FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 行ったことない空港シリーズ。
 今回は南紀白浜空港。


白浜はホントに白かった

 白浜温泉のボロい宿に一泊。
 ボロかったけど、泉質はとても良かった。
DSC01367
 空港に行くためにお散歩。
 宿の前のバス停は朝一の便に間に合う空港行きのバスがないので、バスがあるところまで歩く。
 砂浜を歩くとホントに白浜って白いんだな……なんて思ったり。
DSC01365
 やべぇ。ものまね四天王が気になる。
 そんな感じでお散歩してたら、バスの時間。空港までバスでGO!


小さい空港だけど3便運航

 南紀白浜空港に到着。
DSC01373
 市街地から近いね。
 タクシー乗ってもたいした金額にならないかも。
DSC01375
 外から駐機場が丸見え。
 丁度飛行機が到着したところだった。
DSC01378
 ターミナルに入るとパタパタ現役!
 いいねぇ、パタパタ。
DSC01379
 1日3便、機材は一番大きくても737なので、空港自体はとってもコンパクト。
DSC01380
 出発側もパタパタ現役。
 1日3便しかないけど、表示器は3便分対応。

スポンサードリンク

搭乗

 ラウンジも何も無いので、待合室へ。
DSC01385
 待合室小さいね。
 丁度、手荷物検査終わったら優先搭乗だった。
 そのまま搭乗。意外と上級会員が多い。
DSC01386
 さぁ、行ってきまーす。
 建物の窓が大きいのはいいけれど眩しい。
DSC01387
 もう、座席はいつものアレですな。


離陸

 さて、離陸。
DSC01390
 海が近いので滑走路から海が見える。
DSC01391
 東南側の滑走路上でUターン。
DSC01392
 離陸!
 このルートだと白浜の温泉街上空を通るルートで、景色がよく見えた。


着陸

 伊丹便と大して変わらない距離なので、程なく着陸態勢。
DSC01402
 陸自の木更津駐屯地かな。
DSC01404
 お隣C滑走路に降りる飛行機が見えた!
DSC01410
 そして対岸の千葉県の方は何か大規模な火災が発生してる?
DSC01412
 D滑走路を横目に……
DSC01413
 着陸~。

スポンサードリンク

今日の乗継案内

 さて、羽田とか伊丹だとついつい見ちゃう乗継案内板。
DSC01415
 今日は……日帰りがいるっ!


スポンサードリンク

 特にすることはないが、白浜に行かねばならぬ。


おおさか東線初乗車

 前夜は中津に宿泊。
 御堂筋線で新大阪へ。
DSC01227
 初めてのおおさか東線。
 新路線で201系投入しちゃうJR西日本クオリティ。
 今後どうなるんだろうね。なにわ筋線とかに乗り入れちゃうのかなぁ。
 少なくとも梅田地下線が開通したら大阪駅まで乗り入れるんじゃないかと思ったりするんだけど。


紀伊中ノ島駅

 阪和線で下って、和歌山駅一つ手前の紀伊中ノ島駅で下車。
DSC01248
 阪和線だけど無人駅!
 この駅は昔、旧和歌山線が紀和駅発着だった頃、当時の阪和電気鉄道(現阪和線)との乗換駅だった。

 この当時の駅舎もホームも残っており、それを見学する。
DSC01252
 確かにそこに列車が走ってた感が残ってるな。
 その後、和歌山線は東和歌山駅(現和歌山駅)に乗り入れることになり、和歌山線の支線になったが、そもそもの重要性が低下していたので廃止となった。廃止されたのは昭和49年なので、45年以上も昔の話である。
DSC01254
 ジェイアール西日本メンテックの和歌山道場があった。
 やべぇな、和歌山道場っていうネーミングが。
 この会社は駅業務の受託とかしてるみたいなので、千本マルスとかやってるんだろうか。

スポンサードリンク

日本一短い私鉄に乗る

 まぁ、距離だけで言えば芝山鉄道(2.2km)が日本で一番短い私鉄なんだけど、あちらは乗り入れ運転しているので純粋に2.2kmだけを走る路線ではない。どちらかと言えば京成東成田線の延伸部分とも言えるので。
 よって、日本で単独で乗り入れもせず走っている中で一番小さい鉄道は紀州鉄道となる(ちょっとこじつけ)。
 元々は磐梯急行電鉄(ただし電車は走ってない)がちょっとアレな人々に乗っ取られた後、倒産。その人たちが磐梯鉄道不動産を設立したが、鉄道会社の不動産部門という肩書きが欲しい!ってことで御坊臨海鉄道を買収。これで鉄道会社の不動産部門になった。
 その後鶴屋産業グループ入りしたが、一貫としてリゾート開発(マンション・ホテル)が主、鉄道事業は従で事業を行ってきた。全国各地にある紀州鉄道ホテルっていうのはこの会社のグループが経営している。そんな感じなので、紀州鉄道っていう名前を維持するために、鉄道事業をやっているので、赤字でも廃止の予定はない。もっとも乗客は少なく、輸送密度では日本では阿佐海岸鉄道の次に少ない。
DSC01295
 御坊駅で乗り換えると、ディーゼルカーが1両。これが紀州鉄道だ。
 たしか元信楽高原鐵道の車両を使ってる。
DSC01296
 車内はクロスシート。
DSC01297
 運賃は意外と安くて、JR四国・九州並みのお値段。
 2.7kmの割に駅数が多い。


駅舎が傾いてた

 さて、乗客2人で出発。
DSC01299
 意外とPC枕木が入っていて軌道状態は悪くない。
 これは2017年に脱線事故をおこし、その原因が老朽化した木製枕木だったということで、その対策のために導入された模様。カーブ区間を中心に2本に1本ぐらいはPC枕木だった。
DSC01301
 途中には他の車両が留置されてた。休車ってなってるけど。
 基本的には1両が行ったり来たりしているので、予備も含めて2両あれば足りるはず。
DSC01305
 終点西御坊に到着。
DSC01303
 線路は終点よりも先に続いている。0.7kmほど先の日高川まで走っていたが1989年に廃止された。
 線路はまだ残っているようだ。どちらかと言えば撤去するお金がないのかもしれない。
DSC01316
 住宅街の中に突然現れる車両感がたまらなく良い。
DSC01314
 ちなみに紀州鉄道の倉庫と思われる建物、完全に傾いてるよねぇ。
 大丈夫なのかしら。
DSC01329
 そして、運転士の運転用の時刻表が完全に駅に貼ってある時刻表と同じ気がする。
 これで事足りるってことなんだろうか。いやはやびっくり。
 というわけで、片道8分の旅が終了。このまま同じ車両で御坊駅まで戻る。


特急サンダーバードくろしおに乗車

 御坊からは丁度いい電車がないので、特急くろしおに乗る。
DSC01336
 いつのまにかサンダーバードが走ってるんだもんなぁ。
 あ、よく調べたら元しらさぎだった。
DSC01343
 紀伊田辺からは普通電車に乗り換え。
DSC01348
 白浜に着いたよー!


スポンサードリンク

 行ったこと無い空港シリーズ。


500円バスで茨城空港へ

 今回は行ったこと無い空港シリーズ。
 年明けから国内飛ばしてるなぁ。結果的にコロナの影響を受けず、アフターコロナの旅先がなくなるという良かったんだか、悪かったんだか状態。
 というわけで、今回は北東京国際空港茨城空港。
DSC01143
 東京駅からバスに乗りまっす。
DSC01145
 京成グループの関東鉄道バス。行き先表示は多国語対応。いっつも思うんだけど、対応すべきは簡体字よりも繁体字だと思うんだ(来日者数的に)。
DSC01146
 乗車率はだいたい6割ぐらいと行ったところ。
 宝町から首都高に乗り、くねくねくねくね走って常磐道へ。
 千代田石岡ICで常磐道を降りて、一般道を走ってやっと茨城空港へ。
DSC01147
 東京駅から1時間半。やっと到着。まぁ、成田と大して変わんないだろって言われればその通りだけど。
 あちらはずーっと高速道路だけど、こちらは高速降りてから長く感じた。
 運賃は航空便利用者割引運賃で500円。ただ、県からの補助金が打ち切られたため、現在は航空便の利用の有無にかかわらず1,530円。うーん、使うかなぁ。東京在住で飛行機が(相当)安いならアリかもしれない。


スカイマークのための空港

 ターミナルに入る。
DSC01150
 え、ついにターミナルの営業時間表記が中国語だけになっている。
DSC01148
 茨城空港は国内線はスカイマークしか飛んでおらず、事実上スカイマークのための空港。
 スカイマークが大きな顔をできるのはここと神戸空港だけ!
DSC01149
 とはいうものの、お土産屋&コンビニはJAL系列JaluxのBLUE SKYが出店していることに驚き!
DSC01155
 2階のお土産物屋では納豆売りまくってたよ。さすが、茨城。
DSC01156
 何かの撮影やってた。
 確かに空港っぽい施設で東京からも近いところで、撮影許可が深夜じゃなくても出るのはここのメリット。

スポンサードリンク

時間があるのでお外をぶらぶら

 バスの時間が悪くて、時間を持て余す。
DSC01153
 展望デッキから飛行機を見る。
 自分でくるっと回転して出て行く系の空港なのね。
DSC01158
 続いて、お外をお散歩。
 右側が異様に明るいのは撮影のライトのせいな。
DSC01162
 ちなみに茨城空港の外で一番近いコンビニはセイコーマートな。これテストに出るから。
 ちゃんとセコマらしい商品を売っていた。近所に欲しい。
DSC01171
 元々は(今も)自衛隊の航空自衛隊百里基地なので、戦闘機の展示があった。
DSC01174
 暗いのでよく見えないんだけど……。


搭乗

 さて、いよいよ搭乗。
DSC01177
 お客さんいないねー。待合室もガラガラだねー。
DSC01178
 今回の行先は神戸!スカイマークが大きな顔をできる二大空港だぜ!
DSC01181
 さて、搭乗。
 雨が降ってきたので蛇腹の雨よけが登場。
DSC01183
 乗りまーす。
DSC01185
 あぁ、久しぶりだスカイマーク。
 この感じがなんだろうね。ANAより座席がとても厚く見える。


着陸

 飲み物の機内サービスはスカイマークなので有料(100円)。
DSC01187
 だけどキットカットくれる。これ、スカイマークならではだよね。
 でも、FDAだったらハラダのお茶とシャトレーゼのお菓子くれるぜ!
 そんなこんなで、宇都宮~高崎~飯田~岐阜~長浜~丹波篠山を通って北西側から神戸空港へ。
Screenshot_20200713-225428-01
 一旦空港南側を通って180℃ターンして東側からアプローチ。
 関空や伊丹を邪魔しないようにするためか、結構きちきちなルートを取ってるよねぇ。
DSC01192
 というわけで着陸~。
DSC01193
 きっちり定時運航でございました!

スポンサードリンク

スカイマークのための空港その2

 スカイマークが大きな顔をできる空港、その2の神戸空港!
DSC01197
 到着便もスカイマークだらけやで!
DSC01198
 カウンターも半分はスカイマーク!
DSC01199
 ……と思ったらFDAが裏側にいたわ。
 これ、FDAに乗る人初見殺しなんじゃないかな。駅の方から来ると全くFDAのカウンターが見えない。
DSC01201
 えーっと神戸の夜景は1,000万ドルだっけ?
DSC01202
 うーん、やはり神戸の夜景は神戸空港より六甲山から見た方がいいな。


スポンサードリンク

 さぁ、帰るよ。


帯広空港でも六花亭

 帯広空港にも六花亭直営店がある。
 もちろん、ここで最後のサクサクパイを食べることも可能だ。
DSC01124
 いいよねぇ。サクサクパイ。
 だいたい、最後、ここで食べることが多い。
 安定のお味。値段は昔に比べて爆上げ。昔が安すぎた。


搭乗

 さて、帯広空港はラウンジも何も無いし、あっさり搭乗。
 (正確には、クレカすら使えないラウンジがある)
DSC01125
 最終便に搭乗すっぺ。
DSC01127
 今日の機材はF付の767。クラスJにしようかと思ったけど、F解放席は空いてないみたいなのでやめる。
DSC01128
 壁前席でございます。あんまり好きじゃないんだけど……。

スポンサードリンク

着陸

 もう、ごめんなさい。ぐっすり就寝。
 あっという間に羽田に着いてた。
DSC01136
 D滑走路をまたいで……。
DSC01140
 C滑走路に着陸!


スポンサードリンク

 十勝帯広はスイーツパラダイス!
 甘いものが食べたいんじゃーー!!


六花亭帯広本店喫茶室

 みんな大好き六花亭。
 おいらの六花亭愛はここにたくさん書いたから省略するとして、帯広本店の喫茶室に行ってきた。
 六花亭の喫茶室はクオリティが高いのよね。
DSC01087
 しばらくこないとメニューもガラッと変わっているので食べたいものがたくさん!
DSC01088
 うーんどうしようか。
 できるならたくさん食べたいけど、一度に2個まで!って決めているので悩む。
 決めた!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200209135954535_COVER
 プディングケーキ。
 もうね、正しいプリン。
 想像から1ミリもはみ出ないけど、想像上最高の味なんですよ。
 特に奇をてらわない、正統派。こういうのをきっちりと仕上げてくるのが六花亭。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200209140526720_COVER
 こちらはリコッタパンケーキ。帯広本店限定。
 普通のホットケーキも気になったんだけど、こっちにした。
 (※ちなみに普通のホットケーキはちょくちょく手が入ってグレードアップするので普通ではない)
 もうね、ふわっふわっ!ふわっふわっ!
 リコッタチーズを使ったパンケーキでこれがまたうまかったわー。


柳月スイートピアガーデン

 次は音更の柳月のスイートピアガーデンへ。
 十勝では六花亭と人気を二分するお菓子屋さん。
 バウムクーヘンの三方六が一番有名。
DSC01094
 巨大だぜ!
 工場見学もちょっとだけ見られる。
 そしてお店が巨大。カフェもある。コーヒー無料。
DSC01099
 名物三方六の縦方向切れ端が350g300円!
 安いぜ!地元向け!神奈川まで買って持って帰ったけど。
 六花亭はあんまりこういうのやらないよね。霜だたみの切れ端ぐらい?
DSC01100
 毎朝限定の輪切りの切れ端は1kg500円らしい。
 これは開店前に並ぶ必要があって整理券もでるとのこと。


スポンサードリンク

おなかいっぱいでばんえい競馬へ

 いや、もう、おなかいっぱい。
DSC01101
 というわけでなんとなくばんえい競馬に行った。
DSC01112
 お馬さん見てきたよ!


スポンサードリンク

 気球に~乗って~♪


上士幌は熱気球の町

 北海道上士幌町。
 帯広の北にあるこの町は、熱気球の町として有名だ。
 気温が低く、収穫後の小麦畑を熱気球発着に使用できるなど、好条件が重なっているこの町では46年も前から熱気球の競技大会が行われている。熱気球の大会としては佐賀の方が大規模だが、歴史としてはこちらの方が古い。

 一番大きい大会は夏に行われる(2020夏は中止)が、冬にも大会が行われる。
 それが上士幌ウィンターバルーンミーティング。今回はそれに行ってみた。だって、気球に乗れるから。


体験搭乗する

 会場は上士幌町航空公園。駐車場には車がたくさんあったので、大きなイベントだ。
 この会場でただの観光客が、今回のイベントでもっとも楽しみなのは「熱気球の体験搭乗」だ。
DSC01058
 というわけで、体験搭乗するよ!1,000円で体験搭乗できる。
DSC01055
 ちなみに熱気球のかごはこんな感じ。小さいよね。
 これに体験搭乗の人々が乗るので、ぎゅうぎゅうになる。
 そして、一人が降りて一人が乗るって感じで乗り降りするので時間がかかる。地面にあるときに浮力を与えすぎると上昇しちゃうし、浮力を下げるとバルーンがしぼんでしまう。絶妙なバランスを保つ必要があるので、籠の中の重さを急激に変化させてはいけないのだ。
DSC01059
 さぁ、加熱して浮くよ~。

スポンサードリンク

ここだけでしかできない体験

 意外とね、いい経験になるよね。
DSC01071
 気球は上昇していく。
 なんて、不安な乗り物なのだろう。風任せなこの乗り物はどことなく不安になる。
 もっとも安全であることは間違い無いけど。
 たぶん、高所恐怖症の人は無理だな、これ。
DSC01062
 空飛ぶ抽選大会実施中。
 気球からお菓子の抽選券をばらまく。
DSC01073
 それに群がる子供たち。
DSC01066
 飛んでいかないように地上とロープがつながってるよ。
 つながっている先は車だけど。
DSC01077
 果てしない大空と広い大地とはよく言ったもので、ホントに空は果てしなく続くし、大地は広い。
 この冬のキリッとした空気の中でこれを体験できるのはここでしかできない。


スポンサードリンク

 今晩の宿は秘湯中の秘湯。


温泉好きには有名なところ

 然別峡かんの温泉は然別湖に行く道から途中で分岐し、山道をひたすら登っていったところにある。

 まぁ、北海道の真ん中あたり。帯広駅から60km!
DSC01026
 人家もないところをしばらく走ってたどり着ける温泉。
DSC01024
 建物の外観は古めだけど、中は改装されており非常にきれい。
 経営者が変わって全て改装したらしい。
 ちなみに携帯電話は一切通じない。WIFIは夜間の決められた時間だけ使えるがかなり遅い。というのも衛星通信を使ってインターネットにつなげているため回線が細いのだ。LINEすら支障が出るレベルなので、まぁ気休めぐらいに思っていた方がいいだろう。


泉質最高!

 ここの温泉は泉質が最高に良いと評判。
DSC01035
 北海道温泉番付でも西の横綱である。
 こう見ると東西小結以上で半分ぐらい行ったことあるなぁ。
DSC01038
 ただ、温泉は別棟にあるので入るためには外に出ないといけない。
DSC01043
 しかも、完全に凍てついているので、慎重に歩かないと転ぶ。
 まぁ、これも含めていい経験だね。
line_411008556361058
 温泉設備は充実。13本もの源泉があり、湯船によって感触がちょっと違うのが面白い。
 湯量も多く泉質が最高だね。どれも源泉掛け流し。素晴らしい。

スポンサードリンク

夕食

 こんな山奥だから料理にあまり期待してはいけない。
DSC01029
 お食事は少なめかな。
line_411027218398282
 ちゃんちゃん焼きがメイン。
line_411031037116058
 まぁ、旅館にしては量が少なめだよね。
 とはいっても、普通においしい食事だった。


朝食

 朝食!
DSC01039
 こちらも普通の正しい朝ご飯。
 北海道だけあってヨーグルトがおいしかった。


寒い……けど

 もちろん真冬の北海道なので気温は下がる。
DSC01032
 ぬれタオルは凍る。
 とはいえ、十勝平野に比べると逆に暖かいことが多いらしい。
 あちらの方が放射冷却で冷えるのかもしれない。これはちょっと意外。
DSC01045
 そういえば、宿に飼い犬がいたんだけど、真冬でもお外で過ごすのかしら。
 寒くないのかな。犬小屋で寝てるとしたら死ぬほど寒そう!


スポンサードリンク

 お肉!お肉!お肉!お肉を食べたい!(昨晩食べてるのに)


北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線をなぞる

 北見から帯広近くの池田まで北海道ちほく高原鉄道という鉄道が走っていた。今回はその路線沿いに車を走らす。
DSC01011
 日本一寒い町と言われる陸別町。もう昼だというのに-11℃。寒いぜ!
DSC01008
 北海道ちほく鉄道の車両が動態保存されている。
 冬でなければ運転体験とかできるらしい。
DSC01013
 旧足寄駅は道の駅足寄になっている。
 全力松山千春推し!ちなみに手形の所のボタンを押すと大音量で「果て~しない~♪」って流れるよ。
 まぁ辿っていったけど、正直、特に書くことない。


本別町で肉を喰らう

 さて、やってきたのは本別。
DSC01014
 やってきたのは浮舟というお店。
 お店の駐車場がわからなかったので、道の駅の駐車場に止める。
DSC01017
 メニュー。ん?どんぶり屋さん?と思いきや、裏側にさらにメニューがあった。
DSC01015
 ここのおすすめメニューが名物。
 複数人数で訪れているので、にんにく焼きととんてきを頼む。
 昨日お肉食べたのにまだ食べるの?って言うのは秘密ね。

スポンサードリンク

お肉がどーーん!!

 しばし待つこと30分くらいだったかな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200208133040729_COVER
 とんてき、どーーーん!!!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200208133315259_COVER
 にんにく焼き、どーーーん!!!
 やべぇのが来た。どちらもお肉の厚切りッぷりがヤバい。
 ナイフとフォークでいただきます。
DSC01021
 意外と肉は柔らかくてすっとナイフで切れる。
 そして、見た目のインパクトに比べて結構あっさりめの味。
 お肉の脂身もくどくないので、純粋にお肉の味を楽しめる。うまい!
 とんてきもにんにく焼きも食べたけど、甲乙つけがたいなぁ。
 ただ、ホント、見た目の割にはあっさりしてるので女性でも一人で食べられてたよ。


スポンサードリンク

 えぇ、恒例行事なので行きました。


北見厳寒の焼き肉まつりとはなんぞや

 あー、もー、この説明何回目だっけ?
 以前に書いているが、同じことを重複して書くのを許して欲しい。

 人口あたりの焼肉屋の軒数が日本一とかそうじゃないとか、合併して日本一じゃなくなったとか、色々都市伝説が流れているけれど、まぁ、北見市は焼肉屋の軒数は人口に比べて多いとのこと。
 それを町おこしに使ったのが、究極のドMまつりである、厳寒の焼き肉まつり
 ちなみにもう21年続いてる。意味がわからないけど21年間続いてる。

 ちなみに、内容としては真冬(氷点下)にお外で七輪囲んで焼き肉する。以上。
 もう一回書くね。真冬(氷点下)にお外で七輪囲んで焼き肉する。以上。

 一人2,000円のチケットを事前に購入しておく。道外だとイープラスでチケット買ってね。
 お肉(豚ホルモン・牛サガリ・豚肩ロース)が合計300g。あとは北見産タマネギ。そして、焼酎&ソフトドリンク(烏龍茶とオレンジジュース)飲み放題。 その他に抽選でさらにお肉があたる。だいたい半分ぐらいの確率であたる。あたりすぎてビックリする。何度も言うけど、書くのは3回目だけど、内容としては真冬(氷点下)にお外で七輪囲んで焼き肉する。以上。

 なぜだろう。これがやみつきになるんだよな。
 謎の高揚感が得られるまつり。それが北見厳寒の焼き肉まつり。

 一応、公式っぽいページはこちら。


まずは入場証に交換

 みんな!道新プレイガイドかイープラスでチケット買ったよね。
 指定の方法でまずは入場証と引き換え。
DSC00934
 これを体の外から見えるところに貼っておく。
 この時点で観光協会の人に「軽部さん!今年もありがとうございます!」と挨拶される。
 ヤバい、マークされている。
DSC00936
 最初のスタートはこのセット。
 豚ホルモン・牛サガリ・豚肩ロース合計300gと北見産タマネギ。
DSC00938
 七輪の炭火も量産中。
 後ろにはタマネギ列車がいるね。
DSC00939
 さて、開会直前で-8.3℃。今年はどこまで行くのだろうか。

スポンサードリンク

新成人巨大七輪着火からスタート

 いよいよ開会。
DSC00941
 北見盆地風雪太鼓保存会による太鼓演奏。
DSC00946
 そして毎年恒例の新成人による巨大七輪に点火式。
DSC00955
 まぁ、あとは色々と市長とかの挨拶があるんだけど、もうプシューってやっちまうべ。
DSC00961
 北見市は高知市と姉妹都市になっているらしく、高知市役所よさこい部隊が来てた。
 見る限り薄着。参加者は厚着で頑張る、演者は薄着で頑張る。


戦闘開始!

 さぁ、焼くぞ。
DSC00936
 一人前のセットはこれ。
 あとは入場券の下1ケタの抽選で肉が当たる。
 だいたい1/2の確率で当たる。確率高すぎ。
DSC00962
 肉当たったー!いえい!
DSC00963
 さぁ、焼くべ、焼くベ。
 いつも事前にスーパーで適度な大きさの段ボールをもらっておくと便利!テーブル代わりになるからね。
DSC00966
 いつも買うのが、地元猟友会のエゾジカ肉。
 これがなまらうまい!きっちり味付けされていておいしいの。
 安い割にはもりっと入っているし、エゾジカの駆除にも役立つのでみんな買ってー!


終盤戦

 だんだんテンションが下がってくる終盤戦。
DSC00969
 もうお外は煙でもうもう。
 ここは現実なのかあの世だったりするんじゃないかと心配になる。
DSC00974
 会場は普段駐車場なので、事前の予告通り退場しないと焼き肉する人で囲まれる刑にさらされる。
DSC00978
 ビールが凍ってきた。
 アサヒスーパードライのエクストラコールドよりも冷えてるぜ!
 ちなみにタレも凍る。肉も凍るけど焼けば大丈夫。ちゃんと焼ける。遠赤外線スゴい。

スポンサードリンク

戦闘終了

 ふぅ。寒くなってきた。焼く物もなくなってきたので戦闘終了。
DSC00980
 気温は-11.2℃。しばれるぜー。
 後片付けをきちんとして撤収!
DSC00988
 駅前に出たら-12.1℃。う~ん、寒い!
 でも、この寒さ、キライじゃない!


まとめと対策

 さて、これで行きたいと思った人!いないと思うけど、行きたいと思った酔狂な人のために、まとめと対策。

 このお祭りは、
 ・凍らしたくないものは冷蔵庫に入れる地域なので、ビールは冷やさなくても恐ろしく冷えてる
 ・冷えっぷりはスーパードライのエクストラコールドを超える
 ・タレに付いた肉の脂が固まるどころか、タレが凍る
 ・当然ビールも凍ってきて、シャリシャリしてくる
 ・焼酎のお湯割りが飲み放題だが、急いで飲まないと水割りになる
 ・飲み過ぎると、街の中なのに遭難する可能性がある。
 ・っていうか、そもそも寒すぎて酔えない

 ほら!体験してみたくなったでしょ!
 ちなみに終わって暖かいところに行くと突然酒が回るから要注意だ!
 寒さに耐えきれない人のために暖房が効いた休息ゾーンはあるので安心してほしい。

 これのために防寒具を買うのはちょっと……って人はワークマンで買えばいい。
 暖かい防寒具が安いよ!当然上下防寒着の上に、耳が隠れる温かい帽子、手袋、靴下は必須。靴はできれば滑り止めがついたものを。あとは貼るホッカイロを背中などに貼る。靴の中にもホッカイロを貼る。しかも足の上下から挟み込むようにね。ホッカイロは酸素がないと暖かくならないので、早めに出して暖めておこう。私はホテルに着いたら、ホッカイロの封を切って暖めてる。

 あとは座る場所に100均で売ってるクッションとかあるといいよ。そのほかライトやものを置くための台(これは段ボールを組み立ててもOK)など。私は段ボールと100均のトレイでテーブルを作ってる。

 さぁ、みんなでレッツ焼き肉!


スポンサードリンク

 ベタだけど一度は行っておいた方がいいと思うよ。


久々の雪道ドライブ

 さて、女満別空港で車を借りてドライブ。
DSC00884
 いつもながら、この風景はいいなぁ。
 毎年毎年2月に女満別空港に来ているけれど、ほとんど雪が降っていたことはない。
 いつも、雪は軽く積もっているけど、降らないんだよね。ちょっとだけ降っても絶対に溶けない気温っていうこともあるのだろうか。いつまでも残る雪みたいな。
DSC00885
 というわけでやってきたのは網走監獄。


網走刑務所と博物館網走監獄

 なんか、凶悪犯が入れられるところみたいなイメージだよね。
 網走と言えば、刑務所!みたいな。映画などの舞台になることも多かったのでそういうイメージがついたのかもしれない。以前の網走刑務所は、「犯罪傾向の進んだ長期刑(執行刑期10年以上)の者を収容する施設」だったとのこと。現在はちょっと変わって、「犯罪傾向の進んだ者であって、執行刑期10年以下の受刑者を収容する施設」となっている。いずれにせよ、「犯罪傾向の進んだ者」=暴力団がらみ・累犯ということだろうから、凶悪犯ってことにはなるのかな。
 そんな網走刑務所で昭和50年代まで使用されていた建物を移築・復原して後悔しているのが「博物館網走監獄」である。
 というわけで、収容されてみよう。
DSC00886
 まずは、受刑者達が収容されるとき、出所者が出所するとき、必ず通ったという鏡橋(再現)を渡る。
 以前来たときとは橋の形が変わってる気がする。

 変わってたわ。
DSC00888
 立派な門がある横に入場券売り場があるので、チケット購入。
DSC00889
 そしていよいよ、監獄の壁の中に入る。
 この門には面会室などもあり、受刑者が家族と面会したという。
DSC00890
 できれば、一生、リアルに入りたくないもんだね。

スポンサードリンク

過酷な環境

 日本最北に位置する網走刑務所。
 もともとは旭川~網走間の道路を作るために、囚人達が派遣されてきたのが刑務所の始まり。小さな寒村だった網走に刑務所ができて、それにより職員とその家族が移住してきたことにより街が発展してきた。網走と他の都市を結ぶ道路も鉄道も空港も、広大な農地も、漁港も全て当初は網走刑務所の囚人達によって作られたものだった。
DSC00911
 刑務所施設(五翼放射状平屋舎房)の中。中央の監視台から房がある各方向を見たもの。これが5つあったので五翼。少ない人数で効率よく、そして死角がないように設計されている。
DSC00915
 冬になると、このようなストーブが中央の廊下に設置されるが、どう考えても寒い。
 真冬に氷点下2ケタが普通のこの土地でコレは寒い。
DSC00918
 あ、脱走犯!
 昭和の脱獄王白鳥由栄が網走監獄から脱走した時を再現したもの。
 頑丈な手錠と監視口を味噌汁の塩分で錆びさせて壊し脱獄。
DSC00919
 独房の中はこんな感じだったらしい。
DSC00923
 お風呂もあったよ!もちろん監視付の入浴だし、毎日は入れない。
DSC00897
 これは明治45年に建てられて、昭和58年(!)まで使用された職員官舎。
 職員官舎ということは刑務官とその家族が住んだ家ってこと。これ寒くね?絶対寒くね?囚人達の環境も過酷だけど、職員の環境も過酷だな。刑務官の中でも網走送りとか言われていたのだろうか。


現代の刑務所

 一応、展示施設の中に現代の刑務所の様子もあった。
DSC00904
 これは相部屋だね。
DSC00903
 こちらは独房。
 非常に人間的な生活になったといえば、なったと思う。


裁判所もあるよ

 旧釧路地方裁判所網走支部の建物内部を実際に使っていたもので復原したもの。
DSC00899
 外観は明治33年から昭和27年まで使われた旧網走区裁判所を再現しているとのこと。
DSC00902
 これらが実際に平成3年まで使われていたらしい(人形を除く)。
 重厚感あるよねー。

スポンサードリンク

というわけで

 今回紹介した建物はごく一部。
 網走監獄には網走刑務所に関する様々な建物が移築復原されており、またそれに関する展示物も充実しているよ。北海道の開拓と切っても切れない関係だった網走刑務所について学べるので、一度は行ってみると楽しいと思うよ。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ