FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 メールいたしましたパスワードと自由なニックネームを入力してご覧くださいませ。
 メールが届かない方はしばらくお待ち下さい。ある程度参加者が増えたらまとめて送信します。

 三陸鉄道オフに興味ある方はここを読んでね。
 申込はこちらから!一次会の三陸鉄道貸切部分はまだまだ申し込めまっせ!
 だけど、二次会は満席でーす。ごめんなさい。直前にキャンセルがでれば申込再開するかも!
続きを読む

 意外や意外、なんと二次会が定員に達したため申込締め切りです。


三陸鉄道貸切オフ二次会締切!でも貸切列車はまだまだOK!

 おかげさまで、かなりの人数の方に申込みしていただきました。
 特に二次会については店のキャパが限られるため、満席となりました
 現時点ですでに応募フォームに記入されて送られた方は全員確定になっております。その方々にはパスワードを伝えるメールが送信済みですので、ご確認下さい。
 もしメールが届いていない場合はご連絡下さい。もしかしたら送付漏れかもしれませんし、フォームの入力ミスかもしれません。フォームの入力ミスでこちらへ連絡が来ていなかった場合については残念ながら現時点では参加できません。
 直前キャンセルが出れば追加募集する場合があります。が、当然確約できません。

 なお、三陸鉄道貸切オフのみの参加の場合は空席が20席以上ありますので、参加できます。


三陸鉄道貸切オフの日程・時間

 平成30年6月16日(土)午後 2時間程度 南リアス線釜石~盛間往復
 空席:◎

 東京(新幹線)、名古屋(FDA)、大阪(JAL)からは日帰りで参加可能。
 参加者紹介とかするけど、そんなに企画いっぱいじゃないよ。基本的にはワイワイ話をすればいいじゃないか。イメージ的にはてっぺこりんのオフ会と同じようなテイストと思っていただければと。


二次会の日程・時間

 平成30年6月16日(土)18時頃~ 2時間程度
 空席:×

 海鮮オラオラ系のお店の予定です……がちょっと怪しくなってきました。詳細分かり次第連絡します。
 二次会に参加した場合、釜石・大船渡での宿泊又は夜行バスが必須です。

 まぁ、泊まったらいいんじゃないかと思いますが、ストイックな方や全力な方は夜行バス遠野・釜石号けせんライナーが使用可能です。遠野・釜石号の方が釜石中央からの乗車になって、宴会場所からバス停が近いです。あと、三陸鉄道南リアス線の最終列車には間に合います。なお、宿泊予約・バス予約については各自お願いしますが、ホテルの紹介は参加者限定記事にアップされています。


参加費用

 三陸鉄道貸切オフ 2,000円(確定)
 二次会の宴会 料理5,000円+飲料代(酒の飲み方によって異なります)

 費用につきましてはSquareのサービスを使用したクレジットカード事前決済を予定しています。使用できるカードはVISA、Master、AMEXです(審査がめんどいのでJCB/Dinersは使えません)。みんな大好きSPG-Amexも使えるね!
 二次会については料理代のみ事前に徴収いたします。

 ※クレジットカード決済については私自身がクレジットカード番号等を聞くようなことはありませんし、知る方法もありませんのでご安心ください。


参加申込・キャンセルについて

 リンク先のフォームから入力をお願いします。

 参加申込ページ 〆切:5月16日(水) ※現在貸切列車のみ受付

 参加費用については後日メールにて支払い方法をお知らせします。

 なお、キャンセルは判明次第メールでお願いします。1週間前までに申し出いただいた場合は支払いに使用したクレジットカードに返金をいたします(時間がかかります)。それ以降につきましては、状況による部分がありますので、とりあえずキャンセル連絡は必ずください(NoShowは勘弁してねってこと)。


お問い合わせ

 この記事のコメント欄か、メールはflyflyhigh.kj@gmail.comまで。あるいはTwitterでもどうぞ。
 まだ決まってないことも多いので、その点はご容赦ください。


Q & A

Q:三陸鉄道オフ会費用には何が含まれますか?
A:釜石~盛間の貸切列車往復乗車運賃です。飲み物、食べ物等の費用は入っていません。各自好きな物をお持ち込みください。ゴミの処分については一定程度協力しますが、片付けにご協力お願いします。

Q:三陸鉄道オフ会に食べ物や飲み物の持ち込みは可能ですか?
A:好きなだけ持ち込んでください。ただし、参加者のポケットマネーでお願いします。その場での他の参加者からの費用の徴収はご遠慮ください。共同で費用を出し合って持ち込むのはOKです。

Q:レトロ車両やお座敷車両があるけど、それに乗れるの?どんな車両が来るの?
DSC00309
これがたぶん当日乗る36-700型。
A:当日はSL銀河運転日です。昨年の傾向ですとレトロ車両はこのSL銀河に接続するレトロ列車銀河リレー号に充当されますので、当日私たちの貸切車両に使用することはできません。今年は銀河リレーの運転はありませんが、レトロ車両は当日使用できないようです。また、お座敷車両は北リアス線に所属し、南リアス線では使用できません。36-100型が1両だけいますが、貸切車両が定期列車に併結されて回送されてくる以上、他車と連結できない36-100型は使用できません。よって当日の使用車両は36-700型になります。なお、座席はオールクロスシートです。詳しくは三陸鉄道ホームページをご覧ください。

Q:軽部は酒飲むの?
A:二次会では飲みますが、三鉄車内では飲酒しません。これは車の運転があるためです。絶対にお酒を勧めないでください。

Q:三陸鉄道オフ会で座席の指定は可能ですか?
A:こちら側でランダムに指定させていただきますが、夫婦などで一緒にして欲しいというのについては考慮いたします。しかしながら、全ての要望を聞くのは難しいので、誰々とは一緒になりたくないとか誰々と一緒がいい!って言うのにはお答えできません。むしろ、知らない人との会話を楽しんで下さい。

Q:三陸鉄道オフ会費用高くねぇ?
A:2,000円だったら安いっしょ。三陸鉄道の釜石~盛間の往復運賃は2,160円、土日フリーきっぷが1,500円であることを考えればそんなに高くないぞ!

Q:三陸鉄道オフ会費用は何に使うの?儲けようとしてない?
A:貸切列車運行費の他、Squareシステム使用料、各種準備費用のために使用します。余剰金が発生した場合については被災地へ義援金として寄付いたします。いいよね、復興支援イベントだし。

Q:女装や修行僧ANAと書かかれたTシャツ死ぬほど嫌そうに寿司を握る職人のTシャツの着用は可能ですか?
A:三陸鉄道車内のみ可能です。着替えスペースはありませんので、車内トイレ利用となります。他の場所(移動中や二次会会場)での着用は、ご遠慮ください。

Q:二次会は飲み放題ですか?
A:飲み放題ではありません。また、飲み物代は全て割り勘とさせていただきます。ご厚志や飲み過ぎたから多めに払うよというのも歓迎ですが、基本的には割り勘です。アルコール飲めない方には、申し訳ありませんが、その分いっぱい食べてください。もし、集まったお金が余った場合はこちらもオフ会費用と同様、被災地への義援金として寄付いたします。

Q:二次会会場に食べ物や飲み物の持ち込みは可能ですか?
A:食べ物は不可ですが、飲み物の持ち込みができる可能性はあります。事前にご相談ください。ただし、参加者のポケットマネーでお願いします。その場での他の参加者からの費用の徴収はご遠慮ください。共同で費用を出し合って持ち込むのはOKです。

Q:釜石にビジネスホテル以外の宿泊施設はありますか?
A:観光向けの旅館とかありますけど、二次会会場からは、かなり高額なタクシー費用が必要です。中心部にはビジネスホテルしかありません。ですので、がまんしてビジネスホテルに泊まってください。

 試される大地で、ホントに試される頭がおかしいお祭りに今年も参加するぜ!
 あまりにも参加しすぎて、観光協会に覚えられちゃってるぜ!だから北見観光協会の人は、このブログの筆者は「あーあの関東から毎年来る変な人ね。」って思ってるかもしれない。


北海道二大ドMまつり

 北海道には二大頭がおかしいドMまつりがある。
 一つは日本一寒い陸別町の「しばれフェスティバル」、もう一つは今回行く「北見厳寒の焼き肉まつり」。
 しばれフェスティバルは日本一寒い陸別町で、氷でできたバルーンマンションで一晩すごすという人間耐寒テストがメインイベント。あと、裸芸人が流行ると必ず呼んでくる。過去にとにかく明るい安村や小島よしおが裸でステージ出演してる。陸別町の人は鬼なんだと思う。ちなみにアキラ100%は呼ばれてない。
 北見厳寒の焼き肉まつりは、真冬のお外で焼肉するというとてもシンプルなまつり。うん、何言ってるかわからないと思うけどおれもわからない。真冬にお外で焼肉するだけだよ。まぁ、しばれフェスティバルに比べればとても敷居が低いこのお祭り。毎年なぜかいかなきゃ行けない気がして行ってしまう。
 ちなみにこの二つのまつりは近年同じ週末に開催されているのではしご可能だ!ちなみにさっぽろ雪まつりにもはしご可能だ!遠いけど。


北見厳寒の焼き肉まつりについて、もうちょっと詳しく

 人口あたりの焼肉屋の軒数が日本一とかそうじゃないとか、合併して日本一じゃなくなったとか、色々都市伝説が流れているけれど、まぁ、焼肉屋の軒数は人口に比べて多い町とのこと。
 それを町おこしに使ったのが、究極のドMまつりである、厳寒の焼き肉まつり

 ちなみに、内容としては真冬(氷点下)にお外で七輪囲んで焼き肉する。以上。

 一人2,000円のチケットを事前に購入しておく。道外だとイープラスでチケット買ってね。
 お肉(豚ホルモン・牛サガリ・豚肩ロース)が合計300g。あとは北見産タマネギ。そして、焼酎&ソフトドリンク(烏龍茶とオレンジジュース)飲み放題。 その他に抽選でさらにお肉があたる。だいたい半分ぐらいの確率であたる。あたりすぎてビックリする。その他豚汁やらなんやらの振る舞いとかあったりする。
 何度も言うけど、内容としては真冬(氷点下)にお外で七輪囲んで焼き肉する。以上。
 全然詳しくなってないな。

スポンサードリンク

何がおもしろいのか

 結構いろんな人に聞かれるんだけど、わかんない
 主催者もなんで来るのかわからないって言ってたから、誰も分からない。
 ただ一つ言えるのは、謎の高揚感が得られること。麻薬みたいなものかもしれない。もしかしたら変な薬がその辺を漂ってるのかもしれない。
 確実に言えることは、次に挙げる項目を体験できるのはここだけってこと。

 ・凍らしたくないものは冷蔵庫に入れる地域なので、ビールは冷やさなくても恐ろしく冷えてる
 ・冷えっぷりはスーパードライのエクストラコールドを超える
 ・タレに付いた肉の脂が固まるどころか、タレが凍る
 ・当然ビールも凍ってきて、シャリシャリしてくる
 ・焼酎のお湯割りが飲み放題だが、急いで飲まないと水割りになる
 ・飲み過ぎると、街の中なのに遭難する可能性がある。
 ・っていうか、そもそも寒すぎて酔えない

 ほら!体験してみたくなったでしょ!
 ちなみに終わって暖かいところに行くと突然酒が回るから要注意だ!


まつりは太鼓と点火式からスタート

 さて、足先に上下からはさむように靴用カイロを貼り、首や腰などにもカイロを付けて、全身ヒートテックの完全防備体制で、場所取り開始時刻と共に会場入り。
DSC03988
 とりあえず、七輪を確保したり、タレを確保したりする作業をする。この時点で気温-5℃。今年は暖かい。
 タレは何種類かあるので確保した席の物が気に入らなければ、人が来ないうちに交換するのが吉。タレをいくつも確保すると他の人の分がなくなるからひんしゅくものだよ!
 あとは段ボール確保。これはケツの下に敷く。コレがないと木に直接座るんだけど、寒さがケツから来る。
DSC03990
 というわけでお祭りスタート。まずは北見風雪太鼓から。寒いのに皆さん薄着でがんばります。
DSC03999
 新成人による、巨大七輪点火式。
 ちなみに今年も北見からひたすらタマネギを運ぶ貨物列車が後ろに写ってる。


戦利品を焼く

 入場券と交換でお肉をもらう。半券は後でほぼ確実に使うので無くさないようにすること。
DSC03992
 2,000円でお肉がいっぱい来ます。一応これで4人分かなぁ。こう見ると少なく見えるんだけど、最終的には結構おなかいっぱいになる。
DSC03994
 開始すると豚汁(年によってはシチュー)の振る舞いがあるけど、すぐになくなるので案内があったらすぐにダッシュで確保すべし。
DSC03993
 さぁ、準備完了。焼くぞ!
DSC04001
 見ての通り、どんなに寒くてもちゃんと焼けるよ。遠赤外線すげー。
DSC04010
 ビールも凍る。
 会が進行していくと抽選会になるよ。
 チケットの末尾「2、4の方、牛肉当選でーす!」みたいな感じで当たる。それが何回かあるのでだいたい半分の確率で何かしら当たる。最初から配っちゃえよって言うぐらい当たる。
DSC04002
 ちょっとよさげなお肉ゲット。
DSC04005
 このもくもくっぷり。いいよねー。なんかテンション上がるよねー。
DSC04006
 こちらは地元猟友会特製鹿肉500円。500円でもりっと来る。
 ちなみにこれがうまいんだ。かなり味噌とかで味付けられているので臭さを感じないの。そして、焼くとやってくる肉のうまみ。こいつはうまいぜ!たいていの場合あんまり売れないらしく、猟友会の人が客席回って売りに来るので、回ってきたら買おう!来なかったらブースに行こう!
DSC04007
 終盤戦になってくるとキウイの振る舞いが行われる。なんでキウイなのか分からないけど、早く食べないとこいつもシャリシャリしてくる。いやすでにシャリシャリしてる。脂っこい口に最適!

スポンサードリンク

ステージの上

 ステージの上では何かやってるので適宜ノってあげよう。
DSC04003
 なんかよくわからないおっさんバンドが来たり。
DSC04009
 売れてなさそうな演歌歌手がきたり。しかもみんなでなぜかハナミズキとか歌っちゃう。


というわけで今年も終了

 というわけであっという間の2時間。
DSC04012
 お祭り終了でーす。
DSC04013
 今年は一番寒くて-10.5℃。ちょっとだけ暖かかったかな。


次回の日程

 今年はすぐに発表されたので、次回の日程は平成31年2月1日(金)だよ!
 みんな行こうぜ!俺は行くよ。

 さて、昨年はANAだったけど、今年はJ-Airで女満別へ。


とりあえず飯を食う

 新千歳空港は巨大な基幹空港なのでお店充実。
DSC03953
 とりあえず超有名店一幻でえびそばを食べる。
DSC03951
 確かにえび炸裂。この店が北海道ラーメン道場の中で一番混んでた。
 確かにえび炸裂だが……すげぇ並んで食べるほどかなぁ。
DSC03957
 その後友人と合流したので、松尾ジンギスカンのフードコート店へ。
 リッチにジンギスカンステーキ丼を食す。たぶん普通のジンギスカン丼でいいと思う。
 友人はANAで、私はJALで女満別にこれから飛ぶ。


ダイヤモンドプレミアラウンジ

 2月末までがワンワールドエメラルドだからね。最大限活用するよ。
DSC03947
 というわけで、ダイヤモンドプレミアラウンジへ。
DSC03960
 ハードリカーはバランタイン17年か。
 飲みたいけど、この後運転なのでぐっとがまんする。
DSC03959
 おにぎり二種とパン二種、それにJAL特製カレーパンがあった。
 窓からは飛行機の離発着がよく見えた。
DSC03963
 でんでん太鼓ナッツリターン水かけ姫航空だね。どんどん名前が長くなっていくね。
 ジャンボで飛んできた。数少ないB747-8旅客型入れてる会社だよね。コイツはB747-400だけど。
DSC03968
 梅台湾海峡空中分解那覇炎上航空もジャンボで飛んできてるねー。
 結構好きです、梅ちゃん。一回乗ったら昔のJALのようなねっちょり接客でしたけど。
 千歳はホントにジャンボ多いなぁ。枠が限られてるからみんなジャンボできてるんだろうか。一番枠が厳しいと言われる福岡空港とか、LCCがいっぱい飛んでるけど意味わかんないよねー。国内地方路線を除いて、ワイドボディー限定とかにすればいいのに。LCCは佐賀空港に飛びなさい!佐賀空港でもそんなに遠くないよ。便が多ければきっと西鉄バスが天神までバスだすよ。佐賀市交通局が横やり入れるかもしれないけど。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC03971
 本日の優先搭乗は16名。結構多いな。
 札幌~北見・網走って輸送シェアどうなってるんだろうね。やっぱり鉄道がメイン?いや、自家用車か。飛行機が主流の区間じゃないからそりゃ上級会員率が高いよね。
DSC03972
 再びE170へ。


離陸

 さて、離陸。
 このフライトも雲が少なくて地上がよく見えた。
DSC03975
 これは形からすると屈斜路湖かな。
 とすると、千歳から東に進んでから北にターンして着陸するルートだね。
DSC03979
 北海道っぽい、光景が眼下に広がる中着陸。
DSC03985
 多少ディレイしたのと、羽田便が早着したこともあって、羽田便に抜かれた。
 荷物は同じ回転台でごちゃ混ぜに回したのでなかなかカオス。羽田便の普通の荷物が回る中、千歳便の優先荷物が回ってた。

 今年もアレに行くために北の大地へ。
 花巻から飛びますよー。


今年の冬はクソ寒い

 今年の冬はクソ寒いんですよ。ホントに。
 あなたが岩手の冬はじめてだからでしょって東京の人に言われるけど、そんな問題じゃないんですよ。
DSC03901
 空港行く途中で-14℃とか出てる。
 北海道なみじゃねーか。
DSC03899
 とりあえず気分をあげるためにセブンイレブンでちくわパンを買う。
 結構北海道テイスト再現してた。でもちくわパンは道民のソウルフードじゃないと思うよ。たぶん札幌近辺じゃない?北海道は広いから。でも近所のセブンイレブンは「岩手の味」ってPOP出してたけど、たぶん違う。


ちょっと早く着いたので空港見学

 ただただ寒いけど、天気は晴れ。
DSC03902
 んー。凍ってるね。
DSC03910
 展望デッキ入口に顔ハメパネルがあった。就航地ゆかりの人物(?)の顔ハメになってるけど、札幌だけおかしい。札幌だけ人じゃない。いや、大阪も機械だけどさー。
DSC03911
 ちなみに顔出し看板の極意が貼ってあった。恥ずかしがってはダメらしい。
DSC03909
 今日の朝一FDAはこいつでございます。常磐快速線色。ちょっと違うか。
DSC03917
 こいつは千歳から飛んできたヤツ。この後伊丹行きになります。
 花巻空港便は基本的に同じ路線で折り返すのだけど、朝の一便だけは違う路線で飛んでいく。一応、ほぼ同時刻にやってくるので、伊丹が飛べないとか千歳が飛べないってことがあっても、機材はあるので影響は少ないはず。

スポンサードリンク

搭乗して出発

 さて、搭乗。
DSC03919
 優先搭乗は6名。
 E70だと、扉を閉めた後「ドアモードをアームドに変更してダブルチェックをしてください」なのね。
 CAが2名しかいなくて前後に別れるから、相互確認できないのね。
DSC03922
 というわけで、ばいばーい。


機内から景色がよく見えた

 この日は雲が少なく、景色がよく見えた。
 花巻空港から千歳行きはA席がお勧め。
DSC03923
 離陸!
DSC03930
 岩手山。美しいねー。たぶん盛岡とかあの辺の人たちには岩手山が心のよりどころなのでしょう。
DSC03933
 十和田湖と後ろの方に岩木山。
 十和田湖の形がよく見えるね。
DSC03934
 ドリンクサービスの時にシールをもらう。福岡と鹿児島の九州コンビ。
 あと、J-AIRだとCAの似顔絵シールももらえる。この似顔絵シール何の需要があるのか不明。
 函館あたりは雲に覆われていて見えず。


着陸

 さて、着陸。
DSC03941
 苫小牧の工業地帯が見える。
DSC03944
 飛行機は滑走路へ。
 おおっ!
 なんか見慣れない機体がいる!
DSC03944_1
 HISがやってるなんちゃって航空会社、アジアアトランティック航空か!
 タイのチャーター乗り入れ禁止で日本にはしばらく来てなかった気がするけど、いつの間にか千歳に来るようになったのね。いつの間にか公式ホームページもできてて、チケットも買えるようになっているっぽい。昔はHISでしか買えなかったのに!
DSC03945
 というわけで無事に着陸できたのでした。
 さぁ、ご飯を食べよう!

 意外や意外、結構申込していただいた方が多くなってまいりました。


三陸鉄道貸切オフ締切間近!

 おかげさまで、かなりの人数の方に申込みしていただきました。
 特に二次会については店のキャパが限られるため、残席わずかとなりました。
 つきましては、二次会については現在から申し込まれた場合、すでに満席となってしまい参加できない可能性があります。満席となった場合、キャンセル待ちということになりますが、そうなった場合なるべく早くお伝えします。なお、キャンセル待ちの結果は5月20日までに連絡します。直前のキャンセルが多くなった場合、追加募集するかもしれません。その場合、キャンセル待ちだった方を優先的に受付します。
 事前に「参加したいんだけど色々あって……」ということで私にお伝えいただいた方は確定次第なるべく早く連絡下さい。

 なお、三陸鉄道貸切オフのみの参加の場合は空席が20席以上ありますので、参加できます。


三陸鉄道貸切オフの日程・時間

 平成30年6月16日(土)午後 2時間程度 南リアス線釜石~盛間往復
 空席:◎

 東京(新幹線)、名古屋(FDA)、大阪(JAL)からは日帰りで参加可能。
 参加者紹介とかするけど、そんなに企画いっぱいじゃないよ。基本的にはワイワイ話をすればいいじゃないか。イメージ的にはてっぺこりんのオフ会と同じようなテイストと思っていただければと。


二次会の日程・時間

 平成30年6月16日(土)18時頃~ 2時間程度
 空席:■(キャンセル待ち)

 海鮮オラオラ系のお店の予定です。
 二次会に参加した場合、釜石・大船渡での宿泊又は夜行バスが必須です。

 まぁ、泊まったらいいんじゃないかと思いますが、ストイックな方や全力な方は夜行バス遠野・釜石号けせんライナーが使用可能です。遠野・釜石号の方が釜石中央からの乗車になって、宴会場所からバス停が近いです。あと、三陸鉄道南リアス線の最終列車には間に合います。なお、宿泊予約・バス予約については各自お願いしますが、ホテルの紹介は参加者限定記事にアップされています。


参加費用

 三陸鉄道貸切オフ 2,000円(確定)
 二次会の宴会 料理5,000円+飲料代(酒の飲み方によって異なります)

 費用につきましてはSquareのサービスを使用したクレジットカード事前決済を予定しています。使用できるカードはVISA、Master、AMEXです(審査がめんどいのでJCB/Dinersは使えません)。みんな大好きSPG-Amexも使えるね!
 二次会については料理代のみ事前に徴収いたします。

 ※クレジットカード決済については私自身がクレジットカード番号等を聞くようなことはありませんし、知る方法もありませんのでご安心ください。


参加申込・キャンセルについて

 リンク先のフォームから入力をお願いします。

 参加申込ページ 〆切:5月16日(水) ※現在キャンセル待ちとして受付

 参加費用については後日メールにて支払い方法をお知らせします。

 なお、キャンセルは判明次第メールでお願いします。1週間前までに申し出いただいた場合は支払いに使用したクレジットカードに返金をいたします(時間がかかります)。それ以降につきましては、状況による部分がありますので、とりあえずキャンセル連絡は必ずください(NoShowは勘弁してねってこと)。


お問い合わせ

 この記事のコメント欄か、メールはflyflyhigh.kj@gmail.comまで。あるいはTwitterでもどうぞ。
 まだ決まってないことも多いので、その点はご容赦ください。


Q & A

Q:三陸鉄道オフ会費用には何が含まれますか?
A:釜石~盛間の貸切列車往復乗車運賃です。飲み物、食べ物等の費用は入っていません。各自好きな物をお持ち込みください。ゴミの処分については一定程度協力しますが、片付けにご協力お願いします。

Q:三陸鉄道オフ会に食べ物や飲み物の持ち込みは可能ですか?
A:好きなだけ持ち込んでください。ただし、参加者のポケットマネーでお願いします。その場での他の参加者からの費用の徴収はご遠慮ください。共同で費用を出し合って持ち込むのはOKです。

Q:レトロ車両やお座敷車両があるけど、それに乗れるの?どんな車両が来るの?
DSC00309
これがたぶん当日乗る36-700型。
A:当日はSL銀河運転日です。昨年の傾向ですとレトロ車両はこのSL銀河に接続するレトロ列車銀河リレー号に充当されますので、当日私たちの貸切車両に使用することはできません。また、お座敷車両は北リアス線に所属し、南リアス線では使用できません。36-100型が1両だけいますが、貸切車両が定期列車に併結されて回送されてくる以上、他車と連結できない36-100型は使用できません。よって当日の使用車両は36-700型になります。なお、座席はオールクロスシートです。詳しくは三陸鉄道ホームページをご覧ください。

Q:軽部は酒飲むの?
A:二次会では飲みますが、三鉄車内では飲酒しません。これは車の運転があるためです。絶対にお酒を勧めないでください。

Q:三陸鉄道オフ会で座席の指定は可能ですか?
A:こちら側でランダムに指定させていただきますが、夫婦などで一緒にして欲しいというのについては考慮いたします。しかしながら、全ての要望を聞くのは難しいので、誰々とは一緒になりたくないとか誰々と一緒がいい!って言うのにはお答えできません。むしろ、知らない人との会話を楽しんで下さい。

Q:三陸鉄道オフ会費用高くねぇ?
A:2,000円だったら安いっしょ。三陸鉄道の釜石~盛間の往復運賃は2,160円、土日フリーきっぷが1,500円であることを考えればそんなに高くないぞ!

Q:三陸鉄道オフ会費用は何に使うの?儲けようとしてない?
A:貸切列車運行費の他、Squareシステム使用料、各種準備費用のために使用します。余剰金が発生した場合については被災地へ義援金として寄付いたします。いいよね、復興支援イベントだし。

Q:女装や修行僧ANAと書かかれたTシャツ死ぬほど嫌そうに寿司を握る職人のTシャツの着用は可能ですか?
A:三陸鉄道車内のみ可能です。着替えスペースはありませんので、車内トイレ利用となります。他の場所(移動中や二次会会場)での着用は、ご遠慮ください。

Q:二次会は飲み放題ですか?
A:飲み放題ではありません。また、飲み物代は全て割り勘とさせていただきます。ご厚志や飲み過ぎたから多めに払うよというのも歓迎ですが、基本的には割り勘です。アルコール飲めない方には、申し訳ありませんが、その分いっぱい食べてください。もし、集まったお金が余った場合はこちらもオフ会費用と同様、被災地への義援金として寄付いたします。

Q:二次会会場に食べ物や飲み物の持ち込みは可能ですか?
A:食べ物は不可ですが、飲み物の持ち込みができる可能性はあります。事前にご相談ください。ただし、参加者のポケットマネーでお願いします。その場での他の参加者からの費用の徴収はご遠慮ください。共同で費用を出し合って持ち込むのはOKです。

Q:釜石にビジネスホテル以外の宿泊施設はありますか?
A:観光向けの旅館とかありますけど、二次会会場からは、かなり高額なタクシー費用が必要です。中心部にはビジネスホテルしかありません。ですので、がまんしてビジネスホテルに泊まってください。

 さて、帰るよー。
 マカオからの香港一泊でJALに乗って羽田に着いてからの岩手まで一記事だから長いよー。


マカオから香港に移動

 とりあえずマカオからターボジェットで香港へ。
DSC03709
 あの桟橋でタバコ吸ってるのどうにかなんないのかね。思いっきり禁煙って書いてあるのに。
DSC03711
 トラムでホテルへ。香港トラムの方向幕の行先対照表をチェック。
 日本人の40才ぐらいのおねーさまに英語で話しかけられる。日本人にすら日本人と認識されない俺。
DSC03714
 というわけで、いつもの通りホテルジェンにイン。
 もうね、何も書くことがない。


すげー久しぶりのインタウンチェックイン

 今回は久々にバスを利用せずに、ホテルジェンの送迎車で香港駅まで。
DSC03733
 久々に機場快線を使用するのでインタウンチェックイン。
 いつもバスだからねー。今回は荷物が多かったのでホテルからバス停までも歩きたくなかった。
 グランドスタッフはドラ姐だった。
DSC03736
 真ん中あたりのZCS/JST0って便は何なんだ?
DSC03740
 地下に降りて電車待ち。香港MTRのマスコットキャラクターがハゲたおじさんっていうのは何回見ても素晴らしいと思うの。実在するし。斬新だよね。おっさん。しかもハゲてる。
DSC03744
 というわけで、今回はPY。PYだとWって印刷されるのね。

スポンサードリンク

最後のファーストクラスラウンジ

 さて、出国。
DSC03745
 香港も出国は自動化になったのね。
 いいよねー。それでいいよねー。最近発生してる入国e道の混雑をどうにかして欲しい。
DSC03746
 最後のピアファーストクラスラウンジを楽しむことにしましょう。
 ダイニングで食事。
DSC03747
 まぁ、メニューは色々あるんだけど、ついついハンバーガー食べちゃうのよね。
DSC03749
 まずはシャンパン飲んじゃう。
DSC03750
 本日のスープ。
DSC03751
 キノコもりもりでGood!
DSC03753
 そしてハンバーガー登場。
 こういう時のハンバーガーってどう食べるのが正解なのかがわからない。
 一応ナイフとフォークで切って食べていくんだけどさー。
 まぁ、おいしくいただきました。
DSC03754
 最後はフルーツで〆。
 当初のペニンシュラ運営だった頃から劣化している部分とかもあるんだけど、やっぱり一番好きなファーストクラスラウンジなんだよね。……といってもよく考えたらファーストクラスラウンジなるものに行ったのって、JALのHND、JALのNRT、HKGのWINGとPIERぐらいしか行ってないな。そう、だからワンワールドエメラルド維持やめたのよねぇ。まぁ、岩手にいるとそんな頻繁に乗らないっていうのもあるけど。


JAL指定のQFラウンジに移動

 さて、延々と動く歩道に乗って出入国ゲートまで戻る。
DSC03755
 JAL指定のQFラウンジへ。
DSC03759
 QFラウンジのいいところは酒が充実。生ビールのタップも3つあって、JAL指定のせいかSAPPOROも飲める。指定されたばかりの頃はなかったよねー。残りの2つはLittle Creatures PALE ALEというオーストラリアのビールと青島ビール。
DSC03758
 その他のお酒も充実。そして今回の注文メニューは牛バラ麺。
DSC03760
 まずはね。オーストラリアのビールを飲む。これうまいな。結構すいすい飲めちゃう。
 調べてみたら、今はキリンの関係会社になっているのね。
DSC03761
 牛バラ麺も食べちゃう。まぁ、これはフツーの味。
 ここのラウンジで出てくるヌードルは、JALのカウンターでおすすめされているけど、特に感動的な味というわけではない。
DSC03763
 その他のご飯の写真は撮らなかったけど説明文だけ。
 見事なまでの対日本人シフト。そこまでQFのラウンジにやらせるJALもすげーなとちょっと思う。ちなみにJAL便出発前だけこういった日本人シフトになっていて、その他の時間帯は全取っ替えです。はい。
DSC03756
 みんな大好きJALの機体もよく見えるよー。
 いつのまにか国泰ケータリングになってるのね。前は違った気がする。


ゲロ混み優先搭乗

 さて、搭乗。
DSC03767
 本日は16番から。QFラウンジだと搭乗ゲートまで直線距離は短いのだけど、かなり遠回りしないとたどり着かない。まぁ、ラウンジ内で搭乗始まったのをこの目で確認できるのはいいんだけどね。QFラウンジの裏口が使えたら近いんだけどなー。まぁ、無理か。管理できなくなるし。
DSC03769
 というわけで本日の機材は772。
DSC03772
 優先搭乗がゲロゲロに混んでる。
 一応、ワンワールドエメラルド保持者から搭乗開始。混んでる列をごぼう抜きして搭乗。

スポンサードリンク

違和感しか感じないプレエコシート

DSC03774
 プレエコしか空いてなかったのでプレエコで。
 この座席がねぇ、しっくりこない。どんな姿勢でも腰が痛くなるステキなシート。
 ずり下がりシートでどっちのポジションでもしっくりこなくて、座席のフットレストの角度もおかしくて、足おきもしっくりこない位置で、すべてがおかしい。
 これさー、フツーのエコ乗った方がよかったわ。5,000avios返せ。
DSC03778
 エンタメはボタンの反応が鈍いMAGIC-Ⅲ。今となっては画面荒すぎ。
DSC03775
 一応、プレエコなのでスリッパ完備。まぁ、今日はうっかりANAのスリッパ持ってきてたからそれはいてたけどね。というわけでこのスリッパは持ち帰る。
DSC03783
 ちゃんと出発の時手を振ってたよ。これもJALが手を振るように指導してんのかな。
 さすがにこの地上はJAL直営じゃないよね。一番左の人はJALの人か?

機内食がゲロマズ

 さて、もう国泰ケータリングの時点で何ら期待が持てない機内食。
 あれ不思議なんだけどさー、キャセイドラゴンの機内食ってまぁまぁおいしいのに、なんで本家キャセイの機内食は不味いんだろうね。
DSC03791
 ドリンクメニュー。プレエコなのでシャンパンあるよー。シャンパンいらないから、機内食のメインをもうちょっとだけ良くしてくれないかなー。
DSC03792
 本日のお食事メニュー。白身魚のホワイトクリームソースと見ただけでイヤな予感しかしない。
DSC03785
 というわけで機内食がコレ。
 やったー炭水化物パラダイス★
 ほんとあまりにも不味すぎてメインほぼ残しちゃった。
DSC03786
 食後のデザートはハーゲンダッツだったよ。
DSC03787
 追い風が強かったのか、時速1,000km超え。


消化試合

 さ、東京さ着いたから岩手までけぇっぺよ。
DSC03800
 今宵の宿は新馬場のスーパーホテル。新馬場なんてはじめて降りたぜ。知識が北馬場と南馬場を統合してできたということと、高架化工事中の上りは北馬場と南馬場に止まって、下りは新馬場に止まってたという知識しかない。スーパーホテルは韓国人観光客がいっぱいだった。
 翌日はBKS-BBAと「#主に購読用」という謎のハッシュタグを操る方とランチミーティング。
 BKS-BBAとはなんかすげー久しぶりに会った。失礼を承知でお話しさせていただくと、なんか顔が違う人のような気がしたので、たぶん影武者があと二人くらいいる。Twitterも朝早くから夜遅くまでやってるので、たぶんひとりじゃ無理だと思うの。きっと「B-BBA」と「K-BBA」と「S-BBA」がいて、三人合わせて「BKS-BBA」なんじゃないかな。
DSC03815
 そして、寒い寒い岩手に帰ります。
DSC03818
 東京駅から新幹線と言ったらあなた、シウマイ弁当ですよ。
 圧倒的なコスパ。神奈川県民のソウルフード。日本一売れてる駅弁。
 やっぱこれしかないよねー。ビール飲みたいところだけど、この後運転があるので自重。
 無事に岩手に着きましたとさ。

 メールいたしましたパスワードと自由なニックネームを入力してご覧くださいませ。
 メールが届かない方はしばらくお待ち下さい。ある程度参加者が増えたらまとめて送信します。

 三陸鉄道オフに興味ある方はここを読んでね。
 申込はこちらから!まだまだ申し込めまっせ!ただいま申込人数は貸切14名/二次会12名!
 まだまだ空きがあります。まぁ、4月の人事異動が決まらないと考えられないよねー。

続きを読む

 お昼ご飯。というよりブランチ。
 やっぱりマカオらしいものということでポルトガル料理の店に行く。


バスに乗って下町方向へ

 今日は雨。旅行の時は年中晴れ男の私にとって雨は珍しい。
 そんな中バスに乗って下町方向へ。
DSC03693
 そんなこんなで、Openriceで見つけた価格帯低めのポルトガル料理屋に行く。
DSC03694
 やってきたのは「Cafe Flor Bela(雅麗娜葡式茶餐廳)」。下町のこぢんまりとしたお店。
 開店直後に行ったので、他にお客はいなかった。
DSC03700
 1階と2階に客席があるようで、1階の席は10席ぐらい。
DSC03698
 すごいきれいなわけでもないけれど、妙に落ち着く静かな空間だね。


メニュー

 メニューはこちら。
DSC03697
 化学調味料使ってないのが売りみたい。
DSC03696
 色々メニューがあって悩む。
 ちなみに平日のランチタイムはMOP50程度のお得なセットがあるみたい。
 今回は馳名免治猪肉を食べることにしよう。MOP63。ビールも一緒に頼む。

スポンサードリンク

到着!

 まずはビールから。
DSC03699
 青島しかメニューに書いてなかった気がするけど、SAGRESが出てきた。
 ポルトガルシェアナンバー1だとか。味はラガー。
DSC03702
 そしてやってきた免治猪肉。免治=ミンチのこと。
 これ、沖縄のコンビーフハッシュでも再現できそうだな。
 炒めた挽肉と揚げたポテトの上に目玉焼きを載せたもの。味としてはシンプル。
 だが、それがうまい。たぶんシンプルなんだけど、中毒性が高いので何か仕掛けがありそうな予感。
DSC03703
 よく見ると肉だけじゃなさそうな気もする。
 少なくともタマネギは入ってるかなー。

 店を出る頃にはすっかり満席。
 結構、人気あるお店のようでした。まぁ、日本のガイドブックにも載ってるみたいだしね。

 マカオと言えば元ポルトガルの植民地ですからね。今でも公用語にポルトガル語が入ってる。
 というわけでポルトガル料理(というか変化してマカオ料理とも言う)のお店が結構ある。でも、庶民はポルトガル料理の店で食べたいんだーということで、このお店を紹介。まぁ、庶民派です。超有名だけど。


水坑尾街にあるポルトガル料理食堂

 まぁ、ホテルリスボア徒歩圏にあるポルトガル食堂、坤記餐室でございます。
DSC03682
 マカオ中心部にある、庶民派レストランといったら、真っ先に情報が出てくるのはここ。
DSC03681
 黄色い看板が目印。
 量が多くて、ひとりだときついのがポルトガル料理な訳ですが、ここだとひとりでもOK!


メニュー

 メニューはこちら。
DSC03684DSC03683
 ちなみに日本のガイドブックでも紹介されてるらしく、雑誌のコピーが貼られてたりする。
 あと、店のオヤジがこちらが日本人だと分かるとやたらと絡んでくる。
 表裏で同じメニューがあったりするけど、気にしないようにね。なんか、途中でポルトガル語に訳すの諦めてる気がしなくもないけどそこも目を瞑ろう。
 牛肉煮込み飯(たぶん26番)と本日のスープ(例湯)を注文。飲み物はポルトガルビールにしよう。
 「with Rice」系がいっぱいあるので、ひとり飯には最適だ。

スポンサードリンク

到着!

 まずはビールから。
DSC03685
 マカオでは比較的ポピュラーなSUPER BOCK。だいたいマカオだとどこにでもあるよね。
DSC03686
 そして、スープ。葉っぱがよく煮込まれててとろとろになりかけてるスープ。
 味の記憶がない。
DSC03689
 そしいて、もりっと出てきた、牛肉の煮込み飯。
 これ、結構もりもりやで。
 なんか牛肉とジャガイモのシチューの味が懐かしさを感じる。
 結構マカオで食べるポルトガル料理って(個人的に)懐かしい味が多いのよね。なんか、母親が作った料理って感じ。ウチの祖先は長崎から来てるのもいるから、その辺で家庭の味に入り込んだのかしら(たぶん違う)。

 特筆できるような味はないけれど、なんだか懐かしい味がする、そんな店でした!

↑このページのトップヘ