77W→321→E195と順調にサイズが小さくなっていくぜぇ。


ポーランド国内線へ

 さて、ワルシャワ空港。
 外に出るとキリッとした寒さを感じる。この背筋が伸びるような寒さ、キライじゃない。
 気温はわずかに氷点下。
IMG_20191229_182422
 無事に締め切り20分前に滑り込み。
 今回のチケットは超激安の片道航空券で、荷物預けはなし。
 でも、LOTポーランド航空の場合、どんなに安いチケットでもスタアラゴールド持っていれば荷物を預けることができる。これはいいね!
 手荷物検査もスタアラゴールドの場合別の検査場を通過できるのですいすい通過。


LOTポーランド航空ラウンジ(シェンゲン内)

 さて、ラウンジ訪問。
 シェンゲン内ラウンジなのであまり期待していない。
IMG_20191229_183848
 コンコースより一つ上の階にあるよ。
IMG_20191229_183920
 シェンゲン外エリアにもLOのラウンジあるからね。間違えないようにね。
IMG_20191229_183951
 やたらと瓶飲料が充実してた。
IMG_20191229_184248
 おら!肉食え!って感じの食べ物。
IMG_20191229_184016
 夜遅い時間だったのでガラガラ。
 そんなに広くないので、座席の間隔は狭め。
IMG_20191229_184350
 もうとにかく眠かったので、ここでご飯食べておいて、ホテルはバタンキューで寝られるように準備。
 肉ビール炭水化物というどうしようもない組み合わせでおなかを満たす。
IMG_20191229_190123
 ちなみにLOTの自社上級会員専用なのかビジネスクラス利用者専用なのかわからないけど、ラウンジの中にさらに別ラウンジがある模様。

スポンサードリンク

搭乗ゲート変更、出発時間変更×2

 さて、ゲートに行くか。
IMG_20191229_190730
 てくてく歩いてゲートへ。
 ラウンジの閑散ぷりに比べて、空港内の人はそれほど少ないわけじゃない。
 ゲートに行くと、突然人だかりが違うゲートに動き出したので、ゲートチェンジになった模様。一緒に歩いて行く。変更後のゲートはバスゲート。
IMG_20191229_191648
 結局、出発時間が19:40→20:00→20:20と変更が続く。
 とはいえ20時過ぎには搭乗開始できた。
IMG_20191229_200716
 バスに乗って飛行機へ。今夜の便はE195!
 小ぶりな大好き飛行機。この路線DH8とかのプロペラも飛んでるから、ジェットなだけ運がいいかも。
IMG_20191229_201655
 隣は空席だったけど、8割ぐらいの搭乗率だったかな。
IMG_20191229_203359
 というわけで、離陸~。


機内サービス

 フライト時間は30分!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191229204532539_COVER
 それでもコーヒーと……
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191229204046965_COVER
 チョコレートくれた。
 怒濤のサービス。何も無いかと思ったらあったわ。


到着~ホテルまではUBERで

 さて、クラクフにいよいよ到着!
IMG_20191229_213658
 いいねー。寒いねー。
 結構、寒い。
 今晩のホテルはクラクフ中央駅の近くで、電車やバスで行く方法もあったんだけど、本数少ないし面倒くさいのでUberに乗っちゃう。高速道路を使って19km、チップ込みで31.27ズロチ。だいたい900円前後ぐらいかな。意外と安くて便利だった。


スポンサードリンク

 さぁ、初めての東欧突入!
 イケイケエアラインのターキッシュエアラインズで乗り込みまっす!


やっぱり空港がデカい

 もうね。潤沢に土地がある、新しい空港ってヤバいな!
IMG_20191229_145444
 とりあえずいつタバコ吸えるかわからないので、まずは外で吸っとく。
IMG_20191229_150744
 くそでけぇ。
 そしてチェックインカウンターはほぼTKのもの。
IMG_20191229_151644
 どんだけ飛ばしてるんだよ。どんだけイケイケなんだよ。
IMG_20191229_151716
 なんか全てのサイズ感がデカくてビビる。
 マジでビビる。


スタアラゴールドラウンジへ

 ターキッシュエアラインズのお膝元にはラウンジが2つ。
 ビジネスラウンジとMiles&Smiles ラウンジで、ビジネスクラス用とスタアラゴールド用ラウンジが分かれてる。
IMG_20191229_152046
 こちらはビジネスクラスラウンジの入口。
IMG_20191229_152253
 こちらはスタアラゴールドラウンジの入口。
IMG_20191229_160615
 入口は自動改札なので楽ちん。
IMG_20191229_152639
 とりあえずシャワー浴びた。
 朝から浴びてなかったからありがたい。
 ブースはめっちゃきれいだったよ。ちゃんと掃除されてる。

スポンサードリンク

世界最大級の食わせラウンジ

 さて、ターキッシュエアラインズの本拠地ラウンジなので期待を高めて突撃!
IMG_20191229_154928
 とにかくオープンキッチンでがんがん料理を作ってる。
IMG_20191229_155006
 いったいブースがいくつあるんだって感じ。
IMG_20191229_155120
 オラオラオラ~。
IMG_20191229_155355
 これなんて言うんだっけ?
IMG_20191229_160420
 キモ甘コーナーも充実。
 やべぇな、このラウンジ。とにかく食わせる。食べればみんな幸せ感がハンパない。
IMG_20191229_155317
 ドリンクも充実。もう、水なんて機内で飲めやーってぐらいたくさん。
IMG_20191229_160323
 AYRANは樽に入ってた。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191229155719888_COVER
 瓶のもあったよ。飲むヨーグルトだけど甘くない!ちょっとしょっぱい!
 これおいしかった。クセになるぜ!
IMG_20191229_155705
 さて、色々食べる。トルコ料理うまいな!
 まぁ、無難な味とも言えるかもしれないが。
IMG_20191229_155707
 あと、このできたてのチーズのっかったピザっぽいやつがうまい。
 あかん、このラウンジはあかん。胃袋の隙間の限り食べてしまう。
 なんかね、みんなおいしそうなんだよね。
 ここまで食べさせることに全フリしているのもいいね。
 とはいえ、他のエリアが手を抜いているわけではなく、落ち着いてくつろげる場所やキッズスペースなどもちゃんと用意されている。
 スタアラゴールドラウンジでこれなんだったらビジネスクラスラウンジはどうなっているんだろうか。


搭乗

 さて、搭乗。
 この空港の欠点は巨大すぎるわりに、ラウンジが中央の1カ所ずつしかないこと。
IMG_20191229_161657
 搭乗口までが遠い。ホント遠い。
 結構前にラウンジを出ないと乗り遅れちゃう。
IMG_20191229_162328
 そしてボーディング開始時間が16時20分からって言われたからその時間になるように着いたら、サイレントディレイで飛行機着いてすらないし。さすがにラウンジまで戻るのもしんどいので近くのベンチで座って待つ。
IMG_20191229_164225
 今日の飛行機がやってきた。
IMG_20191229_171523
 搭乗したのは17時10分頃。待たせやがってクソ!最初からその時間表示しとけ!
IMG_20191229_171649
 機材はちょっと古めかなって思ったんだけど11年選手でそうでもなかった。
 エンタメがちょっと古い。
IMG_20191229_173219
 搭乗率6割ぐらいかな。
 自分の列は誰も来なくてエコフラットできた。
IMG_20191229_175134
 というわけでわずか2時間のフライトだけど離陸!


機内食

 いや、もう食べられないんだけど。
IMG_20191229_183112
 結局手をつけたら食べてしまった。
 TKの機内食、うまいぜ!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191229183126159_COVER
 この挽肉の塊はどこでも出てきたけど、どこでもうまかった。

スポンサードリンク

着陸~入国

 わずか2時間のフライト。
IMG_20191229_194249
 道中になんか輝く場所があったんだけど、これなんだ?
IMG_20191229_194254
 拡大して写真撮ってもさっぱりわからん。
 出発はディレイしてたけど、結構取り戻して、結局到着は10分遅れぐらい。
 ところがこの後、時間があんまりない!次のポーランド国内線への乗継時間が別切りの上に、締め切り時間を勘違いしていて、荷物のドロップは1時間前まで!というわけで降りてから40分でイミグレを抜けて出発カウンターに行かねばならぬ。そして、そんなときに限って列の前に並んでいる人が、イミグレで怪しまれて手続が長い。
 困ったので、すでに待つ人がいなかったEU市民レーンに行って、乗り継ぎ時間がないので急いでるんですって言ったら、すぐに通してくれた!
IMG_20191229_182422
 いやー、ありがたいねー。
 寒い国にやってきたよ!


スポンサードリンク

 TK(ターキッシュエアライン)はイスタンブールでの乗継客向けに無料ツアーを実施している。
 丁度それなりに長い時間の乗継があったので、参加してみた。
 食事無料!交通費無料!入場料無料!ホントに全て無料!


TK無料ツアー"Touristanbul"

 イスタンブールは観光地として結構いいところだと思うんだけど、ターキッシュエアラインとしてはさらに利用者を獲得するべくイスタンブール乗継客を増やしていきたい。
 そこで実施しているのは、乗継客向けにイスタンブール市内ツアーを無料提供すること。
 エミレーツとかカタール航空とかも実施している市内無料ツアー。これは参加するしかない。

 ツアーの時間や、内容は公式ホームページを見ておくれ。
 短い時間のツアーだったりすると食事はつかない。


申込はホテルデスクで

 イスタンブールの空港の到着口を出たらひたすら右へ進むとホテルデスクがある。
IMG_20191229_072553
 ツアーイスタンブールはここで申込。
 ちなみに、搭乗券とパスポートを渡したら、特に何も言わなくても最大限の時間のツアーのセットが出てきた。もし、短いツアーのに参加したいということであれば、申し出ること。
IMG_20191229_072534
 こういったセットがもらえる。
 右のT19って書いてあるヤツは首からぶら下げられるようになっているので、ぶら下げておこう。わかるようになっていた方が何かと向こうの人にとって便利だ。
 申込後は開始時間になるまで待機。
 ぼーっとしたり外行ったりご自由に。
IMG_20191229_083149
 ホテルデスク前のベンチがあるところで、ツアー開始時間になると名前呼ばれるので返事しよう!
 手を上げてYes!とかHere!ってみんな答えてたよ。
IMG_20191229_084104
 いることを確認したらみんなでずらずら歩いてバス乗り場まで行く。
IMG_20191229_084243
 指定されたバスに乗車。
IMG_20191229_084905
 なぜかアジア人はアジア人で座る不思議。

スポンサードリンク

朝食

 さて、今回のツアーは2食付き。
IMG_20191229_092859
 なんか城壁見た。
IMG_20191229_094302
 朝食会場に到着。
 さぁ、朝ご飯だ!
IMG_20191229_094619
 パンとチーズと卵と野菜、オリーブがメニュー。
 やたらとパンにつけるジャムとかは充実してた。
 おいしいかって言うと……無料で文句言っちゃいけないよね。
IMG_20191229_104403
 はぐれたら、さっきの朝ご飯食べたお店に戻ってきてねと注意されて、見物に出発。
 アラスタバザールを通り抜ける。店をじっくり見たりする時間はもちろんない。
IMG_20191229_104414
 まぁ、基本的には見失わないようにスタスタ歩いて行く。


アヤソフィア

 行程表の一番最後に載っていたアヤソフィアにまず行く。
IMG_20191229_105140
 入場券購入で長蛇の列だったが、無料ツアーはチケット買わずに入場。
IMG_20191229_105219
 ちょっと手荷物検査では並んだかな。
IMG_20191229_112352
 さぁ、入るベ。
 入ったところで、戻ってくる時間を指定されて、中ではフリー見学。
 このアヤソフィアは歴史に翻弄されたというか、まぁ色々あったわけです。西暦360年(!)にキリスト教の大聖堂として作られた後、焼失。537年に再建され、オスマン帝国により1453年に収奪されて、モスクになった。1935年にトルコ共和国の手によって無宗教の文化財として開放されている。キリスト教からイスラム教に変わったわけだけど、モザイク画は漆喰で塗りつぶされていただけなので、後年漆喰が剥がされてモザイク画の修復が行われた。
IMG_20191229_112459
 一目で、あ、これすげーなって思う。
IMG_20191229_112534
 巨大な吹き抜け&ドーム。
IMG_20191229_113319
 秘密の通路感がある階段を上がると……。
IMG_20191229_113927
 今度は上からドームの中が見られる。
 これ、たぶん2時間ぐらいぼーっと見てられるわ。
IMG_20191229_113833
 これらの壁画は800-1200年頃に書かれたもの。
IMG_20191229_114142
 1000年以上前のモザイク画がこのように残っているというのは不思議な気持ちになる。
 もちろん修復などがされているんだけど、漆喰の下にあったからこれだけきれいに復元できるほど保存されていたのだろうか。
IMG_20191229_114343
 これだけの巨大な空間。
 これらの写真では正直良さが全く伝えられてないけれど、見学できてとても良かった。


ドイツの泉

 Hippodrome: German Fountainと言われるところ。
 日本語で訳すとドイツの泉。
IMG_20191229_120612
 正直、アヤソフィアのインパクトがでかすぎて、ふーんとしかならない。
 オスマントルコ帝国アブドゥルハミト2世王位就任15周年を記念して、ドイツ帝国ウィルヘルム2世が贈呈したものらしい。実はこのドームの裏側がモザイク画になっているらしい。見とけば良かった、ちくしょう!

スポンサードリンク

蛇の柱

 Serpentine Columnというところ。
 ……そもそも写真すら撮ってない。


テオドシウス1世のオベリスク

 Obelisk of Thedosiusというところ。
IMG_20191229_121030
 
元々は紀元前1490年、トトメス3世の時代にルクソールのカルナック神殿に建てられたもの。これをテオドシウス1世は3つに分割してこの場所に390年に建てた。ということは、ここに建って1,600年以上、元々は3,500年以上昔のもの!その割にはすごいきれいだし、とてもそんなに古いように見えない。


ブルーモスク

 ここ行くはずだったんだけど、閉まっていたので今回はスルー。
IMG_20191229_122649
 外観だけは見た。
IMG_20191229_122806
 中には入れないのは残念。

スポンサードリンク

ランチ

 さて、朝食会場に戻る。
IMG_20191229_122819
 みんなでとことこ歩く。
IMG_20191229_123223
 最初のバザールを通る。
 怪しい日本語を操るトルコ人に絡まれる。
IMG_20191229_123543
 というわけで、昼食会場に戻ってきた。
 毎日、毎日、ターキッシュエアラインからお金が入るから、実に安定した食堂だよね。
IMG_20191229_124901
 というわけで、昼食。朝食よりわくわく感がする。
IMG_20191229_125000
 この肉がうまかったなー。この後色々なところでこの料理食べるのだが、普通においしかった。


空港に戻る

 さて、またバスに乗り空港へ。
IMG_20191229_140013
 海岸線を走る。
IMG_20191229_145401
 空港に戻ってきた。だいたい15時ぐらいに戻ってきたので、ほぼ時間通り。


まとめ

 まぁ、なんというか時間がたっぷり見積もられているのでかなり時間が余ってる感はあった。
 特に昼食後。あまりにも時間があったのでバザールをちょっと見る時間ぐらいはあったよ。まぁ、これはブルーモスク行かなかったからかもしれないけれど。
 とにかく、無料で見られるのでちょっと長めのトランジットには最適!
 トルコ行ったことない人がトランジットする時には参加してみるといいと思う。あえて、長めにトランジットするのもいいかもしれないね。


スポンサードリンク

 初めてのロング便に乗るんですよ。
 もう初めてでドキドキですよ。今まで7時間ぐらいが最長だった。


とりあえず台北で食べたいもの食べる

 とりあえず空港のコインロッカーに荷物を預け、身軽になって台北市内へ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228170431135_COVER
 とりあえず、食べたいもの食べた。
 肥前屋のうな重。いや、日本で食えよって怒られそうだけど。


搭乗

 チェックインはT2の端っこのカウンター。
 そして、ラウンジはBRのラウンジ。
 特筆することはないけど、シャワーがスムーズに浴びられたのがありがたい。
DSC09136
 さて、搭乗。
 いよいよ飛行時間12時間半のロングフライトに乗る。今まで最長で7時間ぐらいだったので、初めての長さ。しかも、エコノミー。前回、ヨーロッパ行ったときは、HND-HKG-CMB-DOH-FRAって変態南回りルートだったからね。今回は、NRT-TPE-IST-XXXだからとってもまともなルートだね。
 もう、入念に事前に座席を指定して、通路側をゲット。トイレはいつでも自由に行きたいからね。
 隣は残念ながら他の客がいた。となりいなかったらラクだったんだけどなー。
 そして、初めてのTK。一時期TKのゴールドだった時期あるけど、乗るのは初めて!
IMG_20191229_073915
 TKはエコでもアメニティーがあるのね。
 さぁ、いよいよ、離陸。

スポンサードリンク

機内食

 さて、機内食。
DSC09146
 エコでも立派なメニューあり。
 簡体字を使って、積極的に台湾人をいらつかせるスタイル。
DSC09147
 1回目の機内食。
 牛肉のガーリックオイスターソースにした。
 結構おいしくて満足。
DSC09158
 2回目の食事。スクランブルエッグはおいしくなさそうな気がしたから、チキン挽肉ソース付ビーフンにした。
 これも普通に満足。TKは機内食うまいな。


12時間って長い

 12時間って長いね。
 まだ着かない、まだ着かないって感じ。
DSC09153
 途中チッタゴンの近くを通ったので、お祈りした。
 ただ、これだけ長い時間でも機内なのでタバコを吸いたいって思わないのが不思議だった。
 とはいえ、12時間にはビビっていたので、機内Wifiに課金してしまった。おおよそ当時のレートで1,650円。この値段で12時間以上Wifiが使えるっていうのは、それほど高くないと思う。


降機時にデジカメ無くす

 いやね。
 前回と今回がめっちゃ萎え萎え記事なのはコレなのですよ。
 おそらく降機時にデジカメを座席に忘れてきてしまった。で、降りた後に気づいてすぐに戻ったんだけど、なかったのよね。誰かにパクられたか……。一応、TK側にも調査依頼したけれど見つからず。
 なので、この日の写真で一部Twitterに上げた分はGoogleフォトにバックアップされていたので無事だったけど、それ以外の写真は失われた。
 仕方ないよねー。まぁ、これがパスポートとかスマホじゃなくて良かったなって思った。
IMG_20191229_060529
 まぁ、そんなわけでテンションが超ローになりながら、入国ゲートへ。
 この写真以降はスマホの写真になりますです。

スポンサードリンク

イスタンブール国際空港は巨大!

 新しくなったイスタンブール国際空港。2018年10月29日に開港したということで、この時点でオープンしてまだ1年しか経っていない。
IMG_20191229_061252
 至る所が新しくてきれい。
 そして余裕がある設計。
IMG_20191229_061749
 いやー、天井も高い。
IMG_20191229_062814
 バッゲージクレームも何レーンもあるけど、ここで手荷物受け取るヤツどれくらいいるんだ?って疑問もあったりする。
IMG_20191229_063032
 なんだろうね。国の威信をかけた空港ってこういうものかね。
IMG_20191229_065616
 というわけで、入国で特に突っ込まれることもなく、あっさりと入れた。
 いやー、色々考えられている空港だけど、いかんせん巨大すぎて歩く距離が長い。


スポンサードリンク

 年末年始だから出国。


年末年始だし出国する

 ほら、年末年始だし、出国するよ。
 とりあえず、台湾往復チケットは用意しておいたので、それで出国するのだ!
 目的地はヨーロッパ!2回目のヨーロッパ!


ラウンジ

 色々あって、写真がなくなってるので簡潔に。
 まぁ、一週間前にも来てるしな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228094149999_COVER
 中トロとホッケから天身とさよりに変わってた。
 変な中トロ出すくらいなら、天身の方がいいと思う。さよりはちょっと握るのが大変そう。
 さっさと食べて、下の階で。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228100854476_COVER
 ウィスキーをいただく。
 うまー。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC09081
 まさかのバスゲート。
DSC09087
 お久しぶりに階段上がりましたわ。
DSC09088
 座り慣れた古いビジネスクラスへ。
 738もねぇ、そろそろ座席変えた方がいいんじゃないか?


機内食

 機内食のメニューはこちら。
DSC09091
 うむ。大連線と同じだね。
 というわけで前回洋食だったから、今回は和食。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228123041024_COVER
 特に味を覚えていない。
 メニューの扱いの割には豚肉が多かったなという印象。


到着!検疫回避!

 この時の台湾は豚コレラが中国から入ってくるのを防ぐのに躍起になっていた時期。
IMG_20191228_142701
 ゲートでこれをもらった。
 これがあると、特設検疫ブースを通らないで通過できるという仕組み。
 コレのおかげですいすい入国できた。さて、パワー台湾するぞ!


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ